連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年08月13日

快挙で一区切り
「今後は還元を」

 

KC BEAUTY ACADEMY / KC SALON PRO アートディレクター

徳永 優子 / Yuko T. Koach


 

TV界最高権威であるエミー賞。第71回を迎えた今年、『アウトスタンディング・ヘアースタイリング』部門で日本人として史上初の4度目のノミネートを果たしたのが徳永優子さんだ。

 

2010年以来、10年ぶりのノミネートを「今回はいけるかなという予感はあった」と冷静に語る。

 

16歳から着物を学んだ徳永さんは美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌やTV、映画で活躍後に渡米。渡辺謙主演『SAYURI』の着物コンサルタント、『ラストサムライ』の着物指導パフォーマンス、『ドリームガールズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、TV番組でのヘアーを担当するなど、業界では名の知られた存在だ。

 

この10年で、ドラマからより緊張感のあるライブショーに方向性を変え、今ではライブショーこそ実力を存分に発揮できる世界だと自負する。

感性、そして立体づくり。技術以外に多くの引き出しが必要となるが「すべてが自分の得意とするところ」と胸を張る。

 

日本人として史上初の4度目のエミー賞ノミネートを達成した徳永優子さん。ハリウッドで成功を収め、DTLAにはサロン(kcsalonpro.com)と後継育成のためにアカデミー(kcbeautyacademy.jp)をオープン。「やりたいことはすべて形にしてきた」 ©Yoshio Matsuda

 

 

今回のノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』も、世界中から集まった若きダンサーが競い合うライブショー。出場者のコンセプトに合わせたデザインと激しい踊りでも崩れないスタイリング、生放送ならではのハイスピードでの作業が求められる。

 

徳永さんは自ら編み出した、流行りのブレードを生かしたデザインを進化させ、さまざまな角度から複雑に髪を編み込み糸で固定する『エフェクトヘアー』を駆使。裁縫や着物の力が活きた熟練の技術が快挙につながった。

 

4年前、車が大破する事故に遭った。回転しながら宙を飛ぶ車内で、何一つ後悔していない自分に気づいた。

「家族に対して『先に逝ってごめんね』と思ったけれど、ああすればよかった、こうすればよかった、という思いはまったくなかった」と明かす。

「明日が必ず来ると思って生きるな」。そう思いながら日々を過ごす。

 

5年、10年先に「なぜあのとき気づかなかったんだろう」と思うことはないかと常に考え、これでもかと追求して突き詰める。そんな生き方がここ米国で花開いたのは「多くの方に支えられ、愛をもらったから」と、大きな感謝の気持ちを抱く。

 

結婚、出産、後継育成の学校創設、サロンオープン、そしてハリウッドでの仕事。自分の信じる道すべてを諦めず形にしてきた徳永さんは言う。

「今回のノミネートで一区切りできて、振り返ってみればやはり自分はアーティストで、勝手気ままにここまでやってきた。それを許して愛をくれた人が周りにたくさんいたからこそ大成できた。これからは若い人たちに自分がもらった愛を注ぎ、育ててもらった日米の業界に還元したい」。

 

ノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』はダンサーが競い合うライブショー。生放送ならではの緊張感の中、スピードと技術、対応力が求められる。徳永さん(右)は自ら編み出した『エフェクトヘアー』という手法を駆使し、10年ぶりのノミネートを果たした

「好きでパッションある仕事に就けるのは価値の財産。米国に来て愛のエネルギーを教えてもらったという感謝がある。残りの人生はその蓄電した愛のパワーを放発しながら恩返しができるように歩みたい」

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • キーワードは“夢”

プロデューサー/ アートディレクター

髙野 力哉 |Rikiya Takano


 

    キーワードは“夢” プロデューサー/ アートディレクター 髙野 力哉 |Rikiya Takano  

    2018年11月28日 ロサンゼルスで暮らす人々

     「夢は大きく、心は優しく」。映画プロデューサー/アートディレクターの髙野力哉さんが心の中に大切にしまっていることばだ。小学生時代、洋画好きの父の影響もあって興味は自然に映画へと向いていった。唯一観ていた邦画が『釣りバカ日誌』シリーズ。テレビで偶然観てから、主演俳優の西田敏行さんの作品を鑑賞し始め、気づけばファンレターを何通も送るほどの大ファンになっていたという。ある日、一通の封書が髙野さん宛に届いた。中に入っていたのは冒頭のことばが書かれた西田さんからの直筆サイン色紙。「難しいことばではなかったし、素直に心に響いた」というこのことばを、これまでの人生でずっと励みにしてきた。  映画に携わりたいという気持ちは小学生から一貫して変わっていない。初めての映画制作は小学校の授業の一環で監督を務めた作品だった。以降、学園祭用の作品に役者として出演したり、脚本を書いたり編集をしたりと、さまざまな形で毎年1本は映画作りをするようになった。将来の道が決まったのは、中学校3年生のとき。文化祭で17分間の米国ドラマのパロディを制作した。監督、脚本、編集などほぼすべてをゼロから自分の手で行い、上映が終わった瞬間に大きな達成感を感じたという。「あのときに、企画を立て、話し合いを重ねて計画を詰めていくことにやりがいを感じる自分には制作が向いていると気づいた」。以来、ずっと一つの夢を追い続ける。  ロサンゼルスへやってきたのは2015年のこと。ハリウッド映画『ラストサムライ』を観て衝撃を受け、俳優・渡辺謙さんの活躍を見て「日本人でも米国で活躍できる可能性があるなら、本場のハリウッドで挑戦したい」という思いが芽生えた。LAではCSUノースリッジ校で映画制作を専攻し、アートディレクターとして参加した卒業制作作品『アマール(Amal)』は大学代表作に選出された。現在は制作会社に所属するかたわら、フリーランスとしても活躍。TVシリーズ『Musashi』やNetflixのTVショー『Hyperdrive』など複数のプロジェクトに携わっている。「撮りたいのはノンフィクション映画。実話を元にしている作品は人生を語るものが多く、観る人は自分の人生を照らし合わせる。一本の映画で人生の選択肢を与えるような作品を作りたい。観た人がメッセージを感じてくれ、考えさせることができればと思う」。キーワードは〝夢〟。自身が西田さん、渡辺さんからインスパイアされたように、だれかにとって夢の実現や将来につながる何か、あるいは勇気、元気を与えたい。髙野さん自身の夢は、そんな作品をプロデュースしていくことである

  • 「自分で自分超えたい」 
負けず嫌いが成功の道

モデル/女優

川和 美輝 |Miki Kawawa


 

    「自分で自分超えたい」  負けず嫌いが成功の道 モデル/女優 川和 美輝 |Miki Kawawa  

    2018年11月21日 ロサンゼルスで暮らす人々

     可憐な花に見え隠れする凛とした強さ。川和美輝さんはそんな美しきパワーを内に秘める。ロサンゼルスを拠点にモデルとして活躍し、2016年公開の映画『カラテキル』(光武蔵人監督)出演後は演技の分野にも進出。「思ったことはかなえられる。 自分でも想像できないことは何もできない。想像できることは自分にその要素、可能性があると思う」。  2007年、高校卒業後にLAへやってきた川和さん。進路を決める高校2年生のとき、「将来何になるのか想像できなくなってしまった」という。「自分が何者になるのかを見つけたい」と決意しての渡米だった。大好きな映画に携わりたいと入学したカレッジでは、アクティングクラスに参加。しかし「ここで勉強だけしていても何者にもなれないかもしれない」と不安になった。 卒業後に活動を始めても遅いと思い、ハリウッドの演劇学校へと移った。転機は20歳のときに訪れた。モデル事務所にスカウトされたのだ。「当時は異国の地でオーディションや撮影に行くようになるとは思いもしなかった」と振り返るが、仕事は「思ったよりも」順調に進み、コカ・コーラ、任天堂、シティバンクなどのワールドワイド・キャンペーンに起用された。  実は、19歳の時に失恋を経験。相手を見返したいという気持ちもモチベーションになり、さらに大学で映画を勉強していた周囲の仲間からも刺激を受けて仕事に打ち込み、多忙になって学校も辞めた。立ち止まることなくひたすら撮影に臨んでいたが、張り詰めた糸はある日突然切れてしまう。体調を崩して活動を休止し、ようやくオーディションに行かれるぐらいまでになったのは、2年後のことだった。再開後、ロレアルの仕事を獲得した。「Imagine all you can be」という、自身の生き方を表現するようなキャッチフレーズを謳う商品での再起だった。  「やりたい仕事に恵まれてきた。受かった仕事から勇気をもらったり後押しされてきた。自分で自分を超えたいし、超えないと続けていけないと思う」。人に対してではなく、自分に対しての負けず嫌い。「モデルは一つの作品。自分でコントロールはできない世界だけど、その中で人にめぐり逢って、仕事が仕事を生む。そういうときに、まだまだ続けたいと思う。いつまで続けるのかなと思うこともあるけど(笑)」。昨年、テレビや映画などの仕事のために事務所に入り、初めてマネジャーがついた。「思っていれば自分にしかできない役がくる」。そう信じていたら『Fuller House』のオーディションに受かり、テレビ出演も果たした。これからも、自分の能力と可能性を信じ、自分自身を超え続けていくことが目標だ。

  • 色重ね「世界一に」

メイクアップアーティスト

樫部 翔一郎 |Shoichiro Kashibe


 

    色重ね「世界一に」 メイクアップアーティスト 樫部 翔一郎 |Shoichiro Kashibe  

    2018年11月14日 ロサンゼルスで暮らす人々

     ハリウッド映画やテレビの撮影、ファッション、ビューティーがあふれるロサンゼルス。そんな街で暮らして6年になる樫部翔一郎さんは「きれいなものを作ることにすごく執着心がある」と話す。人の顔というキャンバスに美しい色を重ねていくメイクアップアーティストが生業と聞けば、それも納得がいく。現在、『SOLSTISE』や『XIOX』といった雑誌撮影やダイヤモンドのブランド『Rahaminov Diamonds』などの仕事を中心に活動中だ。  メイクの仕方は、シーズンやディレクターのイメージによって変わってくる。現場へ行ってからコンセプトを聞くこともあるが、インスピレーションに従うようにと言うカメラマンもいるという。「そういうときは、モデルの顔などを見てどういうメイクが合うかとか、何を着るかによって方向性を決めます」。モデルの顔や服を見ていると、色やどういうブレンドをしたら合うかが、映像となって頭に浮かんでくるのだという。「スッと、来ます。イメージが沸かなくて苦労したことは今のところはないです」と話す。  幼少期から漠然と米国に住みたいというあこがれを持っていた樫部さん。中学3年のころ、ハリウッド映画『死霊のはらわた』を観て「お金を貯めてアメリカへ行って、絶対に特殊メイクの仕事をしようと思った」といい、洋楽と洋画に大きな関心があった学生時代、英語はクラスでトップになるほどだった。高校卒業後はフィリピンに半年間英語留学。翌年からLAのメイク専門学校で4カ月間勉強し、帰国後に東京へ。造形工房に就職して念願の特殊造形の仕事を始めた。しかし、自分が本当にやりたいこととは違うと徐々に感じ始め、24歳のときに再びLAへ戻ってきた。3年ほど前、特殊メイクからビューティーのメイクアップに路線をスイッチするきっかけとなったのが、子どものころから好きだったペイント。「特殊メイクよりも着色していくほうが自分は力を発揮できると思ったんです。自分は美的感覚が人と違う感じがあると思うので」。また、ペイントがメイクの助けになることもあるという。「二次元の世界でリアルに物を作れると、三次元の世界でも簡単に作れる。メイクに反映するというか。造形でもボディペイントでも応用が効く」と、趣味もスキルアップにつなげるポジティブさを持ち合わせる。  メイクアップ業界の中でも特に競争率の高いというLAで生き残っていくことは、至難の業だ。メイク専門学校の同級生でも、未だこの仕事を続けているのは樫部さんを含む数人だけ。「長男じゃないのに〝一〟をもらった」という名前には、両親の「飛翔しナンバーワンになってほしい」という願いが込められている。その期待に応えるべく「世界一のメイクアップアーティストになる」ため、これからも色を塗り重ねていく。

  • 次世代育て大切に渡す   日舞で伝える日本文化

歌舞伎役者

中村 鴈京 |Gankyo Nakamura


 

    次世代育て大切に渡す   日舞で伝える日本文化 歌舞伎役者 中村 鴈京 |Gankyo Nakamura  

    2018年11月08日 ロサンゼルスで暮らす人々

     オレンジカウンティで生まれ育ち、大学以降LAで暮らす中村鴈京(日舞:坂東拡七郎)さんは日系二世の歌舞伎役者だ。UCLAで政治学と哲学を専攻し、当時は弁護士になろうと思っていた。母方の祖母がハワイ生まれ、母は日本生まれ。シカゴ大留学後米国へ住み着いた父は会計士。祖母の「二世として米国で生まれ育つからには日本文化を習ったほうがいい」という言葉により、兄は剣道、姉は日舞を習っていた。姉の稽古に同行していた鴈京さんも3歳で日舞を開始。「子どもはファンタジーの世界が好きですから。日本舞踊は侍や町人の世界でいろいろな役で遊べる。他のだれかになれるのが楽しかった」。  大学3年時、政治学と哲学を学ぶために東大へ1年間留学した。その間も日本舞踊を習っていたが、ある日、先生から大阪の『松竹上方歌舞伎塾』で学んでみてはとすすめられた。当時の中村鴈治郎が上方歌舞伎の後継を育てるために作り、三味線、踊りなど日本の伝統芸能すべてを2年間で習うことができる塾だ。面接と試験を受けてみたところ合格し、東大を辞めて大阪に引っ越した。両親にはあとから手紙を出して報告した。 2年後、卒業発表を見た鴈治郎(現・坂田藤十郎)に声をかけられて弟子入り。稽古について行ったり、師匠の世話をしたりと忙しい日々を送っていたが、師匠のもとでは初の外国人弟子。周囲から反対され、鴈治郎ファンから罵声を浴びせられたこともあった。楽屋の掃除をすると「外人だから掃除の仕方がなっていない」と言われ、英字新聞を楽屋で読んでいたら厳しく叱られた。そういう経験があるからこそ、「だれよりもちゃんとしていないと」と思うようになり、悔しさをバネにした。その一方で、「一門の先輩たちはすごく大事にしてくれて細かく教えてくれ、理解してくれた」という。  7年間の修行後はLAに戻り、日舞を教えるかたわら、修士号、博士号を取得した。現在は日舞のほか母から受け継いだ木目込人形の技術も教えながら、大学で教鞭を執る。日本文化と文学以外に、アニメの授業も受け持つ。「アニメを通して日本の文化、歴史を深く理解することがテーマ。古典文学を生かした授業をしています。ここから日本に興味持ってもらえたら」。昨年、世界で初のアニメと日舞のコラボを行い、好評を得た。「米国はいろいろな文化が混ざっていて、それがいいところ。でも自分のルーツをしっかり考えないと、どんどん消えていってしまう。まずは日本文化を大切にし、将来の子どもたちのためにも守っていかないといけない。祖母が『せっかく日本文化を習っても伝えていかないと意味がない。大切にして渡していかないと』と言っていた。今後は日本文化のすばらしさを広め、次の世代を育てていきたい」。

  • 刺激求め米国挑戦へ  「わくわくすること好き」

俳優

野久保 直樹 |Naoki Nokubo


 

    刺激求め米国挑戦へ  「わくわくすること好き」 俳優 野久保 直樹 |Naoki Nokubo  

    2018年11月01日 ロサンゼルスで暮らす人々

     芸能生活を始めて14年の野久保直樹さんは今夏、ロサンゼルスへやってきた。求めるは「挑戦」。10年前、NYに1カ月間滞在しとにかく数多くの舞台を鑑賞した。これが舞台に気持ちが向くきっかけとなり、この10年間で60本以上の舞台に出演してきた。その間にも、NYでの経験は海外へのあこがれという形で心の中を占めるようになっていった。  上京し下積み時代から合わせると早19年が経った今年、さらなる刺激を求める自分に気づいた。スケールの大きい海外作品や大好きなマーベル作品に出たいという目標が浮き彫りになった。第一線で自分を試し、そこで成長したいという思いは日に日に強まった。「俳優は一生やっていきたい。米国で活動するために必要な語学を身につければ、それはスキルとして残る。海外生活は人間的にも成長できるし幅は広い方がいい」。もともと好奇心旺盛な性格だ。「何かを学ぶなら少しでも上のレベルで学びたい」と向学心も高く、負けず嫌い。「子どものころから何でも一番じゃないと嫌だった。やりたいことやできないことに対して、とことん自分を追い詰める性格。役を演じるといろいろな課題が出てくる。それをこなせるようになれば自分のスキルになる」。俳優は達成できたときの喜びが大きい。「谷があるからこそやりがいもある」と情熱を燃やす。  演技メソッドが確立されている米国でのチャレンジは、必ず自分の将来のためになると考えた。渡米を決めてからは早かった。2カ月間で準備。東京のアパートも完全に引き払い、両親を説得し「覚悟を決めて」踏み切った。「こちらに来てあらためて、とんでもないところに足を踏み入れたなと思う。でもやってみなければ何も変わらない」。目標設定シートを作り、やるべきことが見えてきた。LAに来て人の優しさをあらためて感じ、ネガティブに考えることが減った。日本では人目を気にし、自分と人を比較もしていたが「人は〝Only one〟なんだと再確認した。人と比較しても意味がない。人のことは〝想う〟けど気にしなくなったら自分が楽になった。まだまだやらなきゃいけないことはたくさんある」。  アメリカは演技だけではなく、歌や踊り、アクションなどさまざまなジャンルにおけるスキルのレベルが異様なほどに高い。「こんな中に入ろうとしていると思うと探求心が出てくる。大丈夫かなとか、いろいろな感情が入り混じるほど刺激がある。わくわくすることは大好きだから」。人生には偶然はなく、すべては必然で起こっていると考える。だから「自分のやっていることに対して不安はない。人生半分以上がつらいことって言うけど、意味があると思えばそれはプラスになる」。自分を信じ、これからも挑戦し続ける。