全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2019年08月04日

テキサスで銃乱射、20人死亡=白人の男拘束、憎悪犯罪か

【テキサス 8月4日 時事】テキサス州エルパソのショッピングモールで3日、銃乱射事件が起き、アボット同州知事は20人が死亡したと発表した。警察当局によれば、26人が負傷し病院で治療を受けている。容疑者は1人で既に拘束された。犯行に使われたのは半自動小銃とみられる。

 

米メディアは、拘束されたのは同州に住む21歳の白人の男、パトリック・クルシウス容疑者と伝えている。警察は、容疑者がインターネット上に出したとされる声明文を分析、憎悪犯罪の可能性を指摘している。
 エルパソはメキシコ国境沿いにあり、8割がヒスパニック系移民。犠牲者にはメキシコ人も含まれており、移民を狙った犯行を疑う見方も出ている。

 

乱射はモールに入っている大規模小売店ウォルマートなどで発生。土曜ということもあり、多くの家族連れでにぎわっており、逃げ惑う人で大混乱した。
 トランプ大統領はツイッターで、乱射事件を「臆病な行為。無実の人々の殺害は絶対に正当化されない」と非難した。

 

写真:3日、乱射事件が起きた米南部テキサス州エルパソのショッピングモールの現場に到着した警官隊(AFP時事)

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LA市の12000人以上が停電被害 熱波で電力需要が急増し  

    2020年08月19日

    【ロサンゼルス19日】熱波に見舞われているロサンゼルスで18日夜、電力の需要が急増したため、ロサンゼルス市水道電力局(LADWP)の顧客12000人以上が停電の被害にあった。   翌19日の午前5時半時点で、およそ6600戸がまだ停電しており、その被害が最も深刻だったのがスタジオシティ、コレアタウン、バンナイス、バレービレッジ。   加州の送電システムを総括する独立系統運用機関は、エアコン使用などによる電力需要急増で送電システムが崩壊する事態を防ぐため、計画停電を実施する可能性も示唆している。    

  • バスと衝突の17歳ドライバーをDUIで逮捕 イーストLA 14人が負傷  

    2020年08月19日

    【ロサンゼルス19日】イーストLAで19日午前10時45分頃、メトロの大型バスとフォルクスワーゲンのビートルが衝突する事故が起き、14人が病院へ搬送された。 カリフォルニア州ハイウェー・パトロール局によると、ビートルを運転していた17歳の少年が赤信号を無視してバスと衝突した後、信号機の柱に突っ込んだ。少年は後にDUIで逮捕された。   ビートルに同乗していた17歳の少女2人が重傷を負い、バスの乗客1人が重傷、11人が軽傷を負った。運転していた17歳の少年は軽傷で帰宅しており、今後、刑事責任が問われる可能性が高い。    

  • アズサ山火事、ホームレスの男を 放火容疑で起訴  

    2020年08月18日

    【ロサンゼルス18日】先週、アズサ近くの約4300エーカーを焼いた山火事で、ロサンゼルス郡検事局は18日、オスミン・パランシア容疑者(36)を放火の重罪容疑で起訴した。   パランシア容疑者は、同エリアにテントを張り暮らしていたホームレスで、13日に口論中に放火した疑いがある。同放火容疑の他にも、複数の逮捕状が出ていた。有罪なら最高23年の禁固刑が科される。   この火事の影響で、周辺道路やハイウエーが閉鎖されたものの、住宅地に迫った火の手は消防員らの消火活動のお陰で食い止められた。    

  • 高校生がサッカー練習後に死亡 熱中症の可能性  

    2020年08月17日

    【ロサンゼルス17日】サッカーのスター選手だったPalisades Charter High Schoolのシェーン・トーマスさん(17)が15日、所属していたクラブチームの練習後に死亡した。練習を行っていたチノ・ヒルズはこの日、正午の気温が華氏111度(摂氏43.9度)まで上がる猛暑日で、トーマスさんは熱中症にかかった可能性が高い。   トーマスさんは練習後、コーチの車にボールを運んだ後戻らず、探しに行ったチームメートが倒れているのを見つけ、救急車をよんだが手遅れだった。   カルフォルニアでは各地で100度を超える猛暑日が続いており、UCLAの気候科学者は、過去10年間で最大の熱波になりうると警告している。    

  • バレーの教会が州知事と市長を提訴 「屋内礼拝禁じるコロナ規制は差別」  

    2020年08月13日

    【ロサンゼルス13日】サンファナンドバレーの教会「Grace Community Church」が13日、信者が集まる屋内での礼拝を禁じる新型コロナ関連規制について、人種差別に反対する抗議デモなどには適用されない同規制が教会行事には適用されるのは差別だとし、カリフォルニア州知事とロサンゼルス市長らを相手取る訴訟を起こした。   「Grace Community Church」は7月26日、規制に反して屋内での礼拝を再開させることを決め、29日に郡当局が警告を出したが、従わなかった。新型コロナによる屋内礼拝禁止令をめぐっては、パサデナの「Harvest Rock Church」も市側と対立する姿勢を見せており、今後も法的バトルが増えそうだ。