全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月21日

未成年の少女10人への性的暴行容疑で
4人を逮捕

 

【ロサンゼルス20日】サンバナディーノ郡リアルトの住宅で16日、未成年の少女ら10人に売春をさせていたなどの容疑で、ガブリエル・コレア容疑者(55)ら男女4人が逮捕された。

 

家出少女をかくまっているとの通報を受けた警察がこの家に駆けつけ、12歳から17歳の少女4人を含む10人の少女を保護した。同時に、違法に栽培されているマリファナ426株も見つかった。

 

リアルト市警によると、性的暴行を受けていた少女らは、サンバナディーノ郡やロサンゼルス郡の出身で、警察当局が身元の確認を急いでいる。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 春休みの旅行でアウトブレイクの可能性 新型コロナで保健当局が注意呼び掛け  

    2021年03月29日

    【ロサンゼルス29日】新型コロナウイルスの感染者数と死者数が減少傾向にある中、保健当局は、春休み中の旅行が新たなアウトブレイクを引き起こす可能性があるとして、注意を呼び掛けている。   各地で学校などが春休みに入る中、米運輸保安局(TSA)は、過去15日間に、パンデミック以来急増の一日100万人以上の旅行者が空港を利用していると報告。ロサンゼルス国際空港では21日の日曜日に、約154万人が搭乗手続きを行なった。   ロサンゼルス郡では、旅行者への防疫措置が引き続き取られており、郡を訪れた人への15日間の自主隔離や、120マイル以上離れた場所への不要不急な旅行は避けることなどが求められている。    

  • アジア系経営のネイル・サロンにヘイトの手紙 LA各地でデモ隊がラリー  

    2021年03月29日

    【ロサンゼルス29日】リバーサイド郡でネイル・サロンを営むアジア系のオーナー宛てにこのほど、「お前はここに属さない」などと書かれた手紙が送られる事件が起きた。   サンバナディーノから発送された26日付け消印の同様の手紙が、ユカイパと北カリフォルニアの2ヵ所のアジア系が経営するサロンにも届いており、警察当局は、差出人が同じ人物である可能性が高いとみて、ヘイトクライムとして捜査している。   シール・ビーチのシニア・コミュニティー在住で、夫を亡くしたばかりの韓国系女性にも19日、人種差別の手紙が届くなど、アジア系へのヘイトクライムが増加している。   ロサンゼルス地域では26日と週末、コレアタウンやサンゲーブリエル・バレーなどで、アジア系へのヘイトクライム撲滅を訴えるデモが行われた。サンゲーブリエル・バレーでは26日、200人以上のデモ参加者が「United Against Hate」と書かれたプラカードを手に行進。ジュディー・チュー下院議員(民主)も参加し、反ヘイトクライムの法律制定へ向けた米議会の動きについて言及し、早急な対策の必要性を強調した。    

  • 2月の寒波による死者111人に テキサス州  

    2021年03月26日

    【テキサス26日】先月の厳しい寒波を受けてのテキサス州での死者数が111人に達していたことが分かった。州の保健当局が今月25日に明らかにした。   報告されたのは2月11日から3月5日までの死者で、死因の大半は低体温症に関連している。    

  • エコ・パークのホームレステント撤去、プロテスター182人を逮捕  

    2021年03月26日

    【ロサンゼルス26日】ロサンゼルス・ダウンタウンの西側に位置するエコ・パークで25日夜、ホームレスのテント村を撤去しようとする警官と、それに反対するプロテスト参加者が衝突し、182人が逮捕された。   エコ・パーク・レイクでは、ホームレスのテント村が巨大化し、治安や衛生状態が悪化していたことから、市当局が24日、パーク周辺にフェンスを設置し立ち入りを禁じ、ホームレスを一時的に仮設住宅などへ移す作業が続いている。   同地区を管轄するミッチ・オファーレル市議によると、25日の32人を含むホームレス約200人がこの一週間で仮設住宅に入居した。今後、約50万ドルを投じてパーク内の修復作業が行われ、壊れた電灯や配管の修理、有害物質の撤去などが行われる。   同市議によると、エコ・パークのホームレスのテント村では、麻薬の過剰摂取や性的暴行、動物虐待などの問題が深刻化しており、昨年は4人が死亡。2020年の1月と2月にも、市のテント撤去作業で大規模なプロテストが起きており、プロテスト参加者は、ホームレスの人権侵害などを訴えている。    

  • メルローズで犯罪多発 真昼間の窃盗も  

    2021年03月26日

    【ロサンゼルス25日】トレンドの発信地として人気のメルローズ周辺で最近、真昼間の窃盗などが相次ぎ、注意が呼び掛けられている。   22日午後1時40分頃には、メルローズ・アベニューを彼女と歩いていた男性に3人の男が近付き、男性の首から金のネックレスを奪って逃走。防犯カメラの映像では、この容疑者3人は20代から30代の黒人で、待機していた4人目の男が運転する赤色セダン車に乗って逃げた。   同エリアでは、年末から2月にかけて、凶器を使った強盗事件が少なくとも7件と、殺人事件が3件起きている。   24日夜には、住民らで組織されるメルローズ自警団とロサンゼルス市警が、治安改善を呼び掛けるピース・ウォークを実施。市警は同エリアのパトロールを強化し、覆面捜査官も導入している。