全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月21日

未成年の少女10人への性的暴行容疑で
4人を逮捕

 

【ロサンゼルス20日】サンバナディーノ郡リアルトの住宅で16日、未成年の少女ら10人に売春をさせていたなどの容疑で、ガブリエル・コレア容疑者(55)ら男女4人が逮捕された。

 

家出少女をかくまっているとの通報を受けた警察がこの家に駆けつけ、12歳から17歳の少女4人を含む10人の少女を保護した。同時に、違法に栽培されているマリファナ426株も見つかった。

 

リアルト市警によると、性的暴行を受けていた少女らは、サンバナディーノ郡やロサンゼルス郡の出身で、警察当局が身元の確認を急いでいる。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • スポーツ観戦「ワクチンパスポート」が 必須に?  

    2021年03月31日

    【ニューヨーク31日】ニューヨーク州は26日、全米の州で初となるワクチン証明アプリ「デジタル・ワクチン・パスポート」の提供を始めた。IBMのアプリを利用しブロックチェーン技術に依拠、健康状態を証明するQRコードが表示される。バスケットボールなど試合会場での検証を踏まえての発表となった。    

  • 新型コロナ、LA郡とオレンジ郡など8郡がオレンジ色ティア移行へ  

    2021年03月30日

    【ロサンゼルス30日】各郡の新型コロナウイルス感染・経済状況を4段階で色分けする州のティア・システムで、ロサンゼルス郡とオレンジ郡を含む8郡が30日、現在の赤色ティアから1段階緩和のオレンジ色ティアへの移行を許可された。   オレンジ郡では31日から、オレンジ色ティアのビジネスガイドラインに沿い、経済活動などが緩和される。ロサンゼルス郡は30日、4月5日をめどにオレンジ色ティアのビジネスガイドラインを導入する見通しを示した。   オレンジ色ティアへの移行に伴い、レストラン、映画館、教会、ミュージアム、動物園、水族館などの収容人数の制限が、これまでの25%から50%へと緩和されるほか、フィットネスセンターも、これまでの10%から25%へ増加される。また、ドジャース球場やエンゼル球場の観客収容人数も、これまでの20%から33%になる。   オレンジ色ティアの条件は、毎日の新規感染者数の平均が10万人あたり3.9人以下、また検査陽性率が4.9%以下で、この状態を2週間維持しなければならない。現在のロサンゼルス郡の毎日の新規感染者数平均は10万人あたり3.1人、検査陽性率は1.5%。   ロサンゼルス郡が赤色ティアへ移行したのは3月12日。州のルールでは、感染状況が改善された場合でも、一つのティアに3週間は留まることを定めていることから、ロサンゼルス郡公衆衛生局のバーバラ・フェラー局長は「オレンジ色ティアへの早めの移行を指示した州の意図は不明」と言及。感染状況の改善を喜ぶと同時に、コロナ変異種の発生などを慎重に監視し続けるとした。    

  • 第56回スーパーボウル、来年2月13日にSoFi Stadiumで開催 LA舞台は1993年以来  

    2021年03月30日

    【ロサンゼルス30日】2022年のスーパーボウルが、イングルウッドに新設されたロサンゼルス・ラムズとロサンゼルス・チャージャーズの本拠地の「SoFi Stadium」で2月13日に開催されることが30日、NFLとロサンゼルス・スーパーボウル組織委員会により正式発表された。   ロサンゼルスは1967年に、第一回目のスーパーボウルをコロシアムで主催した。56回目の開催となる来年のスーパーボウルは、1993年にローズボウルで行われたダラス・カウボーイズ対バッファロー・ビルズ戦以来となるロサンゼルスが舞台になる。   ロサンゼルス・スーパーボウル組織委員会は30日、大会のロゴを発表し、開催日へのカウントダウンをスタートさせた。同委員会のケイシー・ワサーマン委員長は、「数百人のスポーツファンとロサンゼルス市民とともに、同市の歴史の中で最もエキサイティングなイベントの一つであるスーパーボウルの開催を楽しみにしている」と述べ、ラムズのオーナーやハリウッド・パーク、SoFi Stadiumに感謝した。    

  • コロナワクチン 成人の9割、3週間以内に接種対象に  

    2021年03月30日

    【ワシントン30日】バイデン大統領は29日、今後3週間以内に成人の90%が新型コロナウイルスワクチンの接種対象になり、自宅から5マイル以内に接種会場が確保されると発表した。   バイデン氏は「成人の多くは5月1日まで待つ必要はない。4月19日には接種対象になる」と発言している。    

  • ニューヨーク州、娯楽用マリファナ合法化合意発表  

    2021年03月29日

    【ニューヨーク29日】ニューヨーク州のアンドルー・クオモ知事は28日、州指導部が娯楽用マリファナ合法化の法案で合意したと発表した。