全米/ローカルニュース

編集: Weekly LALALA - 2021年01月05日

ビッグベアでコロナ変異種を確認
イギリス帰国者と接触後に発症

 

【ロサンゼルス4日】イギリスで感染が広がっている 新型コロナウイルスの変異種への感染が、サンバナディーノ郡ビッグベアで確認された。感染したのは同居する2人で、そのうちの1人は、イギリスからの帰国者と接触した3日後に症状が出た。この帰国者の感染の是非は不明。

 

新型コロナウイルス変異種は12月30日に、サンディエゴ郡で4人の感染が確認されている。変異種は感染力が強いが、感染後の症状の深刻度については、オリジナルのものと変わりがないとみられている。

 

これを受けてカリフォルニア州のニューサム知事は4日、変異種の感染報告が今後増える可能性を示唆。連邦ヘルス当局は、現在接種が進められているコロナワクチンが、この変異種にも有効であるとの見方を示している。

 

 

関連記事:その他の全米/ローカルニュース

  • LAUSD、SoFiスタジアムで教職員へのワクチン接種を計画  

    2021年02月17日

    【ロサンゼルス17日】ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)は17日、イングルウッドにある、NFLチーム「ロサンゼルス・ラムズ」本拠地の「SoFiスタジアム」を、郡内すべての教職員らのコロナワクチン接種会場としてオープンさせる計画を発表した。1日に1万人以上のワクチン接種を目指す。   LAUSDは、ロサンゼルス郡の公衆衛生局と教育事務所に認可を求める書状を送付した。認められれば、郡内の公立と私立両方の学校の教職員らがスタジアムでのワクチン接種の対象になる。   LAUSDによると、同スタジアムでのワクチン接種には、同学校区の看護師とヘルスケア従事者約600人が従事し、「Anthem Blue Cross」と「Cedars-Sinai」が援助する。   ロサンゼルス郡公衆衛生局のバーバラ・フェラー局長は16日の定例会見で、3月1日から、郡内の教職員と食品関連の労働者、警官らにもワクチン接種の対象枠が拡大される可能性が高いと言及した。   ロサンゼルス郡では16日、公立小学校の対面授業再開が許可されたが、LAUSDは、教職員全員へのワクチン接種を再開の前提としている。    

  • LA郡、公立小学校の対面授業再開を許可 LAUSDは教師がワクチン接種してからと主張  

    2021年02月16日

    【ロサンゼルス16日】ロサンゼルス郡のジャニス・ハーン参事が15日、新型コロナウイルスの感染状況が改善され、公立小学校の対面授業を再開できるレベルに達したと発表した。これに対し、ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)は、スタッフ全員がワクチン接種を終えるまではキャンパスをオープンしない姿勢を示している。   ハーン参事によると、新型コロナへの安全対策計画書あるいはウェイバーを提出済みの学校は、幼稚園から小学6年生を対象に、16日から対面授業の再開が許可される。   ロサンゼルス郡公衆衛生局も15日付の声明で、感染率の7日間平均が、住民10万人につき25人以下という数字に到達したため、公立小学校の対面授業の再開を許可すると発表。16日の会見では、マスク着用とディスタンシング・ルールをはじめ、学校運営へのコロナ検査の組み入れや、14日以内に3件以上のコロナ感染が確認された場合の迅速な報告などを義務付ける、学校再開の安全プロトコルが発表された。   一方、国内で2番目に大きいマンモス学校区のLAUSDは、オースティン・バートナー教育長が今月8日に対面授業再開に向けた指針を発表。再開の条件として、コミュニティー内のコロナ感染率を州が要求するレベルまで落とすこと、学校内での適切な感染防止策の実施、2万5,000人へのワクチン接種を挙げている。   バートナー教育長はまた、学校区のスタッフへのワクチン接種を迅速化させるため、ロサンゼルス・ダウンタウン西の「Roybal Learning Center」をワクチン接種会場とし17日にもオープンさせると発表。ワクチン不足の中でどれだけの量が確保できるかは不明だが、LAUSDの看護師と65歳以上の教職員らに対象をしぼり、ワクチン接種を進めていく方針を示した。  

  • ブリーダー宅からブルドッグ2匹を盗み男2人が逃走  

    2021年02月16日

    【ロサンゼルス15日】ノース・ハリウッドの犬のブリーダー宅から12日、男2人がブルドッグ2匹を盗んで逃げる事件が起き、警察が男らを探している。   ブリーダーの家族は、ウェブサイトの「American Kennel Club」や「Craigslist」に広告を出しており、珍しい毛色と血統から、犬は高額で販売されていた。   犬をアダプトしたいと予約した女とともに12日、男2人が同伴して訪れ、ブルドッグの子犬5匹のうち2匹を奪い、ダークグレイ色のドッジ・チャージャー車に乗って逃走した。同伴の女、クリスタル・ヴァルデズ容疑者(24)は身柄を拘束され、警察の調べを受けている。   男らがブリーダー宅を訪れた際、家には母親と12歳の娘しかおらず、父親は不在だった。母親は、容疑者の男が逃走する際に体を押されるなどの暴行を受けた。   ノース・ハリウッド市警は、一般からの情報提供を求めている。    

  • 北米トヨタ、2025年までに米国で新車の4割電動化を目標  

    2021年02月16日

    【ニューヨーク16日】北米トヨタ自動車は2月10日、2025年までに米国で販売する新車の4割を電動モデルとする目標を発表した。また、2030年までに同社の新車に占める電動モデルの割合は約7割になるとの見通しも示した。    

  • サンタモニカの人気カフェ、屋外ダイナーに飲酒運転の車が衝突  

    2021年02月15日

    【ロサンゼルス13日】サンタモニカの人気カフェ「Urth Caffe」で12日夜8時頃、コロナ禍のため道路脇に設置された屋外ダイナーに車が突っ込み、客一人が病院へ搬送される事故が起きた。   車を運転していたパイパー・ポラード容疑者(21)は、飲酒運転の可能性が高く、メイン通りを北へ向かい運転している時、屋外ダイナーを囲むコンクリートのバリアに衝突した。   病院へ搬送された客は、命に別状はないもよう。サンタモニカ市警が、事故が起きた詳しい原因を調べている。