全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も
規制進展見通せず

 

【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。

 

◇恐怖克服したい

 

 乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。
 

 ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。
 

 米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。

 

■テキサス州エルパソの銃専門店

◇世論は二分

 

 今回の事件で使われた半自動小銃は、米国の乱射事件でよく使われる。半自動小銃による乱射事件で多数の犠牲者が出るたびに規制議論が再燃するが、共和党や規制強化に反対するロビー団体全米ライフル協会(NRA)の抵抗で実現していない。
 

 7月の公共ラジオ(NPR)などの世論調査によると、半自動小銃の販売禁止には57%が賛同し、反対の41%を上回った。一方、共和党支持層で賛成したのは29%にとどまり、民主党支持層の83%とは対照的だ。エルパソの事件後も民主党を中心に銃規制を求める声が強まっているが、トランプ氏は「政治的な機運はない」と断言する。
 

 一方、規制を求める声を受けてトランプ氏は7日、「精神的に不安定な人や憎悪に駆られた人、病んだ人に銃を渡すべきでない」と述べ、銃購入時の身元確認の厳格化には意欲を見せた。ただ、ワシントン・ポスト紙によると、NRA幹部は6日、身元確認の厳格化はトランプ氏の支持層には不人気だと指摘し、否定的な姿勢を示した。NRAは共和党議員を支援しており、実現は難航必至だ。 (エルパソ=テキサス州=時事)

■写真上:銃乱射事件の犠牲者を追悼する人々=6日、テキサス州エルパソ

■写真下:銃乱射事件を受け、トランプ大統領の訪問に抗議する人々=7日、テキサス州エルパソ

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • トレイルやゴルフコースを再開 LAが規制緩和  

    2020年05月06日

    【ロサンゼルス6日】ロサンゼルス郡と市は6日、新型コロナの感染拡大で2カ月近く閉鎖されていたトレイルとゴルフコース、公園を今週末から再開すると発表した。マスクなどで口と鼻を覆うことと、ソーシャルディスタンスを保つことが前提で、公園では、ウォーキングやジョギングなどのアクティビティーが許可される。   その他、花屋、玩具店、書店、衣料品店、スポーツ品店、楽器屋も、商品の店先受け取りでのみ営業再開が許可される。自動車販売店のショールームも営業できる。   ロサンゼルス郡と市の発表は、低リスクの職場を再開させる「ステージ2」へ8日から移行するとの州知事発表を受けたもの。ロサンゼルスではまた、11日から、市営バスとメトロのバス・電車の乗客、またロサンゼルス国際空港の利用者にマスクの着用が義務付けられる。  

  • ホームレスの感染抑止に苦慮
カリフォルニア州

 

    ホームレスの感染抑止に苦慮 カリフォルニア州  

    2020年05月05日

    【ロサンゼルス5日時事】米国で、路上やシェルターで密集して生活するホームレスの新型コロナウイルス感染抑止が課題となっている。全米最多の約15万人のホームレス人口を抱える西部カリフォルニア州では隔離のためホテルやトレーラーハウスへの収容を進めているが、難色を示す地元自治体もあり、対応に苦慮している。   米疾病対策センター(CDC)が3月下旬から4月中旬にかけて全米4都市のシェルター19施設を調査したところ、入所者の25%、職員の11%に感染が判明した。CDCは「シェルターは混み合っており、他人と距離を確保するのが困難」と指摘。入所者は基礎疾患を抱える高齢者が多く、就寝時に頭部を2メートル以上離すことや、定期検査の実施などを促している。   カリフォルニア州は空室を抱えるホテルと交渉し、4月中旬までに1万5000室以上を確保した。しかし、一部では周辺住民が反発し、自治体が差し止めを求める動きも出た。ニューサム州知事は「道義をわきまえてほしい」と非協力的な自治体に理解を求めた。   サンフランシスコでは、市内最大のシェルターで100人規模の感染が発生。市議会は、多くのホームレスを隔離するため7000室を確保するようブリード市長に命じた。市は2700室以上を用意し、1000人以上を収容したが、目標には届いていない。   市長は、収容に必要な職員の不足や安全の確保に手間がかかることを挙げ、「現実的になるべきだ」と釈明した。サンフランシスコは全米でいち早く外出禁止令に踏み切った自治体だが、ホームレス団体は「家がないのにどこに退避しろと言うのか」と訴え、抗議行動を活発化させている。 写真:サンフランシスコ最大のシェルター  

  • 米借金、3カ月で3兆ドル 新型コロナ対策で過去最大  

    2020年05月05日

    【ワシントン5日時事】米財務省は4日、2020年4~6月期の国債発行による借入予定額が2兆9990億ドル(約320兆円)と、四半期ベースで過去最大になると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた大型経済対策の財政を賄うため、前例のない規模に膨らむ。   財務省によると、これまでの最大借入額は、08年7~9月期の5270億ドル。今年2月時点では4~6月期に560億ドルの返済を見込んでいたが景気対策費、個人や企業の納税申告延長による税収減を考慮し、3カ月間に必要な額は「通常の年間借入額を上回る」(高官)見通しだ。   7~9月期の借入額は6770億ドルと予想。このため20会計年度(19年10月~20年9月)は4兆4830億ドルと、前年度から3.5倍に急増するとみている。   トランプ政権は、新型コロナを受けた経済対策として、総額3兆ドル近い財政出動に踏み切った。財政の大幅な悪化は避けられず、議会予算局は20年度の財政赤字が当初の1兆ドル程度から3兆7000億ドル程度に拡大すると予測している。  

  • ゴールドジム、破産申請  

    2020年05月05日

    【ニューヨーク5日時事】スポーツジム運営大手ゴールドジムは4日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大でジムの閉鎖が相次ぎ、経営が悪化していた。   同社は「新型コロナの流行は直営ジムの運営に影響を及ぼした」とする一方、破産申請によって、フランチャイズ運営のジムが影響を受けることはないと説明した。同社は日本を含む世界約700カ所でジムを展開。米メディアによれば、大半がフランチャイズ契約による運営だという。   同社は1965年創業。新型コロナの拡大に伴い、4月に米国内の直営ジム約30カ所の営業を終えると発表していた。  

  • オレンジ郡のビーチ再開 日光浴などは禁止  

    2020年05月05日

    【ロサンゼルス5日】カリフォルニア州国家資源庁とギャビン・ニューサム州知事は5日、オレンジ郡のハンティントン・ビーチ、シール・ビーチ、ダナ・ポイントの3市に対し、ビーチの再開を許可することを決めた。 同郡のビーチをめぐっては、週末に多くの人出があったことで新型コロナの感染拡大を懸念した州知事が4月30日に、一時的にビーチを閉鎖する方針を示し、市当局による法的措置や住民のデモが起きていた。   ビーチは、知事の自宅待機令に沿った厳しい規定の下の再開で、椅子やビーチタオルを置くなどした日光浴やピクニックは禁止。サーフィン、水泳、パドルボード、ランニング、バイキング、ウォーキングなどのアクティビティーに限り許可される。   これを受け、ラグナ・ビーチ、ニューポート・ビーチ、サンクレメンテの各市のビーチも再開を決定した。