全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も
規制進展見通せず

 

【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。

 

◇恐怖克服したい

 

 乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。
 

 ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。
 

 米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。

 

■テキサス州エルパソの銃専門店

◇世論は二分

 

 今回の事件で使われた半自動小銃は、米国の乱射事件でよく使われる。半自動小銃による乱射事件で多数の犠牲者が出るたびに規制議論が再燃するが、共和党や規制強化に反対するロビー団体全米ライフル協会(NRA)の抵抗で実現していない。
 

 7月の公共ラジオ(NPR)などの世論調査によると、半自動小銃の販売禁止には57%が賛同し、反対の41%を上回った。一方、共和党支持層で賛成したのは29%にとどまり、民主党支持層の83%とは対照的だ。エルパソの事件後も民主党を中心に銃規制を求める声が強まっているが、トランプ氏は「政治的な機運はない」と断言する。
 

 一方、規制を求める声を受けてトランプ氏は7日、「精神的に不安定な人や憎悪に駆られた人、病んだ人に銃を渡すべきでない」と述べ、銃購入時の身元確認の厳格化には意欲を見せた。ただ、ワシントン・ポスト紙によると、NRA幹部は6日、身元確認の厳格化はトランプ氏の支持層には不人気だと指摘し、否定的な姿勢を示した。NRAは共和党議員を支援しており、実現は難航必至だ。 (エルパソ=テキサス州=時事)

■写真上:銃乱射事件の犠牲者を追悼する人々=6日、テキサス州エルパソ

■写真下:銃乱射事件を受け、トランプ大統領の訪問に抗議する人々=7日、テキサス州エルパソ

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 39年ぶり主要4部門制覇
18歳のビリー・アイリッシュさん
グラミー賞

 

    39年ぶり主要4部門制覇 18歳のビリー・アイリッシュさん グラミー賞  

    2020年01月27日

    【ロサンゼルス27日時事】米音楽界最高の栄誉とされる第62回グラミー賞が26日発表され、女性シンガー・ソングライターのビリー・アイリッシュさん(18)が最優秀アルバム賞や同新人賞など主要4部門を制した。4部門制覇は1981年のクリストファー・クロスさん以来39年ぶり2度目。   アイリッシュさんはヒット曲「バッド・ガイ」で主要賞の最優秀レコード賞と同楽曲賞を制し、最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞を含め計5冠に輝いた。   ニューヨークを拠点とするジャズ作曲家、挾間美帆さん(33)の作品が最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム賞候補となったが、受賞は逃した。一方、バイオリニストの徳永慶子さんが参加したカルテットのアルバムが室内楽の最優秀賞を受けた。   授賞式では、アーティストらが26日に事故死したプロバスケットボール協会(NBA)の元スーパースター、コービー・ブライアント氏を追悼した。   

  • コービー・ブライアント氏事故死
元NBAスーパースター

 

    コービー・ブライアント氏事故死 元NBAスーパースター  

    2020年01月27日

    【ロサンゼルス27日時事】ロサンゼルス近郊で26日午前10時ごろ、ヘリコプターが墜落し、プロバスケットボール協会(NBA)レーカーズの元スーパースター選手、コービー・ブライアント氏(41)が同乗していた8人と共に死亡した。地元当局が明らかにした。 ブライアント氏の13歳の娘や、娘のバスケットボールのチームメートらが搭乗していた。   事故現場はロサンゼルス北西のカラバサス市で、機体は炎上した。当時は濃い霧がかかっていた。事故機はシコルスキー製の「S―76」だという。運輸安全委員会(NTSB)が事故原因の調査に乗り出した。   ブライアント氏は1996年にデビュー。ロサンゼルス・レーカーズの主力選手として活躍した。2016年に引退するまでレーカーズ一筋で、チームを5回のリーグ制覇に導いた。オールスターにも18回出場。五輪でも米国代表として二つの金メダルを獲得した。 名前の「KOBE」は父親が好きだった神戸牛にちなんで名付けられたことで知られる。  

  • 「出産ツアー」にビザ発給せず 出生地主義の悪用阻止

 

    「出産ツアー」にビザ発給せず 出生地主義の悪用阻止  

    2020年01月25日

    【ワシントン24日時事】ホワイトハウスは23日、出産目的で渡米を希望する外国人に対し、短期ビザを発給しない方針を明らかにした。 米国内で生まれた子供へ自動的に米国籍を付与する「出生地主義」を利用した「出産ツアー」を阻止するのが狙いで、新方針は商用や観光、治療などを目的とする「B1、B2」ビザの申請者が対象。 国務省当局者によると、日本などに認められた電子渡航認証システム(ESTA)を用いたビザなし入国には適用されない。   ホワイトハウスは声明で「外国政府が出産ツアーによる米国籍取得者を利用して、米国の安全保障を脅かす恐れがある」などと主張。「公共の安全と国家安保を強化し、米国の移民制度の健全性を保つ」ため、新方針が必要だと説明した。   国務省当局者は記者団に、申請者に妊娠検査を求めることはないと説明。新方針で重視するのが「(申請者が)妊娠しているかではなく、渡航の主目的は何かということだ」と語った。   トランプ大統領は、かねて出生地主義の廃止を唱えている。だが、米憲法は「米国およびその管轄地で生まれたか帰化した者は、すべて米市民権を有する」と規定しており、大統領権限による方針転換は困難とみられている。  

  • 米兵の負傷者34人に イランのミサイル攻撃  

    2020年01月25日

    【ワシントン25日時事】米国防総省は24日、イランが今月8日にイラクの駐留米軍基地に対して行った弾道ミサイル攻撃で、米兵34人が脳振とうや外傷性脳損傷の診断を受けていたと発表した。 トランプ大統領は当初、「米国人に死傷者はいなかった」と表明。その後、中央軍は11人が負傷したと発表するなど、説明が二転三転している。   ホフマン国防総省報道官によると、負傷者34人のうち、ドイツで治療を受けていた8人は米国に移送された。9人は依然としてドイツで治療中で、残る17人は既に任務に復帰した。  

  • 旧正月祝いの花火で10人超負傷 サンタアナ  

    2020年01月25日

    ロサンゼルス25日】サンタアナ市で24日夜、ウェストミンスター通りとユークリッド通りの角近くで開催されていた旧正月の祝いで、花火が間違って人混みに向けて発射され、十数人が負傷し、その中の8人が病院に搬送された。2人は重症。   現場に駆け付けた消防隊員によると、旧正月祝いに大勢が集まっていたため、負傷者の救助に時間がかかった。使われた花火はプロによる発射が必要な本格的なもので、主催側の注意が不足していた可能性が高い。