連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年08月07日

世界の平和を願い伝える武士道精神

Peace Messenger
藤原 武蔵 / Fujiwarano Musashi

義、勇、仁、礼、誠、名誉、忠義。いわゆる”武士道”が説く七つの徳目だ。自己規律や自立した精神を育てる教えで、侍の生き方を指す。

藤原武蔵さんは、この武士道精神を世界で広めることによって平和をもたらしたいと、2年前から地道な活動を続けている。

 

数年前、友人が事故で急死するという辛い経験をした。

人はいつ死ぬかわからないと実感し「いま自分が死んでも、この世に何も残すことができない。だったら何かしたい」という思いが生まれた。

さらに、世界でひん発するテロについてのニュースを目にすることが増え、「人のために何かできないだろうか」と考えた。

そんなとき、日本はなぜ平和なのか、疑問に思った。特に、200年以上続いた江戸時代のような平和はほかのどの国の歴史にもない。

「いろいろと勉強をしていくうちに、幕府の政策だけでなく、当時の日本人は武士道精神を元に生活していたからこそ、平和を築くことができたのだと気づきました」。

 

侍の戦う部分ではなく、あくまでもメンタルの核となるサムライ・スピリットを世界中の人に伝えたい。そんな気持ちで、2017年7月、ここロサンゼルスでパネリストとして武士道精神について説いたフォーラム参加から、〝World Peace Messenger〟としての活動が始まった。

 

侍の格好で「World Peace」と書かれたのぼりを掲げ、世界の各都市を歩く。

興味を持った人が話しかけてくると、武士道精神について説明しウェブサイトやインスタグラムを案内する。

 

地道だが、ウガンダでは小学校を訪れて子どもたちと交流したり、コルカタのマザー・テレサが作った施設で2週間ボランティアをするなど、人と人とのつながりによってネットワークは着実に広がっている。

これまで2年間で五大陸24カ国を周り、7月に2年ぶりにLAへ戻ってきた。

 

世界を周ることであらためて感じたことがある。「先進国から発展途上国まで行ったが、現地の人たちが見ず知らずの自分に優しくしてくれ、人間として当たり前のことが本当にありがたかった。国が発展し生活が豊かになるにつれて、本来人が持っている思いやりの精神などは薄れてしまっている」。

 

日本ですら忘れ去られてしまった武士道精神を海外で広め、より効率的かつ幅広く知ってもらうためにも、いずれは武士道についての映画を製作したいという。

 

最終的には、世界から日本へ逆輸入の形で活動の場を移すことも視野に入れている。

「根本の精神は世界共通のはず。それぞれ異なる宗教やバックグラウンドなど、互いに受け入れて尊敬し合えれば世の中は良くなる」と信じる。

 

「LAは原点。また戻ってくる」ということばを残し、藤原さんは再び世界へと旅立った。

 

Peace Messengerとして武士道精神を世界に伝える藤原武蔵さん。ロンドンでの2年間の留学経験を持ち、このときの海外生活は「日本という国を客観的に見られるようになった」と、グローバル侍の原点となっている。2017年に開設した公式Instagram(@samurai__musashi ※編集部注:アンダーバーは2本)は2年間でフォロワー2万2千まで増加


パフォーマーではないため、チップをくれようとする人も多いがすべて丁重に断っている。「武士道精神はお金のためではなく人のため」と、サムライ・スピリットを日々大切にする

活動を始めたLAでは「最初は度胸が必要だったが、初日からサンタモニカを歩いていて出会った人たちががんばれと声をかけてくれたり、車の中から親指を立てて合図してくれたり、勇気をもらって背中を押された」という

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • ママになっても
才能を活かしてほしい

マリンバ奏者

高田 直子

Naoko Takada
 


 

    ママになっても 才能を活かしてほしい マリンバ奏者 高田 直子 Naoko Takada    

    2020年03月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

    ぽわん、ぽろん、ぽろろん。まるみを帯びた深い音色。スタジオに続く木製扉の前で耳を澄ませて立ち止まった。 マリンバという楽器をご存知の方はどれくらいいらっしゃるだろう。マリンバは、いわゆる木琴の一種。木琴の音は固く乾いた音であるのに対し、マリンバのそれはやわらかい。   マリンバ奏者の高田直子さんのスタジオを訪れた日は、空には雲ひとつなかった。開け放たれたドアの向こうにマリンバが見える。想像よりもずっと大きい。ビブラフォンもドラムもピアノもあった。光が注がれる楽器はどれも本当に神々しい。   マリンバはピアノよりも鍵盤数が多く感じたので尋ねてみると、すぐさまピアノの前に座り「そんなことないです。ほらね」と慣れた手つきで弾いてくれた。 なるほど、マリンバとピアノはまったく違う楽器にみえるが、考えてみれば同じ鍵盤打楽器だ。たたくことで音を出す。   出会いは8歳。母親と一緒に行った雛祭りコンサートだった。「最初は大きな家具だなって(笑)そこで聴いたのは『熊蜂の飛行』でした」 マリンバに出会ってしまった直子さんは「習いたい」と親に頼んだが、最初の頃は一時的なことだろうと相手にされなかった。けれども変わらぬ情熱に母親は「1回だけね」と約束して教室に連れて行ってくれた。   その1回が2回になり3回になった。そのうちに忘れるだろうと思った親の期待とは裏腹に、彼女の熱意は薄まるどころかどんどん増した。 父親は、新聞紙を切って音の出ない即席マリンバを作ってくれ、彼女はそれで練習した。 遂にマリンバを買ってもらったとき、あまりの嬉しさにマリンバの下で寝たほど。   先生についてめきめきと力をつけた彼女は、11歳で初めて舞台に立った。しかし中学の時に一度マリンバを辞めている。「舞台に立って以降は、周りからプロになるの?どうするの?と何度も聞かれ、それがすごく嫌だったんです」   早稲田大学の心理学科に進み、一年間の交換留学でカリフォルニア大学ノースリッジ校(CSUN)を訪れたことがその後の運命を大きく変える。早稲田を中退し、CSUNの音楽学科に編入し、再びマリンバと向き合う日々が始まったのだ。   「一日6時間、5年間集中すればプロになれる」と信じ、昼夜問わず練習に身を捧げた。 当時の自分の言葉をどう思うかと聞いたら「生意気だったと思います」と笑った。   2002年、ニューヨークで開かれたヤング・コンサート・アーティスト国際オーディションで優勝したことを機にプロとして始動。「20代のときは仕事を選べなかったけど今は選ぶことができて幸せ。子供と過ごす時間が何より大事です」   交換留学初日に出会ったご主人との間には2人の可愛い子供がいる。「才能があるのに子育てでやめてしまう人を私はもったいないと思う。 ママになっても自分の才能を活かしてほしい」彼女の演奏に勇気をもらう理由がわかった気がした。  

  • 出会った瞬間、これだと思った

サンドアーティスト

ラッセル 知絵

Chie Russell


 

    出会った瞬間、これだと思った サンドアーティスト ラッセル 知絵 Chie Russell  

    2020年03月18日 ロサンゼルスで暮らす人々

    NASP(ノースアメリカンサンドペインターズ協会)で講師資格を取得し、インストラクター、サンドアーティストとして活動するラッセル知絵さん。 連絡先:ラッセル知絵(サンドアーティスト) R.SandPaintingStudio@gmail.com 213-537-3957

  • 途中でやめるのはいつだって自分

NASA Jet Propulsion Laboratory システムズエンジニア

石松 拓人

Takuto Ishimatsu



 

    途中でやめるのはいつだって自分 NASA Jet Propulsion Laboratory システムズエンジニア 石松 拓人 Takuto Ishimatsu  

    2020年03月13日 ロサンゼルスで暮らす人々

    NASA Jet Propulsion Laboratory システムズエンジニアの石松拓人さん。2012年に着陸した火星ローバー『キュリオシティ』のエンジニアリングモデルの前で。

  • 民謡を通して、日本の美しさや日本の心を歌い継ぐ

民謡歌手

小杉 真リサ

Marisa Kosugi


 

    民謡を通して、日本の美しさや日本の心を歌い継ぐ 民謡歌手 小杉 真リサ Marisa Kosugi  

    2020年03月04日 ロサンゼルスで暮らす人々

    今年で創設55周年を迎える日本民謡「松豊会」の民謡歌手、小杉真リサさん。 photo by Albert Lien

  • トレンドにあわせて探求し続ける美食

Katsu-ya Group総料理長

釘田 慎二

Shinji Kugita



 

    トレンドにあわせて探求し続ける美食 Katsu-ya Group総料理長 釘田 慎二 Shinji Kugita  

    2020年02月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

    Katsu-ya Groupの総料理長として、同グループ代表の上地勝也氏の右腕として全店舗の指揮をとる釘田慎二さん。 www.katsu-yagroup.com