連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年08月13日

快挙で一区切り
「今後は還元を」

 

KC BEAUTY ACADEMY / KC SALON PRO アートディレクター

徳永 優子 / Yuko T. Koach


 

TV界最高権威であるエミー賞。第71回を迎えた今年、『アウトスタンディング・ヘアースタイリング』部門で日本人として史上初の4度目のノミネートを果たしたのが徳永優子さんだ。

 

2010年以来、10年ぶりのノミネートを「今回はいけるかなという予感はあった」と冷静に語る。

 

16歳から着物を学んだ徳永さんは美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌やTV、映画で活躍後に渡米。渡辺謙主演『SAYURI』の着物コンサルタント、『ラストサムライ』の着物指導パフォーマンス、『ドリームガールズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、TV番組でのヘアーを担当するなど、業界では名の知られた存在だ。

 

この10年で、ドラマからより緊張感のあるライブショーに方向性を変え、今ではライブショーこそ実力を存分に発揮できる世界だと自負する。

感性、そして立体づくり。技術以外に多くの引き出しが必要となるが「すべてが自分の得意とするところ」と胸を張る。

 

日本人として史上初の4度目のエミー賞ノミネートを達成した徳永優子さん。ハリウッドで成功を収め、DTLAにはサロン(kcsalonpro.com)と後継育成のためにアカデミー(kcbeautyacademy.jp)をオープン。「やりたいことはすべて形にしてきた」 ©Yoshio Matsuda

 

 

今回のノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』も、世界中から集まった若きダンサーが競い合うライブショー。出場者のコンセプトに合わせたデザインと激しい踊りでも崩れないスタイリング、生放送ならではのハイスピードでの作業が求められる。

 

徳永さんは自ら編み出した、流行りのブレードを生かしたデザインを進化させ、さまざまな角度から複雑に髪を編み込み糸で固定する『エフェクトヘアー』を駆使。裁縫や着物の力が活きた熟練の技術が快挙につながった。

 

4年前、車が大破する事故に遭った。回転しながら宙を飛ぶ車内で、何一つ後悔していない自分に気づいた。

「家族に対して『先に逝ってごめんね』と思ったけれど、ああすればよかった、こうすればよかった、という思いはまったくなかった」と明かす。

「明日が必ず来ると思って生きるな」。そう思いながら日々を過ごす。

 

5年、10年先に「なぜあのとき気づかなかったんだろう」と思うことはないかと常に考え、これでもかと追求して突き詰める。そんな生き方がここ米国で花開いたのは「多くの方に支えられ、愛をもらったから」と、大きな感謝の気持ちを抱く。

 

結婚、出産、後継育成の学校創設、サロンオープン、そしてハリウッドでの仕事。自分の信じる道すべてを諦めず形にしてきた徳永さんは言う。

「今回のノミネートで一区切りできて、振り返ってみればやはり自分はアーティストで、勝手気ままにここまでやってきた。それを許して愛をくれた人が周りにたくさんいたからこそ大成できた。これからは若い人たちに自分がもらった愛を注ぎ、育ててもらった日米の業界に還元したい」。

 

ノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』はダンサーが競い合うライブショー。生放送ならではの緊張感の中、スピードと技術、対応力が求められる。徳永さん(右)は自ら編み出した『エフェクトヘアー』という手法を駆使し、10年ぶりのノミネートを果たした

「好きでパッションある仕事に就けるのは価値の財産。米国に来て愛のエネルギーを教えてもらったという感謝がある。残りの人生はその蓄電した愛のパワーを放発しながら恩返しができるように歩みたい」

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 夢与える エンターテイナー

マジシャン

ミスティー・ミュウ / Misty Mew


 

    夢与える エンターテイナー マジシャン ミスティー・ミュウ / Misty Mew  

    2019年03月07日 ロサンゼルスで暮らす人々

     見る人をファンタジーの世界に引き込み、魔法にかける。それがミスティー・ミュウさんの仕事だ。両手でそれぞれ5枚ずつのコインを同時にロールする、世界で一人だけの超絶テクニックを持つ人気マジシャン。世界中のマジシャンが目指すマジックの殿堂、完全会員制クラブ『マジックキャッスル』のメンバーでもある。「米国ではお客さんのノリが良く、掛け合いをしたりと一緒に楽しんでくれるので、より一体感がある。お客さんが感動してくれていることを実感できたときに一番やりがいや充実感を感じる」。いい意味で人の目を欺き、夢を与えるのがマジック。だが、その技を披露する側にとっては「目標を立てることが難しい」という。   マジックを始めたのは大人になってから。ある日、マジックショーを見て「イメージしていた数学的なものと違って、もっとファンタジックで魔法みたい」と興味を惹かれ、レクチャーに通い始めた。仕事をするかたわらマジックを習う日々を送り、3カ月ほど経過したころに出場した大会でベスト8入賞。1年を過ぎたあたりから、マジックのプロダクションに所属し日本でマジシャンとしての活動を始めた。そして迎えた3年目、『マジックキャッスル』のオーディションを受けた。当時は英語がわからなかったため、台本を作成して完全に丸暗記。「応援に来てくれた人たちもいたのでプレッシャーがあったし、とにかくものすごく緊張した」と振り返るが、一回目で合格した。  2008年に果たしたキャッスル初出演はマジシャン人生の転機となった。以来、毎年のように日本からロサンゼルスへ来て出演するようになり、「積み重ねによってだんだん自信がついてきて、目処がついた」ことから2012年にLAへ移住した。「アメリカのほうが日本よりもマジックの地位は上。お客さんがマジシャンをリスペクトしてくれているし、この国ではエンターテインメント全体が評価されている」。マジシャンとして世界のステージに立つことが、オーディションを受けたころは夢に近く漠然としていた〝目標〟が、少しずつ〝現実〟になっていった。  今後は日本のマジシャンのために世界への道を切り拓く活動をしたいという。「日本にいると、マジシャンとして世界のステージに立つことは現実的に思えないかもしれない。でも日本人のスキルの高さと勤勉さは世界でも評価されている。みんなが活躍できる場所を作ったりと貢献したい」。その上で、「自ら発見したり考え出して身につける」というマジックの技術に磨きをかけ、「エンターテイナーとしてミッキーマウスやサンタクロースのように」人々を楽しませ、夢を与えるという〝目標〟は当初から変わっていない。

  • 「日系のこと残したい」
使命感持ち綴りゆく

作家・映像プロデューサー

スティーブ 鮫島 / Steve Sameshima


 

    「日系のこと残したい」 使命感持ち綴りゆく 作家・映像プロデューサー スティーブ 鮫島 / Steve Sameshima  

    2019年02月28日 ロサンゼルスで暮らす人々

     現在、作家として活動するスティーブ鮫島さんは、40年を超える在米中にさまざまな経歴を積み重ねてきた。渡米のきっかけは日本で勤務していたテレビ局の海外転勤。「もともとアメリカにあこがれがあった」という鮫島さんは派遣期間終了後もアメリカに残った。  その後独立し、ダイナミック・スポーツ・ネットワークを起業した。日本のテレビ局からの依頼でボクシング、ゴルフの全米オープン、プロレス、ローズボウルなどを米国から日本へ中継していた。また、当時はMLBのフランチャイズゲームはテレビで放送されていなかったため、LAドジャースへ加入したばかりの野茂英雄投手の登板日には、日系社会のためにとラジオで実況もした。さらに「世界に相撲を広めたい」という熱い気持ちから、大相撲協会の理事長に直談判。同協会およびテレビ朝日から権利を買い、ロサンゼルスの民間チャンネルを買ってLAとシカゴで『大相撲ダイジェスト』を10年に渡って放送した。「当時は若貴全盛期で、その人気に乗っかった(笑)」と振り返る。  学生時代はレスリング、ラグビー、野球をやっていただけに、根っからのスポーツ好き。しかしテレビ朝日の『大相撲ダイジェスト』が終わったことからLAでの放送も終了し、鮫島さんは自分の本来の目的であった「本を書く」ために出版社を設立した。「テレビの制作はそれなりに面白いが、テレビは一瞬、特にスポーツは。本は何回でも楽しめるし、形に残る」。家には本が6千冊ほどあるといい、資料を集めてボキャブラリーを増やす努力を惜しまない。  「50歳になれば50歳の、60歳になれば60歳の感性が生まれる。本はそれを形に残そうと思って書いている」という鮫島さん。在米のメリットを生かして調査し、足で稼いだ情報には「日本とアメリカの、まだまだ人に知られていないことがたくさんある」と明かす。過去に英字出版した、江戸中期の米沢藩主で第35代米国大統領のケネディが日本人で唯一尊敬したという上杉鷹山を取り上げた『The Great Tycoon Yozan』は米国の映画プロデューサーの目に止まり、映画化の話も出ているという。しかし「ありきたりのサムライ映画にはしたくない」と、あくまでも慎重。正しい日本の姿を伝えたいという気持ちがあるからだ。  若いときは日本をアメリカに知ってもらいたいという一心で、両国の橋渡しをするために活動していた。しかし、歳を重ねるにつれて「日系のことをアメリカに残していきたいと思うようになった」と自身の変化について語る。積み重ねてきた経験、自分の足で得てきた多くの知識は、今後も本に綴り続け後世の財産として残していく。

  • 米国式で仕事呼び込み
重ねるキャリアアップ

アニメーター

古賀 理恵 / Rie Koga


 

    米国式で仕事呼び込み 重ねるキャリアアップ アニメーター 古賀 理恵 / Rie Koga  

    2019年02月21日 ロサンゼルスで暮らす人々

     昨年11月にNetflixが立ち上げたアニメスタジオでシークエンスディレクターとして働く古賀理恵さんは、在米7年になる。これまで日米で数多くの有名アニメスタジオに勤めてきた。「アメリカでは転職であっという間に人が散っていく。シリーズの途中でも辞めていくので最初はびっくりした」というが、今では「自分のやりたいことを優先するのもありかな」と思うように。これまで途切れることなく仕事に恵まれている状況を「仕事をするたびに知り合いが増えていって推してくれたり、横のつながりでオファーが来ている」と分析する。  アニメを見て育ち、漠然とアニメに関わる仕事がしたいと思うようになった古賀さん。アニメ好きの理由を「実写ではなく、命を持たないものを使って人を楽しませるところに面白さを感じた」と明かす。短大卒業後にアートスクールへ。CGアニメという新しい分野にハマり、在学中に作ったショートアニメがきっかけでアニメ制作会社のサンライズに入社した。アメリカのTVアニメを見始めたのはこのころだ。「平面的な止め絵と実際にエピソードを見たときの印象が全然違う」。スピード感も早く、緩急をつけて面白く作る脚本の細やかさも目に止まり、「いったいどうやって作っているんだろう?」と、がぜん興味が湧いた。  その後、トロントに留学し英語とCGを学んだ。現地で就職したかったが、2年の経験では「英語力も知識も足りず」に帰国。地元の福岡でアニメも作るゲーム会社に就職した。5年間働き、貯金もできたので「リベンジ」のため2011年に渡米。なんのつてもなく「ほとんどのアニメ会社がある」という理由でLAへやってきたが、ここで参加したワークショップが転機となりニコロデオンへの入社が決まる。ここで人気作品『ニンジャタートルズ』のストーリーボードアーティストを務め、ディレクターになった。5年後にシリーズが終わると、声をかけてくれたドリームワークスTVへ。1年間ディレクターを務めた後、今度はディズニーTVでTVシリーズ『ベイマックス』の制作に4カ月間携わり、昨年からNetflixに入社した。  各分野のビッグネームをヘッドハントしている現チームでは「刺激をすごく受けるし、作る楽しさが倍増する」と、充実の日々を送っている。「まだまだ日本に帰るつもりはない」と語る一方、「何かしらの形で日本の作品に携わるのも面白い」という。作品を作る際には「いかに感情移入できるキャラクターを作れるか」を心がけ、自分の作品を見る人には「純粋に楽しんでほしい」と思う。どこの国にいようとも、作品に対する姿勢は変わらない。

  • 平和願う表現者

俳優

坂本 祐祈 / Yuki Sakamoto


 

    平和願う表現者 俳優 坂本 祐祈 / Yuki Sakamoto  

    2019年02月14日 ロサンゼルスで暮らす人々

     坂本祐祈さんの心を突き動かすのは「平和への祈り」。広島出身の坂本さんにとって、平和のために何かしたいと思うのはごく自然なことだった。人々にこの思いを伝えたい。そんな気持ちが坂本さんを〝表現者〟の道へと向かわせた。  アナウンサーを経て俳優業へ転じたのは「自分で言葉を選び発信するアナウンサーはそこに表現の自由がある。でも私は、その発言によって喜ぶ人も悲しむ人もいる現実と葛藤しつつ言葉を選ぶことに表現の限界を感じていた。俳優は、限られたセリフの中でも役の心に負った傷や時代など深いところまで突き詰めるから、役を生きているときのほうが表現する自由と喜びを感じられる」と説明する。その役と同じ思いや苦しみを持つ人は世界中にいる。自分の表現が映像を通し、彼らにとって少しでも前向きに生きる力になれば。そんな願いを抱きながら自分を通して表現する。  ロサンゼルスへ来たのは2年前。「日本の伝統文化や、日本女性の優しさの中にある凛とした強さのようなものを海外に伝えたい」という気持ちは漠然とあった。ハリウッドで活躍する俳優の「米国は努力したぶん自分に返ってくる」という言葉も後押しとなった。ゼロからスタートしてみたいという思いに駆られ、渡米を決めた。  最初に決まった仕事は『Rapid Eye』の日本人大学生役だった。2人の日系人とともに最終オーディションまで残り、見事役を勝ち取った。「受かったのはやっぱりパッションと、自分の日本人としての説得力だと思う」。坂本さんが伝えたい、真の日本人らしさが認められたからこその合格だった。その後は『Me gan』のオーディションに受かり、再び役を獲得。『Rapid Eye』と同監督の『Dead Wax』は、オーディションではなくオファーによる出演だった。後になって、監督から「前作で、君の演技の後にみんながシーンとなった。それが今回も起こると思った」と、早い段階から起用を決めていたことを聞いた。「本当にうれしかったし、米国でやっていける可能性、光が見えた」と振り返る。  渡米以降、順調にキャリアを積み重ねるが、「自信があったことなんて一度もない。役を獲ってこられたのは、日本人らしさを大事にして、日本人であることに誇りを持ってやってきたからだと思う」と謙虚な姿勢は崩さない。表現が異国の地で伝わっている感触はある。「満足はしていない。でも手応えはあるし、がんばろうと思う」。表現することが自己満足でよければ、メジャーになる必要はない。しかし表舞台に表現者として立っていくことで、世の中のためになる何かをしたい。その強い思いが彼女を突き動かしている。

  • こだわる最高品質

活け締め職人

横田 清一 / Seiichi Yokota


 

    こだわる最高品質 活け締め職人 横田 清一 / Seiichi Yokota  

    2019年02月07日 ロサンゼルスで暮らす人々

     魚の味や鮮度、安全性を向上させるための方法、それが活け締め。ここロサンゼルスには最高の技術を誇る職人がいる。  横田清一さんは、富山県で明治元年から続く鮮魚の業務卸会社に生まれた。高校卒業後、すぐに家業を継ぐのではなく「見知らぬ土地で何ができるか自分を試してみたい」と、フロリダに留学。帰国後に実家で働き始めた。しかしある日、「飽和状態の日本の卸業界は危機にある。安定した国力のあるところで100年以上続く会社を作りたい」と考えた。そのときふと思い出したのが、フロリダで食べた寿司。それなりにおいしかったが、「日本の技術を持っていけばもっとうまい寿司が出せる」と思い、これが海外に目を向けるきっかけとなった。  8年前に米国に来ると、複数の都市を見てから、人口と天候、捕れる魚が決め手となり、LAへの移住を決めた。会社を作るためのステップ、販売許可証や営業許可証の取得などすべて自力で行った。そしてついにビジネスを開始したのは同年の11月のことだった。  当初は客になかなか信用してもらえず、魚を買ってもらえなかった。「高い魚をサンプルのように安くしてお店に置いていったり、とにかく富山の魚を使ってもらった」。2カ月ほどで徐々に注文をもらえるようになり、起業から1年未満で固定客がつき軌道に乗り始めた。当時のメインは富山直輸入の魚の販売。しかし3年後、捕った魚を生きたまま売る米国人漁師に出会い、「ローカルの魚を活き締めにして売りたい」という本来の目的に向け着手することもできた。  活け締めにこだわる理由を、「味も鮮度も安全性も向上するし、いいことばかりだから」と説明する。大切なのは、生きのいい魚を選ぶこと。元気さ、ウロコの状態から判断するこの〝目〟は、経験を通してしか得られないが、横田さんの場合は幼少時代からの育った環境もあって自然に養われたと言える。そしてLAへ来てからもなお、その技術は向上している。 4年ほど前に「魚を傷つけない方法」を見つけ出し、活け締めおよび神経締めのテクニックを駆使して新鮮でおいしく、さらに見た目もきれいな魚をレストランなどに届けている。  LAで捕れる魚はギンダラ、ロックフィッシュ、ヒラメ、オーシャンホワイトなどで、すべて天然。食感は日本のものとまったく変わらないという。「ローカルにあるおいしい魚を最高の状態で提供したい。活け締めは世界でも日本にしかない文化。米国でも人々に知ってほしい」と、昨年からは米国人調理師に活け締めを教える。心から誇る母国の伝統技術によって、最高品質第一の魚を米国でも提供し続ける。