全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月21日

未成年の少女10人への性的暴行容疑で
4人を逮捕

 

【ロサンゼルス20日】サンバナディーノ郡リアルトの住宅で16日、未成年の少女ら10人に売春をさせていたなどの容疑で、ガブリエル・コレア容疑者(55)ら男女4人が逮捕された。

 

家出少女をかくまっているとの通報を受けた警察がこの家に駆けつけ、12歳から17歳の少女4人を含む10人の少女を保護した。同時に、違法に栽培されているマリファナ426株も見つかった。

 

リアルト市警によると、性的暴行を受けていた少女らは、サンバナディーノ郡やロサンゼルス郡の出身で、警察当局が身元の確認を急いでいる。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • モントレーパークで発砲事件、アジア系2人死亡  

    2021年04月06日

    【ロサンゼルス6日】モントレーパークのウエスト・ガービー・アベニュー沿いの飲食店「Music BBQ Bar」で5日夜、アジア系の男女2人が複数の発砲を受け死亡する事件が起きた。   ロサンゼルス郡シェリフ局が通報を受けたのは午後6時半頃で、死亡した男性はポモナ在住のザイミン・リさん(37)と、30代と思われる女性。目撃情報によると、容疑者は30代~40代のアジア系の男で逃走中。被害者を知っていて故意に狙ったと思われる。   シェリフ局は、犯人逮捕に向けた情報提供を求めている。情報はシェリフ局殺人課まで、電話323-890-5500。    

  • ワクチン接種完了者は自主隔離とコロナ検査なしで旅行可能 LA郡もガイドライン更新  

    2021年04月06日

    【ロサンゼルス5日】ロサンゼルス郡当局は5日、米疾病対策センター(CDC)が先週発表した、新型コロナウイルスのワクチン接種者の旅行ガイドラインを踏まえ、ワクチン接種が完了した人にはコロナ検査と帰宅後の自主隔離を求めないルールを発表した。   郡の新ガイドラインではまた、ワクチン接種を完了していない旅行者に対し、帰宅3~5日後のコロナ検査で陰性だった場合は、7日間の自主隔離を求め、コロナ検査を受けない場合は10日間の自主隔離を求めている。   また、病気の症状が出たすべての旅行者には、自主隔離を要求。全米でコロナ患者が増加している場所があることと、感染力が高い変異株が確認されていることなどを理由に、ノン・エッセンシャルな旅行はまだ控えるよう求めた。   CDC発表の新ガイドラインでは、ワクチン接種を完了した人が「低い危険度」で国内旅行できるとしており、コロナ検査や自主隔離を不必要とした。   CDCとロサンゼルス郡当局はともに、ワクチン接種の有無に関係なく、すべての旅行者に乗り物内でのマスク着用、ソーシャル・ディスタンスや手洗い、ハンドサニタイザーの使用を引き続き求めている。ワクチン接種がまだの人には、旅行日程を遅らせるよう促している。   ロサンゼルス郡では5日、新型コロナウイルスの新規感染者数が366人、死者数は1人だった。一日の新規感染者数は1月以降97%減少しており、パンデミック当初の昨年3月の数字に戻りつつある。コロナ患者の入院者数と死者数もそれぞれ、今年初めに比べ92%減少した。郡当局は同時に、ワクチンの供給が不足している現状に懸念も示し、引き続き感染対策を徹底するよう呼び掛けた。    

  • メキシコ国境越え アメリカへの移民が倍増  

    2021年04月06日

    【サンディエゴ6日】メキシコ国境を越えてアメリカへの入国を図る移民が2020年10月~21年9月で100万人以上に上る見込みだ。昨年度の45万8088人の倍以上に膨らむ見込み。 入国希望者が押し寄せているのは、バイデン大統領がトランプ前政権の移民政策を覆すことを公約しているためとみられている。  

  • 「スーパーマリオ」 66万ドル(7300万円)で落札  

    2021年04月05日

    【ニューヨーク5日】35年前に購入した任天堂のゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」がアメリカのオークションに出品され、約7300万円で落札された。   2日のオークションで66万ドル、日本円で約7300万円で落札。高額落札の背景は未開封であることと、製造年度が古かったからだとみられている。    

  • LACMA、奈良美智さんらの新展示携え再開 初日には長蛇の列  

    2021年04月05日

    【ロサンゼルス2日】新型コロナウイルスの影響を受けて閉鎖していたロサンゼルス郡立美術館(LACMA)が1日、一年以上ぶりに再開した。コロナの影響で延期になっていた、日本人アーティスト、奈良美智さんの回顧展をはじめ、複数の新しい展示がスタートし、初日には来館者の長い列ができた。   1日の時点で赤色ティアのロサンゼルス郡は、収容人数が25%に制限されたが、一段階緩和のオレンジ色ティアへ移行する5日以降は、収容人数の制限が50%になる。   来館者は事前にオンラインでチケットを購入することになり、料金はロサンゼルス郡在住者が大人20ドル、65歳以上の高齢者が16ドル、17歳以下は無料。LACMAでは現在、6億5千万ドル以上をかけた修復工事が進行中で、2023年に完成する予定。隣接する「La Brea Tar Pits」と、エクスポジション・パーク内の「ロサンゼルス自然史博物館」はともに8日から再開する。