連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年08月22日

Vol.25 摂取しているマリファナ製品は安全?

 

現在カリフォルニアのマリファナ市場に出回っている製品は数え切れないほどありますが、市場で売っているマリファナ製品が安全なものかどうか、どうやって見極められているのでしょうか?安全に対する基準などは設けられているのでしょうか?

 

「州に認められた検査機関での検査」

カリフォルニアでマリファナが嗜好品として合法になってから、子どもによる誤飲や誤食を防ぐためのチャイルドレジスタンスパッケージの義務化(記事参照以外にも加わった法律があります。製品の安全性を証明するための法律です。

 

カリフォルニア州が認めた検査機関で検査を行い、その検査を通過して、検査結果を識別できる個別番号と検査をした機関名を製品のパッケージに表示しないと市場では販売できないという法律が2018年にできました。それに加え、製造年月日と消費期限の表示も義務付けられています。検査はラブテスト(Lab=研究所、test=検査)と呼ばれ、検査結果をCOA(Certificates Of Analysis)と呼びます。

上記写真:とあるマリファナのCOA。そのマリファナが店頭で販売されている以上、ディスペンサリーはこのCOAを店内に保管しておく義務があります。

 

ラブテストの検査項目は全16項目で、主に

・カナビノイドプロファイル(THCやCBDなどカナビノイドの含有量)

・テルペンプロファイル(ハイを左右するテルペンの含有量)

・モイスチャーコンテンツ(バッヅの湿り度)

 

などの含有成分に関することから、

・溶解液、殺虫剤などの化学物質

・大腸菌やカビなどの微生物

・重金属類

など含まれるべきではない化学物質を検査し基準の数値を超えている、もしくは検出されると検査を通過できません。州から許可をもらい経営されている合法なディスペンサリーで扱っている製品は、安全性が証明されてから店頭に並んでいるんです。

©Weekly LALALA

●写真上:Fade.Coのマリファナ

●写真中央:Happy Sticksのベープカートリッジ

●写真下:Kushy Punchのエダブルグミ

 

その反面マリファナが嗜好品として認められてから問題になってきているのは、ブラックマーケットです。最近大きな問題としてよく取り上げられるのはベープのオイルカートリッジです。州からの許可がない施設で手作りした、実際に存在する人気ベープの海賊版を本物として巷で販売している人もいます。これには、各有名ブランドも頭を悩ませているようで、SNSなどで海賊版は危険なので購入しないようにと注意を呼びかけています。

 

中にはオイルからサラダ油が検出された海賊版ベープカートリッジも!どんなに安くても、何が入っているかわからないブラックマーケット製品の購入、使用は絶対にやめましょう!きちんとした正規取扱店での購入を強くおすすめします。

 

次回はここでも触れた「ベープペン」についてお伝えします。日本では大麻リキッドと呼ばれているvapeですが、結局のところ何が入っているのでしょうか?

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

 

■カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju

茨城県出身、ロサンゼルス在住10年目。2010年に語学留学目的でロサンゼルスに渡米後、メルローズ沿いの洋服屋でマネージャーとして勤務する。独自のセンスを生かし、セレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中で医療大麻というものを知り、LAローカルたちの大麻に対する価値観の違いに衝撃を受ける。自身も医療大麻に助けられたという経験から、LAのマリファナシーンに身を投じるべくLAダウンタウンにあるカンナビスディスペンサリーで働き始め、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

「日本人は小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国ロサンゼルスの事情をお届けし、大麻に偏見がある人の意識を少しでも変えていけることができればと思います。」

Instagram : @bluedreamz

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • Vol.8 二種類のマリファナ
インディカ or サティバ どちらがお好み?

    Vol.8 二種類のマリファナ インディカ or サティバ どちらがお好み?

    2019年04月18日 マリファナのおはなし

    マリファナの大きな魅力というと、やっぱり真っ先に頭に浮かぶのが「ハイになること」という人は多いはず。 このコラムのアドバイザーであるBlue Dreamzさんによると、「ハイになること」にも大きく分けて2つの種類がある、すなわち、マリファナには大きく分けて2つの種類があるんだそう。 「私たちの体は個人個人で違います。お酒を飲んだ時の反応にたとえると、赤ワインが好きで何杯でも飲める人、赤ワインを飲むと酔いやすくてすぐに潰れてしまう人、白ワインのほうが酔いやすい人、ワインではなかなか酔えないけれど、テキーラだと即効でガツンとテンションが上がる人、そうでない人もいます。 種類によってそのお酒が合う合わないがあるように、マリファナも人によって相性があるんです。一番良いのは、試してみて自分に合ったものを見つけることです!」  

  • Vol.7 日本から渡米の人は注意!
マリファナ合法の街ロサンゼルスで、マリファナの使用は許されるのか?

    Vol.7 日本から渡米の人は注意! マリファナ合法の街ロサンゼルスで、マリファナの使用は許されるのか?

    2019年04月12日 マリファナのおはなし

    日本では、大麻取締法により、マリファナについて厳しく禁止されています。では、「マリファナが合法のカリフォルニア州、はたまたロサンゼルスに旅行などで訪れた際に、現地でのマリファナの使用は許されるのでしょうか?」と疑問の人もいらっしゃるはず。   しかし!!「外務省 海外安全ホームページ」によりますと、 (下記原文)   【大麻(マリファナ)が合法の国での利用であっても、日本で逮捕されることがあります】   大麻が合法化されている国では、大麻を簡単に入手・利用することができますが、日本の大麻取締法は、国外における大麻の使用・所持・譲渡も処罰の対象としていますので、帰国後に逮捕されることもあります。  また、合法の国であっても、未成年による利用や、国外への持ち出しが現地の法律で厳しく取り締まられていることがあります。大麻が合法化されている国でも、大麻には決して手を出さないようにしてください。   と、しっかりと明記されています。 これから夏休みなどで日本から渡米される方は、外務省 海外安全ホームページをよく読んで、注意事項を守るようにしてください。

  • Vol.6 LAダウンタウンのマリファナショップに初めて行ってきました!

    Vol.6 LAダウンタウンのマリファナショップに初めて行ってきました!

    2019年04月04日 マリファナのおはなし

    「初めてのショップ訪問にあたり忘れてはいけないのは、身分証明です。運転免許証やパスポートなど政府から発行のIDですね。 カリフォルニア州が発行した身分証明書(運転免許証可)があればメディカルカードを取得して税金を少し抑える事ができますが、なくても全く問題ありません。(メディカルカード保持者の税金29.5%、IDのみでの購入34.5%)お店によってはお店側が税金を全額負担しているところもあります」  

  • Vol.5 マリファナ CBDでイライラから解放される!? 
生理痛、筋肉痛まで! 男性のアレにも!?

    Vol.5 マリファナ CBDでイライラから解放される!?  生理痛、筋肉痛まで! 男性のアレにも!?

    2019年03月29日 マリファナのおはなし

    前回は、フォーカスしてお伝えしたマリファナの成分「CBDとTHC」。そんなにも素晴らしいのであればもっと知りたい!Blue Dreamzさんに CBDの健康効果やメリットについて聞いてみた。   「特に優れているのは痛みに対してです。女性にはつらいPMS(月経前症候群)。生理前の気分の落ち込みやいらいら、キツい生理痛、生理による腰の痛みなどもCBDを摂取することでその悩みから解放されたっ、何も無かったかのようになくなるという声をたくさんの女性から聞きますね。   おすすめは、CBD/THC入りのグミ、カプセルやオイルドロッパー、バームやローション。お腹に塗るのも効きますが、体の中から摂取した方が効き目が長く、効果が強く感じられることで人気です」

  • Vol.4 マリファナのCBD成分でハイになる?

    Vol.4 マリファナのCBD成分でハイになる?

    2019年03月22日 マリファナのおはなし

    最近マリファナに関連してよく聞く「CBD」ですが、CBDはTHC、CBNに続くマリファナに含まれる三大主成分のひとつ。   マリファナ先進国ではガン、てんかんの治療、生理痛からストレスにまで幅広く処方されるCBDですが、健康ベネフィットは本当にあるのだろうか?”ハイ“になったりしないのだろうか? Blue Dreamzさんにお尋ねしてみると。   「CBD(正式名称:カンナビジオール)は精神活性作用の効果はないため、”ハイ”にはなりません。精神活性作用があるのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)』で、CBDは精神作用が無くたくさんのヘルスベネフィットがあるため、世界では5歳のてんかん持ちの小さな子どもからお年寄りまで幅広く処方されています」 ちなみにCBDとTHCそれぞれの大きな効果は下記のとおり。   ●CBD:不安、ストレスの解消、てんかん治療、抗炎症作用、精神病治療など   ●THC:リラックス効果、鎮痛効果、陶酔効果など