全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月05日

オハイオ州でも銃撃、9人死亡=容疑者の男射殺

【オハイオ 8月5日 時事】オハイオ州デートンで4日午前1時ごろ、銃撃事件があり、地元当局によると、9人が死亡、27人が負傷した。容疑者の男1人が警察官に射殺された。

事件があったのは、ナイトクラブやバーが集まる市内の繁華街オレゴン地区。報道によると、現場付近を巡回していた警察官が直ちに駆け付け、男を射殺した。警察は単独犯とみているが、身元や動機は明らかになっていない。
 

男は防弾衣を身に着け、高性能の銃で武装していた。発砲を開始してから警察官に射殺されるまで、「1分足らず」の凶行だったという。
 

在デトロイト日本総領事館によれば、事件に日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。
 

米国では3日、南部テキサス州エルパソのショッピングモールで乱射事件が起き、20人が死亡したばかり。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 運動中のアジア系女性に白人女性が人種差別発言 トーランス市のウィルソンパーク  

    2020年06月11日

    【ロサンゼルス11日】トーランス市のウィルソンパークで10日午前9時頃、階段を使い運動をしていたアジア系女性が、白人女性に人種差別的な発言を浴びせられる事件が起きた。   被害女性らが撮った動画では、白人女性がアジア系女性に対し、階段を使っていることに不満を述べ、「アジアの国へ帰れ」などと罵った後、暑い中黒色の服を着ているなどと文句を言い、フェイスブックに載せたいならそうしてみろ、とまくし立てた。   被害女性はこの事件を同市のパークレンジャーに通報し、他の人に同じ体験をして欲しくないと訴えている。    

  • ベンチュラ郡の3カ所で山火事発生 高温、乾燥、強風で延焼  

    2020年06月11日

    【ロサンゼルス11日】ベンチュラ郡の3カ所で10日、山火事が発生。Elizabeth Road付近の「Elizabeth Fires」と Lime Canyon付近の「Lime Fire」は、11日朝の時点でそれぞれ275エーカーと450エーカーを焼き延焼している。残りの一カ所の山火事は出火直後に消火された。   11日朝の鎮火率は、「Elizabeth Fires」が70%、「Lime Fire」が20%。周辺の住民には避難勧告が出されており、「Lime Fire」では建物25棟が延焼の危険性に直面している。   10日の同地域の気温は94度まで上昇。湿度は15%~20%と低く、強風が吹いていた。山火事は高圧送電線からの発火が原因である可能性が高い。同地域は2017年に、28万エーカー超を焼いた郡内最大規模の山火事「Thomas Fire」の被害に遭っている。  

  • サンディエゴ動物園が20日から再開 コロナ感染防止策講じる  

    2020年06月10日

    【サンディエゴ10日】新型コロナ・パンデミックの影響を受け、103年の歴史の中で初めて3月中旬から閉鎖していたサンディエゴ動物園・サファリパークが、6月20日から再開することになった。   再開後は新型コロナウイルスの感染防止策が講じられ、入園者数を50%以下にとどめ、ソーシャル・ディスタンスを保つためのサインなどが提示される。2歳以上へのマスク着用も義務付けられ、同日の再入園は受け付けない。園側は来園者に、前もってのチケット購入を勧めている。   また、入園前に健康状態などがチェックされる。園内の催しや店などは再開がまだのところもあり、今後徐々にオープンさせる。    

  • 過剰暴行が動画で拡散のLAPD警官を起訴  

    2020年06月09日

    【ロサンゼルス9日】ボイルハイツで4月27日に、通報を受けて駆け付けたロサンゼルス市警(LAPD)の警官フランク・ヘルナンデス容疑者(49)が、28歳のホームレスの男性に不必要に暴行を加えたとされる事件で、同容疑者が9日、重罪容疑で起訴された。   同事件では、ヘルナンデス容疑者が男性の頭部や首、体を十数回殴るなどする動画がSNSで拡散され、ロサンゼルス市とLAPDを相手取る民事訴訟が提起されている。   ミネソタ州での白人警官による黒人男性暴行死事件など、警官による過剰な暴力が問題視される中、LAPD側は、この事件を深刻に受け止め、検事局の調査に全面的に協力するとコメント。警官9900人以上が所属する労働組合は「動画の内容は言語道断。このような訓練はしていない」と述べた。   ヘルナンデス容疑者は、LAPD勤務20年のベテラン。11日の罪状認否では、無罪を主張。次回の出廷は7月の予定で、有罪の場合は最高で3年の禁固刑が科される。    

  • デモ参加者、撃たれる
シアトル

 

    デモ参加者、撃たれる シアトル  

    2020年06月08日

    【サンフランシスコ8日時事】ワシントン州シアトルで7日、白人警官による黒人男性暴行死に抗議するデモ隊に男が近づき、参加者を撃って逃亡した。救急当局によると、20代の男性が腕を負傷し病院に搬送されたが、命の危険はない。   地元テレビによれば、男は車でデモ隊に接近。そこに男性が近寄ったところ、車の中から銃撃された。その後、男は拳銃を持って車から降り、現場は大混乱になった。 警察は容疑者を既に逮捕して銃も回収したと発表し「他に被害者はいない」とツイッターに声明を掲載した。 写真:7日、ワシントン州シアトルで、警官隊と衝突するデモ隊