全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も
規制進展見通せず

 

【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。

 

◇恐怖克服したい

 

 乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。
 

 ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。
 

 米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。

 

■テキサス州エルパソの銃専門店

◇世論は二分

 

 今回の事件で使われた半自動小銃は、米国の乱射事件でよく使われる。半自動小銃による乱射事件で多数の犠牲者が出るたびに規制議論が再燃するが、共和党や規制強化に反対するロビー団体全米ライフル協会(NRA)の抵抗で実現していない。
 

 7月の公共ラジオ(NPR)などの世論調査によると、半自動小銃の販売禁止には57%が賛同し、反対の41%を上回った。一方、共和党支持層で賛成したのは29%にとどまり、民主党支持層の83%とは対照的だ。エルパソの事件後も民主党を中心に銃規制を求める声が強まっているが、トランプ氏は「政治的な機運はない」と断言する。
 

 一方、規制を求める声を受けてトランプ氏は7日、「精神的に不安定な人や憎悪に駆られた人、病んだ人に銃を渡すべきでない」と述べ、銃購入時の身元確認の厳格化には意欲を見せた。ただ、ワシントン・ポスト紙によると、NRA幹部は6日、身元確認の厳格化はトランプ氏の支持層には不人気だと指摘し、否定的な姿勢を示した。NRAは共和党議員を支援しており、実現は難航必至だ。 (エルパソ=テキサス州=時事)

■写真上:銃乱射事件の犠牲者を追悼する人々=6日、テキサス州エルパソ

■写真下:銃乱射事件を受け、トランプ大統領の訪問に抗議する人々=7日、テキサス州エルパソ

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • カリフォルニアは飲食店の屋内営業停止
各州でも規制緩和に足踏み

 

    カリフォルニアは飲食店の屋内営業停止 各州でも規制緩和に足踏み  

    2020年07月01日

    【ロサンゼルス1日時事】ニューヨーク市は1日、予定した6日からの飲食店の屋内営業再開を延期すると明らかにした。カリフォルニア州も1日、州内19郡でレストランなどの屋内営業を停止すると発表。西部と南部を中心に新型コロナウイルスの感染者が急増する中、経済活動の規制緩和を足踏みする動きが相次いでいる。   一時感染の中心地だったニューヨーク市はピークを過ぎたが、他州で飲食店から感染が広がる事態が相次いだことから、方針を転換。ニューヨーク州のクオモ知事は「再開が賢明と判断できるまで延期する」と述べた。州内ではニューヨーク市だけが延期となる。   カリフォルニア州のニューサム知事は、19郡でレストランのほか、ワイナリーや映画館、博物館などの屋内営業が停止されると発表。バーは全面休業となった。期間は少なくとも3週間。19郡の人口は州の7割を超える。フロリダ州のマイアミビーチ市は未明の外出を禁止した。   米国では37州で感染者が増加傾向にあり、経済活動再開を停止あるいは後退させる地域が19州に拡大したという。 写真:ニューヨークで屋外営業する飲食店=6月24日    

  • 米、日本支持を鮮明に
日韓紛争「WTOにそぐわず」

 

    米、日本支持を鮮明に 日韓紛争「WTOにそぐわず」  

    2020年06月30日

      【ワシントン30日時事】日本政府による半導体材料の輸出管理強化をめぐり、韓国が世界貿易機関(WTO)に提訴した貿易紛争で、米国は29日のWTO会合で日本への支持を鮮明にした。米国は「日本の措置が安全保障を考慮している限り、この問題のWTOによる裁定は不適切だ」と、日本側の主張に沿った意見を表明した。   韓国は会合で日本の措置を「政治的動機に基づく貿易制限だ」として、一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)の設置を求めた。これに対し日本は「軍事転用されないように適切に管理するのが目的」と述べ、設置に反対した。   WTOのルールでは、関税貿易一般協定(GATT)21条で安全保障に関わる輸出管理が例外として認められている。   関係筋によると、米国はWTOとは別の場で問題を解決するよう日韓両国に要請。「それが不可能な場合は、WTO事務局長か第三国による調停を模索すべきだ」と訴え、パネル設置に否定的な見解を示した。   今回は日韓がそれぞれの立場を説明するにとどまり、7月29日の次回会合でパネル設置が再び議論される。パネルは全加盟国・地域が反対しなければ設置されるため、韓国が提訴を取り下げない限りは設置される見通しだ。 写真:スイス・ジュネーブの世界貿易機関(WTO)本部    

  • 大リーグ、開幕は23日か34日 新型コロナ対策も規定  

    2020年06月30日

    【ロサンゼルス30日時事】大リーグ機構は29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で60試合制に短縮して行う今季公式戦の概要を発表した。3月中旬に中断されたキャンプは、夏季キャンプとして7月3日に再開する。   各チームの公式戦は7月23日または24日に開幕し、同リーグ同地区のチームと計40試合、他リーグ同地区のチームと計20試合を行う。ナ・リーグでは史上初めて指名打者制が適用され、延長戦は走者二塁から始めるタイブレーク制が導入される。   新型コロナの感染対策として、つばを吐く行為やかみたばこの禁止。抗議のために審判に近寄った場合は即時退場処分となることなどが規定された。    

  • ロサンゼルス、バー閉鎖 サンフランシスコも経済再開停止  

    2020年06月29日

    【ロサンゼルス29日時事】カリフォルニア州のニューサム知事は28日、ロサンゼルスなど感染拡大の勢いが激しい一部地域に対し、バーを閉鎖するよう命じた。シリコンバレーの中心部サンタクララ郡などに対しても閉鎖中のバーを再開しないよう求めた。   カリフォルニア州では、1日当たりの感染者数が過去1週間程度4000~7000人台と最悪水準で推移している。州知事の命令とは別に、感染が急拡大しているサンフランシスコ市は29日に予定していた美容院や博物館、屋外バーなどの再開を延期。経済活動の再開停止を余儀なくされた。   米国では、感染が再拡大しているテキサス州やフロリダ州でも、バーを再規制する動きが出ている。    

  • 元大統領像破壊の疑いで4人訴追

 

    元大統領像破壊の疑いで4人訴追  

    2020年06月28日

      【ワシントン28日時事】米検察当局は27日、反人種差別を訴える抗議行動の一環として、首都ワシントンのホワイトハウスに隣接する広場に設置されている元大統領アンドルー・ジャクソンの像を倒そうとしたとして、「連邦財産の破壊」の疑いで男4人が訴追されたと発表した。   1829~37年に大統領を務め、奴隷所有者だったジャクソンの像をめぐっては今月22日夜、デモ隊のグループが像にロープを巻き付けて引き倒しを試みた。訴追された4人は20~47歳で、ビデオ映像に基づいて身元が特定され、26日に訴追された。   米国では白人警官による黒人男性暴行死事件以来、南軍の将軍や奴隷制度支持者らの像が攻撃の標的となる事例が相次いでいる。検察当局は今回の訴追について「わが国の首都を飾る像や記念碑を汚す者への警告」だと強調した。 写真:ホワイトハウスに隣接する広場に設置されている元大統領アンドルー・ジャクソンの像=22日