全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 高齢者に無料の訪問検査をスタート 新型コロナでトーランス市消防署  

    2020年04月21日

    【ロサンゼルス21日】トーランス市消防署は21日から、新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状があるか、基礎疾患のある65歳以上の高齢者を対象に、自宅を訪問して無料の検査を実施している。検査は、鼻に綿棒を差し込んで検体を採取する方法で、所要時間は10分ほど。3、4日後に結果が分かる。 オンラインか電話(310-320-5918)での予約が必要。   ロサンゼルス郡では、新型コロナウイルスへの感染検査が受けられる場所が34カ所に増設される中、20日までに8万人以上が検査を受け、そのうち13%が陽性だった。 郡公衆衛生局のサイトによると、トーランス市では23日時点で225人の感染者が報告されている。  

  • 高級百貨店が破綻へ 新型コロナ打撃

 

    高級百貨店が破綻へ 新型コロナ打撃  

    2020年04月20日

    【ニューヨーク20日時事】ロイター通信は19日、米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループが週内の破産法申請に向けた準備を進めていると報じた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた全店舗の一時閉鎖が打撃となった。 借入金の総額は48億ドル。新型コロナで米大手百貨店が破綻する初のケースになるという。   報道によると、債権者らとの協議が最終段階を迎えており、破産法申請後も一部業務を継続する方向だ。約1万4000人の従業員の多くが一時帰休となっている。先週、数百万ドルの債務の返済を繰り延べていたという。   ニーマンは1907年創業の老舗百貨店で、米国内約40カ所で直営店を展開。日本人観光客の間ではハワイ・ホノルル店が人気だった。 写真:ニューヨークにある米高級百貨店ニーマン・マーカスの店舗  

  • 西部で2500人集会 外出禁止令に抗議

 

    西部で2500人集会 外出禁止令に抗議  

    2020年04月20日

     【ワシントン20日時事】ワシントン州で19日、新型コロナウイルス対策で出された外出禁止令に反対する大規模な抗議集会が開かれた。地元警察によると約2500人が参加し、外出禁止令に反対する各地の集会では最大規模となった。   州議会議事堂付近の一角では参加者が密集。米国旗を片手に持つ人や、マスクを着用しない人も多数いた。主催者の一人は、地元メディアに「田舎では都会とは違った対応が認められるべきだ」と述べ、インズリー知事(民主党)が出した外出禁止令を非難した。   トランプ大統領は最近、各地の抗議行動に同調する姿勢を見せている。19日の記者会見でも、一部の知事の外出禁止令を「行き過ぎ」と批判し、「人々には抗議する権利がある。彼らはこの国を愛している」と擁護した。 写真:新型コロナウイルス対策で出された外出禁止令に反対する大規模な抗議集会=19日、ワシントン州  

  • 移民受け入れ一時中止 新型コロナ対応理由に  

    2020年04月20日

    【ワシントン20日時事】トランプ大統領は20日、移民受け入れを一時中止する大統領令に署名すると表明した。新型コロナウイルス対策で経済活動が停滞する中、外国からの労働者流入を抑制し、米国人の雇用を守るためと説明している。   トランプ氏は、ツイッターに「(新型ウイルスという)見えない敵の攻撃を受けて、偉大な米国人の仕事を守る必要がある」と投稿した。実施時期や期間、受け入れ中止の対象となる移民の範囲などは明確にしていない。   米国では新型ウイルス対策で、多くの企業が活動の停止や規模縮小に追い込まれている。労働省によれば、4月中旬まで1カ月間の失業保険申請件数は2200万件に上った。   移民受け入れ中止は、トランプ政権が成果として誇示してきた「低失業率」が崩壊する中、雇用を守る姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。  

  • LA郡民の感染割合は4% 新型コロナ検体検査で推計  

    2020年04月20日

    【ロサンゼルス20日】ロサンゼルス郡公衆衛生局のバーバラ・フェラー局長は20日、今月初めに実施された新型コロナウイルスの抗体検査の結果、ロサンゼルス郡人口の約4.1%(約32万人)が同ウイルスに感染した可能性があるとの見解を発表した。 感染者の人口割合を推計するためのこの血清検査は、同局と南カリフォルニア大学(USC)が、4月10日から14日の間に、無作為に選んだ郡内の住民863人を対象に実施。その結果、症状が出なかった人も含めてこれまでに推計221000人から442000人が新型コロナウイルスに感染した計算となり、確認されている感染者数を22倍から55倍上回った。   これを受け、検査を率先したUSCの医師は、新型コロナ感染者の死亡率が当初の予測よりはるかに低いと分析。同時に、検査結果は、多くの人が気付かないままウイルスに感染し、他人にうつす可能性が高いことを示すとし、警戒を呼び掛けた。