全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も
規制進展見通せず

 

【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。

 

◇恐怖克服したい

 

 乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。
 

 ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。
 

 米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。

 

■テキサス州エルパソの銃専門店

◇世論は二分

 

 今回の事件で使われた半自動小銃は、米国の乱射事件でよく使われる。半自動小銃による乱射事件で多数の犠牲者が出るたびに規制議論が再燃するが、共和党や規制強化に反対するロビー団体全米ライフル協会(NRA)の抵抗で実現していない。
 

 7月の公共ラジオ(NPR)などの世論調査によると、半自動小銃の販売禁止には57%が賛同し、反対の41%を上回った。一方、共和党支持層で賛成したのは29%にとどまり、民主党支持層の83%とは対照的だ。エルパソの事件後も民主党を中心に銃規制を求める声が強まっているが、トランプ氏は「政治的な機運はない」と断言する。
 

 一方、規制を求める声を受けてトランプ氏は7日、「精神的に不安定な人や憎悪に駆られた人、病んだ人に銃を渡すべきでない」と述べ、銃購入時の身元確認の厳格化には意欲を見せた。ただ、ワシントン・ポスト紙によると、NRA幹部は6日、身元確認の厳格化はトランプ氏の支持層には不人気だと指摘し、否定的な姿勢を示した。NRAは共和党議員を支援しており、実現は難航必至だ。 (エルパソ=テキサス州=時事)

■写真上:銃乱射事件の犠牲者を追悼する人々=6日、テキサス州エルパソ

■写真下:銃乱射事件を受け、トランプ大統領の訪問に抗議する人々=7日、テキサス州エルパソ

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • FWY101の一部、乱射事件で犠牲の保安官偲び命名  

    2019年11月06日

    【ロサンゼルス6日】サウザンド・オークスの「Borderline Bar & Grill」で昨年11月7日に起きた銃乱射事件で、犠牲になったベンチュラ郡シェリフ局の保安官ロン・ヘラスさん(54)を偲んで6日、フリーウェー101号の一部、HampshireからLynnまでの3.4マイル間が「Sergeant Ronald Lee Helus Memorial Highway」と命名され、緑色の看板が設置された。   同銃乱射事件では、ヘラスさんを含む12人が犠牲になった。ヘラスさんはシェリフ局勤続29年のベテランで、現場に立ち入った際に撃たれた。銃を乱射したイアン・デイビッド・ロング容疑者(28)は元海兵隊員で、精神病を患っていた。 同容疑者は、現場で自殺した。事件現場では7日、追悼催しが開催された。  

  • 7年前盗難のリトグラフ1200点、物置で見つかる  

    2019年11月06日

    【ロサンゼルス6日】サンファナンドバレーでこのほど、他界した親戚宅の物置を掃除していた男性が、アート系雑誌の出版者が保有するウェストLAの倉庫から2012年に盗まれ行方不明になっていた、スコットランド生まれの画家ベンジャミン・クレームのリトグラフ約1200点を発見した。   警察当局によると、見つかったリトグラフはすべて、抽象表現主義の画家ベンジャミン・クレームによる、1960年代から70年代の作品で、サイン入りのものも多い。   ウェストLAの倉庫からは2012年、約2300点のアート作品が盗まれ、そのうちの約1300点が見つかった。   サンファナンドバレーの物置で見つかった作品の総額はおよそ80万ドル。  

  • 米、パリ協定離脱を通告  

    2019年11月05日

    【ワシントン5日時事】トランプ政権は4日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を正式に国連に通告した。来年11月に行われる大統領選の翌日に当たる4日に離脱が完了する。主要締約国の離脱で協定は骨抜きになる恐れがある。   ポンペオ国務長官は声明で「トランプ大統領は協定が米国の労働者、企業、納税者に不公平な経済負担になっているため離脱を決定した」と説明。温暖化対策の議論では、化石燃料や原子力、再生可能エネルギーなどの利用を踏まえ、「現実的で実用的な」対策を提示すると強調した。   国連も4日、離脱の通告を受け取ったと確認した。パリ協定離脱はトランプ氏が掲げた選挙公約の一つ。   米国は2025年までに二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を05年比で26~28%削減する目標を打ち出した。しかし、トランプ氏は温暖化の科学的根拠に一貫して否定的な見解を示し、協定を批判。一方で石炭などのエネルギー産業に対する規制緩和を推進した。   米国はCO2排出量で中国に次ぐ世界2位。米国が離脱すれば協定の実効性が失われそうだ。   パリ協定は15年に約200カ国・地域が合意し、翌年に発効した。発行日から3年がたつ今年11月4日以降に国連に対して離脱の通告が可能になり、その1年後に脱退が正式に完了する。  

  • アップル、25億ドル投資 カリフォルニア州の住宅難対策に  

    2019年11月05日

    【シリコンバレー5日時事】アップルは4日、カリフォルニア州の住宅難対策事業に計25億ドル(約2700億円)を投じると発表した。資金は今後2年かけて、低コストの住宅建設のための基金や住宅購入者への金融支援に回す。アップルに償還された資金は、さらに5年かけて将来のプロジェクトに再投資するという。   カリフォルニア州では住宅難が社会問題化している。特に住宅価格や家賃の高騰が深刻なサンフランシスコ湾岸地域では、給与水準の高い人材がシリコンバレーの大手IT企業に集まり、相場を押し上げているとの批判が出ている。   フェイスブックも10月、同州の住宅難対策に10億ドルを投じると発表。住宅2万戸の供給につながると説明している。  

  • 違法マリファナ栽培350件 15億ドルに値 加州司法局  

    2019年11月04日

    【ロサンゼルス4日】カリフォルニア州司法局は4日、州内で今年に入り、違法なマリファナ栽培による警察当局の手入れ件数が約350件にのぼり、その結果95万株以上が押収されたと発表した。金額にすると15億ドル以上に値する。 カリフォルニア州では2018年、嗜好用マリファナが合法化された。   司法局によると、違法マリファナ栽培の取り締まりの結果、州全域で150人近くが逮捕され、168個の銃器類が押収された。 同局は、マリファナの違法栽培が州の野生生物の生態や水質に害を及ぼすとして警鐘を鳴らしている。