全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月09日

乱射事件後、売れる銃=練習する主婦も
規制進展見通せず

 

【8月9日 時事】テキサス州エルパソで3日に起きた銃乱射事件以降、地元住民が自衛のために相次いで銃を購入している。銃所持の権利が憲法で認められている米国では「銃の暴力には銃で身を守る」と考える人が少なくない。事件を受け、銃規制議論が再燃する中、トランプ大統領は銃購入者の身元調査厳格化に意欲を示したが、規制強化の見通しは不透明だ。

 

◇恐怖克服したい

 

 乱射事件は大型小売店ウォルマートで発生し、22人が死亡した。対メキシコ国境に接するエルパソはヒスパニック系が人口の8割以上を占める。容疑者は地元住民ではない白人の男で、中南米からの移民に対する憎悪を背景に犯行に及んだとみられている。
 

 ヒスパニックの主婦パティ・メンドザさん(42)は7日、警備員の夫と共にエルパソ市内の射撃練習場が併設された銃砲店に拳銃の練習に訪れた。拳銃は夫のものだが、メンドザさんはこれまで撃った経験がない。ただ、ヒスパニックを標的にしたとみられる事件が地元で発生し、「怖くなった。(撃ち方を)学んで、恐れを克服する必要があると思った」という。同店には事件をきっかけに仕事の合間に銃を買いに来たと話す男性もいた。
 

 米国では銃規制は州ごとに異なり、テキサス州では免許があれば、携行が認められている。メンドザさんは「銃を持っている人はたくさんいるのに、事件の日そういう人はどこにいたのかと思った。もしかしたら、銃を持っていたけど対抗するのが怖かったのかもしれない」と指摘。銃を持つ人が容疑者を止めていれば「英雄」になっていたとも語った。

 

■テキサス州エルパソの銃専門店

◇世論は二分

 

 今回の事件で使われた半自動小銃は、米国の乱射事件でよく使われる。半自動小銃による乱射事件で多数の犠牲者が出るたびに規制議論が再燃するが、共和党や規制強化に反対するロビー団体全米ライフル協会(NRA)の抵抗で実現していない。
 

 7月の公共ラジオ(NPR)などの世論調査によると、半自動小銃の販売禁止には57%が賛同し、反対の41%を上回った。一方、共和党支持層で賛成したのは29%にとどまり、民主党支持層の83%とは対照的だ。エルパソの事件後も民主党を中心に銃規制を求める声が強まっているが、トランプ氏は「政治的な機運はない」と断言する。
 

 一方、規制を求める声を受けてトランプ氏は7日、「精神的に不安定な人や憎悪に駆られた人、病んだ人に銃を渡すべきでない」と述べ、銃購入時の身元確認の厳格化には意欲を見せた。ただ、ワシントン・ポスト紙によると、NRA幹部は6日、身元確認の厳格化はトランプ氏の支持層には不人気だと指摘し、否定的な姿勢を示した。NRAは共和党議員を支援しており、実現は難航必至だ。 (エルパソ=テキサス州=時事)

■写真上:銃乱射事件の犠牲者を追悼する人々=6日、テキサス州エルパソ

■写真下:銃乱射事件を受け、トランプ大統領の訪問に抗議する人々=7日、テキサス州エルパソ

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 大統領「真剣に検討」
国籍、出生地主義の廃止

 

    大統領「真剣に検討」 国籍、出生地主義の廃止  

    2019年08月23日

    【ワシントン 8月22日時事】トランプ大統領は21日、米国で生まれた子供へ自動的に米国籍を付与する「出生地主義」について、記者団に「私の政権は(廃止を)とても真剣に考えている」と述べた。 トランプ氏は昨年10月にも、米メディアのインタビューで、大統領令で出生地主義を廃止する考えを示している。   トランプ氏は「国境を越えて(米国内で)子供を産めば、生まれた子は米市民になる。率直に言ってばかげている」と主張した。 不法入国した移民が米国内で産んだ子供が、米国人として権利を行使するのを防ぐのが狙いとみられる。    米憲法修正14条は「米国およびその管轄地で生まれたか帰化した者は、すべて米市民権を有する」と規定している。 出生地主義の廃止は国籍認定での大きな方針転換でもあり、大統領権限で実行できるか疑問視する声が強い。  

  • セスナ機が住宅に墜落、2人死亡  

    2019年08月23日

    【ニューヨーク 8月19日時事】メディアによると17日午後、ニューヨーク州ユニオンベールの住宅に小型機が墜落し2人が死亡、1人が行方不明となっている。   墜落したのは双発プロペラのセスナ機。付近の飛行場を離陸した直後に住宅に墜落して炎上した。当時、2階建て住宅にいた3人のうち1人が死亡し、1人が行方不明。セスナ機に搭乗していた3人のうち1人も死亡した。警察当局によると、エンジンにトラブルが発生したとみられるという。    ユニオンベールはニューヨーク市から北に約100キロの田園地域。  

  • トランプ大統領 米国企業は中国事業から撤退を=中国の報復関税に激高  

    2019年08月23日

    【ワシントン 8月24日時事】トランプ大統領は23日、ツイッターで、中国に進出する米国企業に事業拠点の撤退を求めるとともに、米国への生産移転を検討するよう命じた。 中国政府が、9月1日に発動される米国の制裁関税「第4弾」への報復措置を発表したことに対抗するもので、米中摩擦の泥沼化に一層拍車がかかりそうだ。   トランプ氏は「今日の午後、中国の関税に対応する」と警告した。制裁関税の応酬が激化することに備えて「米国企業に対し、中国に代替する拠点を直ちに探し始めるようここに命じる」と強調。 さらに「中国から巨額の資金を盗み取られてきた」「中国を必要としていない。いない方がはるかにましだ」などと怒りをぶちまけた。   これに対して米最大経済団体の商工会議所は、米中貿易摩擦に関する声明を出し、「継続的かつ建設的に取り組むことが正しい対処法だ。関係のさらなる悪化は望んでいない」と指摘。対話を通じて問題解決を図るよう求めた上で、トランプ氏による中国事業の撤退要請をかわした。   また、トランプ氏は、米国で乱用が問題視されている合成麻薬「フェンタニル」の密輸を阻止するため、フェデックスやアマゾン・ドット・コムなどの米宅配・通販大手に対して、中国からの郵便小包を厳しく監視するよう求めたと明らかにした。 トランプ氏はこれまで、中国がフェンタニルの対米販売を停止するとの首脳間合意が実現していないと繰り返し不満を訴えていた。  

  • 商業ビルで大規模火災 焼け跡から麻薬  

    2019年08月23日

    【ロサンゼルス 8月19日】パラマウントで19日午前10時40分頃、商業ビルから出火し、大規模火災に発展。消火活動にあたったロサンゼルス郡消防局によると、ビルの中からは麻薬とオーガニックの植物が見つかった。   近隣住民らが撮影した動画では、黒煙が数百フィートに立ち上り、時折激しい爆発が起きた。 消防局からは危険物処理班も出動。懸命な消火活動の結果、火は近隣の住宅に燃え移ることなく午後1時前に鎮火し、けが人も出なかった。消防当局が火事の原因を調べている。

  • 唐辛子からマリファナ4トンサンディエゴ国境  

    2019年08月23日

    【サンディエゴ 8月19日】サンディエゴ南部のオタイ・メサで15日に、メキシコから国境を越えて来たハラペーニョ唐辛子を積んだトレーラーから、4トン近くのマリファナが押収された。   国境警備局の19日の発表によると、メキシコ人運転手は、輸入品がハラペーニョ唐辛子のみと申告したが、麻薬犬によってマリファナが見つかった。 7,560ポンドのハラペーニョ唐辛子に混ざっていた4トン近くのマリファナは、230万ドル相当。オタイ・メサの国境ではこの2日前にも、10,642ポンドのマリファナが輸出用車両パーツに隠されているのが見つかり押収されたばかりだった。