連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年08月13日

快挙で一区切り
「今後は還元を」

 

KC BEAUTY ACADEMY / KC SALON PRO アートディレクター

徳永 優子 / Yuko T. Koach


 

TV界最高権威であるエミー賞。第71回を迎えた今年、『アウトスタンディング・ヘアースタイリング』部門で日本人として史上初の4度目のノミネートを果たしたのが徳永優子さんだ。

 

2010年以来、10年ぶりのノミネートを「今回はいけるかなという予感はあった」と冷静に語る。

 

16歳から着物を学んだ徳永さんは美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌やTV、映画で活躍後に渡米。渡辺謙主演『SAYURI』の着物コンサルタント、『ラストサムライ』の着物指導パフォーマンス、『ドリームガールズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、TV番組でのヘアーを担当するなど、業界では名の知られた存在だ。

 

この10年で、ドラマからより緊張感のあるライブショーに方向性を変え、今ではライブショーこそ実力を存分に発揮できる世界だと自負する。

感性、そして立体づくり。技術以外に多くの引き出しが必要となるが「すべてが自分の得意とするところ」と胸を張る。

 

日本人として史上初の4度目のエミー賞ノミネートを達成した徳永優子さん。ハリウッドで成功を収め、DTLAにはサロン(kcsalonpro.com)と後継育成のためにアカデミー(kcbeautyacademy.jp)をオープン。「やりたいことはすべて形にしてきた」 ©Yoshio Matsuda

 

 

今回のノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』も、世界中から集まった若きダンサーが競い合うライブショー。出場者のコンセプトに合わせたデザインと激しい踊りでも崩れないスタイリング、生放送ならではのハイスピードでの作業が求められる。

 

徳永さんは自ら編み出した、流行りのブレードを生かしたデザインを進化させ、さまざまな角度から複雑に髪を編み込み糸で固定する『エフェクトヘアー』を駆使。裁縫や着物の力が活きた熟練の技術が快挙につながった。

 

4年前、車が大破する事故に遭った。回転しながら宙を飛ぶ車内で、何一つ後悔していない自分に気づいた。

「家族に対して『先に逝ってごめんね』と思ったけれど、ああすればよかった、こうすればよかった、という思いはまったくなかった」と明かす。

「明日が必ず来ると思って生きるな」。そう思いながら日々を過ごす。

 

5年、10年先に「なぜあのとき気づかなかったんだろう」と思うことはないかと常に考え、これでもかと追求して突き詰める。そんな生き方がここ米国で花開いたのは「多くの方に支えられ、愛をもらったから」と、大きな感謝の気持ちを抱く。

 

結婚、出産、後継育成の学校創設、サロンオープン、そしてハリウッドでの仕事。自分の信じる道すべてを諦めず形にしてきた徳永さんは言う。

「今回のノミネートで一区切りできて、振り返ってみればやはり自分はアーティストで、勝手気ままにここまでやってきた。それを許して愛をくれた人が周りにたくさんいたからこそ大成できた。これからは若い人たちに自分がもらった愛を注ぎ、育ててもらった日米の業界に還元したい」。

 

ノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』はダンサーが競い合うライブショー。生放送ならではの緊張感の中、スピードと技術、対応力が求められる。徳永さん(右)は自ら編み出した『エフェクトヘアー』という手法を駆使し、10年ぶりのノミネートを果たした

「好きでパッションある仕事に就けるのは価値の財産。米国に来て愛のエネルギーを教えてもらったという感謝がある。残りの人生はその蓄電した愛のパワーを放発しながら恩返しができるように歩みたい」

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 生まれ変わった自分  「救いの手差し伸べる」

牧師、名誉神学博士

河野 亮平 |Kawano Ryohei


 

    生まれ変わった自分  「救いの手差し伸べる」 牧師、名誉神学博士 河野 亮平 |Kawano Ryohei  

    2018年10月25日 ロサンゼルスで暮らす人々

     リトルトーキョーのセンテナリー合同メソジスト教会で、毎週日曜日に行われる礼拝。祭壇に立ち、堂々と、しかし穏やかに優しく、礼拝堂に集まった30名ほどに語りかけるのは、牧師の河野亮平さんだ。「わかろうとする姿勢が大事。知ることは信じること。ハングリー精神、求めていく精神がなければ人間は成長しない」。  キリスト教と縁のない家庭に育った河野さんは、かつては超がつく人見知りだった。とにかく内気で、人と話ができない。買い物も1人では行けないほどだった。中学3年のとき、社会性を養わせたいと考えた母にお遣いを頼まれた。しかし店で「いらっしゃい!」と言われた瞬間、緊張して何を買いに来たのか忘れてしまった。結局違うものを買って帰宅すると母は「情けない」と泣き出した。ある日、数少ない友達の1人がクリスチャンになり、教会へ行こうと誘ってくれた。何度も何度も誘い続けてくれ、根負けした河野さんは教会へ行った。しかし大勢の前で自己紹介ができず、恥ずかしくて二度と行きたくないと思った。  高校受験が終わり、勉強ができた河野さんは有数の進学校へ。相変わらず内気は治らなかったが、ふと考えた。「こんなに社会性のない人間は大学まで行けたとしても、そのあと生きていけない。これが解決しなかったらもう自殺するしかない」。そんなとき思い出したのが、たった一度訪れた教会の雰囲気だった。「もう一回自分から教会に行ってみて、そこで解決ができなかったら死のう」。思い詰めて足を運んだ教会では、宣教師の衝撃的なことばが待っていた。「人間はみな罪人。人の心の中は汚く、人を恨んだり憎んだりすることは罪である」。法を犯す行為だけでなく、悪い思いを持つこと自体が罪。この教えにハッとさせられた。それでは、その罪はどうすれば償うことができるのか。「罪のないイエスがこの地上に生まれ、人々の罪の身代わりとして死んでくださった。心の中の罪は消し去ることはできないが、イエスを救い主として信じるなら罪が許される」。そして、河野さんは言った。「それなら私は罪人です。その教えを信じます」。言った瞬間、心があたたかくなった。神の愛に生まれ変わらせてもらった気がした。  大学卒業後、牧師となった河野さんは留学のため1972年に渡米。サウスベイやミッションバレーの教会などを経て、今年から現教会へ。「私は信じることで普遍的な心理を発見しました。日々、悔い改めて反省し、わかろうとすることが大切。自分が苦しんだから人の悩みもよくわかります。クリスチャンにならなかったら私はこの世にもういなかった。悩み苦しんでいる人たちを少しでも助けたい」。死を考えるまでに思い悩んだ経験があるからこそ、救いの手を差し伸べる存在でありたい。それが河野さんの思いだ。

  • 陸上一筋から拳一筋に

ボクシングライター

宮田 有理子 |Yuriko Miyata


 

    陸上一筋から拳一筋に ボクシングライター 宮田 有理子 |Yuriko Miyata  

    2018年10月18日 ロサンゼルスで暮らす人々

     中学から大学まで陸上一筋だった宮田有理子さん。「陸上競技マガジンをつくる人になりたい」と思っていた。大学卒業後、ベースボールマガジン社に入社。2年目に念願の陸上競技マガジン編集部に異動した。ところが現在はLA在住のボクシングライター。入社3年目にボクシングマガジン編集部へ異動となったのである。陸上からボクシングというあまりにも違う競技への転換。しかし「あまりにも知らなすぎて興味がわいた」と、当時を振り返る。  ボクシング初仕事は世界戦の物販手伝いだった。唯一観戦できたメインの試合で、リング上で繰り広げられる一対一の戦いの緊迫感に圧倒された。ボクシングの知識はまったくなかったが、会社がボクシングのメッカ、後楽園ホールのすぐ近くだったため、4回戦からメインまで観戦を重ね、自然に見る目は養われていった。「スポーツは人生の教科書。ボクサーは〝戦い〟の中で色々なことを教えてくれる。体格的に恵まれなくても飛びぬけた才能がなくても、己を知ることで自分にできる戦い方を手に入れられることも選手に教わった」。プロアマ問わず取材し、海外の試合のページも担当するようになると「アメリカのボクシングを見たい」と思い始めた。  フリーになった翌年の2004年、知人を訪ねてLAにやってきた。すぐに留学しようと決めた。「カリフォルニア州は全米でダントツにボクシングの興行数が多い。それにLAののんびりした空気が性に合った」。カレッジに2年半通い、ボクシング関係者とのつながりもできた。卒業後は日本へいったん戻ったが、「スポーツはボーダーレスだから日本にいる必要はない」と、2016年にLAへ完全移住した。「米国は各国の選手が本場のビッグチャンスを手に入れようとアンダードッグとしてリングに上がる。マニー・パッキャオは、そこからアメリカンドリームをつかめることを証明しました。夢を求めてやってくる選手の純情な野心にもものすごく惹かれる」。試合前はブーイングを浴びていた無名の外国人選手が、リングを下りればヒーローになっている。そんな場面を目の当たりにし、ここは力があれば成功できる場所だと実感している。  ライターとして日本では20年近くの経験がある宮田さんにとっても、〝ことば〟で伝えることは時にとても難しい。「劇的なボクシングというスポーツのすばらしさを伝え、表現できる書き手になりたいと思いますが、はなはだ力不足で日々修行です。まだ米国では超がつく新参者」と、いまだ向上心は失っていない。「ボクシングがとにかく近くにあり、何歳になってもなんでも始められる」LAにこれからも住み続け、ボクシングを書き続ける。そして、いつか米国伝統のボクシング専門誌『The Ring』に日本のストーリーを書くのが夢であり目標だ。

  • 料理嫌いからシェフに 

  「実力あれば成功できる」

シェフ

佐藤 了|Ryo Sato


 

    料理嫌いからシェフに   「実力あれば成功できる」 シェフ 佐藤 了|Ryo Sato  

    2018年10月11日 ロサンゼルスで暮らす人々

     世界を渡り歩いて活躍し、料理オリンピック米国代表チームの一員として金メダル獲得、『シェフ・オブ・ザ・イヤー』受賞など輝かしい経歴を持つフランス料理のシェフ、佐藤了さんだが、もともとは料理はあまり好きではなかったというから驚きだ。無線技師になりたかったはずが「なんでシェフになったのか」と笑う。日本橋で洋食屋を営む叔父のもとで料理の勉強をしていた若かりし頃、出前もやっていたため「寒いし、ますます嫌いに」なったという。その後、ホテルで働き始めてまもなく、東京五輪が開催された。佐藤さんを含む全国の各ホテルから選ばれた全350人のシェフが、ボランティアとして選手村で1日1万食を作った。この体験を機に「本場の料理を勉強したくなった」佐藤さんは、レストラン協会の欧州派遣制度に受かりスイスへ。スイスでの修行を終えると今度はフランス、ロンドンを経て渡米。アメリカではNYの名門ホテル『プラザ』で働いた後にシカゴへ移った。  人生の転機は、3カ月の休みを取って日本へ一時帰国した際に訪れた。芳江夫人とのお見合いである。3週間後に式を挙げ、再び米国へ。海外生活に乗り気でなかった芳江夫人も「5年以内に日本へ完全帰国」という条件で渡米。しかし、子供が生まれたことをきっかけにLAへ引っ越すと、カリフォルニアの気候をことのほか気に入った芳江夫人が一転して米国残留を希望し、一家で米国に腰を据えることに。1980年には念願の自分の店をアーケディアにオープン。だれがやっても2年でクローズしてしまうといういわくつきの場所だったが、始めてみれば毎日来店する常連や、遠方からはるばる訪れる固定客も多い超人気店となった。  2004年に惜しまれながら店をたたんで以来、力を入れるのがボランティア活動だ。ウェストコビナ市の東サンゲーブリエルバレー日系コミュニティセンターにて、毎週60人に料理の腕を振るう。また、出身地の栃木県大田原市で講演を行ったことから交換学生の世話をするようになり、姉妹都市にまで関係が深まったように、地域の発展にも貢献する。栃木県人会ではピクニックなどのお弁当作りを一手に引き受ける。「人にとても恵まれてきたと思う。日本から投資してくれる人もいたし、それは3倍にして返した。これまでラッキーな人生を送ってきたから、今そのお返しを周囲にしているんです。だからやりがいがある」。これからも「ボランティア活動はできるだけ長くやって、技術を教えていきたい。だれでもアメリカでは実力があれば成功できることを伝えたい」と話す。そんな佐藤さんの夢は、もう一度五輪のボランティアをすること。「人生で2回、オリンピックで働けたらうれしいなって思います」。引退してもなお夢を見続ける。それが若さの秘訣なのかもしれない。

  • 自由の国の青空に救われ 

        「今も“プロレスラーなう”」

プロレスラー

柴田 勝頼|Katsuyori Shibata


 

    自由の国の青空に救われ         「今も“プロレスラーなう”」 プロレスラー 柴田 勝頼|Katsuyori Shibata  

    2018年10月04日 ロサンゼルスで暮らす人々

     「カリフォルニアは気候も食べ物も合ってますね。もう自分の居場所になってるんでしょうね」と、笑顔で語る柴田勝頼さん。職業はプロレスラー。かつて同業だった父の影響もあり、高校卒業後に新日本プロレス入りした。「プロレスって自分の人生だと思ってます。米国のプロレスはキャラクターやストーリーが重視される。でも日本のプロレスではストーリーは自分の人生。生き様を投影できる。それをすごく体現していたのが自分だったと思う」。そう過去形で話すのは、リングから約1年半遠ざかっているからだ。  昨年4月の試合後、急性硬膜下血腫を発症した。医師には助かる確率は18%と言われながらも「命拾いした」が、以降は治療とリハビリの日々。しかし「いつ試合ができなくなるかわからないから毎回全力を尽くす。けがをしたからあの試合をしなきゃ良かったとは思ってない」と、後悔はない。  今年3月、所属する新日本プロレスがLAに道場を設立した。環境を変えたくて、「行きたい」と直訴。コーチとして4人の練習生を指導する現在、すっかりLAの空気に馴染んでいる。「来る前はやっとジムに行けるようになった状態で、人に見られたくなくてこっそり1人で練習したり。ここでは練習にすごく集中できる。天気がいいし、この広い青空が気持ちを解放してくれる。カリフォルニアの空が自分を救ってくれました」。渡米直後は悪かった体調も戻り始めている。実際に動いて道場生を指導する中で「身体のハリが戻ってきた。つい最近ですね。感触としては60%とか」と明かす。医師が治らないと言った後遺症の同名半盲も回復の兆しがある。人気選手だけに日本では悩まされた周囲の雑音も人目も、ここでは気にならない。もともと細かかった性格は「いい意味で雑に」なった。「道場が好きで丸一日いますね。落ち着きます。こっちに来たのは大正解ですね」。そう言うほど、カリフォルニアの青い空は居心地がいい。  追い込んだ練習はまだできないが〝リハビリ〟は〝トレーニング〟になった。「徐々にリングに近づいている感触はあります。何もしないで終わるよりはそこに向けての全力を尽くしたい。日本では『無理だよ、やめなよ』とかばかりだけど、ここは自由の国だからトライできる。復帰を考えると焦りしか出てこないし、今はそれを外しちゃって、やれることをやってます。一日一日が『あ、これできた』『あ、今度はこれ』って」と話す表情には充実感がある。たまに、大好きな『あしたのジョー』と自分が重なるという。「まだ灰にはなってないですけど」と笑う。時期が決められないなら、決めない。気長にやろうと決めた。「まあ、自分は『プロレスラーなう』ですね、今も。こっちでがんばってる。リタイヤか続けるか、白か黒か色ではっきりしろと言われるなら、自分はカリフォルニアのスカイブルーですね(笑)。以上!」

  • 先人への感謝、 若人に継承

協同システム 羅府中央学園主任

蔡 正子|Masako Chai


 

    先人への感謝、 若人に継承 協同システム 羅府中央学園主任 蔡 正子|Masako Chai  

    2018年09月27日 ロサンゼルスで暮らす人々

     1948年に創設された全米最大規模の日本語学校、日本語学園協同システムのロサンゼルス羅府中央学園で教える蔡正子さんは、結婚相手の米国留学を機に渡米した。まずは語学学校に通い、間もなく日系商社に就職。5年間勤めた後に子どもができたため退職した。渡米前は生活できるのだろうかと不安だったが、いざLAに来てみると住みやすくてすぐに馴染めたという。「当時から日系人の方々には感謝の気持ちがありましたね。先人が築いた日系社会に対する信用などを継承していきたいと思いました」と振り返る。中央学園との関わりは5歳になった子どもを入学させたことが始まり。当初は父兄として学校運営に携わると同時に、代理教師として中央学園で働いていた。その後、中高等部で教師となり主任を務め、パサデナ学園の主任を経て再び中央学園主任となり、現在まで現役で教鞭をとる。  日本人、日系人どちらの子どもも通う中央学園では、レベルの異なる子どもたちを一緒に教えなければならないため教える側の苦労は大きい。親が新一世の場合や渡米間もない子どもたちは読み書きも会話もできるが、「日本語がわからない子に教えるのは一番大変」だという。親の日本語能力によって子どもの日本語能力もかなり変わってくるため、学校側は個々のケースに応じて対策を取る。また、全員が動機があって入学するわけではなく、「日本語に興味のない子が騒ぐのが大変です(笑)」。モチベーションやレベルの違う生徒をどう指導するか教員同士で話し合い、使用する教材を代えるなどの対応をしながら、外国語としての日本語を文化や料理、歌から覚えさせるといった工夫をし、日本の言葉と文化を伝える授業を行う。苦労も多いが、蔡さんは「子どもたちの成長を見ることや、卒業生の子が学校に入ってくるとまたうれしいし、日系二世、三世が多いのもうれしいことです」と充足感を見せる。  蔡さんが日本語教育以外にも重視するのが、感謝の気持ちを教えること。中央学園の校舎は父兄たちの協力により建てられた。「当時の日本人のがんばりがすごかったんだと思う」と話し、生徒たちには常に「この学校は日系人の先輩たちが建てたのだからきれいにしなさい」と言う。「若い人たちにそういったことを後々のために伝えて、今あるものは自分たちのためだけではないということを考えてほしい」。日本語教師として、米国で暮らす日本人としての思いだ。「日系社会もいろいろ分かれている。一人でも多くの日系人に日本語学校に参加してもらって、日本語はもちろん、日系人が残していった財産、歴史を共有してほしい」。これからの時代を担う若人たちへの願いを胸に抱きながら、今日も教壇に立つ。