全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月05日

オハイオ州でも銃撃、9人死亡=容疑者の男射殺

【オハイオ 8月5日 時事】オハイオ州デートンで4日午前1時ごろ、銃撃事件があり、地元当局によると、9人が死亡、27人が負傷した。容疑者の男1人が警察官に射殺された。

事件があったのは、ナイトクラブやバーが集まる市内の繁華街オレゴン地区。報道によると、現場付近を巡回していた警察官が直ちに駆け付け、男を射殺した。警察は単独犯とみているが、身元や動機は明らかになっていない。
 

男は防弾衣を身に着け、高性能の銃で武装していた。発砲を開始してから警察官に射殺されるまで、「1分足らず」の凶行だったという。
 

在デトロイト日本総領事館によれば、事件に日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。
 

米国では3日、南部テキサス州エルパソのショッピングモールで乱射事件が起き、20人が死亡したばかり。

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 車盗難が5744件で過去最高 LA市、2020年4月から7月  

    2020年07月21日

    【ロサンゼルス21日】ロサンゼルス市警が20日に発表したレポートから、今年の第二四半期(4月から7月)に報告された車の盗難件数が5744件にのぼり、過去10年間で最多を記録した。   この件数は、前年同時期に比べ57.7%の増加。盗難被害が最も深刻だった地区はボイルハイツで、327件だった。   データを収集した南カリフォルニア大学は、盗難急増の原因として、新型コロナの影響で在宅勤務が増え、長期間路上に駐車される車両が増えた点を挙げた。    

  • 女子プロサッカーチームを設立へ LAに2022年  

    2020年07月21日

    【ロサンゼルス21日】サッカーの米女子プロリーグ(NWSL)は21日、ロサンゼルス拠点の新チームを2022年にデビューさせる計画を発表した。 元米国代表サッカー選手で金メダリストのアビー・ワンバックさんやイスラエル出身の女優ナタリー・ポートマンさん、女子テニスのスター選手セリーナ・ウィリアムズさんらが共同オーナーに名を連ねている。   チームの正式名称やロゴなどはまだ決まっておらず、今年中に発表される予定。   ロサンゼルスは現在、9つのプロ・スポーツチームの拠点で、サッカーのプロ男子チームはLAギャラクシーとロサンゼルスFCがある。    

  • カリフォルニア州、大半で対面授業認めず 新学期の学校再開  

    2020年07月18日

    【ロサンゼルス18日時事】カリフォルニア州は17日、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な「監視対象リスト」に指定した地域の学校について、対面での授業再開を認めない方針を発表した。米メディアによると、現段階で対象地域の人口は州全体の8割以上に上る。大半の学校が8月にも始まる新学期をオンライン授業で迎える。   17日時点で州内全58郡のうち30以上がリスト入りしており、これらの郡ではリストから除外されて14日間経過するまで対面授業の再開が認められない。また、対面授業を再開する学校には、教職員への定期的なウイルス検査や、小学3年生以上の児童・生徒へのマスク着用義務付けなどの対策を求めた。   トランプ大統領は新学期の対面授業再開に向けて学校への圧力を強めている。ニューサム州知事は「カリフォルニアでは、学校の物理的な再開・閉鎖時期はデータによって決まる。だが、学習が停止してはならない」と強調した。    

  • 大谷、「二刀流」に再挑戦
60試合のメジャー

 

    大谷、「二刀流」に再挑戦 60試合のメジャー  

    2020年07月18日

      【アナハイム18日時事】新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期された米大リーグは、23日(日本時間24日)にヤンキース戦などの2試合で開幕する。新型コロナの収束が見えない中、選手らは異例の60試合制のシーズンに備えている。     ◇腰を据えてリハビリ   エンゼルスの大谷は開幕延期で、シーズンを通して投打の「二刀流」でプレーするチャンスを得た。昨年は打者に専念したが、「これ(二刀流)が普通だと思ってやってきたので、フルでチームに貢献できないもどかしさがあった。しっかり100の状態で貢献したい」。キャンプ地の本拠地球場でのリモート会見で力強く宣言した。   2018年10月に右肘の内側側副靱帯(じんたい)再建手術を受けた。当初の予定では、今季は打者での出場と並行しながらマイナーの試合などで登板を重ね、シーズン途中の5月半ばに投手としてメジャーに復帰する見込みだった。慌ただしい調整を強いられるはずが、腰を据えてリハビリに取り組むことができた。   例年の162試合から大幅に短縮されたことも、投手復帰1年目の大谷にはプラスに働きそう。「最初の年で(162試合を)最初から最後までということを考えると、不安の方が大きいが、短期だとそういう不安はない」と胸の内を明かす。   今季の先発登板は、多くても10試合ほどになるとみられる。靱帯(じんたい)再建手術からの復帰のシーズンは、球数やイニングが限られるのが一般的だが、登板数が少なければ、投球制限の影響も最小限に抑えられるだろう。   エンゼルスのキャンプは今月3日に再開。大谷は7日の紅白戦に登板したが、打者10人に7四球を与える大乱調だった。既に練習には復帰しているものの、登板後には腰の張りを訴えていたという。不安を露呈しながらも、開幕を見据えて「二刀流」の調整を続けている。 写真:紅白戦で登板するエンゼルスの大谷=7日、アナハイム    

  • FBI、ツイッターアカウント乗っ取り事件の捜査指揮  

    2020年07月17日

    【ワシントン17日時事】民主党の大統領候補指名が確実なバイデン前副大統領など著名人のツイッターアカウントが乗っ取られた事件で、米連邦捜査局(FBI)が捜査を指揮することが関係者2人の話で分かった。   これに先立ち、FBIは「複数の著名人のツイッターアカウントに関連するセキュリティー上の事件を認識している。これらのアカウントは、仮想通貨をめぐる詐欺行為を維持するために不正アクセスされたようだ」と発表していた。 FBIからのコメントは得られていない。   短文投稿サイトのツイッターは前日、ハッカー集団が同社のシステムに不正侵入し、バイデン氏のほか、オバマ前大統領や米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)など著名人のアカウントを乗っ取ったと発表。これを受け、ツイッターの株価は1.3%下落した。   犯人側が不正侵入後に個人メッセージを閲覧したかは不明。 ツイッターは、内部システムへのアクセス権限を持つ従業員が攻撃を受け、このアクセス権限が悪用されてアカウントが乗っ取られたと発表。調査に伴い多数の認証済みアカウントから一時的にメッセージを送信できないようにする異例の措置を取った。   犯人らは乗っ取ったアカウントを通じて、仮想通貨のビットコインなどの送金を要求。公表されているブロックチェーン(分散型台帳)の記録によると、犯人側は既に10万ドル以上に相当する仮想通貨を受け取ったとみられている。