全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月28日

5月の風物詩、いちご祭りが今年も中止に

 

【ロサンゼルス27日】いちごのシーズンになると家族連れなどでにぎわう人気催し、オックスナードの「California Strawberry Festival」と、ガーデン・グローブの「Garden Grove Strawberry Festival」が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年に続き今年も中止されることが決まった。

 

ベンチュラ郡で最大規模の催し、「California Strawberry Festival」は通常、5月後半にオックスナードで開催される。次回は2022年の5月14、15日の開催を予定している。

 

ガーデン・グローブで1958年にスタートした「Garden Grove Strawberry Festival」は、次回は2022年のメモリアルデーの週末の開催を予定している。付随イベントの「Strawberry Stop 5K」も、来年5月28に行われる予定。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 妻を刺殺した疎遠の夫を逮捕 子供3人は無事保護  

    2021年04月16日

    【ロサンゼルス16日】母親と子供3人が暮らすサンタクラリタの住宅に15日早朝、ワシントン州で暮らしていた子供の父親が押し掛け、母親を刃物で刺して殺害する事件が起きた。   この疎遠になっていた夫のジェームス・ドーシー容疑者(43)は犯行後、妻の車で逃走し、警察との3時間以上のスタンドオフの後、同日午後10時過ぎに、カーン郡とのボーダー近くで逮捕された。逮捕前、車内でナイフを振り回すなどして抵抗した。   警察が事件の通報を受けたのは15日午前5時10分頃で、住宅内で刺された母親を発見。子供たちは寝ており、ケガなどもなかった。母親は搬送先の病院で死亡したが、息をひきとる前に、ドーシー容疑者の犯行であることを告げた。   警察によると、ドーシー容疑者は事件の前日にワシントン州から車で現地に到着していた。子供らは保護され、親戚宅か保健福祉局の管轄施設に預けられている。    

  • ラクーン38匹が犬ジステンパーに感染 犬へのワクチン接種呼び掛け  

    2021年04月16日

    【ロサンゼルス15日】ロングビーチ市のアニマル・ケア・サービスは15日、犬などの伝染病「ジステンパー」に感染したラクーン少なくとも38匹とスカンク1匹が、市の東部を中心に見つかったとし、アウトブレイクの可能性が高いとして、犬への早急なワクチン接種を呼び掛けている。   ジステンパーは、ヒトのはしかとよく似た感染力の強いウイルスで、特に子犬がかかりやすく致死率も高い。典型的な症状は、発熱、鼻汁分泌、くしゃみ、結膜炎、食欲減退、下痢など。感染している動物との接触や、エサ・水の共有などからも感染する。    アニマル・ケア・サービスはまた、ドッグ・パークや犬用デイケアなどの利用で感染する可能性があることも指摘。犬が野生動物と接触するのを避け、エサと飲み水は室内に置くようアドバイスした。   ペットがジステンパーに感染した可能性がある場合は、「Long Beach Veterinary Disease Reporting System」へ報告するよう求めている。    

  • 菅首相 ワシントンへ出発 対面で初の日米首脳会談  

    2021年04月15日

    【東京15日】菅総理大臣はアメリカのバイデン大統領との首脳会談に臨むため日本時間15日夜、ワシントンに向けて出発した。菅総理大臣は会談を通じてバイデン大統領との信頼関係を築き、日米同盟をさらに強固なものにしたいという考えを示した。    

  • Metrolinkの駅にクリニック車両 一日250回分のワクチン接種へ新たな試み  

    2021年04月15日

    【ロサンゼルス15日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は20日から、Metrolinkとパートナーを組み、パームデールとランキャスターの駅で、クリニック車両を用いた無料の新型コロナ・ワクチン接種を行う。   接種が受けられる時間帯は火曜から土曜の午前10時から午後7時。ワクチン供給元の「RemediaCare」を通じて事前に予約するか、空いていれば予約なしでも接種できる。これらの駅ではそれぞれ、一日につき250回分のワクチン接種が行われる予定。   Metrolinkはまた、各駅から徒歩でも行ける3マイル以内にあるワクチン接種場のリストをサイト上で公開している。詳しくは、 https://metrolinktrains.com/vaccine-finder    

  • カトリック教会元司祭を未成年への性的暴行で提訴  

    2021年04月15日

    【ロサンゼルス14日】カトリック教会の元司祭であるクリストファー・ジョン・カニンハム容疑者(58)が14日、1995年から2001年の間に、14歳以下の男子4人を性的に暴行した12件の容疑で提訴された。   ロサンゼルス郡検事局によると、カニンハム容疑者が性的暴行を行ったのは、パームデールの「Saint Mary’s Catholic Church」で1995年から1998年、またレドンド・ビーチの「Saint Lawrence Martyr Catholic Church」で1998年から2001年にかけてで、10歳、11歳、12歳などの少年が複数回にわたり性的暴行を受けた。