全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月04日

テキサスで銃乱射、20人死亡=白人の男拘束、憎悪犯罪か

【テキサス 8月4日 時事】テキサス州エルパソのショッピングモールで3日、銃乱射事件が起き、アボット同州知事は20人が死亡したと発表した。警察当局によれば、26人が負傷し病院で治療を受けている。容疑者は1人で既に拘束された。犯行に使われたのは半自動小銃とみられる。

 

米メディアは、拘束されたのは同州に住む21歳の白人の男、パトリック・クルシウス容疑者と伝えている。警察は、容疑者がインターネット上に出したとされる声明文を分析、憎悪犯罪の可能性を指摘している。
 エルパソはメキシコ国境沿いにあり、8割がヒスパニック系移民。犠牲者にはメキシコ人も含まれており、移民を狙った犯行を疑う見方も出ている。

 

乱射はモールに入っている大規模小売店ウォルマートなどで発生。土曜ということもあり、多くの家族連れでにぎわっており、逃げ惑う人で大混乱した。
 トランプ大統領はツイッターで、乱射事件を「臆病な行為。無実の人々の殺害は絶対に正当化されない」と非難した。

 

写真:3日、乱射事件が起きた米南部テキサス州エルパソのショッピングモールの現場に到着した警官隊(AFP時事)

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • ジャイアンツに初の女性コーチ 大リーグ  

    2020年01月17日

    【サンフランシスコ17日時事】大リーグのジャイアンツは16日、元女子ソフトボール選手のアリッサ・ナッケン氏がアシスタントコーチに就任すると発表した。メジャーで初の女性コーチとなる。   ナッケン氏はカリフォルニア州立大サクラメント校時代にソフトボールの一塁手として活躍。ジャイアンツには2014年にインターンとして加わり、これまでドラフトや国際事業、選手育成部門に携わった。  

  • グーグルも「1兆ドル企業」 時価総額、米で4社目  

    2020年01月17日

    【シリコンバレー17日時事】16日の米株式市場でIT大手グーグルの持ち株会社アルファベットの株価が上昇し、株価に発行済み株式をかけて算出される時価総額が1兆ドル(約110兆円)を上回った。個人情報保護の強化や独占禁止法違反をめぐる調査など逆風が吹くが、主力のインターネット広告に加え、クラウドなどの事業の拡大が続いており、投資家の成長期待が集まった。   米企業で時価総額が1兆ドルに到達したのは、アップルとアマゾン・ドット・コム、マイクロソフトに続いて4社目。この日のアルファベット株は、前日比0・76%高の1450・16ドルで引けた。   グーグルは1998年に創業し、2015年に持ち株会社化。昨年12月に共同創業者のラリー・ペイジ氏がアルファベット最高経営責任者(CEO)を退き、後任にグーグルのスンダー・ピチャイCEOが就任したばかり。  

  • トヨタ、「空飛ぶ車」で提携 ベンチャーに3.9億ドル出資

 

    トヨタ、「空飛ぶ車」で提携 ベンチャーに3.9億ドル出資  

    2020年01月16日

    【ニューヨーク16日時事】トヨタ自動車は15日、「空飛ぶ車」の早期実現に向け、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を手掛ける米新興企業ジョビー・アビエーション(カリフォルニア州)と提携すると発表した。3億9400万ドル(約430億円)を出資し、友山茂樹副社長をジョビーの取締役として派遣する。   eVTOLは、都市部の渋滞や環境負荷の低減、過疎地の輸送手段の確保といった交通課題を解決できる新たな「空のモビリティー(移動手段)」として期待されている。トヨタは、従来の自動車で培った生産技術を生かし、設計や素材、電動化などの分野でジョビーに協力。品質や安全性、コスト基準などを満たしたeVTOLの量産化に取り組む。   トヨタの豊田章男社長は声明で「空のモビリティー事業にチャレンジする。トヨタ創業以来の夢でもある」と述べた。   ジョビーは、ジョーベン・ビバート最高経営責任者(CEO)が2009年に創業。eVTOLの開発を通じ、将来的には「空飛ぶタクシー」サービスの提供を目指している。  

  • オ郡の子供ら、レモネード・スタンドで2500ドル集める 豪州森林火災で支援  

    2020年01月16日

    【ロサンゼルス16日】オレンジ郡サン・ファン・キャピストラノで16日、オーストラリアの森林火災で被災した動物を助けるために、子供たちがレモネード・スタンドをオープンさせ、2500ドル以上を集めた。 子供らは、レモネードの他にもクッキー、本、ぬいぐるみなどを販売。 ラグナ・ビーチの幼稚園元教師のジェニー・カールソンさんと8歳の娘が、森林火災から保護されるコアラの映像をニュースで見て心を痛め、レモネード・スタンドのアイデアが浮かんだという。  

  • LA市の犯罪が昨年7%減少 殺人は3%減で1966年以来最低  

    2020年01月15日

    【ロサンゼルス15日】ロサンゼルス市警が15日に発表した年間レポートから、昨年、市内で起きた犯罪が前年度比で7%減ったことが分かった。 殺人発生率が3%減り253人となり、この数字は1966年以来最低となる。同市の殺人発生率が最悪だったのは、ロサンゼルス暴動が起きた1992年で、この年に比べると昨年は4分の1以下だった。   LA市警のミシェル・ムーア警察署長とエリック・ガルセティ市長はともに、コミュニティーに密着した治安活動と警官200人を増員したことが功を奏したと評価。 レポートではまた、発砲事件が6%減少の約900件で、これは21年間で最低。凶悪犯罪は約6%減少して約27000件、強姦は約23%、空き巣は8%それぞれ減少した。