全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 小型飛行機が住宅街に墜落、パイロットが死亡 パコイマ  

    2020年11月12日

    【ロサンゼルス12日】サンファナンドバレーのパコイマで12日午前11時50分頃、住宅街のNorth Sutter Avenueに小型飛行機が墜落する事故が発生。単独で乗っていたパイロットの男性が死亡した。   連邦航空局(FAA)によると、飛行機は事故現場近くのWhiteman空港に着陸する予定で、パイロットから、エンジントラブルに見舞われているとの連絡が管制塔に入っていた。墜落して炎上した際、路上に駐車されていた車複数台と、少なくとも住宅1棟がダメージを受けたが、けが人は出なかった。 FAAが、事故の詳しい原因を調べている。    

  • 「Candy Cane Lane」今年は中止決定 新型コロナでエル・セグンド市  

    2020年11月11日

    【ロサンゼルス11日】ホリデーシーズンの名物となっているエル・セグンドのライトアップ催し「Candy Cane Lane」が今年、新型コロナウイルスの影響で中止されることが決まった。市当局が10日に発表した。中止されるのは、1949年以来初めて。   「Candy Cane Lane」では、Acacia通り沿いの家々がクリスマスライトなどで豪華に飾り付けられ、道路が車両通行止めになり、毎年数千人のビジターが訪れている。    

  • 山火事被災者らへの固定資産税軽減やギグワーカーを「個人事業主」とみなす5法案が可決 加州住民投票  

    2020年11月11日

    【ロサンゼルス11日】11月3日に実施されたカリフォルニア州総選挙では、12個の法案が住民投票にかけられ集計が続いていたが、住宅を所有する55歳以上の高齢者、障害者、自然災害の被災者に対し、固定資産税を軽減することを定めた「法案19」が11日、賛成多数で可決された。 これに伴い対象者は、前の住居で査定された低い固定資産税率を、新しく購入する住居に適用することができる。山火事で家を失った被災者らが支持を呼び掛けていた。   また、12日には、幹細胞研究の継続へ55億ドルの公債発行を許可する「法案14」が可決された。 その他、刑期を満たした仮釈放者の投票権回復へ州法を修正する「法案17」、アプリベースのドライバーや配送業者ら「ギグワーカー」を個人事業主とみなし、従業員手当などから免除する「法案22」、消費者プライバシー法を改定する「法案24」がそれぞれ可決されている。    

  • 水道管破裂で道路に巨大な穴、バンが被害に サウス・ロサンゼルス  

    2020年11月10日

    【ロサンゼルス10日】サウス・ロサンゼルスで10日朝、地下を通る水道管が破裂して道路に大きな穴が開き、駐車してあったバンがその穴に落ちる事故が起きた。   水道局によると、壊れたのは厚さ20センチほどの鋳鉄製の水道管で、原因を調査中。穴に落ちたバンの所有者によると、同じ通りの3軒先でも以前、水道管が破裂して道路に穴が開いたことがあるという。けが人は出ていない。    

  • 長寿クイズ番組「ジェパディ!」 司会のトレベックさん死去、80歳  

    2020年11月08日

    【ロサンゼルス8日】人気クイズ番組「ジェパディ!」で1984年から35年以上にわたり司会を務めていたアレックス・トレベックさんが8日、ロサンゼルスの自宅で家族や友人に見守られながら亡くなった。80歳。   昨年3月に、ステージ4のすい臓がんであることを公表し、がんに打ち勝つことを目指して治療を受けながら司会を続けていた。   トレベックさんは、1940年カナダ生まれ。「ジェパディ!」で収録されたエピソードは18000回以上で、同じ司会者のもとで最も多く放送されたクイズ番組としてギネス世界記録に認定されている。 トレベックさんによる同番組の最後の収録は10月29日で、視聴者への特別なあいさつも収録されているという。このエピソードはクリスマスの12月25日に放送される予定。家族は妻のジーンさんと3人の子供がいる。