全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月07日

ウォルマートは銃販売中止を=乱射事件相次ぎ強まる声

テキサス州エルパソで22人が死亡した3日の銃乱射事件を受け、現場となった大規模小売店ウォルマートに銃器販売の中止を求める声が強まっている。

事件の4日前には南部ミシシッピ州の店舗でも従業員が発砲し同僚2人を殺害する事件が起きており、銃規制団体は「企業には客と従業員を守る責任がある」と同社に対応を求めている。
 

ワシントン・ポスト紙によると、ウォルマートは米国内の全4750店のうち約半数で銃器を扱っており、全米最大の銃販売業者の一つ。創業者の故サム・ウォルトン氏は狩猟と銃の愛好家として知られ、同社のビジネスでも銃器は長年にわたり主要な部分を占めてきたとされる。
 

ただ、近年は悲惨な銃撃事件が起きるたびに銃器を扱う企業への圧力が強まり、ウォルマートも2015年に殺傷能力の高いライフル銃の販売を中止したほか、18年には銃を購入できる最低年齢を18歳から21歳に引き上げた。
 

しかし、今回のエルパソでの事件後、ウォルマートの広報担当者は米メディアに対し、銃器販売を中止する考えはないと明言。インターネット上では「失望した」などと反発する書き込みや、不買運動を呼び掛ける動きも目立っている。

写真:テキサス州エルパソのウォルマートで起きた銃乱射事件で、犠牲者を追悼する人々=5日(AFP時事)

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • テキサス州の化学工場で爆発 6万人に避難命令

 

    テキサス州の化学工場で爆発 6万人に避難命令  

    2019年11月28日

    写真:テキサス州ポートネチェスで、爆発に続き火災が起きる化学工場   【ニューヨーク28日時事】テキサス州ポートネチェスの化学工場で27日、2度の爆発があり、米メディアによると、従業員3人が負傷した。鎮火の見通しが立たないまま、周辺の住民約6万人に避難命令が出された。   ポートネチェスはヒューストンから東に約130キロの港湾都市。1度目の爆発は現地時間27日午前1時ごろ発生。約12時間後に2度目の爆発があった。当時工場では約30人が勤務。合成ゴムやプラスチックなどの原料となるブタジエンという化学物質を製造していた。   工場から徒歩2分の家の住民はAFP通信に対し「寝ていたら割れたガラスが降ってきた。屋根がなくなり、ドアというドアが壊れていた」と爆発の衝撃を語った。工場周辺では、少なくとも住民5人が軽いけがをした。  

  • 空港従業員がプロテスト 労働条件の改善求め  

    2019年11月26日

    【ロサンゼルス26日】ロサンゼルス国際空港近くのセンチュリー通りとセプルベダ通りで26日、アメリカン航空などと契約する「LSG Sky Chefs」と「Gate Gourmet」のケータリング従業員らが、賃金引き上げとヘルスケアの改善を求めてプロテストを実施。道路の閉鎖で、空港利用者が増える感謝祭前の渋滞をさらに悪化させ、16人が逮捕された。   労働組合によると、「LSG Sky Chefs」と「Gate Gourmet」の従業員4人に1人は、勤続年数が10年以上である人も含め、時給12ドル以下で、会社の医療保険でカバーされる従業員は全体の33%足らず。 これに対し会社側は、今年5月から継続されている話し合いが実を結ぶよう、連邦の仲裁を得て合意できるよう努めるとしている。    

  • ひき逃げ容疑で女性教師逮捕 シルバーレイク  

    2019年11月26日

    【ロサンゼルス26日】シルバーレイクで先月25日夜11時45分頃に、自転車に乗っていたデービッド・モリナさん(57)がひき逃げされた事故で26日、ミニクーパーを運転していたロサンゼルス統一学校区の教師、モリー・ジェーン・ホーン容疑者(52)がパーム・デザートで逮捕された。   警察当局によると、ホーン容疑者はロス・フェリスのIvanhoe Elementaryで5年生を受け持つ教師。ひき逃げの重罪で起訴される。 被害者のモリナさんは、手足の骨を折るなどの重傷で病院に収容された。  

  • Xマスツリーわずかに値上る見込み  

    2019年11月26日

    【ロサンゼルス26日】クリスマスツリーの値段が今年、昨年比でわずかに上がる見込みだ。 サンファン・キャピストラーノで、クリスマスツリーを独自に栽培する稀な農家「Farmakis Family Farms」によると、昨年のツリーの平均価格は78ドルで、今年は81ドル。   毎年、オレゴン州から大量のクリスマスツリーが搬送されてくるが、これらの搬送元農家によると、好景気の影響でフルタイム就労者が増えたため、クリスマス期の季節労働者が例年のように確保できず、結果的に季節労働者の給料引き上げを強いられ、クリスマスツリーの価格上昇につながっているという。 また、2008年のリーマン・ショックに端を発した景気後退で、その時期の植樹量が減ったため、高さ8から10フィートの10年もののツリーが今年、品薄になっているという。   全米クリスマスツリー協会によると、アメリカ人は昨年、クリスマスツリーに20億ドル費やしており、この額は前年度より500万ドル増加。Farmakisは、値段が上がってもアメリカ人のクリスマスツリー購買意欲は下がらない、と予測している。  

  • ティファニー、仏LVMHへ身売り

 

    ティファニー、仏LVMHへ身売り  

    2019年11月26日

    写真:ニューヨーク5番街のティファニー本店   【ニューヨーク26日時事】宝飾品大手ティファニーが「ルイ・ヴィトン」など高級ブランドを展開する仏LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)への身売りを決めた。 売却額は162億ドル(約1兆7700億円)と業界では過去最大規模。バッグや宝飾品、コニャックに至る幅広いブランドを擁する「帝国」の傘下で、ティファニーは一段の成長を目指す。   182年の歴史を持つティファニーは「米国の象徴」とも言える老舗ブランドだ。世界に300以上の店舗を持つが、売上高の約1割をニューヨーク5番街に構える本店が占める。同店はオードリー・ヘプバーン主演の映画「ティファニーで朝食を」の舞台としても知られ、多くの観光客が訪れる。   ただ、ティファニーの足元の業績はさえない。米中貿易摩擦の影響で米国を訪れる中国人観光客が減った上、ドル高の進行も逆風となっている。   一方、LVMHは積極的なM&A(合併・買収)で規模を拡大し、現在は「ブルガリ」「タグホイヤー」など75のブランドを傘下に持つ世界最大手。ティファニーは巨大資本を後ろ盾に商品開発や海外展開などを強化し、米市場や中国人客に依存する収益構造から脱却したい考えだ。