連載・コラム テリー伊藤の東京チャンネル

編集: Weekly LALALA - 2019年08月08日

ピザよ、おまえは何処へゆく

 

 私の通っている慶応大学の最寄り駅辻堂から徒歩15分のところにイタリアンレストランがオープンした。その名も「オリーブの丘」。

 

妙に爽やかな名前だが、ここがものすっごく混んでいる。昼から夜まで大変な賑わい。

ファミリーレストランなので当然駐車場スペースはあるのだが、驚くことに駐輪場はいつも満杯なのだ。PTAの集会場のようにご近所の主婦たちで毎日ごった返している。

それだけではない。カップルも遠方から、サラリーマンも仕事の途中でやって来る。

私は週に2度この店の前を通るのだが、いつも満席で横目に見ながら通り過ごしていた。

 

ある雨の日、嬉しいことに空席が見えたので、このチャンスを逃すまいと店へ入った。

元気な女性店員に迎えられ席に着いて思わずびっくりしたのは、メニューに見る値段の安さだ。パスタランチ690円。それには好きなパスタはもちろん、ドリンクはスープを始めナン十種類もが飲み放題、更にここからが凄い!

女性店員が「サラダにしますか?ピザにしますか?」と聞いてきた。「スープにしますか?サラダにしますか?」は聞いたことはあるが、ピザは聞いたことがない。アメリカでもさすがにこんな大盤振る舞いは無いのではないか。

 

友人と二人で行ったので、それぞれサラダとピザを注文した。どうせ味は大したことがないだろうと見くびっていたら、これが大間違い。

私の頼んだアラビアータは麺もアルデンテで無茶苦茶美味しかった。ピザは薄くてこれまた無茶苦茶美味しい。呆れるほどだ。

私は別にこの店から宣伝してくれと頼まれたわけではない。それにしても、こんなに安くして採算は合うのかと余計な心配をしてしまう。特に奥様軍団は滞在時間が長い。スープ→ジュース→コーヒー→紅茶と、何度もドリンクバーを往復している。

 

私はふとイタリア料理って何なのだろうと思ってしまった。

思い返せば私が初めてイタリア料理を知ったのは今から51年前の大学時代18歳でした。知り合いの女子大生に、銀座の美味しいイタリア料理店「イタリー亭」に行こうと誘われたのが最初でした。

 

緊張した私は初めて使ったタバスコをかけ過ぎ、口の中が火事のようになったにも関わらず、悟られないようにしていたのがピザとの出会いでした。

 

そう、私にとってピザは長い間特別な位置を占めていたのです。とても気高い料理だったのです。

その後何度か「イタリー亭」に行くとき、私はドレスアップして蝋燭の明かりの下、雰囲気を楽しんだものです。

 

それがある時、日本でもピザのデリバリーが開始されました。あの敷居の高かった本場イタリアのピザが、電話一本で、バイクに乗ったお兄さんが届けてくれる。

周りはみんな「やった、今日はピザパーティーだ!」と大歓迎していたが、私は当時素直に喜べなかったのです。

 

月日は流れ…心の中で圧倒的に地位の高かったピザが、今やサイドメニューとなり「サラダにしますか?ピザにしますか?」とは。

これから先ピザはどこにいってしまうのでしょう。51年前日本では眩しすぎたピザが今やパスタランチのわき役に甘んじている。今の子供や若者は〝ピザ〟をどう思っているのでしょうか。緊張しながらピザを食べる人はいなくなってしまったのでしょうか。

 

お替り自由のエスプレッソコーヒーを飲みながら私はそんなことを考えていた。

 

関連記事:その他のテリー伊藤の東京チャンネル

  • カネヤン凄すぎるぜ!

    カネヤン凄すぎるぜ!

    2019年10月16日 テリー伊藤の東京チャンネル

    日本プロ野球伝説の名投手 金田正一さんが亡くなった。あまりにも凄すぎる記録を持っている。 なんといっても通算勝利400勝は、日本プロ野球が例えこの先1000年続いたとしても破ることは出来ない大記録だ。   もし破ることが出来るとしたら、AIロボット球団くらいしか考えつかない。それほどまでのとんでもない数字なのだ。 金田さんの記録の驚くところは、完投数の多さにもある。生涯完投数365、例えば1963年は30勝17敗完投25している。

  • あの天才子役は今!

    あの天才子役は今!

    2019年10月09日 テリー伊藤の東京チャンネル

    YouTubeを見ていると面白い企画に出合える。私は、かつての人気子役の、過去と今を徹底比較する「あの天才子役は今!」の企画が大好きなんです。 スターだった子供が大人になって、全員が素敵になっているとは限らない。その変わりようを楽しむのだ!

  •  「カメラを止めるな!」より面白い

     「カメラを止めるな!」より面白い

    2019年10月03日 テリー伊藤の東京チャンネル

     映画界2018年最大の話題作となった上田慎一郎監督。 「カメラを止めるな!」制作費300万円、動員数220万人、興行収入31億円突破となったことは記憶に新しい。 その上田監督にお話を聞いた。もちろん新作を見させてもらってからの対談となった。(「アサヒ芸能」での対談)

  • イケメンよりも男前!

    イケメンよりも男前!

    2019年09月25日 テリー伊藤の東京チャンネル

    往年の石原裕次郎のヒット曲の歌詞を見ていた。あまりにも男前でびっくりした。 例えば、ヒット曲「二人の世界(作詞:池田充男)」はこんな詩になっている。

  • パラリンピックの隠れた魅力

    パラリンピックの隠れた魅力

    2019年09月18日 テリー伊藤の東京チャンネル

    東京2020パラリンピック競技大会開始までいよいよ1年を切った。2020年8月25日(火)~9月6日(日)競技数22。 チケットの予約状況もおおむね好調のようだ。