全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月29日

16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。

 

トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。

 

28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸するスウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん

 

気候変動対策を求める活動のため、トゥーンベリさんは1年間休学し、今月14日、英南西部プリマスから温室効果ガスを排出する飛行機を使わないヨットでの旅に出た。ヨットはレース艇「マリツィア2号」で、太陽光パネルや水流発電機を積んでいる。旅には父親や艇長らが同行した。 
 

ニューヨークではサミットのほか、国連本部前で毎週行われている米国の学生デモに参加する。今年12月には、チリで開かれる国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席する。
 

トゥーンベリさんは昨年8月、毎週金曜日に学校を休み、スウェーデン議会前で政府に温暖化対策を訴える抗議活動を始めた。活動は「未来のための金曜日」と名付けられ、各国の若者に広がった。ノーベル平和賞候補にも推薦されている。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • けんかのUber乗客、FWYに飛び出し死亡  

    2019年10月14日

    【ロサンゼルス14日】フリーウェー101号東行きのベンチュラBlvd近くで14日午前3時半頃、Uberの男性乗客2人が後部座席でけんかを始め、運転が不可能となったドライバーが路肩に車を停めたところ、男性1人が車外に飛び出し、中央分離帯を乗り越えたところで走ってきた車にひかれ、死亡する事故が起きた。 男性は、ドライバーがよんだカリフォルニア・ハイウェー・パトロール局の車にひかれたとの情報もある。   乗客2人は、ウェスト・ハリウッドからUberに乗車。死亡した男性は複数の車両にひかれたとの情報もあり、警察当局が捜査している。この事故でフリーウェー101号は一部閉鎖され、ベンチュラ郡からロサンゼルス・ダウンタウンまでの渋滞が悪化した。  

  • 加州知事が新法案署名 学校の始業遅延など

 

    加州知事が新法案署名 学校の始業遅延など  

    2019年10月14日

    【ロサンゼルス14日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は13日、複数の新法案に署名した。   最も物議を醸している「法案328」は、学校の始業時間を中学校は午前8時以降、高校は午前8時半以降に遅らせる内容で2022年7月から施行される。 「法案218」は、幼少時に性的虐待を受けた被害者が民事訴訟を起こすかどうかの決断期間を、40歳まで、または虐待発覚から5年に延ばす内容。これまでの決断期間は26歳までか発覚から3年以内だった。   「法案SB-24」は、UC機構とCSU機構の34の大学キャンパスで妊娠中絶の薬を提供する全米初の法案で2023年から施行されるが、資金源として1千万ドル以上の私的寄付金が集められた場合のみ施行となる。   「法案SB8」は、州立公園やビーチでの電子タバコを含む喫煙を禁じる。2020年から施行され、違反者には25ドルの罰金が科される。駐車場は対象外。   「法案AB313」は、サーカスで、象や熊などの野生動物を含むほとんどの動物を使うことを禁じる。飼いならされた犬や猫や馬、ロデオは除外。このような法案は、ニュージャージーとハワイに次いで3州目。 「法案AB44」は、新しい毛皮製品の販売を禁じる全米初の州法となり、製造や販売の申し出も違法。 「法案AB1254」は、ボブキャットを殺したり捕獲することを禁じる。   「法案SB395」は、ドライバーがアクシデントでひいた野生動物を、オンラインで申請後、持ち帰って食べることを許す法案。2022年の施行までに、州の魚類野生生物局が、野生動物と車の衝突事故が多い3地域を選び、試験的に実施される。 同法案の分析者によると、過去6年間に州全体で大型野生動物と車の衝突事故は8千件起きており、1,500人が負傷し少なくとも24人が死亡した。同法案の下、衝突が多い地域を特定し、野生動物専用の横断道をハイウェーに設置する計画もある。   「法案SB-265」は、学校の給食代を納めていない家庭の子供に対しても、他の生徒と同様に給食の配当を受ける権利を保障する内容。これまでは、給食代未納の子供は俗に「lunch-shaming」と言われる方式で、給食配当を受けられなかったり、安価な食事を提供されていた。  

  • 建設中のホテル崩落、1人死亡

 

    建設中のホテル崩落、1人死亡  

    2019年10月13日

    【ワシントン13日時事】ルイジアナ州ニューオーリンズで12日午前9時ごろ、建設中のホテルが崩落し、当局によると、1人が死亡、少なくとも18人が負傷した。3人が行方不明。 崩落したのは「ハードロック・ホテル」の上層部で、消防隊責任者は「さらに崩落するかもしれない」と現場に集まった記者団に述べた。   国土安全保障省は、現場上空にドローンを飛ばす行為をやめるよう報道機関を含め市民に要請した。消防当局は、周辺の住民に対し念のための避難を呼び掛けている。  

  • NYで銃撃、4人死亡 違法賭博場か  

    2019年10月13日

    【ニューヨーク13日時事】ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、ニューヨークのブルックリン地区で12日早朝、銃撃事件が発生し、少なくとも4人が死亡、3人が負傷した。   現場は民間の社交クラブとされるが、当時、違法賭博が行われていたという。容疑者はまだ拘束されておらず、動機など詳細は不明。

  • Uber乗車は駐車場で LAXで10月末から新規制

 

    Uber乗車は駐車場で LAXで10月末から新規制  

    2019年10月11日

    【ロサンゼルス4日】ロサンゼルス国際空港(LAX)で今月末から、配車サービスのUberとLyft、タクシーがターミナル外に車両を横付けし客をピックアップする行為が禁止される。 客は、シャトルか徒歩でターミナル1横の駐車場まで移動し、そこで乗車することになる。 ドロップオフに関しては、これまで通り行える。   新規制は、空港内で行われている大規模修復工事の影響もあり、渋滞のさらなる悪化を防ぐため。LAXの利用者は、2012年の6,370万人から2018年には8,750万人に増えている。 同様の配車サービス規制は6月、サンフランシスコ国際空港でも実施された。