全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • パサデナの3小学校閉校へ 生徒数減少と予算不足で  

    2019年10月04日

    【ロサンゼルス27日】パサデナ統一学校区理事会は26日、生徒数の減少と予算不足を理由に、フランクリン、ジェファーソン、ルーズベルトの区内3小学校を今学期末で閉校することを決めた。賛成4票対反対3票の僅差による決断となった。   2020ー21年度、フランクリン小学校の生徒はアルタデナ小学校へ、ジェファーソン小学校の生徒はロングフェロー小学校へ、ルーズベルト小学校の生徒はマディソン小学校へそれぞれ転校することになる。  

  • 全米初のマリファナ・カフェ ウェストLAにオープン

 

    全米初のマリファナ・カフェ ウェストLAにオープン  

    2019年10月04日

    【ロサンゼルス1日】ウェスト・ハリウッドに1日、飲食類とともにマリファナを提供する国内初のカフェ「Lowell Cafe」がオープンした。   ウェスト・ハリウッドで、室内での喫煙を許可する条例が通過したことが同カフェのオープンを可能にした。客は21歳以上が原則で、身分証明証の提示が必要。 マリファナ購入は現金のみで、その他カードでサラダ、サンドウィッチ、コーヒー、ジュース類などもオーダーできる。アルコール類は置いていない。  

  • ウーバー、NYで「ヘリタクシーサービス」 JFK空港とマンハッタン結ぶ  

    2019年10月04日

    【ニューヨーク4日時事】ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズは3日、ニューヨーク市でジョン・F・ケネディ(JFK)国際空港行きのヘリコプターを格安で利用できる輸送サービス「ウーバー・コプター」を発表した。   ヘリはマンハッタン島の最南端地区が発着地で、ウーバーの上級メンバーが利用できる。   飛行時間は約8分で、運賃は地上の移動費込みで1人当たり200~225ドル。ヘリには小型スーツケースの持ち込みが認められ、出発前には通常の航空便と同様に機内安全に関するビデオが放映される。サービス開始は10月7日。  

  • 旧爆撃機墜落、7人死亡  

    2019年10月04日

    【ニューヨーク3日時事】コネティカット州のブラッドリー国際空港で2日、第2次大戦時にB17爆撃機として使用された航空機が墜落し、搭乗していた乗客乗員13人のうち7人が死亡した。航空機は保有する非営利の財団が運航。財団は旧爆撃機の搭乗ツアーを提供していた。 パイロットは離陸直後に管制に「引き返したい」と伝えてきたという。航空機は滑走路に戻り、着陸を試みたが、失敗して墜落した。目撃証言では、エンジンに問題があったもようだ。  

  • 不法入国者のDNA採取計画
「犯罪者扱い」に批判も

 

    不法入国者のDNA採取計画 「犯罪者扱い」に批判も  

    2019年10月04日

    未成年の不法入国者を拘束する米国境警備隊隊員=9月10日、テキサス州ミッション