全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 大型店舗が相次ぎ感謝祭の閉店を発表 新型コロナの影響で  

    2020年07月29日

    【ロサンゼルス29日】ホリデー・ショッピング・シーズンの幕開けとなる感謝祭だが、新型コロナウイルスの影響を考慮し、Target、Walmart、Dick’s Sporting Goods、Best Buyなどの大型店舗が相次ぎ今年の閉店を発表している。   各店は、年末商戦に向け、商品の配達や、客との接触を最小限に抑えるcurbside pickupのサービスを充実させる方針。 Targetは、毎年恒例の一部商品の大幅値下げを10月にスタートさせることで混雑を避ける計画を発表した。    

  • LA郡の3食品工場、新型コロナ集団感染で閉鎖  

    2020年07月28日

    【ロサンゼルス28日】ロサンゼルス郡の食品工場3カ所が27日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたために一時的に閉鎖を強いられることになった。工場名と感染者数はそれぞれ、シティ・オブ・インダストリーの「Golden State Foods Corp」で43人、アズサの「S&S Foods」で58人、コマースの「Mission Foods」で40人。   郡公衆衛生局は、感染防止のガイドラインを遵守しないビジネスに対し、8月からは100ドルからの罰金を科す方針で、労働環境が改善されない場合は営業を停止する。 サウス・ロサンゼルスにある「Los Angeles Apparel」の縫製工場では少なくとも従業員375人が新型コロナに感染し、4人が死亡しており、6月27日に営業停止を命じられたが、先週、営業再開の許可が出された。    

  • コロナの接触者追跡でなりすまし詐欺に注意 LA郡検事局  

    2020年07月27日

    【ロサンゼルス27日】ロサンゼルス郡検事局は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための接触者追跡(contact tracing)を実施する職員になりすました詐欺が増えているとし、注意を呼び掛けた。   この詐欺は、電話やテキストメッセージ、Eメールを通じ、社会保障番号や経済情報、在留資格などを聞き出す手口。 郡当局が行う正規の接触者追跡では、新型コロナの陽性者に名前と誕生日を確認するが、経済情報や社会保障番号などは聞かない。詐欺の疑いがあるメールなどを受けた場合は、最寄りの保健局に確認するよう呼び掛けている。    

  • 学校閉鎖中の強盗被害が215件 LAUSD  

    2020年07月24日

    【ロサンゼルス24日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)の校内警官は24日、新型コロナ・パンデミックで学校が閉鎖された3月半ば以降、キャンパス内の強盗被害が215件以上に上っていると報告した。   中でも被害が深刻なのがカルバー・シティで、6月に3校に強盗に入り、コンピューターや電子機器類を盗んだ容疑で兄弟2組が逮捕された。   警察当局は、キャンパス周辺で不審な行為を目撃した時には警察に通報するよう協力を求めている。    

  • マスク着用違反に罰金の動き広がる グレンデールは400ドル  

    2020年07月23日

    【ロサンゼルス23日】グレンデール市議会は21日、屋外でマスクを着用していない人に対し、400ドルの罰金を科すことを決めた。罰金額は、違反2度目で1000ドル、3度目で2000ドルとなる。   屋外でも、単独や家族のみと一緒の時は、マスクを顎などに下げても良いが、30フィート以内に他人が近づいた場合のために、マスクが目に見えなくてはならない。2歳以下の子供や呼吸障害のある子供は対象外。   ロサンゼルス郡では23日までに、マンハッタンビーチ、ウエスト・ハリウッド、サンタモニカ、ビバリーヒルズでも同様の罰金制度が設けられている。