全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も
規制進展見通せず

 

【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。

 

◇恐怖克服したい

 

 乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。
 

 ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。
 

 米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。

 

■テキサス州エルパソの銃専門店

◇世論は二分

 

 今回の事件で使われた半自動小銃は、米国の乱射事件でよく使われる。半自動小銃による乱射事件で多数の犠牲者が出るたびに規制議論が再燃するが、共和党や規制強化に反対するロビー団体全米ライフル協会(NRA)の抵抗で実現していない。
 

 7月の公共ラジオ(NPR)などの世論調査によると、半自動小銃の販売禁止には57%が賛同し、反対の41%を上回った。一方、共和党支持層で賛成したのは29%にとどまり、民主党支持層の83%とは対照的だ。エルパソの事件後も民主党を中心に銃規制を求める声が強まっているが、トランプ氏は「政治的な機運はない」と断言する。
 

 一方、規制を求める声を受けてトランプ氏は7日、「精神的に不安定な人や憎悪に駆られた人、病んだ人に銃を渡すべきでない」と述べ、銃購入時の身元確認の厳格化には意欲を見せた。ただ、ワシントン・ポスト紙によると、NRA幹部は6日、身元確認の厳格化はトランプ氏の支持層には不人気だと指摘し、否定的な姿勢を示した。NRAは共和党議員を支援しており、実現は難航必至だ。 (エルパソ=テキサス州=時事)

■写真上:銃乱射事件の犠牲者を追悼する人々=6日、テキサス州エルパソ

■写真下:銃乱射事件を受け、トランプ大統領の訪問に抗議する人々=7日、テキサス州エルパソ

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 車の星条旗燃やされる トランプ支持で狙われたか オ郡の高校駐車場  

    2020年02月06日

    【ロサンゼルス6日】レイク・フォレストのエル・トロ高校の駐車場で6日正午前、トランプ大統領を支持するステッカーを貼った生徒のピックアップ・トラックに掲げられていた星条旗2枚が燃やされる事件が発生。 防犯カメラの映像から、ミッション・ビエホ在住のベンジャミン・バウチ容疑者(29)が割り出され、放火の重罪容疑で逮捕された。   防犯カメラの映像では、ピックアップ・トラックの窓に「TRUMP Keep America Great」と書かれたステッカーが貼られており、警察当局は、犯行の動機となった可能性が強いとして捜査している。  

  • ドジャースの前田、ツインズへ 先発ローテ入りの期待

 

    ドジャースの前田、ツインズへ 先発ローテ入りの期待  

    2020年02月05日

    【ロサンゼルス5日時事】大リーグの公式サイトは4日、ドジャースの前田健太投手が3球団によるトレードでツインズへ移籍すると伝えた。前田は2015年オフに広島からドジャースへ移籍し、4年間で47勝35敗6セーブ、防御率3.87。新天地で迎える5年目は先発ローテーションの一角を任される可能性が高い。  ツインズは昨季、大リーグ記録を更新するシーズン307本塁打をマークし、9年ぶりにア・リーグ中地区を制覇。オフには強打者のドナルドソンを獲得した。  一方、課題のあった投手陣は昨年12月に昨季13勝のベイリーと契約し、今回はドジャースから実績のある前田を補強した。エースのベリオス、オドリッジらローテーションの軸はしっかりしており、29年ぶりのワールドシリーズ制覇を見据えた戦力を整えた格好だ。  複数の米メディアによると、ドジャースはレッドソックスから2018年最優秀選手のムーキー・ベッツ外野手とデービッド・プライス投手を獲得する。  

  • チーフス、劣勢で強さ 逆転で50季ぶり頂点 スーパーボウル

 

    チーフス、劣勢で強さ 逆転で50季ぶり頂点 スーパーボウル  

    2020年02月03日

    【マイアミ3日時事】ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王座決定戦、第54回スーパーボウルは2日にフロリダ州マイアミのハードロック・スタジアムで行われ、アメリカン・カンファレンス(AFC)のチーフスが、ナショナル・カンファレンス(NFC)の49ersを破り、50季ぶり2度目の頂点に立った。31―20での逆転勝ち。今季王者を決める舞台でも、劣勢で強さを見せつけた。   パス攻撃を得意とするチーフスと、ランが強く、堅い守りに自信を持つ49ers。対照的な両チームの戦いぶりが注目されたが、序盤から49ersの守備陣に圧力をかけられ、チーフスには苦しい時間帯が続いた。   流れが変わったのは第4クオーター。QBマホームズが相手の守りに生じたわずかなほころびを突き、強気のパスを次々に通して10点差をひっくり返す原動力となった。「監督から戦い続けろと言われ、それを信じた」。プレーオフ2試合を、いずれも逆転で勝ち上がってきたチーム。この日も終盤に爆発力を示した。   チーフスを率いて7季目のリード監督は、NFLで指揮を執って21季目のシーズン。レギュラーシーズン歴代6位の勝利数を誇る名将も、スーパーボウルでは過去に勝利がなかった。 念願のトロフィーを手にし、「なんてすごいチームだろう」。マホームズは「監督に勝利を届けたかった。それができて本当にうれしい」と胸を張った。  

  • デルタ航空、中国線休止を前倒し  

    2020年02月02日

    【ニューヨーク2日時事】デルタ航空は1日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に伴う米中間の全便休止措置を前倒しすると発表した。米国から中国に向かう便は1日の出発、中国から米国に戻る便は2日の出発を最後に4月末まで運航を見合わせる。   デルタは2月6日から運航を休止する計画を公表していたが、米政府が公衆衛生に関する緊急事態を宣言し、中国を訪問した外国人の米入国を暫定的に禁止するなどの措置を2日から実施すると発表したことを受け、前倒しした。   米国の他の3大航空会社であるアメリカン航空、ユナイテッド航空も当面の中国線運休計画を発表している。  

  • 新型肺炎で緊急事態宣言 中国訪問者の入国禁止

 

    新型肺炎で緊急事態宣言 中国訪問者の入国禁止  

    2020年02月01日

    【ワシントン1日時事】アザー米厚生長官は31日、中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が深刻化している事態を受け、公衆衛生に関する緊急事態を宣言した。米国での感染拡大を防ぐため、中国を訪問した外国人の米入国を暫定的に禁止するなどの措置を講じる。   記者会見したアザー氏によると、新たな措置は2月2日から実施。過去14日以内に中国を訪れた外国人は、米国内に近親者がいる場合を除いて入国が禁じられる。   また、過去14日以内に湖北省を訪れた米国人は、帰国後14日間は隔離状態に置かれる。湖北省以外の中国を訪問した米国人も、14日間は自宅などで待機するよう命じられる。   ロイター通信によると、米国ではこれまでに、7人の感染が確認された。ただ、アザー氏は会見で「米国人の感染リスクは依然として低い」と述べ、冷静な対応を呼び掛けた。   これとは別に米疾病対策センター(CDC)は31日、政府チャーター機で武漢市から帰国した米国人195人について、武漢を出発した29日を起点とする14日間の隔離命令を出した。「ウイルス封じ込めに向けた予防的措置」とされるが、AFP通信によると、同種の隔離命令は1960年代に天然痘対策で出されて以来。   195人は帰国後、カリフォルニア州にある米軍基地の施設に滞在し、現時点で肺炎の症状が出ている人はいない。米メディアによれば、帰国者のうち1人が29日夜、無断で施設外に出ようとして取り押さえられる騒ぎがあった。   写真:ワシントンで記者会見するアザー厚生長官