連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年08月13日

快挙で一区切り
「今後は還元を」

 

KC BEAUTY ACADEMY / KC SALON PRO アートディレクター

徳永 優子 / Yuko T. Koach


 

TV界最高権威であるエミー賞。第71回を迎えた今年、『アウトスタンディング・ヘアースタイリング』部門で日本人として史上初の4度目のノミネートを果たしたのが徳永優子さんだ。

 

2010年以来、10年ぶりのノミネートを「今回はいけるかなという予感はあった」と冷静に語る。

 

16歳から着物を学んだ徳永さんは美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌やTV、映画で活躍後に渡米。渡辺謙主演『SAYURI』の着物コンサルタント、『ラストサムライ』の着物指導パフォーマンス、『ドリームガールズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、TV番組でのヘアーを担当するなど、業界では名の知られた存在だ。

 

この10年で、ドラマからより緊張感のあるライブショーに方向性を変え、今ではライブショーこそ実力を存分に発揮できる世界だと自負する。

感性、そして立体づくり。技術以外に多くの引き出しが必要となるが「すべてが自分の得意とするところ」と胸を張る。

 

日本人として史上初の4度目のエミー賞ノミネートを達成した徳永優子さん。ハリウッドで成功を収め、DTLAにはサロン(kcsalonpro.com)と後継育成のためにアカデミー(kcbeautyacademy.jp)をオープン。「やりたいことはすべて形にしてきた」 ©Yoshio Matsuda

 

 

今回のノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』も、世界中から集まった若きダンサーが競い合うライブショー。出場者のコンセプトに合わせたデザインと激しい踊りでも崩れないスタイリング、生放送ならではのハイスピードでの作業が求められる。

 

徳永さんは自ら編み出した、流行りのブレードを生かしたデザインを進化させ、さまざまな角度から複雑に髪を編み込み糸で固定する『エフェクトヘアー』を駆使。裁縫や着物の力が活きた熟練の技術が快挙につながった。

 

4年前、車が大破する事故に遭った。回転しながら宙を飛ぶ車内で、何一つ後悔していない自分に気づいた。

「家族に対して『先に逝ってごめんね』と思ったけれど、ああすればよかった、こうすればよかった、という思いはまったくなかった」と明かす。

「明日が必ず来ると思って生きるな」。そう思いながら日々を過ごす。

 

5年、10年先に「なぜあのとき気づかなかったんだろう」と思うことはないかと常に考え、これでもかと追求して突き詰める。そんな生き方がここ米国で花開いたのは「多くの方に支えられ、愛をもらったから」と、大きな感謝の気持ちを抱く。

 

結婚、出産、後継育成の学校創設、サロンオープン、そしてハリウッドでの仕事。自分の信じる道すべてを諦めず形にしてきた徳永さんは言う。

「今回のノミネートで一区切りできて、振り返ってみればやはり自分はアーティストで、勝手気ままにここまでやってきた。それを許して愛をくれた人が周りにたくさんいたからこそ大成できた。これからは若い人たちに自分がもらった愛を注ぎ、育ててもらった日米の業界に還元したい」。

 

ノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』はダンサーが競い合うライブショー。生放送ならではの緊張感の中、スピードと技術、対応力が求められる。徳永さん(右)は自ら編み出した『エフェクトヘアー』という手法を駆使し、10年ぶりのノミネートを果たした

「好きでパッションある仕事に就けるのは価値の財産。米国に来て愛のエネルギーを教えてもらったという感謝がある。残りの人生はその蓄電した愛のパワーを放発しながら恩返しができるように歩みたい」

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 平和願う表現者

俳優

坂本 祐祈 / Yuki Sakamoto


 

    平和願う表現者 俳優 坂本 祐祈 / Yuki Sakamoto  

    2019年02月14日 ロサンゼルスで暮らす人々

     坂本祐祈さんの心を突き動かすのは「平和への祈り」。広島出身の坂本さんにとって、平和のために何かしたいと思うのはごく自然なことだった。人々にこの思いを伝えたい。そんな気持ちが坂本さんを〝表現者〟の道へと向かわせた。  アナウンサーを経て俳優業へ転じたのは「自分で言葉を選び発信するアナウンサーはそこに表現の自由がある。でも私は、その発言によって喜ぶ人も悲しむ人もいる現実と葛藤しつつ言葉を選ぶことに表現の限界を感じていた。俳優は、限られたセリフの中でも役の心に負った傷や時代など深いところまで突き詰めるから、役を生きているときのほうが表現する自由と喜びを感じられる」と説明する。その役と同じ思いや苦しみを持つ人は世界中にいる。自分の表現が映像を通し、彼らにとって少しでも前向きに生きる力になれば。そんな願いを抱きながら自分を通して表現する。  ロサンゼルスへ来たのは2年前。「日本の伝統文化や、日本女性の優しさの中にある凛とした強さのようなものを海外に伝えたい」という気持ちは漠然とあった。ハリウッドで活躍する俳優の「米国は努力したぶん自分に返ってくる」という言葉も後押しとなった。ゼロからスタートしてみたいという思いに駆られ、渡米を決めた。  最初に決まった仕事は『Rapid Eye』の日本人大学生役だった。2人の日系人とともに最終オーディションまで残り、見事役を勝ち取った。「受かったのはやっぱりパッションと、自分の日本人としての説得力だと思う」。坂本さんが伝えたい、真の日本人らしさが認められたからこその合格だった。その後は『Me gan』のオーディションに受かり、再び役を獲得。『Rapid Eye』と同監督の『Dead Wax』は、オーディションではなくオファーによる出演だった。後になって、監督から「前作で、君の演技の後にみんながシーンとなった。それが今回も起こると思った」と、早い段階から起用を決めていたことを聞いた。「本当にうれしかったし、米国でやっていける可能性、光が見えた」と振り返る。  渡米以降、順調にキャリアを積み重ねるが、「自信があったことなんて一度もない。役を獲ってこられたのは、日本人らしさを大事にして、日本人であることに誇りを持ってやってきたからだと思う」と謙虚な姿勢は崩さない。表現が異国の地で伝わっている感触はある。「満足はしていない。でも手応えはあるし、がんばろうと思う」。表現することが自己満足でよければ、メジャーになる必要はない。しかし表舞台に表現者として立っていくことで、世の中のためになる何かをしたい。その強い思いが彼女を突き動かしている。

  • こだわる最高品質

活け締め職人

横田 清一 / Seiichi Yokota


 

    こだわる最高品質 活け締め職人 横田 清一 / Seiichi Yokota  

    2019年02月07日 ロサンゼルスで暮らす人々

     魚の味や鮮度、安全性を向上させるための方法、それが活け締め。ここロサンゼルスには最高の技術を誇る職人がいる。  横田清一さんは、富山県で明治元年から続く鮮魚の業務卸会社に生まれた。高校卒業後、すぐに家業を継ぐのではなく「見知らぬ土地で何ができるか自分を試してみたい」と、フロリダに留学。帰国後に実家で働き始めた。しかしある日、「飽和状態の日本の卸業界は危機にある。安定した国力のあるところで100年以上続く会社を作りたい」と考えた。そのときふと思い出したのが、フロリダで食べた寿司。それなりにおいしかったが、「日本の技術を持っていけばもっとうまい寿司が出せる」と思い、これが海外に目を向けるきっかけとなった。  8年前に米国に来ると、複数の都市を見てから、人口と天候、捕れる魚が決め手となり、LAへの移住を決めた。会社を作るためのステップ、販売許可証や営業許可証の取得などすべて自力で行った。そしてついにビジネスを開始したのは同年の11月のことだった。  当初は客になかなか信用してもらえず、魚を買ってもらえなかった。「高い魚をサンプルのように安くしてお店に置いていったり、とにかく富山の魚を使ってもらった」。2カ月ほどで徐々に注文をもらえるようになり、起業から1年未満で固定客がつき軌道に乗り始めた。当時のメインは富山直輸入の魚の販売。しかし3年後、捕った魚を生きたまま売る米国人漁師に出会い、「ローカルの魚を活き締めにして売りたい」という本来の目的に向け着手することもできた。  活け締めにこだわる理由を、「味も鮮度も安全性も向上するし、いいことばかりだから」と説明する。大切なのは、生きのいい魚を選ぶこと。元気さ、ウロコの状態から判断するこの〝目〟は、経験を通してしか得られないが、横田さんの場合は幼少時代からの育った環境もあって自然に養われたと言える。そしてLAへ来てからもなお、その技術は向上している。 4年ほど前に「魚を傷つけない方法」を見つけ出し、活け締めおよび神経締めのテクニックを駆使して新鮮でおいしく、さらに見た目もきれいな魚をレストランなどに届けている。  LAで捕れる魚はギンダラ、ロックフィッシュ、ヒラメ、オーシャンホワイトなどで、すべて天然。食感は日本のものとまったく変わらないという。「ローカルにあるおいしい魚を最高の状態で提供したい。活け締めは世界でも日本にしかない文化。米国でも人々に知ってほしい」と、昨年からは米国人調理師に活け締めを教える。心から誇る母国の伝統技術によって、最高品質第一の魚を米国でも提供し続ける。

  • 人助けの人生エンジョイ

元LAPD副署長

テリー・ハラ / Terry Hara


 

    人助けの人生エンジョイ 元LAPD副署長 テリー・ハラ / Terry Hara  

    2019年01月31日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日系三世のテリー・ハラさんは、ここロサンゼルスの日系社会ではよく知られた存在だ。2008年にアジア系米国人として史上初めて、ロサンゼルス市警(LAPD)副署長にまで上り詰めた経歴を持つ。2015年に退任したが、その理由をこう語る。「とにかく仕事が大好きで楽しくてたまらなかった。でも、家族と過ごす時間は決して多くなく、いつ呼び出しがあるかわからず落ち着いて一緒にいられることもめったにない。常に危険と隣り合わせで、本当にタフでなければ務まらない仕事。いつの間にか疲れ果てていて、ふと『もういいかな』と思ったんです」。  チャレンジ好きで試行を重ねるプロセスも面白いと感じる性格。常にネバーギブアップ精神を忘れない。子どもの頃から人助けが好きでリーダーシップを発揮し、6年生のときには生徒会長を務めた。警察官になったのは必然であり、そして天職だったと言える。  35年間の警察人生は「個人的にも仕事の上でもたくさんの人に出会う機会があり、すばらしい人たちに恵まれたすばらしい時間だった」と振り返る。大変だと思ったことは一度もなく、後悔も何一つない。アジア系米国人として史上最高位まで昇進し、アジア人代表としての責任感を常に感じていたというが、在任中にその意識をより一層高めさせるような出来事があった。それは、徳仁親王が訪米したときのこと。警護にあたっていたLAPDの警察官たちの中にハラさんもいた。「私の姿をみとめた徳仁親王が近寄ってきて、手を握りながら言葉をかけてくださったんです」。本当にうれしく、日系人であることをとても誇りに感じた瞬間だった。  3年前の3月、リタイヤして2週間後に人生観が大きく変わった。57歳と若く、タバコも吸わずお酒も飲まなかったハラさんだが、それにもかかわらず脳梗塞で倒れたのだ。かなり深刻な症状だった。6時間におよぶ大手術を乗り越え生還すると、ドクターに「ラッキーだった」と言われた。「あの経験で人生の見方が変わった」というハラさんは、神様にもらったこのセカンドチャンスを無駄にしてはいけないと考え、ジム通いを始め食生活も改善、健康を取り戻した。  以来、南加日米協会や二世ウィーク、KIZUNAやJACCCなど数々の日系コミュニティにおけるボランティア活動に積極的に取り組んでいる。ガイダンスやアドバイスを聞かれることがよくあるといい、リーダーとして、人のために時間を捧げる姿勢は現役時代とまったく変わらない。「人々のスマイルを見るのが好き」だというハラさんは、第二の人生でも周囲の人々のために活動し、心からエンジョイしている。

  • 胸躍る米国挑戦

俳優

松葉 真一 / Shinichi Matsuba


 

    胸躍る米国挑戦 俳優 松葉 真一 / Shinichi Matsuba  

    2019年01月24日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日本でこれまで40本以上のテレビ、映画、コマーシャル、舞台に出演してきた松葉真一さんは昨年、「アメリカで俳優活動がしたい」とロサンゼルスへやって来た。この道へ進もうと思ったのは大学生のころ。プロになりたくて真剣に打ち込んでいた野球をけがで辞めることになり、将来を模索しているときに観たマーベルの『ヘルボーイ』がきっかけだった。「あの作品を観て、『この世界にキャラクターとして住みたい!』と思った。作品目線で興味を感じたのではなくて、ストーリーテラーになりたいと本能的に思った」という。  行動的な性格もあってすぐに演技レッスンなどを開始し、空手の経験があったことからスタントアクターの方向へ。そして英語を学ぶために1カ月間LAに滞在した際、ある出会いがあった。ユニバーサルスタジオのウォーターワールドに出演していた〝彼〟を見てあこがれ、「あなたのようになりたい」と手紙を書いてショーのあと直接手渡した。ここから交流が始まり、日米を行き来する日々が始まった。映画、TVでも活躍していた〝彼〟は兄のような、師匠のような存在となり、いろいろと教えてくれた。「僕を育ててくれた人。いつか同じフィールドに立って、肩を並べることで恩返しをしたい」という気持ちが、今でも米国挑戦のモチベーションになっている。  2012年からはユニバーサルスタジオ・ジャパンに入り、スタントなどショーに必要なスキルを身に着けていった。ショーがオフの時期は東京で演技を学び、映画やCM、舞台の仕事を並行してこなした。「リアリティ重視のウェスタンスタイルのアクティングが好き」だといい、米国の魅力を「実力主義でがんばればがんばっただけ結果が出る場所。スキル次第で自分が行きたいところまで行けるところ」と語る。米国は文化的にも肌が合う。個性が個性として認められ、人はそれぞれ違って当たり前という感覚が心地いい。  2年前、LAでエレン・デジェネレスのTV番組に出演する機会があった。実際に米国の現場を経験してみて、「やりたいことはやる。でもすべてが自己責任なところがいい」と感じた。想いはますます強まり、俳優を志したときから掲げていた「30歳までに米国で活動を開始する」という目標を昨年9月、実行に移した。複数のエージェントからコンタクトがあり、11月にはその一つと契約に至った。アクティング・クラスに参加したりと、スキルアップの努力は現在も惜しまない。「将来的には作品を作りたくなるかもしれない。でも今は作品の世界でストーリーテラーになりたい」と、本格的に始まった挑戦に胸を踊らせている。

  • 英語力武器に飛躍

俳優

松崎 悠希 / Yuki Matsuzaki


 

    英語力武器に飛躍 俳優 松崎 悠希 / Yuki Matsuzaki  

    2019年01月16日 ロサンゼルスで暮らす人々

     世界の役者が目指す最高峰の舞台、ハリウッド。映画であろうとドラマであろうと、アジア人俳優が成功するのは難しい。松崎悠希さんはその厳しい状況においてオーディションを勝ち抜き、『ラスト・サムライ』『HEROES』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など有名作品への出演を果たしている。自身はその〝勝因〟が英語力にあると分析する。  映画俳優を志して渡米したのは2000年。はじめはニューヨークに滞在し、所持金すべてを盗まれホームレスになるという衝撃的な体験を経て、1年後にロサンゼルスへ移った。渡米から6年ほど経ったある日、英語の壁にぶつかる。「外国人俳優が米国で活動するには、まず語学は必要不可欠。台本にある日本語のセリフを直したり、翻訳したりすることが必要になることもあり、そういった変更について交渉し説得する英語力が求められる」と気づき、本格的なスキルアップを決意した。もともと「こだわってとことんやる凝り性」という性格の持ち主。辞書をまるごと暗記するなど徹底的に勉強するうちに、日本人俳優が米国で活躍できない原因の一つが英語のイントネーションにあると気づき、研究を重ねた松崎さんは役によって異なるイントネーションやアクセントを使い分けられるようになった。  これを生かして役を得たのが『ミュータント・タートルズ』。同作では古い英語に日本語のアクセントを加えた「サムライが英語をしゃべったらこうなる」という独自のアクセントを生み出した。映画『オセロさん』ではシェイクスピアの堅いセリフに日本語のアクセントを加えた英語を使いこなし、主役に抜てきされた。高い英語力を身につけることで演じられる役の幅も広がり、アジア系アメリカ人の役もこなすようになった。  まだまだ差別を感じるというアメリカの撮影現場において、演技以外で松崎さんが力を入れるのは「間違った日本人像を改善していくこと」。ステレオタイプの日本人像を実際の日本人に近づけたいと考える。身長183センチの松崎さんは「背が高すぎて日本人らしくない」という理由でオーディションに落とされることもあった。「外見だけではなく、習慣や文化についてのイメージを現実に合ったものにしたい」と、出演作品では正しい日本語が使われるよう自ら小道具を製作することも。軍事コーディネーターがいなかった『硫黄島からの手紙』では進んで資料の作成も行った。日本作品への出演経験もあるが「やりやすさは日本、世界的に日本文化を広められるものが多いからやりがいはアメリカ」。自由の国での挑戦意欲は増すばかりだ。