全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • エンゼルス大谷「一番悔しいシーズン」

打者専念の今季を総括

 

    エンゼルス大谷「一番悔しいシーズン」 打者専念の今季を総括  

    2019年09月27日

    左膝の手術後、初めて取材に応じ、今季の総括などを語ったエンゼルスの大谷  

  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」に栄冠 「こんまり」受賞ならず エミー賞  

    2019年09月27日

    【ロサンゼルス23日時事】米テレビ界最高の栄誉とされる第71回エミー賞の授賞式が22日、ロサンゼルスで開かれた。 ドラマ部門では、世界的に人気の「ゲーム・オブ・スローンズ」が作品賞を獲得。性的少数者(LGBT)社会を描いた「ポーズ」に出演したビリー・ポーターさんが同性愛者を公にしている黒人男性として初めて主演男優賞に選ばれた。   ポーターさんは授賞式で「私たちはみんなここにいる権利がある」と喜びを語った。コメディー部門では、インターネット通販大手アマゾンの作品「フリーバッグ」が作品賞を受賞した。   「こんまり」の愛称で知られる片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんも2部門でノミネートされていたが、主要賞に先立ち14日に結果が発表され、受賞はならなかった。  

  • ディズニー、ソニーと「スパイダーマン」制作継続で合意  

    2019年09月27日

    【ロサンゼルス28日時事】ウォルト・ディズニー・スタジオとソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは27日、ディズニー傘下のマーベル・スタジオが「スパイダーマン:ホームカミング」シリーズを引き続き制作すると発表した。 ファンの間では同シリーズがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)から消えるのではないかと懸念されていた。   トム・ホランド主役の「スパイダーマン」シリーズ3作目は2021年7月16日から上映されるという。   複数のメディアは先月、マーベルのファイギ社長がスパイダーマンの権利を保有するソニーと金銭面の問題で争っていると報道していた。   ファイギ氏は「スパイダーマンのMCUでの旅が続くことにわくわくしている」と話した。  

  • トランプ氏、イラン包囲呼び掛け
「香港情勢注視」で中国けん制

 

    トランプ氏、イラン包囲呼び掛け 「香港情勢注視」で中国けん制  

    2019年09月27日

    ニューヨークの国連本部で、一般討論演説に臨むトランプ大統領  

  • 電子たばこ2社、未成年狙ったマーケティング中止で合意  

    2019年09月27日

    【ロサンゼルス21日】電子たばこによる若者の健康被害が社会問題化する中、電子たばこ2社「NEwhere Inc」「VapeCo Distribution LLC」が20日、未成年をターゲットにしたニコチン製品の製造中止と、たばこ製品の宣伝に30歳以下の有名人を使わないことを約束する和解案に合意した。各社175,000ドルの支払いにも応じる。   ロサンゼルス市は昨年10月、これらの2社ともう1社の「Kandypens」に対し、ソーシャルメディアを通じて子供を惹きつけるマーケティングを行っていることと、子供に安全な包装方法をとっていないとして、訴訟を起こしていた。   電子たばこ問題ではまた、Walmartも20日、電子たばこの販売を在庫が無くなり次第中止すると発表した。