全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月11日

LA郡、ホームレスの薬物過剰摂取死が急増

 

【ロサンゼルス10日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は、薬物の過剰摂取で死亡するホームレスの人数が近年、急激に増えていると報告した。データによると、2016年から2019年の間に、薬物の過剰摂取で死亡するホームレスの人数は84%増加し、死因の第一位になっている。

 

また、ホームレスを経験した人は、そうでない人に比べて、薬物の過剰摂取で亡くなる確率が36倍になることも分かった。

 

2020年の1月から7月までに薬物の過剰摂取で死亡したホームレスの数は273人で、2019年の205人に比べ33.2%増加した。公衆衛生局では対策として、注射器の交換プログラム実施や、オピオイドの過剰摂取などで呼吸困難を起こした際のナロキソン拮抗薬配布、対策チームによる麻薬撲滅運動などを展開している。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LA市がゴースト・ガン・キットの販売大手を提訴 「治安悪化の原因」と、販売差止求める  

    2021年02月18日

    【ロサンゼルス17日】ロサンゼルス市が「Everytown Law」と提携してこのほど、シリアル番号やバックグラウンドチェックなしにネットで購入できる「ゴースト・ガン」の販売大手「Polymer80」(ネバダ州)を提訴した。「Polymer80」が、購入時の認証とシリアル番号発行を正規ガンディーラーに義務付けるカリフォルニア州法に違反するとし、ゴースト・ガン・キットの販売差止を求めている。   「Polymer80」のゴースト・ガン・キットは、犯罪歴や精神病のために銃の入手が禁じられている人たちが、オンラインで購入する場合が多く、ロサンゼルス地域の犯罪捜査で近年、頻繁に押収されている。ロサンゼルス市のマイク・フューアー法務官によると、市警は2020年に、「Polymer80」が販売した700個以上の武器を押収。ゴースト・ガンの浸透が市内の治安を悪化させていると警鐘を鳴らす。   フューアー法務官によると、2019年1月から2020年10月にかけ、「Polymer80」はカリフォルニア州の消費者に約9400個の商品を販売し、そのうち少なくとも200個が、パーツを組み立て完全に機能する「Buy Build Shoot」キットだった。これらにはシリアル番号がないために、正規に販売された銃のように追跡ができない。   訴訟ではまた、同社製品のキット購入が、連邦と州の定める銃規制に違反しないと消費者に勘違いさせるような広告を「Polymer80」が出しているとして、これについての違法性も指摘した。    

  • LA郡コロナ、一日感染者数平均85%、 死者数平均は91%減少  

    2021年02月18日

    【ロサンゼルス17日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は17日、新型コロナウイルスの7日間の感染者数平均が今月9日以降、85%減少し、一日平均2230人となったことと、7日間の感染死者数平均が1月10日から91%減少し、今月9日の時点の一日平均は91人だったと報告した。   同局はまた、新型コロナの入院患者数平均が、1月8日から2月14日の間で61%減少したと報告。17日現在の入院患者総数は2855人で、そのうち31%が集中治療室(ICU)に収容されている。   同局は、「各分野での減少は良い知らせだが、感染者数など、昨秋に比べ、はるかに高い数値が続いている」と述べ、引き続き警戒を緩めないよう求めた。ロサンゼルス郡内では17日、新型コロナウイルスの新規感染者数が2394で162人が死亡。郡内の感染者総数は117万1664人、死者総数は1万9368人。   同局はまた、イギリスで感染が広がる新型コロナウイルスの変異種について、郡内でさらに4人の新たな感染が確認され、これまでの合計が12人になったと報告した。   ワクチン接種については、これまでに郡内で154万1000回分が供給され、39万9642人が2回目の接種を済ませた。郡公衆衛生局のバーバラ・フェラー局長は、ワクチン不足が続いているが、今後その供給量は増えるとの予測を示した。    

  • 新規失業保険申請86.1万件に悪化  

    2021年02月18日

    【ワシントン18日】労働省が18日に発表した13日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は86万1000件と、前週の84万8000件から悪化した。2月の雇用統計が1月に続き低調な内容になる模様だ。    

  • 厳しい寒波で16人死亡 ワクチン供給一時停止の地域も  

    2021年02月17日

    【テキサス17日】アメリカ南部を中心に広い範囲で厳しい寒波に見舞われており、雪や路面の凍結による交通事故などで、これまでに16人が死亡している。また、テキサス州では、新型コロナウイルスワクチンの供給が一時停止されるなど影響が出ている。    

  • 学校警察を133人削減し、2,500万ドルをアフリカ系生徒の支援事業へ LAUSD  

    2021年02月17日

    【ロサンゼルス16日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)の教育委員会は16日、校内の治安維持を行う学校警察から133のポジションを削減し、それで浮いた2,500万ドルを、アフリカ系生徒への支援事業に充てることを決めた。また、学校警察による生徒へのペッパースプレーの使用も禁じた。   学校区が実施したアンケート調査では、生徒、親、同区の職員の大半が、キャンパス内に警官を置くことを支持したが、これにより安全を感じると答えたアフリカ系の生徒は35%にとどまった。   教育委員会は最終的に、正規警察官70人と民間のボランティア警官62人、サポートスタッフ1人の削減を決定。これに伴い学校区内の警官人数は211人に縮小され、校内の治安維持を案じる声も出ている。