全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も
規制進展見通せず

 

【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。

 

◇恐怖克服したい

 

 乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。
 

 ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。
 

 米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。

 

■テキサス州エルパソの銃専門店

◇世論は二分

 

 今回の事件で使われた半自動小銃は、米国の乱射事件でよく使われる。半自動小銃による乱射事件で多数の犠牲者が出るたびに規制議論が再燃するが、共和党や規制強化に反対するロビー団体全米ライフル協会(NRA)の抵抗で実現していない。
 

 7月の公共ラジオ(NPR)などの世論調査によると、半自動小銃の販売禁止には57%が賛同し、反対の41%を上回った。一方、共和党支持層で賛成したのは29%にとどまり、民主党支持層の83%とは対照的だ。エルパソの事件後も民主党を中心に銃規制を求める声が強まっているが、トランプ氏は「政治的な機運はない」と断言する。
 

 一方、規制を求める声を受けてトランプ氏は7日、「精神的に不安定な人や憎悪に駆られた人、病んだ人に銃を渡すべきでない」と述べ、銃購入時の身元確認の厳格化には意欲を見せた。ただ、ワシントン・ポスト紙によると、NRA幹部は6日、身元確認の厳格化はトランプ氏の支持層には不人気だと指摘し、否定的な姿勢を示した。NRAは共和党議員を支援しており、実現は難航必至だ。 (エルパソ=テキサス州=時事)

■写真上:銃乱射事件の犠牲者を追悼する人々=6日、テキサス州エルパソ

■写真下:銃乱射事件を受け、トランプ大統領の訪問に抗議する人々=7日、テキサス州エルパソ

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 1億ドルの改修終え開幕へ ドジャース球場、3月26日  

    2020年02月13日

    【ロサンゼルス13日】野球ファンが待ち望むドジャース球場での開幕戦が3月26日に迫る中、球場側は13日、1億ドルをかけた球場の改修工事が初日までに完了する見通しだと発表した。   改修工事の目玉は、2エーカーのセンターフィールド・プラザ新設で、ここにはレストラン、ビアガーデン、スポーツバー、子供用の遊び場などが設置される。 また、アウトフィールド・パビリオンとその他の球場エリアをつなぐエレベーターや橋も設置される。 3月26日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に向け、最終調整が進められている。  

  • サイバー攻撃の中国軍情報員ら起訴 1億4500万人の情報流出  

    2020年02月11日

    【ワシントン11日時事】米信用情報大手エクイファクスがサイバー攻撃を受け、大量の個人情報が盗み出された2017年の事件で、米司法省は10日、中国人民解放軍の情報員4人が起訴されたと発表した。被害は「米国の人口の半分近く」に上り、米国で最大規模の情報漏えい事件の一つとされる。   4人は1月28日、コンピューターを使った詐欺罪など9件の罪でジョージア州アトランタの連邦地裁に起訴された。身柄は拘束されていない。   起訴状などによると、被告らは17年5月~7月ごろ、エクイファクスの顧客情報管理システムに侵入。約1億4500万人分の氏名、生年月日、社会保障番号のほか、約29万人分のクレジットカード情報などを盗んだ。   システム侵入に際し、被告らは居場所を特定されないよう、約20カ国の34カ所にあるサーバーを利用。数週間かけてソフトウエアのアップロードなどの準備に当たったという。   バー司法長官は声明で「経済分野のスパイ事件による訴追の約80%は中国政府が関与し、近年の企業スパイ事件の約60%も何らかの形で中国に関係している」と批判。今回の立件で「われわれにはインターネットの匿名性という覆いをはぎ取り、ハッカーを見つけ出す能力があると、中国政府に分からせる」と警告した。  

  • ベーカーズフィールドとリバーサイド、育児に不向きな都市ランク入り  

    2020年02月11日

    【ロサンゼルス11日】ブランダイス大学が11日に発表した調査結果によると、米国内で子供を育てるのに最も不適切な場所のランク付けで、全米100都市中、最下位の10都市にベーカーズフィールドとリバーサイド、フレスノとストックトンの加州4都市がランク付けされた。   調査では、幼少期の子供への教育機会、高校の卒業率、健康保険のカバー率、貧困レベルなど、29種類の育児環境を比較した。調査結果は今後、子供を育てる上での都市別ギャップを埋め、健全な育児環境を提供するための政策作りに生かされる。   調査結果ではまた、アフリカ系の子供が悪環境に育つ割合は白人に比べ7.6倍も高いことが判明。この割合はヒスパニック系では5・3倍だった。 一方、子供が育つのに良い環境とされた上位10都市には、加州ではサンノゼとサンフランシスコが入った。  

  • サンディエゴでも2人感染 新型コロナウイルス  

    2020年02月10日

    【サンディエゴ10日】保健当局は10日と12日、サンディエゴで新型コロナウイルスの感染者がそれぞれ1人ずつ見つかったと発表した。2人の感染者はともに、中国・武漢市から先週、政府のチャーター機でサンディエゴのミラマー海兵隊航空基地(MCAS Miramar)に避難していた。   アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、避難者全員は、感染の有無を判断するために14日間、隔離された施設で過ごすことが義務付けられている。 10日に見つかった感染者は男性で、容態は安定しているという。13日までに、全米の新型コロナウイルス感染者は14人になった。うち7人がカリフォルニア州在住者。  

  • ピットブルに噛まれ5歳男児が死亡  

    2020年02月10日

    【ロサンゼルス10日】サンバ ナディーノ郡オロ・グランデで10日午後3時前、5歳の男児が家族の飼い犬のピットブルに噛まれ死亡する事故が起きた。   事故発生時、男児の両親は働きに出ており、男児のいとこともう一人の成人の親戚が自宅でベビーシッターをしていた。数秒間目を離したすきにピットブルが男児の首に噛み付き、いとこが助けようとしたが離さず、致命傷を負った。   家族によると、男児を襲ったピットブルは12歳で、子犬の頃から飼われており、これまで子供に危害を加えたことはなかったという。警察が事故の原因などを調べている。