全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月06日

生存の見込みない患者は搬送しないよう指示
病院ひっ迫でLA郡

 

【ロサンゼルス5日】新型コロナウイルスの感染拡大で医療現場がひっ迫する中、ロサンゼルス郡救急医療サービス局は、救急隊に、生存の見込みがない患者を病院へ搬送しないよう指示を出した。また、コロナ患者が肺炎になった場合に大量の酸素が必要となることから、酸素の使用を減らすようにも求めた。

 

ロサンゼルス郡公衆衛生局は5日、新型コロナの新規感染者数が13,512人で、224人が死亡したと報告。これに伴い郡内の感染者総数は840,611人、死者総数は11,071人となり、状況は深刻化している。5日の時点で、郡内の新型コロナの入院患者数は7,898人で、そのうちの21%が集中治療室(ICU)に入院中。入院患者数は、前日に比べ200人以上増えている。

 

同局はまた、先月12月28日の時点で、コロナに感染した妊婦4,136人のうち5人が死亡したと報告。生まれた赤ちゃん2,053人のうち、30人がコロナに感染していたことも分かった。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • アメリカ最高裁 トランプ前大統領に納税記録開示を命令  

    2021年02月23日

    【ワシントン22日】アメリカの連邦最高裁判所はトランプ前大統領に対し、検察当局の求めに応じて納税記録を開示するよう命じた。トランプ氏は一貫して納税記録の開示を拒んでおり、民主党などは脱税や資産の粉飾といった不正があるからではないかと指摘している。    

  • コロナ対策違反のバー、市議会がライセンス取り消し決議下す  

    2021年02月23日

    【ロサンゼルス23日】バーバンク市議会は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための郡と市のルールを繰り返し違反したとして、人気スポーツバー「Tinhorn Flats Saloon & Grill」のビジネスライセンスを取り消す決議を下した。   「Tinhorn Flats」のオーナーはコロナ禍の昨年10月、店のフェイスブックに、マスク着用拒否のメッセージを投稿し論争が起きた。市議会によるライセンス取り消し決議についても従わない姿勢を見せており、23日朝、インスタグラムに「決議には応じず、明日正午から営業する」と書き込んでいる。   バーバンク市法務官は、レストランのオーナーが決議に従わなかった場合は、法に訴える構えで、ビジネス閉鎖を命じる裁判所命令が出される可能性が高い。これに対しレストラン側は、コロナ対策のヘルスルールを守っていたと主張している。    

  • タイガー・ウッズ運転の車が横転事故、足など複数カ所負傷 ランチョ・パロス・バーデス  

    2021年02月23日

    【ロサンゼルス23日】ゴルフ選手のタイガー・ウッズ氏が23日午前7時頃、ランチョ・パロス・バーデスのホーソン・ブルーバードを北へ向かって運転中、車が道を外れて横転する事故を起こし、病院に搬送された。ウッズ氏は足などを複数カ所負傷し、緊急手術を受けた。詳しい容体は明らかになっていない。   ロサンゼルス郡シェリフ局によると、この車に乗っていたのはウッズ氏のみで、車が事故で大きく損傷したため、救急隊員はレスキューツールの「jaws of life」を使いウッズ氏を車内から救出した。 ウッズ氏のエージェントが23日朝に発表した声明によると、ウッズ氏の車の他に事故に巻き込まれた車両はなかった。    

  • 週内にも50万人突破か 新型コロナ死者  

    2021年02月22日

    【ワシントン22日】新型コロナウイルスによる最初の死亡者が見つかって1年あまりのアメリカで新型コロナウイルスによる死者数が週内にも50万人を超える見通しであることがわかった。  

  • 加州、高校の部活再開を許可 コロナ感染減少で新ガイドライン  

    2021年02月22日

    【ロサンゼルス20日】カリフォルニア州公衆衛生局は20日、各郡の新型コロナウイルスの感染・経済状況を4段階で色分けする現行のシステムで、最も深刻な「広範囲でのまん延(widespread)」を示す紫色であっても、高校の部活再開を許可する新ガイドラインを発表した。   加州では、コロナ感染者数が減少傾向にあることから、ロサンゼルス郡で先週、小学校の対面式授業再開が許可された他、19日にはニューサム知事が、3月1日付けでコロナワクチン供給分の10%を教職員用に確保すると明言するなど、学校再開への動きが活発化している。   高校の部活再開への新ガイドラインでは、コロナ感染者数が10万人につき14人以下の郡は、プレーヤー同士の接触率が高い「ハイコンタクト・スポーツ」であっても屋外での活動を許可する。部員15人以上がマスクなしの近距離で練習すると思われるフットボール、バスケットボール、ラグビー、ウォーターポロについては、13歳以上の部員に毎週、コロナ感染検査の実施が義務付けられる。   「適度な接触(moderate contact)」のスポーツとみなされる野球、チアリーディング、ソフトボールなどの部活は、毎週のコロナ感染検査は必要ない。新ガイドラインではまた、部活に参加する高校生の親らにコロナ感染の危険性を知らせ、その旨を了承したことを示す親らのサインが必要になる。   コロナに感染する可能性が低いスポーツであっても、マスク着用やソーシャルディスタンス、手洗いなどのガイドラインを取り入れることが強く奨励されている。感染率が比較的低いオレンジ郡の高校では、感染率が高いロサンゼルスの高校よりも早くスポーツシーズンが再開される可能性が高い。