連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年08月13日

快挙で一区切り
「今後は還元を」

 

KC BEAUTY ACADEMY / KC SALON PRO アートディレクター

徳永 優子 / Yuko T. Koach


 

TV界最高権威であるエミー賞。第71回を迎えた今年、『アウトスタンディング・ヘアースタイリング』部門で日本人として史上初の4度目のノミネートを果たしたのが徳永優子さんだ。

 

2010年以来、10年ぶりのノミネートを「今回はいけるかなという予感はあった」と冷静に語る。

 

16歳から着物を学んだ徳永さんは美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌やTV、映画で活躍後に渡米。渡辺謙主演『SAYURI』の着物コンサルタント、『ラストサムライ』の着物指導パフォーマンス、『ドリームガールズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、TV番組でのヘアーを担当するなど、業界では名の知られた存在だ。

 

この10年で、ドラマからより緊張感のあるライブショーに方向性を変え、今ではライブショーこそ実力を存分に発揮できる世界だと自負する。

感性、そして立体づくり。技術以外に多くの引き出しが必要となるが「すべてが自分の得意とするところ」と胸を張る。

 

日本人として史上初の4度目のエミー賞ノミネートを達成した徳永優子さん。ハリウッドで成功を収め、DTLAにはサロン(kcsalonpro.com)と後継育成のためにアカデミー(kcbeautyacademy.jp)をオープン。「やりたいことはすべて形にしてきた」 ©Yoshio Matsuda

 

 

今回のノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』も、世界中から集まった若きダンサーが競い合うライブショー。出場者のコンセプトに合わせたデザインと激しい踊りでも崩れないスタイリング、生放送ならではのハイスピードでの作業が求められる。

 

徳永さんは自ら編み出した、流行りのブレードを生かしたデザインを進化させ、さまざまな角度から複雑に髪を編み込み糸で固定する『エフェクトヘアー』を駆使。裁縫や着物の力が活きた熟練の技術が快挙につながった。

 

4年前、車が大破する事故に遭った。回転しながら宙を飛ぶ車内で、何一つ後悔していない自分に気づいた。

「家族に対して『先に逝ってごめんね』と思ったけれど、ああすればよかった、こうすればよかった、という思いはまったくなかった」と明かす。

「明日が必ず来ると思って生きるな」。そう思いながら日々を過ごす。

 

5年、10年先に「なぜあのとき気づかなかったんだろう」と思うことはないかと常に考え、これでもかと追求して突き詰める。そんな生き方がここ米国で花開いたのは「多くの方に支えられ、愛をもらったから」と、大きな感謝の気持ちを抱く。

 

結婚、出産、後継育成の学校創設、サロンオープン、そしてハリウッドでの仕事。自分の信じる道すべてを諦めず形にしてきた徳永さんは言う。

「今回のノミネートで一区切りできて、振り返ってみればやはり自分はアーティストで、勝手気ままにここまでやってきた。それを許して愛をくれた人が周りにたくさんいたからこそ大成できた。これからは若い人たちに自分がもらった愛を注ぎ、育ててもらった日米の業界に還元したい」。

 

ノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』はダンサーが競い合うライブショー。生放送ならではの緊張感の中、スピードと技術、対応力が求められる。徳永さん(右)は自ら編み出した『エフェクトヘアー』という手法を駆使し、10年ぶりのノミネートを果たした

「好きでパッションある仕事に就けるのは価値の財産。米国に来て愛のエネルギーを教えてもらったという感謝がある。残りの人生はその蓄電した愛のパワーを放発しながら恩返しができるように歩みたい」

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 次世代育て大切に渡す   日舞で伝える日本文化

歌舞伎役者

中村 鴈京 |Gankyo Nakamura


 

    次世代育て大切に渡す   日舞で伝える日本文化 歌舞伎役者 中村 鴈京 |Gankyo Nakamura  

    2018年11月08日 ロサンゼルスで暮らす人々

     オレンジカウンティで生まれ育ち、大学以降LAで暮らす中村鴈京(日舞:坂東拡七郎)さんは日系二世の歌舞伎役者だ。UCLAで政治学と哲学を専攻し、当時は弁護士になろうと思っていた。母方の祖母がハワイ生まれ、母は日本生まれ。シカゴ大留学後米国へ住み着いた父は会計士。祖母の「二世として米国で生まれ育つからには日本文化を習ったほうがいい」という言葉により、兄は剣道、姉は日舞を習っていた。姉の稽古に同行していた鴈京さんも3歳で日舞を開始。「子どもはファンタジーの世界が好きですから。日本舞踊は侍や町人の世界でいろいろな役で遊べる。他のだれかになれるのが楽しかった」。  大学3年時、政治学と哲学を学ぶために東大へ1年間留学した。その間も日本舞踊を習っていたが、ある日、先生から大阪の『松竹上方歌舞伎塾』で学んでみてはとすすめられた。当時の中村鴈治郎が上方歌舞伎の後継を育てるために作り、三味線、踊りなど日本の伝統芸能すべてを2年間で習うことができる塾だ。面接と試験を受けてみたところ合格し、東大を辞めて大阪に引っ越した。両親にはあとから手紙を出して報告した。 2年後、卒業発表を見た鴈治郎(現・坂田藤十郎)に声をかけられて弟子入り。稽古について行ったり、師匠の世話をしたりと忙しい日々を送っていたが、師匠のもとでは初の外国人弟子。周囲から反対され、鴈治郎ファンから罵声を浴びせられたこともあった。楽屋の掃除をすると「外人だから掃除の仕方がなっていない」と言われ、英字新聞を楽屋で読んでいたら厳しく叱られた。そういう経験があるからこそ、「だれよりもちゃんとしていないと」と思うようになり、悔しさをバネにした。その一方で、「一門の先輩たちはすごく大事にしてくれて細かく教えてくれ、理解してくれた」という。  7年間の修行後はLAに戻り、日舞を教えるかたわら、修士号、博士号を取得した。現在は日舞のほか母から受け継いだ木目込人形の技術も教えながら、大学で教鞭を執る。日本文化と文学以外に、アニメの授業も受け持つ。「アニメを通して日本の文化、歴史を深く理解することがテーマ。古典文学を生かした授業をしています。ここから日本に興味持ってもらえたら」。昨年、世界で初のアニメと日舞のコラボを行い、好評を得た。「米国はいろいろな文化が混ざっていて、それがいいところ。でも自分のルーツをしっかり考えないと、どんどん消えていってしまう。まずは日本文化を大切にし、将来の子どもたちのためにも守っていかないといけない。祖母が『せっかく日本文化を習っても伝えていかないと意味がない。大切にして渡していかないと』と言っていた。今後は日本文化のすばらしさを広め、次の世代を育てていきたい」。

  • 刺激求め米国挑戦へ  「わくわくすること好き」

俳優

野久保 直樹 |Naoki Nokubo


 

    刺激求め米国挑戦へ  「わくわくすること好き」 俳優 野久保 直樹 |Naoki Nokubo  

    2018年11月01日 ロサンゼルスで暮らす人々

     芸能生活を始めて14年の野久保直樹さんは今夏、ロサンゼルスへやってきた。求めるは「挑戦」。10年前、NYに1カ月間滞在しとにかく数多くの舞台を鑑賞した。これが舞台に気持ちが向くきっかけとなり、この10年間で60本以上の舞台に出演してきた。その間にも、NYでの経験は海外へのあこがれという形で心の中を占めるようになっていった。  上京し下積み時代から合わせると早19年が経った今年、さらなる刺激を求める自分に気づいた。スケールの大きい海外作品や大好きなマーベル作品に出たいという目標が浮き彫りになった。第一線で自分を試し、そこで成長したいという思いは日に日に強まった。「俳優は一生やっていきたい。米国で活動するために必要な語学を身につければ、それはスキルとして残る。海外生活は人間的にも成長できるし幅は広い方がいい」。もともと好奇心旺盛な性格だ。「何かを学ぶなら少しでも上のレベルで学びたい」と向学心も高く、負けず嫌い。「子どものころから何でも一番じゃないと嫌だった。やりたいことやできないことに対して、とことん自分を追い詰める性格。役を演じるといろいろな課題が出てくる。それをこなせるようになれば自分のスキルになる」。俳優は達成できたときの喜びが大きい。「谷があるからこそやりがいもある」と情熱を燃やす。  演技メソッドが確立されている米国でのチャレンジは、必ず自分の将来のためになると考えた。渡米を決めてからは早かった。2カ月間で準備。東京のアパートも完全に引き払い、両親を説得し「覚悟を決めて」踏み切った。「こちらに来てあらためて、とんでもないところに足を踏み入れたなと思う。でもやってみなければ何も変わらない」。目標設定シートを作り、やるべきことが見えてきた。LAに来て人の優しさをあらためて感じ、ネガティブに考えることが減った。日本では人目を気にし、自分と人を比較もしていたが「人は〝Only one〟なんだと再確認した。人と比較しても意味がない。人のことは〝想う〟けど気にしなくなったら自分が楽になった。まだまだやらなきゃいけないことはたくさんある」。  アメリカは演技だけではなく、歌や踊り、アクションなどさまざまなジャンルにおけるスキルのレベルが異様なほどに高い。「こんな中に入ろうとしていると思うと探求心が出てくる。大丈夫かなとか、いろいろな感情が入り混じるほど刺激がある。わくわくすることは大好きだから」。人生には偶然はなく、すべては必然で起こっていると考える。だから「自分のやっていることに対して不安はない。人生半分以上がつらいことって言うけど、意味があると思えばそれはプラスになる」。自分を信じ、これからも挑戦し続ける。

  • 生まれ変わった自分  「救いの手差し伸べる」

牧師、名誉神学博士

河野 亮平 |Kawano Ryohei


 

    生まれ変わった自分  「救いの手差し伸べる」 牧師、名誉神学博士 河野 亮平 |Kawano Ryohei  

    2018年10月25日 ロサンゼルスで暮らす人々

     リトルトーキョーのセンテナリー合同メソジスト教会で、毎週日曜日に行われる礼拝。祭壇に立ち、堂々と、しかし穏やかに優しく、礼拝堂に集まった30名ほどに語りかけるのは、牧師の河野亮平さんだ。「わかろうとする姿勢が大事。知ることは信じること。ハングリー精神、求めていく精神がなければ人間は成長しない」。  キリスト教と縁のない家庭に育った河野さんは、かつては超がつく人見知りだった。とにかく内気で、人と話ができない。買い物も1人では行けないほどだった。中学3年のとき、社会性を養わせたいと考えた母にお遣いを頼まれた。しかし店で「いらっしゃい!」と言われた瞬間、緊張して何を買いに来たのか忘れてしまった。結局違うものを買って帰宅すると母は「情けない」と泣き出した。ある日、数少ない友達の1人がクリスチャンになり、教会へ行こうと誘ってくれた。何度も何度も誘い続けてくれ、根負けした河野さんは教会へ行った。しかし大勢の前で自己紹介ができず、恥ずかしくて二度と行きたくないと思った。  高校受験が終わり、勉強ができた河野さんは有数の進学校へ。相変わらず内気は治らなかったが、ふと考えた。「こんなに社会性のない人間は大学まで行けたとしても、そのあと生きていけない。これが解決しなかったらもう自殺するしかない」。そんなとき思い出したのが、たった一度訪れた教会の雰囲気だった。「もう一回自分から教会に行ってみて、そこで解決ができなかったら死のう」。思い詰めて足を運んだ教会では、宣教師の衝撃的なことばが待っていた。「人間はみな罪人。人の心の中は汚く、人を恨んだり憎んだりすることは罪である」。法を犯す行為だけでなく、悪い思いを持つこと自体が罪。この教えにハッとさせられた。それでは、その罪はどうすれば償うことができるのか。「罪のないイエスがこの地上に生まれ、人々の罪の身代わりとして死んでくださった。心の中の罪は消し去ることはできないが、イエスを救い主として信じるなら罪が許される」。そして、河野さんは言った。「それなら私は罪人です。その教えを信じます」。言った瞬間、心があたたかくなった。神の愛に生まれ変わらせてもらった気がした。  大学卒業後、牧師となった河野さんは留学のため1972年に渡米。サウスベイやミッションバレーの教会などを経て、今年から現教会へ。「私は信じることで普遍的な心理を発見しました。日々、悔い改めて反省し、わかろうとすることが大切。自分が苦しんだから人の悩みもよくわかります。クリスチャンにならなかったら私はこの世にもういなかった。悩み苦しんでいる人たちを少しでも助けたい」。死を考えるまでに思い悩んだ経験があるからこそ、救いの手を差し伸べる存在でありたい。それが河野さんの思いだ。

  • 陸上一筋から拳一筋に

ボクシングライター

宮田 有理子 |Yuriko Miyata


 

    陸上一筋から拳一筋に ボクシングライター 宮田 有理子 |Yuriko Miyata  

    2018年10月18日 ロサンゼルスで暮らす人々

     中学から大学まで陸上一筋だった宮田有理子さん。「陸上競技マガジンをつくる人になりたい」と思っていた。大学卒業後、ベースボールマガジン社に入社。2年目に念願の陸上競技マガジン編集部に異動した。ところが現在はLA在住のボクシングライター。入社3年目にボクシングマガジン編集部へ異動となったのである。陸上からボクシングというあまりにも違う競技への転換。しかし「あまりにも知らなすぎて興味がわいた」と、当時を振り返る。  ボクシング初仕事は世界戦の物販手伝いだった。唯一観戦できたメインの試合で、リング上で繰り広げられる一対一の戦いの緊迫感に圧倒された。ボクシングの知識はまったくなかったが、会社がボクシングのメッカ、後楽園ホールのすぐ近くだったため、4回戦からメインまで観戦を重ね、自然に見る目は養われていった。「スポーツは人生の教科書。ボクサーは〝戦い〟の中で色々なことを教えてくれる。体格的に恵まれなくても飛びぬけた才能がなくても、己を知ることで自分にできる戦い方を手に入れられることも選手に教わった」。プロアマ問わず取材し、海外の試合のページも担当するようになると「アメリカのボクシングを見たい」と思い始めた。  フリーになった翌年の2004年、知人を訪ねてLAにやってきた。すぐに留学しようと決めた。「カリフォルニア州は全米でダントツにボクシングの興行数が多い。それにLAののんびりした空気が性に合った」。カレッジに2年半通い、ボクシング関係者とのつながりもできた。卒業後は日本へいったん戻ったが、「スポーツはボーダーレスだから日本にいる必要はない」と、2016年にLAへ完全移住した。「米国は各国の選手が本場のビッグチャンスを手に入れようとアンダードッグとしてリングに上がる。マニー・パッキャオは、そこからアメリカンドリームをつかめることを証明しました。夢を求めてやってくる選手の純情な野心にもものすごく惹かれる」。試合前はブーイングを浴びていた無名の外国人選手が、リングを下りればヒーローになっている。そんな場面を目の当たりにし、ここは力があれば成功できる場所だと実感している。  ライターとして日本では20年近くの経験がある宮田さんにとっても、〝ことば〟で伝えることは時にとても難しい。「劇的なボクシングというスポーツのすばらしさを伝え、表現できる書き手になりたいと思いますが、はなはだ力不足で日々修行です。まだ米国では超がつく新参者」と、いまだ向上心は失っていない。「ボクシングがとにかく近くにあり、何歳になってもなんでも始められる」LAにこれからも住み続け、ボクシングを書き続ける。そして、いつか米国伝統のボクシング専門誌『The Ring』に日本のストーリーを書くのが夢であり目標だ。

  • 料理嫌いからシェフに 

  「実力あれば成功できる」

シェフ

佐藤 了|Ryo Sato


 

    料理嫌いからシェフに   「実力あれば成功できる」 シェフ 佐藤 了|Ryo Sato  

    2018年10月11日 ロサンゼルスで暮らす人々

     世界を渡り歩いて活躍し、料理オリンピック米国代表チームの一員として金メダル獲得、『シェフ・オブ・ザ・イヤー』受賞など輝かしい経歴を持つフランス料理のシェフ、佐藤了さんだが、もともとは料理はあまり好きではなかったというから驚きだ。無線技師になりたかったはずが「なんでシェフになったのか」と笑う。日本橋で洋食屋を営む叔父のもとで料理の勉強をしていた若かりし頃、出前もやっていたため「寒いし、ますます嫌いに」なったという。その後、ホテルで働き始めてまもなく、東京五輪が開催された。佐藤さんを含む全国の各ホテルから選ばれた全350人のシェフが、ボランティアとして選手村で1日1万食を作った。この体験を機に「本場の料理を勉強したくなった」佐藤さんは、レストラン協会の欧州派遣制度に受かりスイスへ。スイスでの修行を終えると今度はフランス、ロンドンを経て渡米。アメリカではNYの名門ホテル『プラザ』で働いた後にシカゴへ移った。  人生の転機は、3カ月の休みを取って日本へ一時帰国した際に訪れた。芳江夫人とのお見合いである。3週間後に式を挙げ、再び米国へ。海外生活に乗り気でなかった芳江夫人も「5年以内に日本へ完全帰国」という条件で渡米。しかし、子供が生まれたことをきっかけにLAへ引っ越すと、カリフォルニアの気候をことのほか気に入った芳江夫人が一転して米国残留を希望し、一家で米国に腰を据えることに。1980年には念願の自分の店をアーケディアにオープン。だれがやっても2年でクローズしてしまうといういわくつきの場所だったが、始めてみれば毎日来店する常連や、遠方からはるばる訪れる固定客も多い超人気店となった。  2004年に惜しまれながら店をたたんで以来、力を入れるのがボランティア活動だ。ウェストコビナ市の東サンゲーブリエルバレー日系コミュニティセンターにて、毎週60人に料理の腕を振るう。また、出身地の栃木県大田原市で講演を行ったことから交換学生の世話をするようになり、姉妹都市にまで関係が深まったように、地域の発展にも貢献する。栃木県人会ではピクニックなどのお弁当作りを一手に引き受ける。「人にとても恵まれてきたと思う。日本から投資してくれる人もいたし、それは3倍にして返した。これまでラッキーな人生を送ってきたから、今そのお返しを周囲にしているんです。だからやりがいがある」。これからも「ボランティア活動はできるだけ長くやって、技術を教えていきたい。だれでもアメリカでは実力があれば成功できることを伝えたい」と話す。そんな佐藤さんの夢は、もう一度五輪のボランティアをすること。「人生で2回、オリンピックで働けたらうれしいなって思います」。引退してもなお夢を見続ける。それが若さの秘訣なのかもしれない。