全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

ノース・ハリウッドに16ステーション新設 メトロのバイク・シェア事業

 【ロサンゼルス 8月8日】メトロは8日、バレー地区としては初めて、ノース・ハリウッドにバイク・シェア・ステーションを16カ所新設すると発表した。利用者は、メトロの「Red/Orange Line駅」などで、メトロのタップ・カードかスマートフォンで自転車にアクセスし乗ることができる。

 このメトロのバイク・シェア・プログラムは、ロサンゼルス・ダウンタウンで3年前にスタート。ステーションの数は、ノース・ハリウッドに新設される16カ所を入れ、ロサンゼルス郡内で合計150カ所にまで拡大している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • UCとCSUが秋学期からの対面授業再開を計画  

    2021年01月12日

    【ロサンゼルス12日】カリフォルニア大学(UC)機構とカリフォルニア州立大学(CSU)機構はそれぞれ、2021年のスクールイヤーが始まる秋学期から、対面授業を再開させる計画を発表した。   UC機構は、現在医療従事者への接種が進められている新型コロナウイルスのワクチンが、秋学期までには大学の学生や教職員に行き渡る見通しを示し、引き続き感染対策と安全ガイドラインを守りながら、学生を迎え入れる準備をしているという。   CSU機構のジョセフ・カストロ新総長は、秋学期からの対面授業再開計画はまだ暫定的としつつ、学生とその家族へ今後も最新情報を提供していくと説明。最終的な決断は、2021年のサマースクールへの登録締切日近くに下すと述べた。    

  • サンディエゴ動物園のゴリラ2頭がコロナ感染  

    2021年01月12日

    【サンディエゴ12日】サンディエゴ動物園は11日、園内のゴリラ2頭が新型コロナウイルスに感染したと発表した。この2頭は、今月6日頃に咳をし始めたため、糞便のサンプルを検査したところ新柄コロナウイルスへの感染が11日に判明した。   同園によると、2頭の体調は良い方で、スタッフによる細かな観察が続けらている。新型コロナの症状が出ている3頭目のゴリラもいるが、回復する見込み。ゴリラは、飼育係の人間から感染した可能性が高いとみられ、今後は感染防止対策を強化する。   サンディエゴ動物園は現在、新型コロナパンデミックのため閉鎖されている。    

  • LA郡、ホームレスの薬物過剰摂取死が急増  

    2021年01月11日

    【ロサンゼルス10日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は、薬物の過剰摂取で死亡するホームレスの人数が近年、急激に増えていると報告した。データによると、2016年から2019年の間に、薬物の過剰摂取で死亡するホームレスの人数は84%増加し、死因の第一位になっている。   また、ホームレスを経験した人は、そうでない人に比べて、薬物の過剰摂取で亡くなる確率が36倍になることも分かった。   2020年の1月から7月までに薬物の過剰摂取で死亡したホームレスの数は273人で、2019年の205人に比べ33.2%増加した。公衆衛生局では対策として、注射器の交換プログラム実施や、オピオイドの過剰摂取などで呼吸困難を起こした際のナロキソン拮抗薬配布、対策チームによる麻薬撲滅運動などを展開している。    

  • LA郡、Curative Labsのコロナ検査中止を決定 偽陰性出る可能性高く  

    2021年01月11日

    【ロサンゼルス10日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は10日、新型コロナ感染を調べる臨時検査場で使われていた「Curative Labs」(サンディマス)の検査キットが、間違って陰性を示す可能性が高いとして、郡内での使用を禁止すると発表した。これに先駆け、米国食品医薬品局(FDA)が警告を出していた。   このCurative社製の検査キットは、一日に約15万人分の唾液検査が可能で、同社は、軍事治療施設へのキット提供へ国防総省と4,200万ドルの契約を結んでいる。   ロサンゼルス郡では、昨年12月13日から今月2日までに、24,000人以上がこのCurative社製のコロナ検査を受けており、これは郡全体で実施されたコロナ検査の10%にあたる。FDAは、2週間以内にCurative社製の検査を受けた人は、再度他の検査を受け直すよう勧めている。   FDAは昨年9月にも、偽陰性が出る可能性が高いとして、短時間で結果が出る抗原検査にも注意を勧告。分子検査と比べて正確性が低い点を指摘した。   5日の時点でFDAが承認するコロナ検査キットは、緊急時のものも含めて310種類あり、内訳は235種の分子検査とサンプル採取検査、64種の抗体検査、11種の抗原検査。専門家は、「すべてが同じ条件の下で作られているわけではないため、今後検査結果の正確性が疑われるものが出て来る可能性もある」と注意を呼び掛けている。    

  • アメリカで新たな変異種拡大の恐れ  

    2021年01月08日

    【ワシントン8日】ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部は、米国内でウイルスの新たな変異種が発生し、感染が拡大している可能性があるという見解を示した。NBCニュースが入手した文書の内容をCNBCが8日伝えた。