全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も
規制進展見通せず

 

【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。

 

◇恐怖克服したい

 

 乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。
 

 ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。
 

 米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。

 

■テキサス州エルパソの銃専門店

◇世論は二分

 

 今回の事件で使われた半自動小銃は、米国の乱射事件でよく使われる。半自動小銃による乱射事件で多数の犠牲者が出るたびに規制議論が再燃するが、共和党や規制強化に反対するロビー団体全米ライフル協会(NRA)の抵抗で実現していない。
 

 7月の公共ラジオ(NPR)などの世論調査によると、半自動小銃の販売禁止には57%が賛同し、反対の41%を上回った。一方、共和党支持層で賛成したのは29%にとどまり、民主党支持層の83%とは対照的だ。エルパソの事件後も民主党を中心に銃規制を求める声が強まっているが、トランプ氏は「政治的な機運はない」と断言する。
 

 一方、規制を求める声を受けてトランプ氏は7日、「精神的に不安定な人や憎悪に駆られた人、病んだ人に銃を渡すべきでない」と述べ、銃購入時の身元確認の厳格化には意欲を見せた。ただ、ワシントン・ポスト紙によると、NRA幹部は6日、身元確認の厳格化はトランプ氏の支持層には不人気だと指摘し、否定的な姿勢を示した。NRAは共和党議員を支援しており、実現は難航必至だ。 (エルパソ=テキサス州=時事)

■写真上:銃乱射事件の犠牲者を追悼する人々=6日、テキサス州エルパソ

■写真下:銃乱射事件を受け、トランプ大統領の訪問に抗議する人々=7日、テキサス州エルパソ

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • キャメロン・ボイスさん死去 20歳の人気ディズニー俳優

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月10日】ディズニー・チャンネルの人気シリーズ「ディセンダント」などに出演していた人気俳優キャメロン・ボイスさん(20)が6日に、睡眠中に死亡したことについて、ボイスさんの父親は、ボイスさんがてんかんの発作に悩まされており、治療を受けていたことを公表した。   人気シリーズの最新版「ディセンダント3」が収録済みで、来月放映される予定。 プライベートでは慈善活動に活発に参加し、貧困国への飲料水提供やホームレスの救済活動などを行っていた。  

  • サウスLA、車から発砲2件  子供3人含む6人負傷

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月11日】サウス・ロサンゼルスで10日夜、別の場所で2件のドライブ・バイ・シューティングがあり、12歳の男児2人と16歳の少女1人を含む6人が負傷した。   夜11時半頃に起きた事件では、ウエスト74th・ストリートで屋外に集まっていた男性3人にSUV車が近付き、車内から発砲して逃走。 その30分前には、 97th・ストリートとフィゲロアの角の家に車両が近付き、家の外に立っていた12歳の男児2人と16歳の少女1人に発砲して逃げた。負傷した6人は命に別状はない。   警察は、この2件の関連性も含め、犯人を探している。  

  • 地震の経済ロスは10億ドル  米地質調査所が予測

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月8日】アメリカ地質調査所は8日、ロサンゼルスから約182キロ北東のリッジクレスト近郊で4日と5日に発生したマグニチュード(M)6.4と7.1の地震のダメージが与えた経済的ロスが、およそ10億ドルにのぼるとの予測を発表。国内外からの支援が必要となる非常警告「red alert」を発令した。   この地震の後、ケーン郡リッジクレストの住民の多くは予震を恐れて野外にテントを張り寝泊まり。 サンバナディーノ郡トロナ市では、ハイウェー178号に亀裂が走る被害が出た。 ギャビン・ニューサム加州知事は非常事態宣言を発令した。  

  • Hello Kitty Cafe オープン  ラスベガス・ストリップ

    2019年07月17日

    【ラスベガス 7月8日】サンリオは8日、ラスベガス・ストリップのニューヨーク・ニューヨークとパークMGMの間に「Hello Kitty Cafe Las Vegas」をオープンさせると発表。 グランド・オープニングが12日午前11時で、ハロー・キティが特別来店する。先着50人にギフトも配られる。   同店舗はネバダ州では初のお目見え。最近では、カリフォルニア州のアーバイン市とサンノゼ市にオープンし、「Hello Kitty Cafe トラック」は全米各地を巡回している。   ラスベガス店の営業時間は、日曜から木曜の午前11時から午後11時まで、金曜と土曜は午前11時から深夜まで。  

  • 25歳以下の不法移民もメディケイドの対象 加州が全米初

    2019年07月17日

    【ロサンゼルス 7月9日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は9日、低所得者向け公的医療保険制度「メディケイド」で、適用資格に値する25歳以下の大人を、滞在ステータスが不法移民であってもカバーすると定めた新法案に署名した。   税金を資金源にする保険制度のカバー範囲を不法移民にも広める全米初の州となり、トランプ大統領はこれを批判した。   州当局は、これに伴い新たに約9万人がメディケイドでカバーされ、98000万ドルの税金がかかると予測。 同州では移民ステータスに関わらず、18歳以下の子供らにはすでにメディケイドを適用している。