全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月06日

LA市庁舎前でもトランプ支持者がラリー
市長は「暗黒の日」と非難

 

【ロサンゼルス6日】昨年11月の大統領選挙の選挙人投票集計が行われていた連邦議会で6日、議事堂内外でトランプ支持者が暴徒化して議会が封鎖された事件を受け、ロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長は同日、「アメリカにとって暗黒の日だ」とツイートした。

 

ガルセッティ市長は、公正な選挙結果と議事堂の安全性を脅かす行為だと激しく非難し、トランプ大統領の責任を問うた。同市長は、ジョー・バイデン氏の 大統領選挙キャンペーンの全国共同議長を務めていた。

 

ロサンゼルス市庁舎前でも6日、トランプ支持者が集まりラリーが行われた。「Black Lives Matter」の支持者らとの間で複数件のけんかが勃発し、警察が集会の解散を命令。数人の逮捕者が出た。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • 夫を亡くしたばかりの韓国系女性に人種差別の手紙、 警察がヘイトクライムとして捜査  

    2021年03月24日

    【ロサンゼルス24日】シール・ビーチのシニア・コミュニティー「Leisure World」在住で、夫が他界したばかりの韓国系アメリカ人女性宅にこのほど、「このコミュニティーのアジア系が1人減り清々している。自分の国へ帰れ」などと書かれた手紙が郵送される事件が発生。警察とFBIが、ヘイトクライムとして手紙を送った人物の特定を急いでいる。   ジョージア州アトランタ周辺のスパでアジア系6人を含む8人が射殺される事件が起きるなど、アジア系へのヘイトクライムが急増する中、この手紙は、夫のビョン・チョイさんの他界で悲しみに暮れる夫人(82)宛てに発送された。チョイさん夫妻は1970年に韓国からアメリカへ移住し、ビョンさんは1976年に市民権を取得。インディアナ州での20年間のレストラン経営を経て、娘4人のうちの2人に近いシール・ビーチの同シニア・コミュニティーでリタイア後の生活を送っていた。夫妻はこれまで、このコミュニティーで差別を受けたことはないという。   この手紙は筆記体の手書きで、ロサンゼルスの郵便局から19日付で発送されており、警察当局が、指紋やDNAを調べている。「Leisure World」は、ゴルフコースや映画館、図書館などが併設された広さ542エーカーのシニア・コミュニティーで、手紙の差出人は同施設の居住者とみられる。   アジア系へのヘイトクライム撲滅を目指す団体「Stop AAPI Hate」によると、ロサンゼルス地域で2020年に報告されたアジアへのヘイトクライム件数は360件。全米では3,800件で、前年比で149%も増加している。警察当局は、ヘイトクライムの被害者や目撃者は、通報するよう呼び掛けている。    

  • 子ども毎日600人超を拘束 アメリカとメキシコの国境で  

    2021年03月24日

    【ワシントン24日】アメリカとメキシコとの国境を越えてくる同伴者のいない子どもの移民が平均して毎日600人以上、国境警備隊によって拘束されていることがわかった。平均の拘束者数は23日時点で今月上旬の約500人から増加した。2019年に移民の家族が急増したピーク時も上回っている。    

  • コロラド州のスーパーで銃撃 死者10人に  

    2021年03月23日

    【ボルダー23日】コロラド州ボルダーのスーパーマーケットで22日に発生した銃撃事件で、警察官も犠牲になったことが当局より発表された。   ボルダー警察によると、死亡した警官はエリック・タリー氏(51)で、2010年から勤務していた。タリー氏は最初に現場に到着した警官のひとりだった。   現地時間午後2時半ごろ発砲と、1人の人物がライフル銃を持っているとの通報があった。情報筋によれば、銃撃に使われたのはAR―15のようなタイプのライフル銃だった。    

  • LA公立図書館が26カ所で予約本の受け渡し時間拡大、無料印刷サービスも  

    2021年03月23日

    【ロサンゼルス23日】ロサンゼルス公立図書館は23日、図書館閉鎖が続くコロナ禍での対応策として、既存プログラム「Library To Go」を拡大させ、夜間の予約本受け渡しサービスなどを新たに実施すると発表した。   新サービスは、セントラル・ライブラリーをはじめ市内26カ所の図書館で実施される。事前にリクエストした書籍類を図書館入り口の外に設けられたテーブルで受け取ることができ、時間帯は、火曜と木曜が午後12時半から午後7時半まで、月曜と水曜と金曜が午前10時から午後4時半まで。   また、無料の「Printing To Go」サービスも開始する。コロナ以前、図書館のコンピューターを使い書類等の印刷を行っていた常連利用者らが、リモートのワイヤレス機能を使い印刷物を受け取れるようになる。印刷できる枚数は、一日10ページまで。  「Library To Go」の詳細は、lapl.org また、「Printing To Go」の詳細は、lapl.org/print    

  • 「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が ワクチン接種者に無料ドーナツ  

    2021年03月23日

    【ロサンゼルス22日】ドーナツチェーン「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が22日から、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた人に、オリジナル・グレーズドを一つ、無料で配るサービスをスタートさせた。ワクチン接種記録カードの提示が必要になる。   無料ドーナツは、店頭またはドライブスルーでもらうことができるが、オンラインと配達によるオーダーの場合は対象外となる。このサービスは、アメリカ国内のサービス参加店舗で、今年いっぱい実施される。   「クリスピー・クリーム・ドーナツ」は、ワクチン接種を促すインセンティブとして同サービスをスタートさせ、今週は、ワクチン接種会場の医療従事者らへ無料でドーナツを配達する。同店はまた、ワクチン接種を受けるスタッフに、最大4時間までの有給休暇を提供している。