連載・コラム マリファナのおはなし

編集: Weekly LALALA - 2019年08月22日

Vol.25 摂取しているマリファナ製品は安全?

 

現在カリフォルニアのマリファナ市場に出回っている製品は数え切れないほどありますが、市場で売っているマリファナ製品が安全なものかどうか、どうやって見極められているのでしょうか?安全に対する基準などは設けられているのでしょうか?

 

「州に認められた検査機関での検査」

カリフォルニアでマリファナが嗜好品として合法になってから、子どもによる誤飲や誤食を防ぐためのチャイルドレジスタンスパッケージの義務化(記事参照以外にも加わった法律があります。製品の安全性を証明するための法律です。

 

カリフォルニア州が認めた検査機関で検査を行い、その検査を通過して、検査結果を識別できる個別番号と検査をした機関名を製品のパッケージに表示しないと市場では販売できないという法律が2018年にできました。それに加え、製造年月日と消費期限の表示も義務付けられています。検査はラブテスト(Lab=研究所、test=検査)と呼ばれ、検査結果をCOA(Certificates Of Analysis)と呼びます。

上記写真:とあるマリファナのCOA。そのマリファナが店頭で販売されている以上、ディスペンサリーはこのCOAを店内に保管しておく義務があります。

 

ラブテストの検査項目は全16項目で、主に

・カナビノイドプロファイル(THCやCBDなどカナビノイドの含有量)

・テルペンプロファイル(ハイを左右するテルペンの含有量)

・モイスチャーコンテンツ(バッヅの湿り度)

 

などの含有成分に関することから、

・溶解液、殺虫剤などの化学物質

・大腸菌やカビなどの微生物

・重金属類

など含まれるべきではない化学物質を検査し基準の数値を超えている、もしくは検出されると検査を通過できません。州から許可をもらい経営されている合法なディスペンサリーで扱っている製品は、安全性が証明されてから店頭に並んでいるんです。

©Weekly LALALA

●写真上:Fade.Coのマリファナ

●写真中央:Happy Sticksのベープカートリッジ

●写真下:Kushy Punchのエダブルグミ

 

その反面マリファナが嗜好品として認められてから問題になってきているのは、ブラックマーケットです。最近大きな問題としてよく取り上げられるのはベープのオイルカートリッジです。州からの許可がない施設で手作りした、実際に存在する人気ベープの海賊版を本物として巷で販売している人もいます。これには、各有名ブランドも頭を悩ませているようで、SNSなどで海賊版は危険なので購入しないようにと注意を呼びかけています。

 

中にはオイルからサラダ油が検出された海賊版ベープカートリッジも!どんなに安くても、何が入っているかわからないブラックマーケット製品の購入、使用は絶対にやめましょう!きちんとした正規取扱店での購入を強くおすすめします。

 

次回はここでも触れた「ベープペン」についてお伝えします。日本では大麻リキッドと呼ばれているvapeですが、結局のところ何が入っているのでしょうか?

 


【記事・マリファナに関するあらゆるお問合せはコチラ】
sodan@la-network.com

 

■カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju

茨城県出身、ロサンゼルス在住10年目。2010年に語学留学目的でロサンゼルスに渡米後、メルローズ沿いの洋服屋でマネージャーとして勤務する。独自のセンスを生かし、セレクトシューズブランドADORE Los Angelesを立ち上げ順調に売り上げを伸ばすが、兄の死をきっかけに目的を見失う。人間活動に専念しようと生きていく中で医療大麻というものを知り、LAローカルたちの大麻に対する価値観の違いに衝撃を受ける。自身も医療大麻に助けられたという経験から、LAのマリファナシーンに身を投じるべくLAダウンタウンにあるカンナビスディスペンサリーで働き始め、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

「日本人は小さい頃から大麻は人生をダメにするドラッグだと教えられる中、世界各国では医療用、そして嗜好用大麻が続々と解禁になっているのはギャップがありすぎるなと思いませんか?大麻にはメリットがあります。大麻によって精神的にも肉体的にも助けられた人をたくさん見ました。大麻先進国ロサンゼルスの事情をお届けし、大麻に偏見がある人の意識を少しでも変えていけることができればと思います。」

Instagram : @bluedreamz

関連記事:その他のマリファナのおはなし

  • Vol.17 LAの街に増えるマリファナの看板 便利なマリファナデリバリーサービスも!?

 

    Vol.17 LAの街に増えるマリファナの看板 便利なマリファナデリバリーサービスも!?  

    2019年06月20日 マリファナのおはなし

    カリフォルニアで嗜好用大麻が解禁された2018年以降、街中で頻繁に見かけるようになったものがあります。それは、マリファナ関係の看板(ビルボード)です。   ロサンゼルスらしくスタイリッシュでオシャレなものが多く、ビルの上にドドーンと堂々と立っていても、言われなければマリファナの広告だと分からないほどです。看板はマリファナディスペンサリーからマリファナのブランド、エダブル、ベープペン、CBDオイルティンクチャーを宣伝するものまで様々です。 サンタモニカやハリウッド周辺でよく見られるのが、使い捨てベープペンブランドDosist(ドーシスト)の看板です。これは、カリフォルニアで昔から根強い人気の、アボットキニーとサンタモニカにも路面店を構える信頼されたブランドです。   Dosistは目的別にTHCとCBDを6種類の違う比率で配合しており、一番の特徴は説明書に記載された一定の量のカナビノイドを吸入するとペンがバイブレートし、自分が何mgカナビノイドを摂取したか分かるようになっているということです。 自分が摂取した量が分かるので安心感があり、ベープペンを試したことのない方でも不安なく使用できるようになっています

  • Vol.16 カリフォルニアで注目のマリファナの祭典! Cannabis Cup(カンナビスカップ) レポート 後編

    Vol.16 カリフォルニアで注目のマリファナの祭典! Cannabis Cup(カンナビスカップ) レポート 後編

    2019年06月14日 マリファナのおはなし

    5/25、26にサンバナディーノで開催された「Cannabis Cup(カンナビスカップ)」。イベントに参加したBlue Dreamzさんがレポートをお届けします!   <Blue Dreamzさんが初参加レポート!>   会場にたくさんの様々なブースが並ぶ中、ダブワックス、ベープペンの各ブースではサンプルを大盤振る舞い!エダブルのブースではTHCを含んでいないサンプルを提供していました。 また、会場では、決まった喫煙所は設置されておらず、灰皿も見かけませんでした。その代わりみんな自由に会場のあちらこちらで吸っていました。   同イベントが開催された週末のうち日曜日は雨だったのですが、私たちが参加した土曜日は幸運なことに快晴。5月後半の暖かい太陽とそよぐ風が気持ちよく、噴水の周りにはフカフカの芝生の上でチルアウトしている人たちがたくさん。 マリファナやジョイントを会場で買い、芝生の上で日向ぼっこをしながらまったり。みんなにこやかでピースフルな雰囲気でした。

  • Vol.15 カリフォルニアで注目のマリファナの祭典! Cannabis Cup(カンナビスカップ) レポート 前編

    Vol.15 カリフォルニアで注目のマリファナの祭典! Cannabis Cup(カンナビスカップ) レポート 前編

    2019年06月07日 マリファナのおはなし

    5/25、26にサンバナディーノで開催された「Cannabis Cup(カンナビスカップ)」。イベントに参加したBlue Dreamzさんがレポートをお届けします!     <Blue Dreamzさんが初参加レポート!>   マリファナ雑誌High Timesが開催するCannabis Cup(カンナビスカップ)が今年はサンバナディーノで5/25、26に開催され、友人3人で行ってきました! Cannabis Cupは1988年にオランダはアムステルダムで始まったマリファナコンテストです。 マリファナグロワーたちが、自分たちが丹精込めて交配し育てたマリファナの味、香り、ハイ、見た目など総合評価を競うコンペティションです。   アメリカ国内では2010年に始まり、マリファナはインディカ、ハイブリッド、 サティバ部門があり、今ではエダブル部門、ベープ部門、ワックス部門などカテゴリー分けされています。 Cannabis Cupで入賞すると一気にマーケットに名前が知れ渡るので、どこのブランドも気合が入っています。  

  • Vol.14 東京マリファナマーチでみた日本 「マリファナ=違法」の現状 

    Vol.14 東京マリファナマーチでみた日本 「マリファナ=違法」の現状 

    2019年05月31日 マリファナのおはなし

    過去2週にわたってお届けしたBlue Dreamzさんによる「東京マリファナマーチ」レポート。   Blue Dreamzさんが住むロサンゼルスではマリファナは合法です。アメリカではマリファナは合法というイメージがありますが、アメリカ50州の中でも、カリフォルニア、コロラド、ネバダ、ワシントンなどの10州でしか合法ではありません(2019年5月現在、医療マリファナ除く)。   コロラド州とワシントン州が2012年にマリファナが合法化されてから7年、合法化した州は10州まで増えました。   マリファナが合法化されたロサンゼルスで生活するBlue Dreamzさんには、今回の「東京マリファナマーチ」はどう映ったのでしょうか。日本から帰国されたばかりのBlue Dreamzさんにインタビューしてみました。  

  • Vol.13 「東京マリファナマーチ」とは?
潜入取材リポート(後編)

    Vol.13 「東京マリファナマーチ」とは? 潜入取材リポート(後編)

    2019年05月23日 マリファナのおはなし

    5月4日(みどりの日)に東京の青山公園南地区から渋谷にかけて、「東京マリファナマーチ」が開催され、約100人の方々が参加されました! 実際に参加した、このコラムのアドバイザーBlue Dreamzさんが2週にわたりレポートします!   【Blue Dreamzさんリポート】   みなさん、マリファナマーチと聞いて何を思い浮かべますか? ヒッピーたちがハイになりたいためだけに大麻を解禁しろと叫んでいるイメージ? それ以上の大きなものが背景にあるのをどれだけの日本人が知っているでしょうか?   様々な人の様々な想いが詰まったマリファナマーチは、私が想像していたよりも感慨深く、大麻規制は誰のためにあるものなんだろうと考えさせられました。   ■ロサンゼルスを経って、いよいよ東京青山に着きました。   ツイッターで事前に実行委員会の方と連絡を取ってはいたものの少し緊張気味の私でしたが、周りの方が声をかけて歓迎して下さいました。 マーチの参加者は、男性・女性限らず、20代から50代が多くみられました。中にはお子様連れの家族、高校生、日本在住の若い外国人の参加もみられました。 参加者数名とお話しましたが、皆さんとても和やかでリラックスすることができました。