連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年08月22日

Vol.25 摂取しているマリファナ製品は安全?

 

現在カリフォルニアのマリファナ市場に出回っている製品は数え切れないほどありますが、市場で売っているマリファナ製品が安全なものかどうか、どうやって見極められているのでしょうか?安全に対する基準などは設けられているのでしょうか?

 

「州に認められた検査機関での検査」

カリフォルニアでマリファナが嗜好品として合法になってから、子どもによる誤飲や誤食を防ぐためのチャイルドレジスタンスパッケージの義務化(記事参照以外にも加わった法律があります。製品の安全性を証明するための法律です。

 

カリフォルニア州が認めた検査機関で検査を行い、その検査を通過して、検査結果を識別できる個別番号と検査をした機関名を製品のパッケージに表示しないと市場では販売できないという法律が2018年にできました。それに加え、製造年月日と消費期限の表示も義務付けられています。検査はラブテスト(Lab=研究所、test=検査)と呼ばれ、検査結果をCOA(Certificates Of Analysis)と呼びます。

上記写真:とあるマリファナのCOA。そのマリファナが店頭で販売されている以上、ディスペンサリーはこのCOAを店内に保管しておく義務があります。

 

ラブテストの検査項目は全16項目で、主に

・カナビノイドプロファイル(THCやCBDなどカナビノイドの含有量)

・テルペンプロファイル(ハイを左右するテルペンの含有量)

・モイスチャーコンテンツ(バッヅの湿り度)

 

などの含有成分に関することから、

・溶解液、殺虫剤などの化学物質

・大腸菌やカビなどの微生物

・重金属類

など含まれるべきではない化学物質を検査し基準の数値を超えている、もしくは検出されると検査を通過できません。州から許可をもらい経営されている合法なディスペンサリーで扱っている製品は、安全性が証明されてから店頭に並んでいるんです。

©Weekly LALALA

●写真上:Fade.Coのマリファナ

●写真中央:Happy Sticksのベープカートリッジ

●写真下:Kushy Punchのエダブルグミ

 

その反面マリファナが嗜好品として認められてから問題になってきているのは、ブラックマーケットです。最近大きな問題としてよく取り上げられるのはベープのオイルカートリッジです。州からの許可がない施設で手作りした、実際に存在する人気ベープの海賊版を本物として巷で販売している人もいます。これには、各有名ブランドも頭を悩ませているようで、SNSなどで海賊版は危険なので購入しないようにと注意を呼びかけています。

 

中にはオイルからサラダ油が検出された海賊版ベープカートリッジも!どんなに安くても、何が入っているかわからないブラックマーケット製品の購入、使用は絶対にやめましょう!きちんとした正規取扱店での購入を強くおすすめします。

 

次回はここでも触れた「ベープペン」についてお伝えします。日本では大麻リキッドと呼ばれているvapeですが、結局のところ何が入っているのでしょうか?

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

 

■カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju

茨城県出身、ロサンゼルス在住10年目。2010年に語学留学目的でロサンゼルスに渡米後、メルローズ沿いの洋服屋でマネージャーとして勤務する。独自のセンスを生かし、セレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中で医療大麻というものを知り、LAローカルたちの大麻に対する価値観の違いに衝撃を受ける。自身も医療大麻に助けられたという経験から、LAのマリファナシーンに身を投じるべくLAダウンタウンにあるカンナビスディスペンサリーで働き始め、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

「日本人は小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国ロサンゼルスの事情をお届けし、大麻に偏見がある人の意識を少しでも変えていけることができればと思います。」

Instagram : @bluedreamz

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • Vol.30

マリファナの展示会「Hall Of Flowers」レポート

 

    Vol.30 マリファナの展示会「Hall Of Flowers」レポート  

    2019年09月27日 マリファナのおはなし

    ロサンゼルスから飛行機で1時間ほど、サンフランシスコの北にあるSanta Rosaで9/18・19の2日間開催されたマリファナの展示会「Hall Of Flowers」に参加してきました! この展示会は前々から良い評判を聞いていたので、とても楽しみにしていましたが、私は行きのフライトがキャンセルされたため、残念ながら2日目のみの参加となりました。   巨大な会場では指定の場所で喫煙OK! 1日目は関係者のみ入場できて、2日目は一般に開放され、21歳以上であれば誰でも入場可能。チケットは約$400でした。   会場は午前11時にオープン。会場に12時に着くとすでに人がいっぱいでした。会場内には4つの建物がありカテゴリーごとに分かれていて、丸一日いれば全てのブースを回れるかなという大きさ。想像以上の規模でした。   約150もの一流カンナビスブランドがブースを連ね、著名人を迎えての講演会があったりフードトラックがあったりDJがプレイしていたり、関係者も一般の人も楽しめる内容になっていました。中庭の芝生の上にはイスとテーブルの他にビーズクッションが置いてあり、そこで談笑する人がたくさん。9月の暖かい日差しが降り注ぐ中、人々はマリファナをふかして終始和やかな雰囲気でした。   建物から25フィート (約8メートル)離れていればどこでも喫煙OKというなんともカンナビスフレンドリーな空間で、外にブースのあったワックスのブランドは無料でダブ(ワックス)を振舞い、中にはランチを食べてジョイントを吸って、スヤスヤお昼寝している人もちらほらと見かけました。マリファナの平和さが垣間見れたほっこりする一面でした。  

  • Vol.29 ハイになる食べ物、エディブル その2

 

    Vol.29 ハイになる食べ物、エディブル その2  

    2019年09月20日 マリファナのおはなし

    ロサンゼルスではベープと並ぶ人気のエディブルは、どんな効能をもたらすのでしょうか? エディブルのハイは、マリファナ、ベープを吸った時のハイとは別物、と言っていいと思います。体の中から効いて、頭の先からつま先まで、五感すべてがハイになるので体感がすごいです。体全体に大麻の成分を受け取るカナビノイド受容体があるからなんですね!   視覚が鮮やかになって、聴覚が敏感になるのでコンサートや音楽フェス、映画、ミュージカルなどエンターテイメントを楽しむ時は間違いなくエディブルをおすすめします。太陽や風などが普段よりも気持ちよく感じるので、自然と触れ合う時のエディブルも最高です。普段の数倍感動すること間違いなし!マリファナ愛好家たちが自然と触れ合うのを好むってそこからきているんですね。エディブルのハイはごはんも美味しく感じて、地球に感謝したくなる。そしてセックスの感度がバツグンに良くなります。おまけに本当によく眠れるんです。   <エディブルで失敗しないコツ> まず、絶対に少ない量から始めましょう! 前回記載したようにエディブルは摂取してから時間が経たないと効果が現れず、さらには一度摂取してしまうと後戻りすることができないので、摂取するTHCの量を調節することが大切になってきます。 THC 5-10mgを摂取して1時間は様子を見てから、少しずつ量を増やして自分に合った適量を見つけましょう!空腹時にエディブルを摂取すると効きが早くてハイは激しめ。お腹に何か入っている状態だと効きが緩やかでハイも穏やかめですが、これも摂取する量や人それぞれの新陳代謝によってきます。 エディブルは口の中で溶かして摂取すると効きが早くなり、薬の舌下摂取と同じで舌の血管に直接浸透させ口腔内の粘膜より吸収するため、即効性があります。さらにマンゴーはミルセンというマリファナによく含まれるテルペンを豊富に含んでいるため、エディブルと摂取すると効きが早くまわり、効き目も強く感じます。  

  • Vol.28   ハイになる食べ物、エディブル その1

 

    Vol.28   ハイになる食べ物、エディブル その1  

    2019年09月13日 マリファナのおはなし

      マリファナを燃やして吸う、ベープする他にも人気のマリファナの摂取方法があります。それはTHCやCBDが含まれている食べ物、エディブルです。 ディスペンサリーに足を踏み入れると同時に、エディブルに馴染みのない日本人の度肝を抜かれるのが、エディブルの圧倒的な品揃えです。グミ、チョコレート、クッキー、ミンツ、はちみつ、プレッツェルや飲み物、健康志向なアメリカならではのグルテンフリーやビーガンオプションに至るまでのバラエティの豊富さに驚かれることでしょう。 マリファナがまだ違法とされている国ではなかなか聞き慣れないマリファナの摂取方法ですが、こちらロサンゼルスでは「エディブルしかやらない!」という人もいるくらい、とても重宝されているんです。

  • Vol.27

ロサンゼルスの大麻リキッド、

Vape事情 その2

 

 

    Vol.27 ロサンゼルスの大麻リキッド、 Vape事情 その2    

    2019年09月06日 マリファナのおはなし

    前回紹介した、オイルカートリッジをコイルタイプのバッテリーに取り付けて吸う一般的なvapeペンももちろん人気ですが、現在カリフォルニアに存在するVapeブランドは各社オリジナルのVapeペンを発売し、人気を争っています。 その中でも先駆者となったのがPAX Era(パックス・エラ)とStiiizy(スティーズィー)です。

  • Vol.26

ロサンゼルスの大麻リキッド、Vape事情 その1

 

 

    Vol.26 ロサンゼルスの大麻リキッド、Vape事情 その1    

    2019年08月30日 マリファナのおはなし

    Vapeペンと聞いてもピンとこない人も多いはず。日本では「大麻リキッド」などと呼ばれていますが、アメリカ全土ではマリファナの成分を凝縮したオイルを気化して吸うもの全般をVape(ベープ)ペンと呼びます。最近ではCBDのベープも人気です。