全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も
規制進展見通せず

 

【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。

 

◇恐怖克服したい

 

 乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。
 

 ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。
 

 米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。

 

■テキサス州エルパソの銃専門店

◇世論は二分

 

 今回の事件で使われた半自動小銃は、米国の乱射事件でよく使われる。半自動小銃による乱射事件で多数の犠牲者が出るたびに規制議論が再燃するが、共和党や規制強化に反対するロビー団体全米ライフル協会(NRA)の抵抗で実現していない。
 

 7月の公共ラジオ(NPR)などの世論調査によると、半自動小銃の販売禁止には57%が賛同し、反対の41%を上回った。一方、共和党支持層で賛成したのは29%にとどまり、民主党支持層の83%とは対照的だ。エルパソの事件後も民主党を中心に銃規制を求める声が強まっているが、トランプ氏は「政治的な機運はない」と断言する。
 

 一方、規制を求める声を受けてトランプ氏は7日、「精神的に不安定な人や憎悪に駆られた人、病んだ人に銃を渡すべきでない」と述べ、銃購入時の身元確認の厳格化には意欲を見せた。ただ、ワシントン・ポスト紙によると、NRA幹部は6日、身元確認の厳格化はトランプ氏の支持層には不人気だと指摘し、否定的な姿勢を示した。NRAは共和党議員を支援しており、実現は難航必至だ。 (エルパソ=テキサス州=時事)

■写真上:銃乱射事件の犠牲者を追悼する人々=6日、テキサス州エルパソ

■写真下:銃乱射事件を受け、トランプ大統領の訪問に抗議する人々=7日、テキサス州エルパソ

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 史上初、女性だけで宇宙遊泳

 

    史上初、女性だけで宇宙遊泳  

    2019年10月18日

    宇宙飛行士のクリスティーナ・コークさん(左)とジェシカ・メイアさん  

  • 空母「加賀」、太平洋の海底で発見 ミッドウェー海戦で沈没  

    2019年10月18日

    【ニューヨーク19日時事】太平洋戦争で沈没した軍艦などの探査活動に当たっている米調査チームは17日、日米海軍が戦った1942年のミッドウェー海戦で沈没した旧日本海軍の空母「加賀」を、中部太平洋の水深5400メートルの海底で発見したと発表した。   発見したのは、IT大手マイクロソフトの共同創業者ポール・アレン氏(昨年10月死去)が設立した調査チーム。数週間にわたって広範な海域を捜索した末に見つけたという。過去には戦艦「武蔵」などを発見したと発表している。   「加賀」は旧日本海軍の代表的な空母で、41年12月の真珠湾攻撃に参加した後、42年6月のミッドウェー海戦で沈没した。この海戦で日本側は空母4隻を失う大敗を喫し、太平洋戦争の転換点になったともいわれる。

  • サンタモニカ・ピアの駐車場で発砲事件 男性1人が負傷

 

    サンタモニカ・ピアの駐車場で発砲事件 男性1人が負傷  

    2019年10月17日

    【ロサンゼルス17日】サンタモニカ・ピアの駐車場で16日夜10時前、何者かが銃を発砲し、男性1人が足に銃弾を受け病院へ搬送された。   事件が起きた現場は、レストラン「Bubba Gump Shrimp Co.」横の駐車場で、発砲の直後に消防車とパトロール車両が駆け付け、ピアへの入り口は閉鎖された。容疑者は逃走し、警察が行方を追っており、目撃情報の提供を呼び掛けている。  

  • 違法ギャンブルで40人拘束 ロングビーチ  

    2019年10月16日

    【ロサンゼルス16日】ロングビーチで16日午前3時半頃、違法なギャンブルが行われていた建物に警察の特殊部隊(SWAT)の手入れが入り、少なくとも40人が身柄を拘束された。   違法ギャンブルの手入れは、ロングビーチで今月に入り2件目。警察当局はロングビーチの違法ギャンブル組織の摘発を強化しており、今月8日には、違法なギャンブル、麻薬売買、売春が行われていたとされる店で男女27人が拘束されている。  

  • イングリウッド市の不動産価格、5年間で63%急上昇  

    2019年10月14日

    【ロサンゼルス14日】不動産データを提供する「Property Shark」は14日、ここ5年間でイングリウッド市の不動産価格が急激に上昇しているとの分析を発表した。その勢いは、ロサンゼルスの都市部の中でダントツで、NFLチーム「ロサンゼルス・ラムズ」が本拠地として使うスタジアムの建設などが大きく影響しているとみられる。   不動産価格は急上昇しているものの、イングリウッド市はまだロサンゼルスの中では一戸建て住宅が買いやすいエリアで、家の平均価格は50万ドルを下回る。   住宅中間価格は、2014年の$298,000から2018年には$485,000へと63%上昇した。この変動は長年の住民らにとってはレントが高騰し痛手となっている一方で、新たなビジネス参入がコミュ二ティーに潤いを与えている。