全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

ノース・ハリウッドに16ステーション新設 メトロのバイク・シェア事業

 【ロサンゼルス 8月8日】メトロは8日、バレー地区としては初めて、ノース・ハリウッドにバイク・シェア・ステーションを16カ所新設すると発表した。利用者は、メトロの「Red/Orange Line駅」などで、メトロのタップ・カードかスマートフォンで自転車にアクセスし乗ることができる。

 このメトロのバイク・シェア・プログラムは、ロサンゼルス・ダウンタウンで3年前にスタート。ステーションの数は、ノース・ハリウッドに新設される16カ所を入れ、ロサンゼルス郡内で合計150カ所にまで拡大している。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 死亡率高いのはアフリカ系 新型コロナで人種別比率 カリフォルニア州保健局  

    2020年04月23日

    【ロサンゼルス23日】カリフォルニア州保健局は23日、新型コロナウイルスの人種別感染データを公表した。   州内の死者数1170人(21日付)のうち138人がアフリカ系で、州人口に占めるアフリカ系の人種割合は6%だが、死亡率は11.8%と高い割合を占めていることが分かった。 次いで高いのが、州人口に占める人種割合が0.3%のネイティブ・ハワイアンとパシフィック・アイランダーで、全体の1.2%に当たる14人が死亡した。   その他の死者の人種別比率は、白人(総人口の中での割合は36.6%)が35.6%、ラテン系(38.8%)が31.1%、アジア系(15.4%)が17.6%。   保健局は、アフリカ系やラテン系に喘息や心臓病を患う人が多い点や、貧困層が多いことが高い死亡率に関係している可能性が高いとした。

  • 低所得層の3万人にデビットカード配布 経済支援策でLA市  

    2020年04月23日

    【ロサンゼルス23日】新型コロナ・パンデミックの打撃を受けた低所得層の市民への経済支援策として、ロサンゼルス市が4月14日から16日に申し込みを受け付けた、プリペイド・デビットカード「Angeleno Card」の配布が22日に実施された。   この支援策は、勤務時間カットなどで生活がさらに苦しくなった貧困層や、収入が少なくとも50%減った低所得層を対象に、700ドルから1500ドルのデビットカード、総額1千万ドル分を配布する内容で、約3万人の枠に3日間で50万人以上が応募した。 例えば、新型コロナ以前の年収が12400ドル以内の個人だと700ドル分、年収30170ドル以内の5人家族だと1500ドルのデビットカードが配布される。   資金源は、一般からの寄付金で運営される非営利団体「The Mayor’s Fund for Los Angeles」。 在ロサンゼルス・カタール領事館が23日、500万ドルの寄付を申し出たことから、今回デビットカードがもらえなかった市民らへ、さらに約1万5千枚のカードが配布される予定。  

  • ミズーリ州が中国提訴 全米初、コロナ対応で賠償要求  

    2020年04月22日

    【ニューヨーク22日時事】ミズーリ州は21日、中国政府や中国共産党、関係当局を相手取り、中国による新型コロナウイルスへの誤った対応により、州で多くの命が失われ、深刻な経済的影響が出たとして、責任追及や損害賠償を求める訴訟を同州セントルイスの連邦地裁に起こした。シュミット州司法長官(共和)が発表した。 中国政府の対応をめぐり、米国では個人や企業が相次ぎ同様の訴訟を起こしているが、州による提訴は初めて。   シュミット氏は声明で「中国政府は新型コロナウイルスの危険性や感染の性質について世界にうそをつき、内部告発者を黙らせ、病気の拡散阻止へほとんど何もしなかった。彼らの行動の責任を追及しなければならない」と強調した。 訴状は「州や州民が数十億ドル、もしかすると数百億ドルもの経済的損失を被った」と推定している。   訴状は、中国当局の初動に関し、情報を公開せず、告発者を逮捕し、「証拠」もあったのに人から人への感染を否定したことで「何百万人もがウイルスに暴露することを許した上、個人防護具(PPE)もため込んだ」と批判。その上で、「余計かつ防ぐことができたパンデミック(世界的流行)を引き起こした」と主張している。   さらに、州では多数の人が失業し、州の予算にも影響が出ていると指摘。医療従事者らが家族からの隔離を余儀なくされたとも訴えている。  

  • 移民受け入れ一時中止 新型コロナ対応理由に  

    2020年04月21日

    【ワシントン21日時事】トランプ大統領は20日、移民受け入れを一時中止する大統領令に署名すると表明した。新型コロナウイルス対策で経済活動が停滞する中、外国からの労働者流入を抑制し、米国人の雇用を守るためと説明している。   トランプ氏は、ツイッターに「(新型ウイルスという)見えない敵の攻撃を受けて、偉大な米国人の仕事を守る必要がある」と投稿した。実施時期や期間、受け入れ中止の対象となる移民の範囲などは明確にしていない。   米国では新型ウイルス対策で、多くの企業が活動の停止や規模縮小に追い込まれている。労働省によれば、4月中旬まで1カ月間の失業保険申請件数は2200万件に上った。  

  • 高齢者に無料の訪問検査をスタート 新型コロナでトーランス市消防署  

    2020年04月21日

    【ロサンゼルス21日】トーランス市消防署は21日から、新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状があるか、基礎疾患のある65歳以上の高齢者を対象に、自宅を訪問して無料の検査を実施している。検査は、鼻に綿棒を差し込んで検体を採取する方法で、所要時間は10分ほど。3、4日後に結果が分かる。 オンラインか電話(310-320-5918)での予約が必要。   ロサンゼルス郡では、新型コロナウイルスへの感染検査が受けられる場所が34カ所に増設される中、20日までに8万人以上が検査を受け、そのうち13%が陽性だった。 郡公衆衛生局のサイトによると、トーランス市では23日時点で225人の感染者が報告されている。