連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年08月22日

Vol.25 摂取しているマリファナ製品は安全?

 

現在カリフォルニアのマリファナ市場に出回っている製品は数え切れないほどありますが、市場で売っているマリファナ製品が安全なものかどうか、どうやって見極められているのでしょうか?安全に対する基準などは設けられているのでしょうか?

 

「州に認められた検査機関での検査」

カリフォルニアでマリファナが嗜好品として合法になってから、子どもによる誤飲や誤食を防ぐためのチャイルドレジスタンスパッケージの義務化(記事参照以外にも加わった法律があります。製品の安全性を証明するための法律です。

 

カリフォルニア州が認めた検査機関で検査を行い、その検査を通過して、検査結果を識別できる個別番号と検査をした機関名を製品のパッケージに表示しないと市場では販売できないという法律が2018年にできました。それに加え、製造年月日と消費期限の表示も義務付けられています。検査はラブテスト(Lab=研究所、test=検査)と呼ばれ、検査結果をCOA(Certificates Of Analysis)と呼びます。

上記写真:とあるマリファナのCOA。そのマリファナが店頭で販売されている以上、ディスペンサリーはこのCOAを店内に保管しておく義務があります。

 

ラブテストの検査項目は全16項目で、主に

・カナビノイドプロファイル(THCやCBDなどカナビノイドの含有量)

・テルペンプロファイル(ハイを左右するテルペンの含有量)

・モイスチャーコンテンツ(バッヅの湿り度)

 

などの含有成分に関することから、

・溶解液、殺虫剤などの化学物質

・大腸菌やカビなどの微生物

・重金属類

など含まれるべきではない化学物質を検査し基準の数値を超えている、もしくは検出されると検査を通過できません。州から許可をもらい経営されている合法なディスペンサリーで扱っている製品は、安全性が証明されてから店頭に並んでいるんです。

©Weekly LALALA

●写真上:Fade.Coのマリファナ

●写真中央:Happy Sticksのベープカートリッジ

●写真下:Kushy Punchのエダブルグミ

 

その反面マリファナが嗜好品として認められてから問題になってきているのは、ブラックマーケットです。最近大きな問題としてよく取り上げられるのはベープのオイルカートリッジです。州からの許可がない施設で手作りした、実際に存在する人気ベープの海賊版を本物として巷で販売している人もいます。これには、各有名ブランドも頭を悩ませているようで、SNSなどで海賊版は危険なので購入しないようにと注意を呼びかけています。

 

中にはオイルからサラダ油が検出された海賊版ベープカートリッジも!どんなに安くても、何が入っているかわからないブラックマーケット製品の購入、使用は絶対にやめましょう!きちんとした正規取扱店での購入を強くおすすめします。

 

次回はここでも触れた「ベープペン」についてお伝えします。日本では大麻リキッドと呼ばれているvapeですが、結局のところ何が入っているのでしょうか?

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

 

■カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju

茨城県出身、ロサンゼルス在住10年目。2010年に語学留学目的でロサンゼルスに渡米後、メルローズ沿いの洋服屋でマネージャーとして勤務する。独自のセンスを生かし、セレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中で医療大麻というものを知り、LAローカルたちの大麻に対する価値観の違いに衝撃を受ける。自身も医療大麻に助けられたという経験から、LAのマリファナシーンに身を投じるべくLAダウンタウンにあるカンナビスディスペンサリーで働き始め、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

「日本人は小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国ロサンゼルスの事情をお届けし、大麻に偏見がある人の意識を少しでも変えていけることができればと思います。」

Instagram : @bluedreamz

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • Vol.12 「東京マリファナマーチ」とは?
潜入取材リポート(前編)

    Vol.12 「東京マリファナマーチ」とは? 潜入取材リポート(前編)

    2019年05月16日 マリファナのおはなし

    5月4日(みどりの日)に東京の青山公園南地区から渋谷にかけて、「東京マリファナマーチ」が開催されました! 実際に参加した、このコラムのアドバイザーBlue Dreamzさんが2週にわたりレポートします!     東京では2001年にスタート!   マリファナマーチとは、1998年より毎年5月に世界各都市で行われる「大麻自由化(合法化・非犯罪化)」のアピールを行う世界同時イベントであり、今年の参加都市は日本を含め17都市以上。   今年マリファナマーチが開催された都市、国は、デンマーク、アルジェンティーナ、ブラジル、インドネシア、スペイン、イタリア、コロンビア、南アフリカ、イギリス、ロシア、メキシコ、チェコ共和国、ガーナ、ニューヨーク、テキサス、オレゴン、日本。 東京は2001年より参加し、今年で19回目の開催になります。   参加者は、医師からラスタファリアンのミュージシャン、ビーガンカフェのオーナー、高校生、子ども連れの家族まで、大麻が必要な人の手に渡るのを切に願う様々な方々がいらっしゃいました。   日本では大麻の事実に反する誤解や偏見がもとで、不必要な逮捕や取り締まりが行われており、その刑罰は所持で5~7年と、罪と罰のバランスが取れていない重罰を科しています。 それにより若者の前途や一般社会人の生活が奪われ、病人は苦痛を強いられ、利用を求める人の自由が奪われています。   マリファナマーチは、大麻に関する正しい情報を多くの人に認識してもらうため、あるいはタブーとされる大麻について議論できる場を設けるため、以下のスローガンのもとに行われます。  

  • Vol.11 マリファナバターにマリファナシロップ・・・ まるでマリファナ・キッチン!

    Vol.11 マリファナバターにマリファナシロップ・・・ まるでマリファナ・キッチン!

    2019年05月09日 マリファナのおはなし

    このコラムではたびたび人気のマリファナ商品を紹介してきました。吸引用のVapeやローションのように肌に塗るタイプなどなど。 アドバイザーのBlue Dreamzさんいわく、エダブル(食用)のマリファナもバラエティに富んでいて人気を得ているそうです。    「ひと昔前だと、エダブルのマリファナ商品といえば、マリファナクッキーやキャンディ、マリファナのお茶といったものしかありませんでした。ここ最近は様々な商品が増えていて、クオリティもかなり上がっています」  

  • Vol.10 インディカ=ボディハイ サティバ=ヘッドハイ いいトコ取り「ハイブリッド」

    Vol.10 インディカ=ボディハイ サティバ=ヘッドハイ いいトコ取り「ハイブリッド」

    2019年05月02日 マリファナのおはなし

    前回はマリファナの2つの種類、ボディハイをもたらすインディカと、ヘッドハイをもたらすサティバについてお伝えしましたが、その2つを掛け合わせた「ハイブリッド」なるものもあるそう。   アドバイザーのBlue Dreamzさん曰く、「ハイブリッドは単純にインディカとサティバの両方のハイを持ち合わせたものです。といっても、全てのハイブリッド種が同じようなハイをもたらすのではなく、ハイブリッドの中でもインディカに近いもの、サティバに近いもの、その2つの中間くらいのものと様々です」   細かな特定のニーズにこたえてくれるのがハイブリッドの魅力なのだそうです。  

  • Vol.9 二種類のマリファナ 頭が冴えるのは「サティバ種」

    Vol.9 二種類のマリファナ 頭が冴えるのは「サティバ種」

    2019年04月26日 マリファナのおはなし

    前回のコラムでは、マリファナには、インディカ(Indica)とサティバ(Sativa)の2種類があり、インディカについてご紹介しました。 インディカは、体をリラックスさせ、痛みを和らげるなどの効果があり、体がハイになるボディハイをもたらすことをお伝えしました。   では、もう一つの種類であるサティバはどのような特徴があるのか、アドバイザーのBlue Dreamzさんに聞いてみました。  

  • Vol.8 二種類のマリファナ
インディカ or サティバ どちらがお好み?

    Vol.8 二種類のマリファナ インディカ or サティバ どちらがお好み?

    2019年04月18日 マリファナのおはなし

    マリファナの大きな魅力というと、やっぱり真っ先に頭に浮かぶのが「ハイになること」という人は多いはず。 このコラムのアドバイザーであるBlue Dreamzさんによると、「ハイになること」にも大きく分けて2つの種類がある、すなわち、マリファナには大きく分けて2つの種類があるんだそう。 「私たちの体は個人個人で違います。お酒を飲んだ時の反応にたとえると、赤ワインが好きで何杯でも飲める人、赤ワインを飲むと酔いやすくてすぐに潰れてしまう人、白ワインのほうが酔いやすい人、ワインではなかなか酔えないけれど、テキーラだと即効でガツンとテンションが上がる人、そうでない人もいます。 種類によってそのお酒が合う合わないがあるように、マリファナも人によって相性があるんです。一番良いのは、試してみて自分に合ったものを見つけることです!」