全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 地震の経済ロスは10億ドル  米地質調査所が予測

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月8日】アメリカ地質調査所は8日、ロサンゼルスから約182キロ北東のリッジクレスト近郊で4日と5日に発生したマグニチュード(M)6.4と7.1の地震のダメージが与えた経済的ロスが、およそ10億ドルにのぼるとの予測を発表。国内外からの支援が必要となる非常警告「red alert」を発令した。   この地震の後、ケーン郡リッジクレストの住民の多くは予震を恐れて野外にテントを張り寝泊まり。 サンバナディーノ郡トロナ市では、ハイウェー178号に亀裂が走る被害が出た。 ギャビン・ニューサム加州知事は非常事態宣言を発令した。  

  • Hello Kitty Cafe オープン  ラスベガス・ストリップ

    2019年07月17日

    【ラスベガス 7月8日】サンリオは8日、ラスベガス・ストリップのニューヨーク・ニューヨークとパークMGMの間に「Hello Kitty Cafe Las Vegas」をオープンさせると発表。 グランド・オープニングが12日午前11時で、ハロー・キティが特別来店する。先着50人にギフトも配られる。   同店舗はネバダ州では初のお目見え。最近では、カリフォルニア州のアーバイン市とサンノゼ市にオープンし、「Hello Kitty Cafe トラック」は全米各地を巡回している。   ラスベガス店の営業時間は、日曜から木曜の午前11時から午後11時まで、金曜と土曜は午前11時から深夜まで。  

  • 25歳以下の不法移民もメディケイドの対象 加州が全米初

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月9日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は9日、低所得者向け公的医療保険制度「メディケイド」で、適用資格に値する25歳以下の大人を、滞在ステータスが不法移民であってもカバーすると定めた新法案に署名した。   税金を資金源にする保険制度のカバー範囲を不法移民にも広める全米初の州となり、トランプ大統領はこれを批判した。   州当局は、これに伴い新たに約9万人がメディケイドでカバーされ、98000万ドルの税金がかかると予測。 同州では移民ステータスに関わらず、18歳以下の子供らにはすでにメディケイドを適用している。  

  • 屋根に穴開け商品盗むシミ・バレー 「Best Buy」

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月8日】シミ・バレーの家電量販店「Best Buy」で8日午前2時50分頃、強盗グループが屋根に穴を開けて店内に入り、アップル社製品など約93000ドル相当を盗んで逃げる事件が起きた。   「Best Buy」の警備員によると、同様の手口による強盗事件が最近、南カリフォルニア一帯の「Best Buy」店舗で報告されており、警察当局は、同じ強盗グループによる犯行の可能性が高いとして捜査している。  

  • 米国連覇、4度目のV サッカー女子W杯

    米国連覇、4度目のV サッカー女子W杯

    2019年07月17日

    【リヨン(フランス)7月8日 時事】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会最終日は7日、リヨンで決勝が行われ、国際連盟(FIFA)ランキング1位の米国が同8位のオランダを2ー0で下し、2大会連続、最多4度目の優勝を果たした。 連覇は2003、07年大会のドイツ以来で2チーム目。優勝賞金400万ドル。   米国は後半16分、ラピノーがPKを決めて先制し、同24分にラベルが追加点を挙げた。オランダは2度目の出場で、決勝トーナメント1回戦では日本を破ったが、初優勝はならなかった。 今大会6得点のラピノーは大会最優秀選手に選ばれた。   次回23年大会開催地は来年3月決定の予定で、日本も立候補している。