全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月05日

オハイオ州でも銃撃、9人死亡=容疑者の男射殺

【オハイオ 8月5日 時事】オハイオ州デートンで4日午前1時ごろ、銃撃事件があり、地元当局によると、9人が死亡、27人が負傷した。容疑者の男1人が警察官に射殺された。

事件があったのは、ナイトクラブやバーが集まる市内の繁華街オレゴン地区。報道によると、現場付近を巡回していた警察官が直ちに駆け付け、男を射殺した。警察は単独犯とみているが、身元や動機は明らかになっていない。
 

男は防弾衣を身に着け、高性能の銃で武装していた。発砲を開始してから警察官に射殺されるまで、「1分足らず」の凶行だったという。
 

在デトロイト日本総領事館によれば、事件に日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。
 

米国では3日、南部テキサス州エルパソのショッピングモールで乱射事件が起き、20人が死亡したばかり。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • アマゾンが食料品店オープン ウッドランド・ヒルズに来年  

    2019年11月12日

    【ロサンゼルス12日】通販サイト大手「アマゾン」が、ウッドランド・ヒルズに来年、伝統的な実店舗の食料品店をオープンさせる計画が12日、発表された。 場所は、6200 Topanga Canyon Blvddeで、かつてToys”R”Usの店舗だった建物で、現在改築工事が進められいる。   この食料品店は、2017年にアマゾンが買収した「Whole Foods」チェーンとはまったく異なり、モービルアプリでチェックアウトする「Amazon Go」店舗とも異なるという。 アマゾン社はすでに、ウェブサイト上で同食料品店の従業員募集を呼び掛けている。  

  • サウスLAの高校でけんか 女生徒ら8人拘束  

    2019年11月12日

    【ロサンゼルス12日】サウスLAのFremont高校で12日午前11時半頃、生徒同士のけんかが勃発し、校内警官だけでは手に負えず、ロサンゼルス市警や救急車が出動する事態に発展した。 女子生徒ら8人が身柄を拘束された。けが人は報告されていない。   けんかの詳しい原因は調査中だが、生徒らによると、対立する女子生徒2人が8日以降言い争いを続けており、12日のランチタイム時に暴力に発展。校内警官もボトルで頭部をたたかれるなどした。 警察当局が詳しいけんかの原因を調べている。  

  • 電子たばこ購入、21歳以上に
全面禁止から後退

 

    電子たばこ購入、21歳以上に 全面禁止から後退  

    2019年11月09日

    【ワシントン9日時事】トランプ大統領は8日、呼吸器疾患との関連が指摘される電子たばこについて、購入可能年齢を現行の18歳以上から21歳以上に引き上げる考えを明らかにした。ただ、全面的な販売禁止には慎重姿勢をにじませた。   トランプ氏はホワイトハウスで記者団に、電子たばこが若者の間で急速に広がっている事態を踏まえ「最も大事なことは、子供たちを守ることだ」と強調。来週にも政府として対策をまとめる意向を表明した。   一方で「(電子たばこは)大きな産業になっている」とも述べ、雇用面を含め、規制強化の影響を考慮する必要があると指摘した。米政府は9月、ほぼすべての電子たばこの販売を禁止する方針を打ち出していたが、大幅に後退させた形だ。   電子たばことの関連が疑われる呼吸器疾患の症例は全米で2000件を超え、少なくとも39人が死亡したと伝えられる。米国内の一部州では、既に購入可能年齢を引き上げるなどの規制強化に踏み切っている。   疾病対策センター(CDC)幹部は8日、米メディアなどとの電話会見で、電子たばこによるとみられる肺疾患の患者29人の検体の分析で、全員からビタミン複合体の副産物「ビタミンEアセテート」が検出されたと発表した。疾患との因果関係は立証されていないものの、原因特定に向けた突破口になる可能性があるという。  

  • 住宅に小型機墜落、炎上 パイロットが死亡  

    2019年11月07日

    【ロサンゼルス7日】アップランドの住宅に7日午前11時頃、小型飛行機が墜落し炎上する事故が起き、飛行機のパイロットが死亡した。同乗者はいなかった。   サンファナンド郡消防署によると、飛行機が墜落した時、この住宅にはカップルとその赤ちゃんがいたが、被害を受けたエリアの反対側の部屋にいたためにケガはなかった。 事故現場から1マイル以内に私営空港があり、墜落した機体がここから離陸した可能性がある。連邦航空局が、事故の詳しい原因を調べている。  

  • 下水管に落ちた男性を救出 消防署員60人が出動  

    2019年11月07日

    【ロサンゼルス7日】ウィルミントンで7日、深さ50フィートの下水管の中に男性が落下し、消防署員60人近くが出動し救出する事態が起きた。 当初、男性が助けを求める声がしたマンホールは、実際に救出されたマンホールから1マイルほど離れており、救出時の最難関は、男性の居場所の特定だった。   男性は約2時間後に救出され、後に56歳のホームレスであることが確認された。消防当局によると、男性は道に迷って下水管に落ち、数日間を過ごしたと話しているという。