連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年08月13日

快挙で一区切り
「今後は還元を」

 

KC BEAUTY ACADEMY / KC SALON PRO アートディレクター

徳永 優子 / Yuko T. Koach


 

TV界最高権威であるエミー賞。第71回を迎えた今年、『アウトスタンディング・ヘアースタイリング』部門で日本人として史上初の4度目のノミネートを果たしたのが徳永優子さんだ。

 

2010年以来、10年ぶりのノミネートを「今回はいけるかなという予感はあった」と冷静に語る。

 

16歳から着物を学んだ徳永さんは美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌やTV、映画で活躍後に渡米。渡辺謙主演『SAYURI』の着物コンサルタント、『ラストサムライ』の着物指導パフォーマンス、『ドリームガールズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、TV番組でのヘアーを担当するなど、業界では名の知られた存在だ。

 

この10年で、ドラマからより緊張感のあるライブショーに方向性を変え、今ではライブショーこそ実力を存分に発揮できる世界だと自負する。

感性、そして立体づくり。技術以外に多くの引き出しが必要となるが「すべてが自分の得意とするところ」と胸を張る。

 

日本人として史上初の4度目のエミー賞ノミネートを達成した徳永優子さん。ハリウッドで成功を収め、DTLAにはサロン(kcsalonpro.com)と後継育成のためにアカデミー(kcbeautyacademy.jp)をオープン。「やりたいことはすべて形にしてきた」 ©Yoshio Matsuda

 

 

今回のノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』も、世界中から集まった若きダンサーが競い合うライブショー。出場者のコンセプトに合わせたデザインと激しい踊りでも崩れないスタイリング、生放送ならではのハイスピードでの作業が求められる。

 

徳永さんは自ら編み出した、流行りのブレードを生かしたデザインを進化させ、さまざまな角度から複雑に髪を編み込み糸で固定する『エフェクトヘアー』を駆使。裁縫や着物の力が活きた熟練の技術が快挙につながった。

 

4年前、車が大破する事故に遭った。回転しながら宙を飛ぶ車内で、何一つ後悔していない自分に気づいた。

「家族に対して『先に逝ってごめんね』と思ったけれど、ああすればよかった、こうすればよかった、という思いはまったくなかった」と明かす。

「明日が必ず来ると思って生きるな」。そう思いながら日々を過ごす。

 

5年、10年先に「なぜあのとき気づかなかったんだろう」と思うことはないかと常に考え、これでもかと追求して突き詰める。そんな生き方がここ米国で花開いたのは「多くの方に支えられ、愛をもらったから」と、大きな感謝の気持ちを抱く。

 

結婚、出産、後継育成の学校創設、サロンオープン、そしてハリウッドでの仕事。自分の信じる道すべてを諦めず形にしてきた徳永さんは言う。

「今回のノミネートで一区切りできて、振り返ってみればやはり自分はアーティストで、勝手気ままにここまでやってきた。それを許して愛をくれた人が周りにたくさんいたからこそ大成できた。これからは若い人たちに自分がもらった愛を注ぎ、育ててもらった日米の業界に還元したい」。

 

ノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』はダンサーが競い合うライブショー。生放送ならではの緊張感の中、スピードと技術、対応力が求められる。徳永さん(右)は自ら編み出した『エフェクトヘアー』という手法を駆使し、10年ぶりのノミネートを果たした

「好きでパッションある仕事に就けるのは価値の財産。米国に来て愛のエネルギーを教えてもらったという感謝がある。残りの人生はその蓄電した愛のパワーを放発しながら恩返しができるように歩みたい」

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • ヨガを通して心身と向き合う

ヨガインストラクター

ミミ・ライト |Mimi Wright


 

    ヨガを通して心身と向き合う ヨガインストラクター ミミ・ライト |Mimi Wright  

    2018年07月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

      古代インド発祥の、真の自分に向かう為の修行法であるヨガ。精神と身体のバランスを整える方法であるが、アサナ(ポーズ)を取る内に呼吸が深くなり、柔軟性が増し、体幹筋肉も鍛えられるので、無理なく取り組める運動として今や世界中でダイエットや健康維持に役立つと大ブーム。ヨガスタジオは増え、フィットネスクラブでもクラスが取れるようになり、誰でも気軽に参加できるようになった。  サンディエゴ近辺に住む日本人やアメリカ人にヨガレッスンを行っているミミ・ライトさんは、アサナ(ポーズ)だけでなく、ヨガの教えを実践することが大切だと語る。「ヨガには八支則といわれる教えがあります。人がすべきこと、人がしてはいけないこと、アサナ、呼吸法、感覚の制御、精神統一、瞑想、悟り。これらを実践して心身のバランスを整え、自分を客観視し、精神的な豊かさを育むのがヨガです。ポーズを完璧に取ることはヨガの教えとは関係ありません。貴方の出来るヨガをして瞑想の時間を取り、自分の心身と向き合うことで、ヨガの後の心地良さが身にしみて分かるようになります」  フライトアテンダントをして、不規則な生活から体を壊し、生活改善をしたいと思ったミミさん。1998年、妊娠中でもできる無理のない運動としてヨガを始めた。「私はとても体が硬かったのですが、ヨガをするうちに自分の体が変わっていくのを実感しました。それで知人にヨガの良さを情熱的に勧めたら、そんなに熱心なら教えてみたら、と言われました」  2006年にはアリゾナ州のセドナでヨガアライアンスのRYT資格を取得。日本の横須賀と佐世保海軍基地、カリフォルニアのレモア海軍基地でヨガを教えた。2012年、軍人のご主人の退役をきっかけにサンディエゴに移住。さらに2016年には陰ヨガのインストラクター資格を取得した。「陰ヨガは筋肉を使わずに行う静の瞑想するヨガで、筋膜や接合組織を伸ばして体がどんどん柔らかくなります」  エスコンディードのSattva Fitness Yoga Centerで練習をしているうちにオーナーから依頼され、1年前からヨガクラスを教えるようになった。「八支則に『向上』という教えがあります。指導資格を取り先生になって自分は完成したのではなく、それはスタート地点。今も教えながらいろいろな先生のクラスを受けて、自分も学び続けています」  以前ヘルニアを患い手術を勧められたが、ヨガを続けることで手術せずに腰痛と向き合えるようになったというミミさん。「体にいいことをしていると毎日実感しています。ヨガは体が柔らかい人だけができるのではなく、体が硬い人こそ始めて欲しいです。生徒さんがヨガをして気持ち良さそうな顔をしているのを見るのが嬉しい。これからもヨガの良さをたくさんの人に広めていきたいですね」。

  • 研究の道「わくわく」

日本学術振興会 海外特別研究員

笘野 哲史 |Satoshi Tomano


 

    研究の道「わくわく」 日本学術振興会 海外特別研究員 笘野 哲史 |Satoshi Tomano  

    2018年07月19日 ロサンゼルスで暮らす人々

     「将来はお魚博士になる」。そう言っていた少年は、研究者になった。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)アシスタントプロジェクトサイエンティスト兼日本学術振興会海外特別研究員、笘野哲史さんの専門は〝イカの王様〟と呼ばれ、特に商品価値が高いアオリイカ。目的は「捕りながら守り続けていくために生態を明らかにする」ことだ。イカは日本では数十年来、水産物トップ3に入る一方、その生態に関しては基礎的な研究が進んでおらず、理由の一つには養殖ができないことが挙げられるという。世界の漁獲量は過去30年間で激減しているが、イカなどの頭足類は1960年代から資源量が増加。しかし「捕りすぎていなくなってしまった生き物はたくさんいる」。同じ過ちを繰り返さず、養殖など有効な保全政策を取るためにも笘野さんら研究者による解明は必須だ。  岡山県の実家は祖父の代から牡蠣の養殖業と漁師を営む。そこには常に海があり、子どものころから「生き物と海が大好き」だった。一時は高校の先生になるつもりでいたが「先生になった場合に5年後、10年後にどうなるか見えてしまって。研究の道は何年後にどこで何をしているかわからないし、いつ職がなくなるかという不安はあるけど、そのほうがわくわくする」。さらに大学の先生による「お前はもっと広い世界でやっていける人材だ」というひと言にも背中を押され、研究の道へ進もうと決意を固めた。ところが大学院在籍中のある日、アオリイカに関する論文を偶然見つけた。「見た瞬間に衝撃を受けました。先にこんなことをやられたら絶対に勝ち目はない」。研究者の世界では〝この研究ならあの人〟という武器が必要だ。「アオリイカの研究で生き残るにはこの研究に加わるしかない。そうでないと僕の研究者としての道は終わってしまう」。 運良くその研究チームは日本のサンプルを持っておらず、論文を書いた人物や教授に「日本のサンプルを持っていくので一緒にやりたい」と連絡を取り、数日間の強行軍でLAを訪れるなどし、約1年半かけて渡米にこぎつけた。  UCLAへ来て半年が経過した現在、さまざまな問題点はあり、「ちょっとずつは進んでいるけど思っていた以上には進まなくて焦っている」と、悩みながら挑戦する日々を送る。「僕の研究はすぐに養殖業に実用化とかそういう華々しいものじゃない。でも、自分がもともと漁師出身だから、海の生き物を捕りながら守るにはどうしたらいいのかとずっと思っていた。日本の漁師さんが元気になるような活動もしたいし、もっともっとわからないことを世の中に明らかにしていきたい」。海が大好きな漁師の少年は、母国を離れて海を越えた。意欲的に研究に取り組む先には「日本のためになる研究をして水産業に貢献する」というぶれない目標がある。

  • 日本文化忘れない
刀で未来サポート

目利き師

マイク 山崎 |Mike Yamasaki


 

    日本文化忘れない 刀で未来サポート 目利き師 マイク 山崎 |Mike Yamasaki  

    2018年07月13日 ロサンゼルスで暮らす人々

     第二次世界大戦後、敗戦国日本ではGHQによる〝刀狩り〟が行われた。日本刀も武器とみなされ没収され、その後、進駐軍兵士たちによって数々の刀が海を渡った。そのため米国には思わぬ名刀が存在することがあり、日本刀に惹かれる米国人も多い。  日系三世のマイク山崎さんは世界で30人ほどいる刀の目利き師の一人だ。作者はだれか、作られた時代はいつかを見分ける。カリフォルニアでは唯一の存在で、日本刀および古美術品を取り扱う『鉄元堂』を営む。祖父母は日本人。祖母に「日本の文化を忘れないで」と言われて育ち、10歳で空手、12歳で居合道を始めた。子供のころ、チャンバラ映画好きの祖父に連れられ映画館へよく行った。 日本文化への興味や和の精神は自然と育まれていった。  ある日、友人に誘われて日本刀のビジネスに足を踏み入れた。日本語が読めなかったため、1年間毎日一つずつ漢字を覚えた。日本からやってきた刀ディーラーに日本刀のことなら日本で勉強するべきだと勧められ、訪日したのが25年前。日本美術刀剣保存協会の田野辺道宏氏に〝Good Eye(目利き)〟を学び始め、自費で日米を行き来しながら熱心に勉強した。もともとの才能に加えて田野辺氏の献身的な指導により、日本刀の作者や年代を当てる鑑定会では初参加で200人中5位に入賞。2001年の鑑定会では『天位』を獲得し史上初の日本人以外の優勝者となった。「米国生まれ米国育ちでも二世、三世の世代は日米両方のことをよく知っているほうがいい。刀について学ぶということは、日本の文化や歴史を学ぶということで、未来のサポートにつながる」。  昨年、自分の知識や経験を将来ある子どもたちに伝えていこうと思い立った。そして起ち上げたのがNPO団体『Jidai Arts』。「刀などの高価なものに『触ってはいけない』というのは間違った教育。信頼してあげなければ子どもたちは自信を持てない。『触るな』ではなく、どうやって扱うかを教えてあげればいい。それに今の子どもは大変なことはすぐ諦める。昔の職人はプライドがあり、どんなに困難でも〝ネバーギブアップ〟だった。その精神を伝えたい」。日本の刀文化を途絶えさせたくない。刀や鎧兜について教えることで、和の精神、知識、文化や歴史を米国で若い世代に伝えたいと考える。しかし「子どもたちには刀のことは教えたいけど仕事にはするなと言いたい」と笑う。生業とするには努力と知識に加えて、才能が必要となる超一流の〝Good Eye〟が求められる。マイクさんは「僕はすごく運が良かった。人にとても恵まれた」と話す。日本行きのきっかけをくれた友人の刀ディーラーと、刀について教示してくれた田野辺氏には心から恩義を感じている。「田野辺先生は『(受けた恩は)自分ではなくほかの人たちに返してくれればいい』と言ってくれる。だから子どもたちに教えることで恩を返したい」。和の魂は、米国でしっかり受け継がれている。

  • 「様々な人にフラの魅力を伝えたい」

フラダンス講師

有本 満恵|Mitsue Arimoto


 

    「様々な人にフラの魅力を伝えたい」 フラダンス講師 有本 満恵|Mitsue Arimoto  

    2018年07月05日 ロサンゼルスで暮らす人々

     ハワイ先住民族の伝統的で神聖な踊り、フラダンス。フラはハワイの言葉で「踊り」を意味し、もともと自然を崇拝して踊る宗教儀式だった。手の動きで花、雨、風、愛などの詩を表し、表情や全身の流れるような動作を組み合わせて感情を表現する。そしてハワイアンのウクレレの音色や緩やかなリズムに合わせて優雅に踊ることで自分自身にも癒しの効果をもたらす。無理のない緩やかな運動なので何歳からでも始められ、美容と健康にもいいと日本でも人気である。そんなフラをサンディエゴの日本人に教えているのが有本満恵さんだ。  もともと日本にいた時に友人のフラダンスショーを応援に行き、フラに出会った有本さん。それからご主人の転勤で海外に行きフラが習える機会がなかなか見つからなかったが、日本に帰国後、2011年から本格的に学び、インストラクターの資格を取得した。「当時はフラが楽しくて無我夢中でクラスを掛け持ちして、毎日通って踊っていました」  そんなに有本さんを夢中にしたフラの魅力とは何か。「まずフラの鮮やかな色の衣装や首飾り、花の髪飾りを身につけるだけでも気分は向上します。そしてフラの振りの意味を知り表現することで自然を崇め、家族に対する愛情を感じて浸ることができるのです」  それから日本のザバスYMCAなどでレッスンを受け持ち、その後、夫の転勤でサンディエゴに移住し、個人でフラを教えて1年あまり。最初は知人の2、3人で始めたが、現在はフェイスブックを通して興味を持った人からの連絡が続き、生徒は16人となった。またサンディエゴバルボアパークのジャパニーズガーデンのイベントに参加したことがきっかけで発表の機会が増え、今は日系イベントや地元のフェスティバルなど月1回のペースで踊りを披露している。「最初は舞台に立つのをためらった生徒さんもいましたが、群舞をするとみんなの心が一つとなっていいものを表現できるのが気持ちいいという感想を聞きます。サンディエゴの生徒さんは外国生活を経験しているので、日本の生徒さんより積極的で、自分を表現する楽しさを体験したいという人が多いですね」。現在の生徒は20代から60代と幅広く、世代を超えて一つのことを成し遂げて、和気あいあいと話す時間も楽しみだという。  日本ではフラは認知症に効果があると言われて老人ホームでのアクティビティとしても行われているそう。「私も地元の老人ホームを慰問してダンスを見てもらい、シニアの方にも踊りを教えたい。フラは車椅子の方でも手を使って手話のように踊りが表現できて楽しめます。みんなの心が一つとなってクラスがコミュニティの場として広まっていくといいですね」。

  • 100%の情熱注ぎ込む 最前線から母国へ恩返し

歯科医

清水 藤太|Tota Shimizu, DDS


 

    100%の情熱注ぎ込む 最前線から母国へ恩返し 歯科医 清水 藤太|Tota Shimizu, DDS  

    2018年06月21日 ロサンゼルスで暮らす人々

     祖母と父親が歯科医だったため、自然と「家業を継ぐ」という形で歯科医になった清水藤太さん。その専門は「エンドドンティクス」と、一般的には聞き慣れない分野だ。これは歯内の根管治療、つまり歯の神経治療を専門としており、日本はこの分野では韓国や台湾などの近隣諸国と比べても遅れているという。「日本の歯科はある分野では非常に進んでいるところがある一方、ある分野ではびっくりするほど遅れているところがある。他の産業分野でもそうかもしれないけれど、非常に進歩的なところと旧態依然としたところが混在しているところがあります。そのため、エンドドンティクスの分野で進んでいるアメリカで勉強し、それを日本に還元したいと思いました」。  1998年、留学先に選んだのは南カリフォルニア大学(USC)。米国で有数の大学院のなかでも、東海岸のペンシルベニア大学と並んでこの分野ではトップであるという理由からだった。2年後に米国歯科国家試験に合格し、同年、USC臨床准教授に就任すると大学院生の臨床指導を開始。翌2001年、ロサンゼルスにてエンド専門医として開業した。2011年にはUSC歯学部『2011年度最優秀臨床准教授賞』を受賞。10年間の功績が認められた瞬間だった。2013年からはUCLA歯学部に移り、現在もクリニカルインストラクターとして若き医師の卵たちの指導にあたっている。  歯科医としての仕事は、実際の診療を通じて「この歯を助けることによってこの患者さんの人生のクオリティーを高めることに貢献している」という実感を得られ、同時に学生たちの教育を通じて未来の歯科医を育てているという充実感があるという。「ラッキーなことに、この仕事には自分は100%の情熱を注ぎ込めています。それだけの情熱があれば、逆境や失敗があってもそれを逆境とも失敗とも思わない(笑)。 だから困難なことというのは一切ないです。ゼロ」と言い切る。  留学生時代、英語も得意ではなく、ほかの学生たちになじめない自分がいた。しかしある日、勇気を出して放課後の飲み会に参加してみた。思い切って輪の中に飛び込んでみると、場を楽しみ周囲と打ち解けることができ、米国では日本人の美徳とされる遠慮や引っ込み思案は通用せず、「図々しいくらいがちょうどいいと悟りました」。そんな経験をしたロサンゼルス在住歴はすでに20年。すべてが自己責任であるところが気に入っている。「だれも他人のことを気にしないし、自分も他人のやる事に何の責任も負わない。各人が自分のやるべきことを自分で決めて自分のペースで進んでいける。すべての人にとって無限の可能性が広がっている場所」。開業した土地への愛着は強いが、母国への感謝も忘れてはいない。「ロサンゼルスという歯科の最前線で日々診療している立場から日本の先生方に還元できるものは多くあると思う」と、遠く離れた場所からの恩返しを誓う日々だ。