連載・コラム らららトピック

編集: Weekly LALALA - 2021年01月06日

スピリチュアル物語 127話

by 魔女ともえ

関連記事:その他のらららトピック

  • 用語から見る『ジョージ・フロイド事件』が

示したアメリカの課題

BLM・Kneeling・Antifa・ Qualified Immunity 

    用語から見る『ジョージ・フロイド事件』が 示したアメリカの課題 BLM・Kneeling・Antifa・ Qualified Immunity 

    2020年06月09日 らららトピック

    黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に殺害された事件をきっかけに、抗議デモが全米に広がり、一部では略奪も起きていることから10以上の州で州兵が出動する事態となっています。   新型コロナウイルスの感染拡大で失業者が増大するなか、事件が人々の不満を増幅させたという見方も出ています。こうした事態をうけ、少なくともロサンゼルスを含む25の都市で夜間外出禁止令が出ました。これだけ多くの都市で一斉に夜間外出禁止令が出されたのは、人種差別の撤廃を訴えたキング牧師が暗殺された1968年以来だそうです。   事件は5月25日ミネソタ州ミネアポリスで起きました。偽札使用の通報をうけた警官らがフロイドさんを拘束。警官は8分46秒間にわたり、非武装のフロイドさんの首に膝を乗せ、押さえつけ続けました。複数の通行人によって撮影されたこの動画は瞬く間に世界中に拡散され、多くの人の白日の下に晒されました。フロイドさんは新型コロナ陽性であったことも判明しています。   非武装の黒人への警察暴力は、長きにわたり、問題視され続けています。アメリカの歴史上、法と秩序を守る部署(警察・法制度)が黒人に対してフェアであったことはあるのだろうかと、多くの人々が考えるきっかけになったことは事実です。この事件後、関与した4人の警官全員が解雇され、直接行為をおこなった警官デレク・チョーヴィン氏は殺人罪、残り3人は殺人をほう助した疑いでそれぞれ起訴されています(6/5時点)。   100年以上にわたる苦しい差別の歴史を経験している黒人への解決策を今こそ皆で考えようと多くの人が立ち上がっています。「知らなくてはならない」「無視してはならない」「黙っていてはならない」黒人差別にまつわる用語をまとめてみました。   ●George Floyd:5月25日偽札使用の疑いで拘束され、警官の膝により首を8分46秒にわたっておさえつけられ、窒息死した。 ●Derek Chauvin:ジョージ・フロイドの首を膝で圧迫し、殺害した白人警官。   ●Black Lives Matter (BLM):「黒人の命は重要だ」という意味の黒人差別に対抗するキーワード。SNSでこれをハッシュタグとしてつけ、差別反対に賛同する姿勢を示す人が急増中。6月5日、ワシントンDCのバウザー市長は、全米に拡大している黒人暴行死への抗議デモで掲げられているスローガンにちなんで、ホワイトハウス前の通りを「ブラック・ライブズ・マター広場」に改名した。   ●I can’t breathe.:エリック・ガーナーが死に際口にした言葉で、警察による残虐行為への抗議スローガンとなっている。ジョージ・フロイドが口にした言葉も同じで、黒人差別に抵抗する象徴的な言葉。   ● Kneeling : 差別への抗議を象徴するポーズ。2016年にNFLの選手コリン・キャパニックが、警察官による黒人への暴行事件や人種差別に対する抗議として試合前の国歌斉唱の際に起立を拒み、膝をついたことがきっかけで広がった。   ●Jim Crow Laws:1876年から1964年にかけて存在した、人種差別的内容を含むアメリカ合衆国南部諸州の州法の総称。主に、黒人による一般公共施設の利用を禁止制限した法律。   ●Amy Cooper:5月25日NYのセントラルパークで野鳥観察をしていた黒人男性が犬のリードをつけていない白人女性エイミー・クーパーにそれを求めたところ拒否に遭う。彼女は「アフリカ系アメリカ人男性が私の命を脅かしている」と警察に通報。この動画がツイッターに投稿されると、この女性のことをオンラインで特権意識をもった白人女性を表す名前「カレン」と呼ぶなどSNSで怒りの声が広がる。3000万回以上視聴された。勤務会社は翌日「人種差別」を理由に彼女を解雇。   ●Don’t do it. :ナイキが、キャッチコピーである「Just Do It.」を「Don’t do it」と変更し、「アメリカに問題がないフリをするのはやめて」など黒人差別に抗議する内容をツイッターやインスタグラムで1分間の動画として投稿。733万回以上リツイートされた。ナイキの最大の競合でもあるアディダスは、公式ツイッターでナイキの動画をリツイートし「協力こそが私たちが前に進む術です。協力こそ変化をもたらします」とコメント。話題になった。この他にもツイッター社やネットフリックスなどの企業が人種差別に抗議する姿勢を示している。   ●Looter:略奪することが目的の人たちのこと。政治的主張があるわけではなく、商店や量販店に行き略奪行為をおこなう。   ●Vandalism:破壊しに来る人たちのこと。商店からモノを奪う、銀行でお金を奪うというよりも、連邦政府の建物やスターバックスなどのグローバル企業、その店舗を襲撃する。   ●Antifa:Anti-Fascismの運動から派生してきた人たちで、トランプ大統領を支持する右翼や、白人至上主義者に対抗している。リーダーは存在せず、賛同者たちは緩やかにつながっている。トランプ大統領は「アメリカはアンティファをテロ組織に認定する」とツイッターで明言し、物議を醸した。アンティファの抗議活動は暴力的なことが多い。   ●Black Bloc:アンティファをさらに精鋭化させた全身黒づくめの集団。黒はアナキズムのシンボルカラーでもある。反資本主義、無政府主義を掲げている。   ●Qualified Immunity (限定的免責):1982年に最高裁判所が正式に、警察を含めた政府系関係者に対してつくった法律制度。政府職員は、①連邦法上の権利を侵害したときでも、②その権利がその当時明確に確立されたものであった場合を除いて、賠償責任を負わない。つまり、過去に、最高裁判所・連邦控訴裁判所で同じ状況かつ同じ行為がおこなわれて有罪と判断された事例がなければ、警官が、例え人を殺害したとしてもその警官は、Qualified Immunity に当てはまり、有罪にはできない。この法律によって警官が優位に守られ、公平に裁くことが阻まれているともいわれている。   ●Anonymous:政治目的のためにハッキングをおこなう集団。「We are region」がスローガン。権力を悪用したとみなす人物に狙いを定め、ウェブサイトを乗っ取ったり、強制的にオフラインにするなどの行動をとる。アニノマスは、ミネアポリス市警の数々の犯罪を世間に暴露すると誓っている。   ※用語の意味・使用方法は諸説あり            

  • 1992年LA暴動を彷彿とするカオス乗り越え、

試練とともに前に進んでいくロサンゼルス

 

    1992年LA暴動を彷彿とするカオス乗り越え、 試練とともに前に進んでいくロサンゼルス  

    2020年06月09日 らららトピック

     40州140都市での抗議デモに発展した今回の事件について、特にロサンゼルスで暮らす私たちにとって思い起こされるのが1992年のロサンゼルス暴動。黒人男性ロドニー・キングさんへのロサンゼルス市警警官による暴行事件で警官たちへの無罪判決が下りたことが事の発端となり、抗議デモや暴徒による放火・略奪に派生。大勢の死者や負傷者、損害を出し、歴史的最悪の人種暴動となった。    ミネソタ州の黒人男性ジョージ・フロイドさんの死に抗議しての、LAダウンタウンはじめ各地で激化したデモや、放火、暴徒化した人々がショップに侵入して商品を略奪していくなどのショッキングなシーン、連夜の厳戒外出禁止令・・・我々ロサンゼルス市民に恐怖を与え街全体に起きた騒乱も鎮静化し、街は本来の穏やかさを取り戻そうとしている。    騒動のさなかには、オバマ前大統領がインターネット上の討論会でコメント。「今こそ、問題解決に向けて皆が一緒に取り組むまたとない機会だ」と強調した。「悲劇的であり、困難で恐ろしく不確実なこの数週間ではあったが、同時に、その根底にある問題を人々に自覚させるまたとない機会となった。この国の黒人や有色人種の若者たちに、あなたたちは重要で、あなたたちの命や夢も大切だと直接伝えたい」と語っている。    5月30日には、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事がロサンゼルス郡とロサンゼルス市に非常事態を発令し、同地域に1000人の州兵を動員した。またロサンゼルス市のエリック・ガルセッテイ市長は6月1日の会見で、暴動による被害にあったビジネスへの支援策として「市の建物安全局は建物の安全性評価を無償で行うほか、修復に当たり市の認可が必要な場合は即日対応する。 被害にあった事業者に対する資金援助を市議会に提案する」と述べている。

  • 6月2日現在 ロサンゼルス、オレンジ、

ラスベガス

現在の経済再開状況まとめ

 

    6月2日現在 ロサンゼルス、オレンジ、 ラスベガス 現在の経済再開状況まとめ  

    2020年06月04日 らららトピック

    ロサンゼルス郡、オレンジ郡共にステージ2.5に移動! レストラン店内での飲食、教会や小売店等が制限付きで再開 OC郡は5月26日、LA郡は5月27日加州の最新のガイドラインに従い宗教施設やイン・ストア・ショッピング等の再開を認めると発表しました。宗教施設では収容率25%、または最大100名など、それぞれの郡の規制に沿って再開。また、屋内・屋外のショッピングセンターに位置するものを含む小売り施設では,収容率50%に抑えて再開され、ドライブ・インの映画館等も対象となりました。集合住宅等におけるプールや温泉、サウナも再開可能です。   ただし、同じ世帯の人以外の集まりは,宗教施設や対面式の抗議活動以外は禁止される。また,65歳以上や既往症のある人は,可能な限り自宅にとどまることを勧めています。また、フェイスカバーの着用やSocial Distancingの徹底も強く言われています。   カリフォルニア州の定めるステージ3に移行するには、完全なフィットネスジムの再開、ボディアート、バーやマッサージ、ネイルサロン等の業種の再開が必要です。   NEW! 5月27日より追加で再開されたもの 美容室、理容室 小売店へ入店してでの買い物 ドライブインムービー モール内の小売店も入店して買い物 レストラン店内での飲食   5月17日時点で再開されているもの トレイル、ビーチ、ゴルフ場、テニスコート、射撃場、アーチェリー場、コミュニティガーデン等   オレンジ郡 NEW! 5月26日より追加で再開されたもの 美容室、理容室 小売店へ入店してでの買い物 レストラン店内での食事 モール内の小売店へ入店してでの買い物 ドライブインムービー   5月17日時点で再開されているもの トレイル、ビーチ、ゴルフ場、テニスコート、射撃場、アーチェリー場、コミュニティガーデン等   ラスベガス 6/4、カジノが78日ぶりに再開! 3/18のロックダウン宣言後、 勢いをみせるラスベガスの経済再開    

  • コロナで一時的に“なくなったもの”特集

なぜ、品薄になった?

「Diet Coke」「ひよこ」「バリカン」「ニンテンドースイッチ」

次の流行りは「パン焼き機」? 

 

    コロナで一時的に“なくなったもの”特集 なぜ、品薄になった? 「Diet Coke」「ひよこ」「バリカン」「ニンテンドースイッチ」 次の流行りは「パン焼き機」?   

    2020年06月02日 らららトピック

    3月中旬からステイホームとなったここロサンゼルスでは、人々の心の不安に呼応するように市場からひとつずつ品物が消えていきました。トイレットペーパー、ティッシュペーパーなどの紙類に始まり、牛乳、卵などの食品、そして最近はホームベーカリーとニンテンドースイッチが入手しにくいといわれています。このほかにも、生理用品・オムツ、食器用洗剤・洗濯用洗剤など生活にかかせないたくさんの品物が消えていきました。6月1日現在、すでに復活したものもありますが、未だ入手しにくいものもあります。   ニンテンドースイッチ   自粛生活のなかで世界的に需要が高まっているのが任天堂の人気ゲーム機「ニンテンドースイッチ」。このコロナ禍で世界各地で売り切れが続出しています。   全世界規模での供給回復について今年は入手困難な状態が続くことが予想されますが、今年の初夏、6月後半以降は定価で入手しやすくなるだろうという情報もあります。お子さんのいる家庭では、『マリオカート』、『太鼓の達人』、『ドラゴンクエスト』などのソフトが非常に人気です。   タイレノール  世界保健機関(WHO)が3月17日、新型コロナの疑いがある場合、イブプロフェンを自らの判断で服用しないよう注意を促しました。亡くなった人の大多数は自分の持っている解熱剤イブプロフェン系のアドビルなどを服用していたことがその理由。そこで人々は「アセトアミノフェン系解熱剤の代表格のタイレノールを買い求めました。   Tysonの鶏肉  4月28日、米食肉加工最大手のタイソン・フーズは、新型コロナの感染拡大が食肉処理施設の従業員のあいだで広まり、施設が稼働停止を余儀なくされていることから、今後国内のスーパーなどの店頭に並ぶ牛肉、豚肉、鶏肉などの精肉が不足する可能性があると警告しました。   タイソン・フーズは、国内最大の豚肉処理施設を含む2ヶ所の豚肉処理施設と、牛肉処理施設の閉鎖を発表。アメリカではこの肉不足のために、大豆由来の代替肉(フェイクミート)が売れ始めるという事態が起きています。3月1日から5月2日までの9週間で、フェイクミートの売り上げが264%アップというデータも。 保存が効くパスタや米、缶詰トマトソースも深刻な品不足になりました。   レンタカー  人々の移動が減った結果、旅行者やビジネスの商談で世界を飛び回る人が一気に減少し、レンタカーを利用する人も少なくなりました。米レンタカー大手のハーツは5月22日、破産法の適用を申請。米富豪投資家のカール・アーン氏は、ハーツ・グローバル・ホールディングスの株式をすべて売却したことを27日明らかにしました。   Diet Coke 中国からの輸入が断たれ、さまざまな商品が品薄になりました。人工甘味料は中国からの輸入に頼っていたため、ダイエット飲料に使用される材料が断たれたことからDiet Cokeが大手スーパーマーケットから一時期姿を消しました。Bloombergによるとコカ・コーラ社の世界の販売数量が4月初め以降に約25%減少したと発表。スタジアムや娯楽施設の閉鎖が続いていることも大きな要因。   バリカン 理容・美容室がHigher Risk Workplacesに位置づけられ、サロン営業を見合わせていたことから、バリカンの需要が高まりました。アマゾンでは、髪の毛の長さを調整できるアタッチメント付きのバリカンは品切れとなりました。確かに日々のシャンプーも少なく済み、理にかなっていますよね。ZOOM飲み会で会ったら丸坊主になってびっくりした、という現象も聞かれました。   パジャマ  自宅勤務で外出する機会が減り、家での滞在時間が増えたことにより部屋着の売れ行きが好調。CNNが「No one is buying pants, but pajama sales are soaring」と表現したように、アパレル業者が倒産するなか、パジャマの売れ行きが前年に比べ143%アップしたというオンラインショッピングサイトもありました。   ひよこ コロナ感染が拡大し始めた4月、アイオワ州のひよこ販売業者に問合せが集中。ひよこが完売しました。社会不安が高まり、ひよこに癒しの効果を求めた人々が「パニック買い」に走りました。ひよこの売上げは、金融市場が不安定な時期や大統領選がある年に上がる傾向があるそうです。   小麦粉・強力粉・イースト   自粛生活がはじまると人々は何かを自分で作りだそうというモードになるのでしょう。パン作りが突如として流行り出し、パン生成のために必要な強力粉やイースト菌がたちまち品切れとなり、小麦粉、強力粉、イーストの売り上げが急増しました。 ニールセンのデータによると、3月21日で終わった週、その売り上げは2019年の同週比で647%という驚異の伸び!またパン作りの流行に伴って、美味しいパンを自宅で作ることのできるブレッドメーカーが売れ始めました。現在もまだ入手困難と聞きます。   ゴミ袋  家のなかで過ごすことが多くなると、当然、ゴミの量も激増します。それまでは、職場や学校などでゴミを捨てていたはずですが、その時間も家が請け負うことになってしまったからです。ゴミの量が増え、ゴミ捨て場に行く回数が増え、結果として、ゴミ袋の消費量が上がりました。暮らし方が変わるとゴミの量が変わり、ゴミが増えた結果、ゴミ袋が大量に必要になるという連鎖現象がみられました。   映画館  ロサンゼルス市長は3月15日、全映画館に閉館を命じました。密接触による感染拡大を恐れて客足が引いていたこともあり、そのこと自体はさして驚きではありませんでした。   しかし、その翌日、大手映画会社のユニバーサル・ピクチャーズが4月公開予定作と、公開されたばかりの新作4作品を、ビデオ・オン・デマンド(ネットやテレビ受信機による配信法)で提供すると発表したことです。これまでスタジオと劇場主のあいだでは、劇場公開からホームエンターテインメントまで約3ヶ月開けるということで合意が保たれてきました。   アメリカでは、チケットの売り上げをスタジオと劇場主が分け合うようになっており、公開後すぐの時期はスタジオが儲けの大部分を取り、週を経るにつれて劇場の割合が多くなります。全米最大のシネコンチェーンAMCは、このユニバーサルの発表に怒り、「今後ユニバーサル作品を上映しない」と発表し、厳しい三下り半を突きつけました。   一方で、AMCは多額の負債を抱えました。AMCは、アメリカ国内だけでなく、カナダ、イギリス、フランス、香港などに約1000館の映画館を所有する巨大チェーンであり、映画館がすべて閉鎖した3月中旬に2万6000人の従業員を解雇、3月末にはCEOら経営陣も含む600人の全社員を一時解雇しています。   ところが、5月13日イギリスの大衆紙「The Mail」がアマゾンがAMC買収を検討しているのではないかというニュースを報じ、AMCの株価が38%近く上昇するという事象が起きました。家にこもることが長引いている今、人々の鑑賞習慣が、Netflix、Hulu、アマゾンプライムなどの著しい台頭により、変化してきているのもまた事実です。

  • 連載コラム

コロナ軟禁生活の記録 母親のひとりごと vol.5

次のスクールイヤーはどうなる?

フルリモート?

分散登校?選択肢がある地域・ない地域

 

    連載コラム コロナ軟禁生活の記録 母親のひとりごと vol.5 次のスクールイヤーはどうなる? フルリモート? 分散登校?選択肢がある地域・ない地域  

    2020年05月28日 らららトピック

     振り返れば4月末、ニューサム知事は「一ヶ月前倒しで学校を始めることも検討する」と発言。学校閉鎖中の学習の遅れを取り戻す狙いで、通常は8月下旬に始まる新年度を7月下旬に早める検討をしていることを明らかにした(日本の夏休み返上で一学期終了をのばす発想と同じですね)。親はわき立った。   「健康が守られないなかで学校に通うことは非常に不安」だとか「授業の遅れが気になって仕方ないからそれもあり」だとか。しかし、それもいつの間にか立ち消えた。おそらく教師のユニオンによって反対に遭い、なくなったのだろう。その会見以降、その手の話はいっさい耳に入ってこない。アメリカで教職員のユニオンが強いことはよく知られている。オンライン授業のレベルはまちまちだとしても(授業放棄気味の先生から至れり尽くせりの先生まで)、学年度末まで働いてきた先生たちが自分たちに休みがないことをまさか受け入れるはずがないことは想像に難くない。   次に気になるのが次年度のスクールイヤーはどうなるかという問題。わが市ではもともと決まっていた8月下旬から再開予定だとするアナウンスが最新情報で、多くの親は通常再開するものと思っているし、そう期待してもいる。しかしここに来て雲行きが怪しくなってきた。お隣の学区に子どもが通う親は言う。   「いつも通り始まることには始まるのだけど、それが学校に登校する形になるか、リモートで始まるのかは明らかではないの」と話す。なるほど。オンライン学習継続の選択肢も依然としてあるわけか。ロサンゼルスはカリフォルニア州のなかで新型コロナのホットスポットだ。この州の死亡者の約半数がLAカウンティに集中している事実はもっと知られた方がいい。   今日(5/23時点)のニュースでホワイトハウスが「新型コロナの最大の懸念はロサンゼルス、ワシントンDC、シカゴの3地域である」と発表した。CDC(アメリカの疾病管理予防センター)に調査を依頼するとも。よくよく考えてみれば、自分の健康を危険に晒してまで働く気も先生の方にないだろうし、何より学校内でクラスター感染が発生でもして訴訟問題になることは何より避けたいだろう。ここは訴訟大国アメリカ。予定通り始まるのならば「通常再開に違いない」とばかり思っていた自分の頭の固さに気付かされる。もっと柔軟に構えなければ。   またLAカウンティの別の市に住む友人の地域では、通常再開の選択肢は既になく、フルリモートか分散登校(週の一部は学校に通い、残りはオンライン学習)、どちらを希望するかの保護者アンケートが行われたという。分散登校という選択肢もあるのだな。ふむふむ。クラスター感染、3密を避けるためだろう。例えば生徒を半分に分けて、週のうち数日は学校に通い、残りの数日はオンライン学習に勤しむ。分散登校は、親の希望も受け入れつつ感染拡大にも警戒できるわけで現実的な気がする(今の日本の小学校のように)。   サンフランシスコに住む知人によると、公立校で一年間リモートにする可能性が高いという話も聞いた。「次年度の一年間を丸々リモート」なんて頭になかったのでくらくらしてくる。決めるのがちょっと早すぎやしないか。早すぎる決定はこちらの精神を蝕むよ。調べてみると、リモート(オンライン学習)と対人(分散登校)のハイブリッド型は最もコストがかかるようだ。清掃員の雇用、マスクや消毒剤の購入、教職員の雇用などでさらにコストがかかるらしい(San Francisco Chronicle掲載)。   オンラインを可能にするためのネット環境やPCの準備もさらに必要となりコスト増(次年度は新しい学年の子が入ってくるのだから)。よくよく考えてみれば、学校があかないことによって学校のスタッフは職を失った可能性がある(その分の費用が浮いたともいえる)。   学校があくならば、給食のスタッフ、事務のスタッフ、清掃員、交通誘導員、図書館司書なども別途必要なはずで、確かに学校を一部あけることが最もコストがかかるのは明白だ。なるほど。いっそリモート一本のほうが様々な予算はかからずに済むのだな。両取りは一番お金がかかる。コロナ対策で既に各地域で巨額な予算が必要ななかどの程度教育に予算をさけるのか、富裕層地域とそうでない地域によって自ずと変わってくるということだ。とは言いつつ、リモートの選択肢を提示できる学校区は富裕層地域という事実はわたしを充分に驚かせるけれど(驚きませんか?)。地域によって公立校でさえまったく違う対応になる国アメリカ。   子どもは未来をつくる資源です。けれども教育の機会の平等はそこにはない。議論にさえのぼらない。貧困格差、健康格差の問題を嫌というほど見せつけられているコロナ禍のアメリカで、さらには教育における不平等を垣間見るのは正直いい気持ちじゃありません。平等精神万歳で育った日本人には驚きの連続ですが、慣れるしかないのでしょうか。