全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月04日

テキサスで銃乱射、20人死亡=白人の男拘束、憎悪犯罪か

【テキサス 8月4日 時事】テキサス州エルパソのショッピングモールで3日、銃乱射事件が起き、アボット同州知事は20人が死亡したと発表した。警察当局によれば、26人が負傷し病院で治療を受けている。容疑者は1人で既に拘束された。犯行に使われたのは半自動小銃とみられる。

 

米メディアは、拘束されたのは同州に住む21歳の白人の男、パトリック・クルシウス容疑者と伝えている。警察は、容疑者がインターネット上に出したとされる声明文を分析、憎悪犯罪の可能性を指摘している。
 エルパソはメキシコ国境沿いにあり、8割がヒスパニック系移民。犠牲者にはメキシコ人も含まれており、移民を狙った犯行を疑う見方も出ている。

 

乱射はモールに入っている大規模小売店ウォルマートなどで発生。土曜ということもあり、多くの家族連れでにぎわっており、逃げ惑う人で大混乱した。
 トランプ大統領はツイッターで、乱射事件を「臆病な行為。無実の人々の殺害は絶対に正当化されない」と非難した。

 

写真:3日、乱射事件が起きた米南部テキサス州エルパソのショッピングモールの現場に到着した警官隊(AFP時事)

関連記事:その他の全米/ローカルニュース