連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年08月28日

“車愛”で15年

Japanese Classic Car Show
主催者

テリー 山口 / Terry Yamaguchi


 

全米最大の日本の旧車が集まる『ジャパニーズクラシックカーショー(JCCS)』を運営するテリー山口さん。「500台の車がスムーズに来るようにお膳立てするのは大変。でも、当日はどうにかなっちゃうんです(笑)」と笑う。会場レイアウトや参加審査などの大事な部分はご主人のコウジさんが担当。二人三脚でビッグイベントを作り上げる  

 

毎年9月、ロングビーチで『ジャパニーズクラシックカーショー(JCCS)』が開催される。日本の名車、旧車、ノスタルジックカーが一同に会し、全米からカーマニアやコレクターが集まるこのイベントで、第1回から記念すべき15周年となる今年までショーの中心を担うのは、テリー山口さんだ。

 

車に興味を持つようになったのは、JCCSをともに主催するご主人の影響。ともに洋楽好きで英語にあこがれ、結婚後に2人でハワイへ旅を重ねたのち、ロサンゼルスへ移住した。

2000年ごろ、ご主人を手伝って「趣味の延長のような」車のウェブサイトを作ったことがきっかけとなり、テリーさんも車に詳しくなると同時にどんどん「ハマって」いった。車社会のアメリカでは車好きの女性もめずらしくない。

 

LAでは夫婦でローカルのカークラブに入り、さまざまなメーカーの集まりに通ううちに車仲間も増えた。「思い出として一度、全部の車を集めよう」と、2005年に初めてカーフェストを開催。

「赤字だったけど達成感があった」というこのイベントへの反響は、テリーさんの想像以上に大きかった。再開催を望む声も多く、それに応えて気づけば15回目。

母体はLAのトヨタクラブ、ダットサンクラブ、マツダクラブのメンバーたち。

「組織というより、ずっと一緒に活動している車仲間とのイベント」という感覚だ。

 

ショーを始めた当時は「日本車などクラシックカーではない」とアメ車ファンや全米メディアにたたかれたが、テリーさんたちはそんな声に負けず、日本車ファンに数少ない集いの場を提供し続けてきた。

その間、カーショーに参加した有名人が「日本車も十分に歴史がありクラシックと呼べる」と発言したり、LAタイムズなどでも取り上げられ、米国の日本車市場は拡大。欧米でも日本の旧車が認められはじめた。

「うちがカーショーを開催することで、参加者たちは車をきれいにリストアしクオリティーを上げる。北米での日本の旧車のバリューを上げていく上で大きな役目を果たしていると思う」と自負する。

 

テリーさんは「毎年楽しみにしてくれているファンの人たちがすべて。彼らがいるから続けてきた。カナダから車で来たり、ドイツから飛行機に乗って来てくれたり。がっかりさせられないから、どうにかクオリティーを上げたいという思いがある。

よくここまでやってきたなと自分でも思う」と感慨深げだ。

メーカーのサポートもあり、赤字で始まったJCCSも今や500台が参加し来場者1万人を誇るビッグイベントへと成長。テリーさんの車への愛情、そして努力がその歴史を築き、支えている。

 

JCCSの母体は各カークラブのメンバーたち。組織として活動するというよりも、十何年も一緒にいる車好き仲間たちとのイベントという感覚だという。毎年、年末から準備に取りかかる

「日本では車を気にしなかった人も楽しめると思う。幼少時代の自分の写真に必ず写っているような車が、米国できれいに直されているのを見てほしい」。さまざまな楽しみ方ができるのがカーショー(Photo Credit: Koji Yamaguchi/JCCS®)

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • ママになっても
才能を活かしてほしい

マリンバ奏者

高田 直子

Naoko Takada
 


 

    ママになっても 才能を活かしてほしい マリンバ奏者 高田 直子 Naoko Takada    

    2020年03月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

    ぽわん、ぽろん、ぽろろん。まるみを帯びた深い音色。スタジオに続く木製扉の前で耳を澄ませて立ち止まった。 マリンバという楽器をご存知の方はどれくらいいらっしゃるだろう。マリンバは、いわゆる木琴の一種。木琴の音は固く乾いた音であるのに対し、マリンバのそれはやわらかい。   マリンバ奏者の高田直子さんのスタジオを訪れた日は、空には雲ひとつなかった。開け放たれたドアの向こうにマリンバが見える。想像よりもずっと大きい。ビブラフォンもドラムもピアノもあった。光が注がれる楽器はどれも本当に神々しい。   マリンバはピアノよりも鍵盤数が多く感じたので尋ねてみると、すぐさまピアノの前に座り「そんなことないです。ほらね」と慣れた手つきで弾いてくれた。 なるほど、マリンバとピアノはまったく違う楽器にみえるが、考えてみれば同じ鍵盤打楽器だ。たたくことで音を出す。   出会いは8歳。母親と一緒に行った雛祭りコンサートだった。「最初は大きな家具だなって(笑)そこで聴いたのは『熊蜂の飛行』でした」 マリンバに出会ってしまった直子さんは「習いたい」と親に頼んだが、最初の頃は一時的なことだろうと相手にされなかった。けれども変わらぬ情熱に母親は「1回だけね」と約束して教室に連れて行ってくれた。   その1回が2回になり3回になった。そのうちに忘れるだろうと思った親の期待とは裏腹に、彼女の熱意は薄まるどころかどんどん増した。 父親は、新聞紙を切って音の出ない即席マリンバを作ってくれ、彼女はそれで練習した。 遂にマリンバを買ってもらったとき、あまりの嬉しさにマリンバの下で寝たほど。   先生についてめきめきと力をつけた彼女は、11歳で初めて舞台に立った。しかし中学の時に一度マリンバを辞めている。「舞台に立って以降は、周りからプロになるの?どうするの?と何度も聞かれ、それがすごく嫌だったんです」   早稲田大学の心理学科に進み、一年間の交換留学でカリフォルニア大学ノースリッジ校(CSUN)を訪れたことがその後の運命を大きく変える。早稲田を中退し、CSUNの音楽学科に編入し、再びマリンバと向き合う日々が始まったのだ。   「一日6時間、5年間集中すればプロになれる」と信じ、昼夜問わず練習に身を捧げた。 当時の自分の言葉をどう思うかと聞いたら「生意気だったと思います」と笑った。   2002年、ニューヨークで開かれたヤング・コンサート・アーティスト国際オーディションで優勝したことを機にプロとして始動。「20代のときは仕事を選べなかったけど今は選ぶことができて幸せ。子供と過ごす時間が何より大事です」   交換留学初日に出会ったご主人との間には2人の可愛い子供がいる。「才能があるのに子育てでやめてしまう人を私はもったいないと思う。 ママになっても自分の才能を活かしてほしい」彼女の演奏に勇気をもらう理由がわかった気がした。  

  • 出会った瞬間、これだと思った

サンドアーティスト

ラッセル 知絵

Chie Russell


 

    出会った瞬間、これだと思った サンドアーティスト ラッセル 知絵 Chie Russell  

    2020年03月18日 ロサンゼルスで暮らす人々

    NASP(ノースアメリカンサンドペインターズ協会)で講師資格を取得し、インストラクター、サンドアーティストとして活動するラッセル知絵さん。 連絡先:ラッセル知絵(サンドアーティスト) R.SandPaintingStudio@gmail.com 213-537-3957

  • 途中でやめるのはいつだって自分

NASA Jet Propulsion Laboratory システムズエンジニア

石松 拓人

Takuto Ishimatsu



 

    途中でやめるのはいつだって自分 NASA Jet Propulsion Laboratory システムズエンジニア 石松 拓人 Takuto Ishimatsu  

    2020年03月13日 ロサンゼルスで暮らす人々

    NASA Jet Propulsion Laboratory システムズエンジニアの石松拓人さん。2012年に着陸した火星ローバー『キュリオシティ』のエンジニアリングモデルの前で。

  • 民謡を通して、日本の美しさや日本の心を歌い継ぐ

民謡歌手

小杉 真リサ

Marisa Kosugi


 

    民謡を通して、日本の美しさや日本の心を歌い継ぐ 民謡歌手 小杉 真リサ Marisa Kosugi  

    2020年03月04日 ロサンゼルスで暮らす人々

    今年で創設55周年を迎える日本民謡「松豊会」の民謡歌手、小杉真リサさん。 photo by Albert Lien

  • トレンドにあわせて探求し続ける美食

Katsu-ya Group総料理長

釘田 慎二

Shinji Kugita



 

    トレンドにあわせて探求し続ける美食 Katsu-ya Group総料理長 釘田 慎二 Shinji Kugita  

    2020年02月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

    Katsu-ya Groupの総料理長として、同グループ代表の上地勝也氏の右腕として全店舗の指揮をとる釘田慎二さん。 www.katsu-yagroup.com