全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月06日

LA市庁舎前でもトランプ支持者がラリー
市長は「暗黒の日」と非難

 

【ロサンゼルス6日】昨年11月の大統領選挙の選挙人投票集計が行われていた連邦議会で6日、議事堂内外でトランプ支持者が暴徒化して議会が封鎖された事件を受け、ロサンゼルスのエリック・ガルセッティ市長は同日、「アメリカにとって暗黒の日だ」とツイートした。

 

ガルセッティ市長は、公正な選挙結果と議事堂の安全性を脅かす行為だと激しく非難し、トランプ大統領の責任を問うた。同市長は、ジョー・バイデン氏の 大統領選挙キャンペーンの全国共同議長を務めていた。

 

ロサンゼルス市庁舎前でも6日、トランプ支持者が集まりラリーが行われた。「Black Lives Matter」の支持者らとの間で複数件のけんかが勃発し、警察が集会の解散を命令。数人の逮捕者が出た。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LA郡コロナ、一日感染者数平均85%、 死者数平均は91%減少  

    2021年02月18日

    【ロサンゼルス17日】ロサンゼルス郡公衆衛生局は17日、新型コロナウイルスの7日間の感染者数平均が今月9日以降、85%減少し、一日平均2230人となったことと、7日間の感染死者数平均が1月10日から91%減少し、今月9日の時点の一日平均は91人だったと報告した。   同局はまた、新型コロナの入院患者数平均が、1月8日から2月14日の間で61%減少したと報告。17日現在の入院患者総数は2855人で、そのうち31%が集中治療室(ICU)に収容されている。   同局は、「各分野での減少は良い知らせだが、感染者数など、昨秋に比べ、はるかに高い数値が続いている」と述べ、引き続き警戒を緩めないよう求めた。ロサンゼルス郡内では17日、新型コロナウイルスの新規感染者数が2394で162人が死亡。郡内の感染者総数は117万1664人、死者総数は1万9368人。   同局はまた、イギリスで感染が広がる新型コロナウイルスの変異種について、郡内でさらに4人の新たな感染が確認され、これまでの合計が12人になったと報告した。   ワクチン接種については、これまでに郡内で154万1000回分が供給され、39万9642人が2回目の接種を済ませた。郡公衆衛生局のバーバラ・フェラー局長は、ワクチン不足が続いているが、今後その供給量は増えるとの予測を示した。    

  • 新規失業保険申請86.1万件に悪化  

    2021年02月18日

    【ワシントン18日】労働省が18日に発表した13日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は86万1000件と、前週の84万8000件から悪化した。2月の雇用統計が1月に続き低調な内容になる模様だ。    

  • 厳しい寒波で16人死亡 ワクチン供給一時停止の地域も  

    2021年02月17日

    【テキサス17日】アメリカ南部を中心に広い範囲で厳しい寒波に見舞われており、雪や路面の凍結による交通事故などで、これまでに16人が死亡している。また、テキサス州では、新型コロナウイルスワクチンの供給が一時停止されるなど影響が出ている。    

  • 学校警察を133人削減し、2,500万ドルをアフリカ系生徒の支援事業へ LAUSD  

    2021年02月17日

    【ロサンゼルス16日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)の教育委員会は16日、校内の治安維持を行う学校警察から133のポジションを削減し、それで浮いた2,500万ドルを、アフリカ系生徒への支援事業に充てることを決めた。また、学校警察による生徒へのペッパースプレーの使用も禁じた。   学校区が実施したアンケート調査では、生徒、親、同区の職員の大半が、キャンパス内に警官を置くことを支持したが、これにより安全を感じると答えたアフリカ系の生徒は35%にとどまった。   教育委員会は最終的に、正規警察官70人と民間のボランティア警官62人、サポートスタッフ1人の削減を決定。これに伴い学校区内の警官人数は211人に縮小され、校内の治安維持を案じる声も出ている。    

  • LAUSD、SoFiスタジアムで教職員へのワクチン接種を計画  

    2021年02月17日

    【ロサンゼルス17日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)は17日、イングルウッドにある、NFLチーム「ロサンゼルス・ラムズ」本拠地の「SoFiスタジアム」を、郡内すべての教職員らのコロナワクチン接種会場としてオープンさせる計画を発表した。1日に1万人以上のワクチン接種を目指す。   LAUSDは、ロサンゼルス郡の公衆衛生局と教育事務所に認可を求める書状を送付した。認められれば、郡内の公立と私立両方の学校の教職員らがスタジアムでのワクチン接種の対象になる。   LAUSDによると、同スタジアムでのワクチン接種には、同学校区の看護師とヘルスケア従事者約600人が従事し、「Anthem Blue Cross」と「Cedars-Sinai」が援助する。   ロサンゼルス郡公衆衛生局のバーバラ・フェラー局長は16日の定例会見で、3月1日から、郡内の教職員と食品関連の労働者、警官らにもワクチン接種の対象枠が拡大される可能性が高いと言及した。   ロサンゼルス郡では16日、公立小学校の対面授業再開が許可されたが、LAUSDは、教職員全員へのワクチン接種を再開の前提としている。