全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月04日

テキサスで銃乱射、20人死亡=白人の男拘束、憎悪犯罪か

【テキサス 8月4日 時事】テキサス州エルパソのショッピングモールで3日、銃乱射事件が起き、アボット同州知事は20人が死亡したと発表した。警察当局によれば、26人が負傷し病院で治療を受けている。容疑者は1人で既に拘束された。犯行に使われたのは半自動小銃とみられる。

 

米メディアは、拘束されたのは同州に住む21歳の白人の男、パトリック・クルシウス容疑者と伝えている。警察は、容疑者がインターネット上に出したとされる声明文を分析、憎悪犯罪の可能性を指摘している。
 エルパソはメキシコ国境沿いにあり、8割がヒスパニック系移民。犠牲者にはメキシコ人も含まれており、移民を狙った犯行を疑う見方も出ている。

 

乱射はモールに入っている大規模小売店ウォルマートなどで発生。土曜ということもあり、多くの家族連れでにぎわっており、逃げ惑う人で大混乱した。
 トランプ大統領はツイッターで、乱射事件を「臆病な行為。無実の人々の殺害は絶対に正当化されない」と非難した。

 

写真:3日、乱射事件が起きた米南部テキサス州エルパソのショッピングモールの現場に到着した警官隊(AFP時事)

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • トランプ大統領、安倍首相に「最大の敬意」
「友人」の辞意に衝撃

 

    トランプ大統領、安倍首相に「最大の敬意」 「友人」の辞意に衝撃  

    2020年08月29日

      【ワシントン29日時事】トランプ大統領は28日、安倍晋三首相の辞意表明を受けて「安倍氏は素晴らしい人物。最大の敬意を表したい」と述べた。遊説先のニューハンプシャー州からワシントンへ戻る大統領専用機中、記者団に語った。   同行記者団によると、トランプ氏は安倍氏について「本当に素晴らしい友人で、われわれはとても良い関係だった」と強調。「実に気の毒だ。彼は自分の国をとても愛していたし、辞任は想像できないくらいつらいことだろう」と語った。   欧州などの同盟国首脳とのあつれきが目立つトランプ氏にとって、安倍氏は「最も良好な個人的関係」(ボルトン前大統領補佐官)を築いていた首脳。辞意表明は、米政府に衝撃を持って受け止められている。   民主党大統領候補のバイデン前副大統領も28日、ツイッターに「安倍氏の友情と指導力に感謝する」と投稿。「あなたが辞任するのを見るのは寂しいが、強力な同盟関係は今後も続く。友よ、末永い健康を願っている」とつづった。 写真:トランプ大統領(左)と安倍晋三首相=2019年6月    

  • 俳優C・ボーズマン氏死去
「ブラックパンサー」主演

 

    俳優C・ボーズマン氏死去 「ブラックパンサー」主演  

    2020年08月29日

      【ロサンゼルス29日時事】俳優チャドウィック・ボーズマン氏が28日、がんのため自宅で死去した。43歳だった。米主要メディアが伝えた。主要登場人物を黒人が占めたことで話題を呼んだ映画「ブラックパンサー」(2018年)で主人公を演じたことで知られる。   13年に「42~世界を変えた男~」で黒人初の大リーガー、ジャッキー・ロビンソン役を演じ、注目を集めた。伝記映画「ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男」(14年)でも主演を演じ、人気を博した。   ツイッターの公式アカウントによると、16年に「ステージ3」の大腸がんと診断されていた。 写真:チャドウィック・ボーズマン氏=2019年6月    

  • 「トランプ氏の友人」安倍首相辞意に衝撃

同盟強化に多くの貢献

 

    「トランプ氏の友人」安倍首相辞意に衝撃 同盟強化に多くの貢献  

    2020年08月28日

      【ワシントン29日時事】米政府高官は28日、辞意を表明した安倍晋三首相について、「トランプ大統領と共に日米同盟をこれまでで最も強力にした」と称賛した。その上で「後継者と協力し、両国関係をさらに強化し、共通の目標を推進していきたい」と強調した。 首相は「海外首脳の中でトランプ氏と最も良好な個人的関係」(ボルトン前大統領補佐官)を構築しており、辞意表明は米国で衝撃をもって受け止められている。   外交・安全保障面で、日本を東アジア地域の最も重要な同盟国と位置付けているトランプ政権は、首相が打ち出した「自由で開かれたインド太平洋」構想を支持。北朝鮮の非核化をめぐる米朝協議に際しては、トランプ氏が金正恩朝鮮労働党委員長に拉致問題を提起するなど、首相と緊密に連携してきた。   米保守系シンクタンク「アメリカン・エンタープライズ政策研究所」のザック・クーパー研究員は、安倍政権が国家安全保障局や同盟調整メカニズムの設置など「日米同盟を強化する多くの改革を実行してきた」と指摘。長期にわたって安定的な政治リーダーシップをもたらしてきた首相の退陣により「米国は大きな調整を迫られる」と語った。   2019年5月と6月、トランプ氏の異例となる2度の訪日が実現した背景にも、首脳間の親密な関係があった。クーパー氏は「どの後任候補もトランプ氏と同様の親密な個人的関係を持てるかは疑わしい」と懸念を示す。   トランプ氏は18年にイラン核合意を離脱後、イラン側との新たな合意に向けた交渉を目指し、首相に仲介を依頼。首相はテヘランを訪れ、最高指導者ハメネイ師らと会談したが、失敗に終わった経緯がある。 写真:笑顔でゴルフに臨むトランプ大統領(左)と安倍晋三首相=2019年5月、千葉県茂原市    

  • 今週に入り学生100人以上がコロナ感染 USC  

    2020年08月27日

    【ロサンゼルス27日】南カリフォルニア大学(USC)の学生ヘルスサービス課は27日、今週に入り学生104人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち73人は、何らかの症状が出ていたか、感染者と濃厚接触した可能性があるとして検査を受けた。残りの31人はボランティアで検査を受けた無症状者。これら104人の大半がキャンパス外の居住者。   USCでは24日にも、キャンパス外に居住する学生43人の感染が明らかになっている。26日には、キャンパス内に住む学生として初めて、3人がウイルス検査で陽性となった他、スポーツ選手8人が陽性反応を示したため、フットボールと男子ウォーターポロの練習が中止となった。   集団感染が起きたのは、モノポリーゲーム同好会の集まりだった可能性が高いとみられ、大学側は、キャンパス外の学生用居住空間で集まらないよう注意を呼び掛けている。    

  • 黒人男性「もう歩けない」
デモ暴徒化、非常事態宣言
米中西部

 

    黒人男性「もう歩けない」 デモ暴徒化、非常事態宣言 米中西部  

    2020年08月26日

      【ニューヨーク26日時事】ウィスコンシン州ケノーシャで黒人男性ジェーコブ・ブレークさん(29)が背後から警官に撃たれ、重体となった問題で、家族の代理人弁護士は25日、記者会見し、ブレークさんが脊髄を損傷、「奇跡が起きなければもう歩けない」と明らかにした。関与した警官の逮捕を求めている。   ミネソタ州で5月に黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件から25日で3カ月。ブレークさんの問題を機に抗議デモが全米で再燃する可能性がある。   米メディアによると、地元では抗議デモの一部が暴徒化して車両などを放火。エバーズ州知事(民主)は25日、非常事態を宣言した。地元当局の支援などのため州兵の動員数も拡大する。一方、司法省や連邦捜査局(FBI)も警官の発砲の経緯を調べているという。   ブレークさんの母親ジュリア・ジャクソンさんは記者会見で、暴徒化した一部による破壊活動について、「息子や家族の思いを反映していない」と述べ、やめるよう呼び掛けた。   発砲の様子を映した動画で銃声は7回聞こえた。家族の弁護士によると、ブレークさんは胃に穴が開き、結腸や小腸、腎臓などに損傷があった。「今も手術中だが、これが最後の手術とはならない」と語った。   米メディアによると、警官は家庭内トラブルの通報を受け現場に駆け付けた。ブレークさんの家族の弁護士はブレークさんが「女性2人のけんかを止めていた」と主張している。 写真:25日、息子のジェーコブ・ブレークさんが警官に撃たれた事件を受けて記者会見するジュリア・ジャクソンさん(中央)