連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年08月13日

快挙で一区切り
「今後は還元を」

 

KC BEAUTY ACADEMY / KC SALON PRO アートディレクター

徳永 優子 / Yuko T. Koach


 

TV界最高権威であるエミー賞。第71回を迎えた今年、『アウトスタンディング・ヘアースタイリング』部門で日本人として史上初の4度目のノミネートを果たしたのが徳永優子さんだ。

 

2010年以来、10年ぶりのノミネートを「今回はいけるかなという予感はあった」と冷静に語る。

 

16歳から着物を学んだ徳永さんは美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌やTV、映画で活躍後に渡米。渡辺謙主演『SAYURI』の着物コンサルタント、『ラストサムライ』の着物指導パフォーマンス、『ドリームガールズ』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』、TV番組でのヘアーを担当するなど、業界では名の知られた存在だ。

 

この10年で、ドラマからより緊張感のあるライブショーに方向性を変え、今ではライブショーこそ実力を存分に発揮できる世界だと自負する。

感性、そして立体づくり。技術以外に多くの引き出しが必要となるが「すべてが自分の得意とするところ」と胸を張る。

 

日本人として史上初の4度目のエミー賞ノミネートを達成した徳永優子さん。ハリウッドで成功を収め、DTLAにはサロン(kcsalonpro.com)と後継育成のためにアカデミー(kcbeautyacademy.jp)をオープン。「やりたいことはすべて形にしてきた」 ©Yoshio Matsuda

 

 

今回のノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』も、世界中から集まった若きダンサーが競い合うライブショー。出場者のコンセプトに合わせたデザインと激しい踊りでも崩れないスタイリング、生放送ならではのハイスピードでの作業が求められる。

 

徳永さんは自ら編み出した、流行りのブレードを生かしたデザインを進化させ、さまざまな角度から複雑に髪を編み込み糸で固定する『エフェクトヘアー』を駆使。裁縫や着物の力が活きた熟練の技術が快挙につながった。

 

4年前、車が大破する事故に遭った。回転しながら宙を飛ぶ車内で、何一つ後悔していない自分に気づいた。

「家族に対して『先に逝ってごめんね』と思ったけれど、ああすればよかった、こうすればよかった、という思いはまったくなかった」と明かす。

「明日が必ず来ると思って生きるな」。そう思いながら日々を過ごす。

 

5年、10年先に「なぜあのとき気づかなかったんだろう」と思うことはないかと常に考え、これでもかと追求して突き詰める。そんな生き方がここ米国で花開いたのは「多くの方に支えられ、愛をもらったから」と、大きな感謝の気持ちを抱く。

 

結婚、出産、後継育成の学校創設、サロンオープン、そしてハリウッドでの仕事。自分の信じる道すべてを諦めず形にしてきた徳永さんは言う。

「今回のノミネートで一区切りできて、振り返ってみればやはり自分はアーティストで、勝手気ままにここまでやってきた。それを許して愛をくれた人が周りにたくさんいたからこそ大成できた。これからは若い人たちに自分がもらった愛を注ぎ、育ててもらった日米の業界に還元したい」。

 

ノミネート番組『ワールド・オブ・ダンス エピソード3』はダンサーが競い合うライブショー。生放送ならではの緊張感の中、スピードと技術、対応力が求められる。徳永さん(右)は自ら編み出した『エフェクトヘアー』という手法を駆使し、10年ぶりのノミネートを果たした

「好きでパッションある仕事に就けるのは価値の財産。米国に来て愛のエネルギーを教えてもらったという感謝がある。残りの人生はその蓄電した愛のパワーを放発しながら恩返しができるように歩みたい」

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々