全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月07日

ドル上昇、経済回復への期待

 

【ニューヨーク7日】ニューヨーク外為市場では、ドルが2018年3日月以来の安値水準から切り返し1週間ぶりの高値を付けた。今後数四半期で経済が回復するとの期待が高まった。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • クラフト、ナッツ事業を売却  

    2021年02月11日

    【ニューヨーク11日】食品大手のクラフトハインツは、黒いハットをかぶったピーナッツのキャラクターがトレードマークの「プランターズ」を食品大手のホーメル・フーズに33億5000万ドルで売却すると発表した。2021年中期までに手続き完了を見込んでいる。    

  • 新型コロナワクチン接種者が人口の1割に  

    2021年02月11日

    【ワシントン11日】疾病対策センター(CDC)によりますと、新型コロナウイルスワクチンの接種を、アメリカで少なくとも1回受けた人はおよそ3380万人と、人口の1割に達した。しかし、ワクチンの供給不足などから接種の予約が難しい状況が続く州もあり、接種を加速するうえでの課題となっている。    

  • ワクチン不足で、ドジャース球場など 市運営の接種5会場が一時閉鎖に  

    2021年02月11日

    【ロサンゼルス11日】ロサンゼルス市が運営する新型コロナウイルスのワクチン接種会場5カ所が、ワクチン不足のために12日と13日、一時的に閉鎖されることになった。   閉鎖される5カ所は、ドジャース球場、サンファナンド・パーク、ハンセンダム、リンカーン・パーク、クレンショー・クリスチャンセンター。   エリック・ガルセッティ市長の10日の会見によると、これら5カ所が市内のワクチン接種の98%を担っており、同市が1日に行うワクチン接種は約1万3051回で、これまでに29万3252回分を接種した。5会場でのワクチン接種再開は、来週の火曜か水曜になる見通しだという。    

  • ロングビーチ港で偽ブランド香水 3738個押収  

    2021年02月11日

    【ロサンゼルス11日】米国税関国境警備局(CBP)は11日、ロングビーチ港に香港から運ばれた積荷の中に、偽物のブランド香水3738個が見つかったことを報告。本物なら36万6000ドル相当と推定した。   この積荷は、本来なら携帯電話用のアクセサリーのみが入っているはずだった。香水は、人気ブランドのディオールやシャネルの偽物で、人体に有害な化学物質などが使われている場合もあるという。   CBPによる2020年の報告では、全米で2万6500個以上の積荷が偽ブランド商品の違法な輸送で押収されており、それら商品が本物だった場合の価格は13億ドルと推定される。    

  • LA Zooが16日から営業再開  

    2021年02月10日

    【ロサンゼルス10日】コロナ・パンデミックで二カ月以上閉鎖していた「LA Zoo」が、16日から営業を再開させると発表した。   同園は、南カリフォルニア地域に自宅待機令が出されたため、昨年12月7日から閉鎖していたが、同命令が1月末に解除されたことを受けて、営業再開への準備を進めていた。   再開後は、園内の混雑を避けるための入園者数制限が設けられ、来園者は前もってオンラインで入場券を購入。マスク着用やソーシャルディスタンスのルールが徹底される。屋内の展示やPapiano Playpark、Winnick Family Children’s Zoo、Tom Mankiewicz Conservation Carouselはまだ閉鎖し続ける。   園の営業時間は毎日午前10時から午後5時まで。入場料は12歳以上が22ドル、子供は17ドル。