全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月07日

ウォルマートは銃販売中止を=乱射事件相次ぎ強まる声

テキサス州エルパソで22人が死亡した3日の銃乱射事件を受け、現場となった大規模小売店ウォルマートに銃器販売の中止を求める声が強まっている。

事件の4日前には南部ミシシッピ州の店舗でも従業員が発砲し同僚2人を殺害する事件が起きており、銃規制団体は「企業には客と従業員を守る責任がある」と同社に対応を求めている。
 

ワシントン・ポスト紙によると、ウォルマートは米国内の全4750店のうち約半数で銃器を扱っており、全米最大の銃販売業者の一つ。創業者の故サム・ウォルトン氏は狩猟と銃の愛好家として知られ、同社のビジネスでも銃器は長年にわたり主要な部分を占めてきたとされる。
 

ただ、近年は悲惨な銃撃事件が起きるたびに銃器を扱う企業への圧力が強まり、ウォルマートも2015年に殺傷能力の高いライフル銃の販売を中止したほか、18年には銃を購入できる最低年齢を18歳から21歳に引き上げた。
 

しかし、今回のエルパソでの事件後、ウォルマートの広報担当者は米メディアに対し、銃器販売を中止する考えはないと明言。インターネット上では「失望した」などと反発する書き込みや、不買運動を呼び掛ける動きも目立っている。

写真:テキサス州エルパソのウォルマートで起きた銃乱射事件で、犠牲者を追悼する人々=5日(AFP時事)

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • サンディエゴ・カウンティー・フェアで大腸菌感染の2歳児死亡

    2019年07月11日

     【サンディエゴ 6月29日】サンディエゴ保健福祉局は29日、6月8日から15日までにサンディエゴ・カウンティー・フェアを訪れた2歳から13歳の子供4人が大腸菌に感染し、2歳の男児が病院に入院した後、24日に死亡したと発表した。 同局の発表によると、感染した子供らは皆、フェアーで動物に触れていたことが判明。これに伴い主催側は、ペティング・ズーを含め、動物と接触する催しを中止した。 子供ら4人は、6月10日から16日にかけて大腸菌感染による症状を訴えた。

  • 独立記念日を祝う 最適な市はNYとLA

    2019年07月11日

     【ロサンゼルス 7月3日】カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は3日、アフリカ系に多く見られる、髪を編み込んだブレイズ・ヘアなどを理由にした人種差別を禁じる法案「SB 188」に署名した。 このような州法が施行されるのはカリフォルニアが全米初の州となる。   同法案は、ホリー・ミッシェル上院議員(民主、ロサンゼルス)が起草。ニューサム知事は、ニュージャージー州で開催された高校レスリング大会で昨年、ドレッドロックの髪形で出場した男子生徒が、髪を切らないと試合をさせないと宣告された出来事が同法案に署名するきっかけとなったと話した。  

  • 小型機墜落、10人死亡 テキサス

    2019年07月11日

     【ワシントン 7月1日時事】テキサス州ダラス郊外のアディスンで6月30日、小型機が墜落し、当局によると、10人が死亡した。 当局者は「生存者はいない」と語った。   墜落したのは双発ターボプロップビジネス機で、CNNテレビはプライベート機だったと伝えた。CBSニュースは、離陸直後、エンジンに問題が発生し、空港の格納庫に墜落したと報じている。  

  • デル・アモ発砲事件の容疑者逮捕

    2019年07月11日

     【ロサンゼルス 6月29日】トーランス市のデル・アモ・ファッションセンターで6月3日に起きた発砲事件で29日早朝、ベルフラワー在住のホセ・サラザー容疑者(18)が逮捕された。 レドンドビーチ市警による交通検問で止められた際に名前を偽り、麻薬の不法販売容疑で身柄を拘束された後、逮捕された。   デル・アモ・ファッションセンターで起きた発砲事件では、男性1人が負傷。この男性は回復している。サラザー容疑者は、殺人未遂容疑で拘束中。警察当局が詳しい事件の背景や動機などを調べている。  

  • フェイスブック、世界規模で障害 傘下のインスタなども

    2019年07月11日

     【サンノゼ 6月4日 時事】交流サイト(SNS)最大手フェイスブックは3日、一部のユーザーの間で画像などを投稿できない障害が世界規模で発生したと発表した。傘下のインスタグラムやワッツアップのサービスでも同じ問題が起きたという。   フェイスブックによると、障害は通常のメンテナンス業務中に起きた。復旧に取り組むとともに、障害の影響を調査しているという。   世界中のネット障害を監視しているサザンアイズ社によると、フェイスブックで7500人以上、インスタグラムで1万4000人以上、ワッツアップで1600人以上のユーザーが障害を報告した。 同社は「障害は内部インフラかアプリの問題に関係していると思われる」と指摘した。