全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月12日

UCとCSUが秋学期からの対面授業再開を計画

 

【ロサンゼルス12日】カリフォルニア大学(UC)機構とカリフォルニア州立大学(CSU)機構はそれぞれ、2021年のスクールイヤーが始まる秋学期から、対面授業を再開させる計画を発表した。

 

UC機構は、現在医療従事者への接種が進められている新型コロナウイルスのワクチンが、秋学期までには大学の学生や教職員に行き渡る見通しを示し、引き続き感染対策と安全ガイドラインを守りながら、学生を迎え入れる準備をしているという。

 

CSU機構のジョセフ・カストロ新総長は、秋学期からの対面授業再開計画はまだ暫定的としつつ、学生とその家族へ今後も最新情報を提供していくと説明。最終的な決断は、2021年のサマースクールへの登録締切日近くに下すと述べた。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 16歳少女、ヨットでNY到着
国連気候サミットへ大西洋横断

 

    16歳少女、ヨットでNY到着 国連気候サミットへ大西洋横断  

    2019年08月29日

    【ニューヨーク8月29日時事】9月下旬に国連本部で開かれる気候行動サミットに出席するため、「炭素排出ゼロ」のヨットを使って英国から米国に向けて大西洋を横断していたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が28日、ニューヨーク・マンハッタンの港に上陸した。   トゥーンベリさんは上陸後、港に集まった数百人の若者らや報道陣を前に「地面がまだ揺れている」と吐露、「(少し)休息を取りたい」と話した。一方、地球温暖化に懐疑的なトランプ米大統領に対しては「科学に耳を傾けてと言いたいが、彼がそうしないのは明白。気候変動の緊急性について、これまで誰も彼を説得できなかった。なのになぜ私ができるというのか」と指摘。「私は啓発活動を重視する」と表明した。  

  • クロスカントリー部員を橋から落とそうとした女逮捕  

    2019年08月29日

    【ロサンゼルス8月24日】サンタアナの「Ladera Ranch」で23日午後、トレーニングで走っていたCapistrano Valley High Schoolのクロスカントリー・チームの男子生徒が、ホームレスの女に体をつかまれ、高さ数百フィートある橋の上から落とされそうになる事件が起きた。女は、他の男子生徒2人にも暴行した。   オレンジ郡シェリフ局によると、女はステファニー・レドンド容疑者(23)で、殺人未遂容疑で逮捕された。   レドンド容疑者の母親によると、容疑者は離婚した父親の家の近くのトラックで寝泊まりしていた。精神障害を患っており、これまでに十数回入退院を繰り返しており、逮捕歴もあった。  

  • イーグル・ロックで山火事発生、約30エーカー消失  

    2019年08月29日

    【ロサンゼルス8月25日】イーグル・ロックのフリーウェー134号沿いで25日、山火事が発生し、広範囲に広がった煙の影響でフリーウェー134号と2号が一時的に閉鎖された。   同日午後7時時点で、グレンデールやグレンオークス・キャニオンの住宅約100軒に避難勧告が出された。 消防隊員200人以上が消火活動にあたり、翌26日朝には約50%鎮火し、近隣住宅への被害も防いだ。フリーウェー134号は26日に開通したが、フリーウェー2号の北行きは閉鎖されたままだった。   この火事でグレンデールの約30エーカーが消失した。  

  • LAの新人教師、収入の85%が家賃 Zillow調査  

    2019年08月29日

    【ロサンゼルス8月27日】不動産検索サイト「Zillow」の調査結果から、ロサンゼルス地域の新人教師が収入の85%以上を家賃に充てていることが分かった。この割合は、中堅教師で52%、最高給の教師で40%だった。   一戸建てを所有する教師を対象にした調査では、新人教師だと、収入の72%を住宅ローンの支払いに充て、この割合は中堅教師で44%、最高給の教師で34%。低金利のベネフィットを受け、賃貸組に比べて負担はわずかに軽い。   「Zillow」によると、ロサンゼルス地域の中間レント価格は2,386ドル。リバーサイド郡では2,017ドルだった。  

  • Star Wars土産の熱爆弾型水筒持ち込み禁止 TSAが発表  

    2019年08月29日

    【ロサンゼルス28日】米国運輸保安局(TSA)は、ディズニーランドにこのほどオープンした「Star Wars: Galaxy’s Edge」のお土産として人気の熱爆弾型の水筒を、機内持ち込み及び預け荷物として搭乗することを禁じると発表した。   TSAのルールに、「爆弾類のレプリカなどは機内持ち込み及び預け荷物の両方で禁じる」とあるため、搭乗客が事前にツイッターで問い合わせたところ、Star Warsボトルの持ち込みも禁止だと判明した。   TSAは、Star Warsのお土産のライトセーバーとアストロメク・ドロイドは持ち込んでも良いとしている。