全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月07日

ウォルマートは銃販売中止を=乱射事件相次ぎ強まる声

テキサス州エルパソで22人が死亡した3日の銃乱射事件を受け、現場となった大規模小売店ウォルマートに銃器販売の中止を求める声が強まっている。

事件の4日前には南部ミシシッピ州の店舗でも従業員が発砲し同僚2人を殺害する事件が起きており、銃規制団体は「企業には客と従業員を守る責任がある」と同社に対応を求めている。
 

ワシントン・ポスト紙によると、ウォルマートは米国内の全4750店のうち約半数で銃器を扱っており、全米最大の銃販売業者の一つ。創業者の故サム・ウォルトン氏は狩猟と銃の愛好家として知られ、同社のビジネスでも銃器は長年にわたり主要な部分を占めてきたとされる。
 

ただ、近年は悲惨な銃撃事件が起きるたびに銃器を扱う企業への圧力が強まり、ウォルマートも2015年に殺傷能力の高いライフル銃の販売を中止したほか、18年には銃を購入できる最低年齢を18歳から21歳に引き上げた。
 

しかし、今回のエルパソでの事件後、ウォルマートの広報担当者は米メディアに対し、銃器販売を中止する考えはないと明言。インターネット上では「失望した」などと反発する書き込みや、不買運動を呼び掛ける動きも目立っている。

写真:テキサス州エルパソのウォルマートで起きた銃乱射事件で、犠牲者を追悼する人々=5日(AFP時事)

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • すべての小売業者も再開へ LA郡がさらなる規制緩和  

    2020年05月13日

    【ロサンゼルス13日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は13日、先週の新型コロナ規制緩和に続き、商品の店先受け取り(curbside pickup)を条件に、すべての小売業者に営業再開を許可すると発表した。屋内ショッピングセンターの中にある小売業は除く。また、低リスクの職場とみなされる製造業と物流業も営業再開を許可された。   いずれも、マスクなどで口と鼻を覆うことと、ソーシャルディスタンスを保つことが前提。ロサンゼルスでは6日から、トレイルとゴルフコース、公園が再開され、花屋、玩具店、書店、衣料品店、スポーツ品店、楽器屋も、条件付きで営業再開が許可された。    

  • CSU、今秋もオンライン授業続行 コロナ第2波警戒  

    2020年05月13日

    【ロサンゼルス13日】カリフォルニア州立大学(CSU)機構は12日、今秋から始まる新学期の授業の大半をオンラインで実施することを決めた。 秋までに新型コロナウイルスが終息する可能性は低いと予測し、フルーシーズンと重なる可能性も懸念されているコロナ第2波への警戒が理由で、学生らの安全面を考慮した。   CSU機構によると、全23校の大半でオンライン授業を実施する。実際に出席して学ぶ必要がある、看護科や生物学研究などの授業に限り、クラスで教える。 学生寮は規模を縮小して運営され、スポーツ選手の活動は、キャンパスが再開されるまで中止となる。   一方、カルフォルニア大学機構は、秋以降の授業体制について審議中で、6月か7月に決定するとしている。    

  • モデルナのワクチン、優先審査 米当局が指定 新型コロナ  

    2020年05月12日

    【ニューヨーク12日時事】バイオ医薬品企業モデルナは12日、同社が開発する新型コロナウイルスのワクチン候補が、米食品医薬品局(FDA)から優先審査の指定を受けたと発表した。早期の実用化に弾みがつきそうだ。   同制度は、他に治療法がない難病の治療薬などの承認を急ぐため、通常よりも審査期間を短縮するもの。モデルナは「優先審査指定は、新型コロナのワクチン開発が急務であることを改めて示した」とコメントした。   同社のワクチン候補は、治験の初期段階に当たる第1相試験を3月に開始。中間段階に当たる第2相試験をまもなく始め、初夏に最終段階の第3相試験に移行する見通し。同社は今月、早ければ来年にも販売承認を得られるとの見方を示していた。  

  • 米国の死者8万人超 新型コロナ  

    2020年05月12日

    【ニューヨーク12日時事】ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の11日の集計によると、新型コロナウイルス感染による米国の死者が8万人を超えた。世界の死者は約28万5000人で、最多の米国が4分の1以上を占める。   国別の死者は英国約3万2000人、イタリア約3万1000人、スペイン約2万7000人と続く。感染者は世界で約417万人となった。米国が約135万人で最多。  

  • 自宅待機令、緩和しつつも8月まで延長の見通し LA郡  

    2020年05月12日

    【ロサンゼルス12日】ロサンゼルス郡公衆衛生局のバーバラ・フェラー局長は12日、3月に出された新型コロナの自宅待機令(stay-at-home order)が、内容は徐々に緩和される可能性が高いものの、8月まで延長される可能性が高いとの見解を示した。   先週には、新型コロナの規制が緩和され、トレイルや一部小売業の営業が再開されたものの、フェラー局長は、感染者や死者の数は依然増え続けている現状を指摘。 これを受け、ロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長は13日、「新型コロナウイルスのワクチンが開発されるまでは、完全な再開はない」と述べた。市長はまた、子供や身体障害者を除き、自宅外でのマスクなどの着用義務付けも呼び掛けた。   同局の発表によると、11日時点で郡内の新型コロナ感染者数は32258人で、死者数は1569人。医療従事者の感染者数が増加し続けており、先週から636人増えて3614人に達した。そのうち、ナーシングホームスタッフの感染が42%を占めており、病院勤務は29%。