連載・コラム ロサンゼルスで暮らす人々

編集: Weekly LALALA - 2019年06月13日

「社会にインパクトを」

作曲家

岡田 果林 / Karin Okada


 

  日本で生まれ、イギリスで思春期を過ごし、そしてアメリカで学んだ岡田果林さん。インディペンデント映画を中心に、コマーシャルやアニメーションの作曲家として活動している。「いい作品を作ること、いろいろ読んだり聴いたり、人間の感情を表現することは自分が育っていくことにつながる。一生やっていたい」と仕事への情熱を燃やす。


 音楽との出会いは5歳のとき。ピアノの先生だった祖母の影響でピアノを弾き始めた。音楽の道に進みたいと思ったのは小学校のころ。中学ではバリトンサックスを始め、音楽とともに過ごす日常を送っていた。転機はこのあと訪れる。イギリスへ留学することになり、英語はまったくできなかったにもかかわらず、13歳で単身、海外へ。現地で入った寄宿学校では、言葉ができないながらも寮では毎晩、ルームメイトたちにせがまれ創作のおはなしを語り聞かせていた。「ことばができないのにどうやって、と今でも思いますが、感情を体や音で表現することは音楽を通して学んでいたから、それが役に立ったのだと思う」。大好きな音楽によって培われた表現力は、寮生活でも磨かれていった。


 大学からアメリカに移り住み、映画作曲を勉強した。大学院はニューヨークでジャズボーカルパフォーマンスを学び、ジャズピアニスト&ボーカリストとして10年間活動。映画作曲のためにLAへ来てからは、数々の映画祭出品作や受賞作品に関わっている。5つの映画賞を受賞した『リベンジ・オブ・ハヤブサ』は作曲家クリストファー・ヤングのプロジェクトに参加するきっかけにもなり、着実にキャリアを積んできた。


 作品を選択する際は、ストーリーが世界にとって意味があるかを吟味する。「社会にインパクトを与える話が好き。大きさは気にかけたことがない」と言い、より自由なインディペンデント映画を選ぶことが多い。現在携わる2つのプロジェクトは、移民家族内で起こるドラマを描いた作品と、女性への暴力を取り上げた一本。「いずれも現在この社会で起こっているテーマで、人々の理解を深めることができる。普通の人にできることは理解することだけ。だからこそ社会に貢献する作品になる」と話す。


 3カ国の異文化を吸収してきた経験が岡田さんの強み。現在の拠点はLAだが母国へ馳せる想いは強く、今後は日本のプロジェクトにどんどん関わりたいという。トップの女性作曲家は世界的にもまだまだ少ないため、「自分がそうなりたい。200年経っても人々が銅像を見に来てくれるような作曲家になる」。カリフォルニアから母国への〝逆輸入〟が目下の目標だ。

LAをベースに作曲家として活躍中の岡田果林さん。「今ある仕事を一所懸命やることでしかできないけど、将来的には日本でもやりたい」と母国凱旋に意欲的だ 岡田さんの曲は公式サイト(https://karinokada.com/)、Facebook(https://www facebook.com/kokadamusicproductions)で視聴できる

 

作曲の仕事は「自分で作っていて曲がいいかどうかはわかる。でも他の人が泣き出したり、鳥肌が立ったりという反応を見るとうれしい」とやりがいを感じ、一生続けたいという

ニューヨークの大学院ではジャズボーカルパフォーマンスを学び、ジャズピアニスト&ジャズボーカリストとしても活動しマルチタレントを発揮

関連記事:その他のロサンゼルスで暮らす人々

  • 英語力武器に飛躍

俳優

松崎 悠希 / Yuki Matsuzaki


 

    英語力武器に飛躍 俳優 松崎 悠希 / Yuki Matsuzaki  

    2019年01月16日 ロサンゼルスで暮らす人々

     世界の役者が目指す最高峰の舞台、ハリウッド。映画であろうとドラマであろうと、アジア人俳優が成功するのは難しい。松崎悠希さんはその厳しい状況においてオーディションを勝ち抜き、『ラスト・サムライ』『HEROES』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など有名作品への出演を果たしている。自身はその〝勝因〟が英語力にあると分析する。  映画俳優を志して渡米したのは2000年。はじめはニューヨークに滞在し、所持金すべてを盗まれホームレスになるという衝撃的な体験を経て、1年後にロサンゼルスへ移った。渡米から6年ほど経ったある日、英語の壁にぶつかる。「外国人俳優が米国で活動するには、まず語学は必要不可欠。台本にある日本語のセリフを直したり、翻訳したりすることが必要になることもあり、そういった変更について交渉し説得する英語力が求められる」と気づき、本格的なスキルアップを決意した。もともと「こだわってとことんやる凝り性」という性格の持ち主。辞書をまるごと暗記するなど徹底的に勉強するうちに、日本人俳優が米国で活躍できない原因の一つが英語のイントネーションにあると気づき、研究を重ねた松崎さんは役によって異なるイントネーションやアクセントを使い分けられるようになった。  これを生かして役を得たのが『ミュータント・タートルズ』。同作では古い英語に日本語のアクセントを加えた「サムライが英語をしゃべったらこうなる」という独自のアクセントを生み出した。映画『オセロさん』ではシェイクスピアの堅いセリフに日本語のアクセントを加えた英語を使いこなし、主役に抜てきされた。高い英語力を身につけることで演じられる役の幅も広がり、アジア系アメリカ人の役もこなすようになった。  まだまだ差別を感じるというアメリカの撮影現場において、演技以外で松崎さんが力を入れるのは「間違った日本人像を改善していくこと」。ステレオタイプの日本人像を実際の日本人に近づけたいと考える。身長183センチの松崎さんは「背が高すぎて日本人らしくない」という理由でオーディションに落とされることもあった。「外見だけではなく、習慣や文化についてのイメージを現実に合ったものにしたい」と、出演作品では正しい日本語が使われるよう自ら小道具を製作することも。軍事コーディネーターがいなかった『硫黄島からの手紙』では進んで資料の作成も行った。日本作品への出演経験もあるが「やりやすさは日本、世界的に日本文化を広められるものが多いからやりがいはアメリカ」。自由の国での挑戦意欲は増すばかりだ。

  • ルーツへの思い ビジネスに反映

 

起業家

ジョー・ジツカワ / Joe Jitsukawa


 

    ルーツへの思い ビジネスに反映   起業家 ジョー・ジツカワ / Joe Jitsukawa  

    2019年01月09日 ロサンゼルスで暮らす人々

     日系二世のジョー・ジツカワさんが現在手がけるビジネス、その土台となった企画、いずれもアジア系アメリカ人というバックグラウンドが大きな役割を果たしていると言える。  初めて試みたビジネスはeBayでのショップ。カレッジに通っていたある日、学校に残ったり普通に就職してもさまざまな経験を得る機会が限られてしまうと思い、友人とビジネスを開始しようと決めた。そしてeBayでおもちゃなどを売り始め、6カ月後には月8000ドルを稼ぎ出すように。しかし共同経営していた友人が辞めたことで、ジツカワさんもカレッジへ戻った。転機となったのは、カレッジを卒業した11年前。「たまたま、楽しむためだけ」に友人たちと始めたYouTubeでのスケッチコメディ動画の作成・投稿だった。  「アジア系アメリカ人に対する認識を変えたかったから」と撮り始めたこれらの動画では、他の人種がアジア人を笑うのではなく、自分たちでアジアの風習やステレオタイプについてのインサイドジョークを取り上げて笑いにすることで、文化の違いなどを伝えようとした。また、もともと内輪で楽しむことを目的に始めたことだったため、役者など人を雇ったことはない。スタッフ全員が友人という環境で、コメディのほか、ジツカワさんたち友人同士や本当のカップル、夫婦がさまざまなことについて素で語り合ったり、ゲームをするようすをアップ。始まりは偶然だったが、これは今流行りのリアリティ番組そのものの形態だ。このようにスタートしたJust Kidding Films(JKF)は、「真の友情やリアルストーリーを見るのが好きで、フェイクに飽きているオンライン世代」に広く受け入れられた。現在では登録者数16万を超える人気YouTubeチャンネルとなり、いつの間にかオンラインビジネスとして大成功を収めた。  これによって得た資金を元手に始めた複数のフードビジネスはいずれも日本またはハワイアンジャパニーズに関連し、中でもsip matchaは「アメリカを正しい抹茶について教育したい」と始めたもの。アメリカで生まれ育ったジツカワさんだが「僕はアメリカ人だけど日本がほめられるとうれしいし気分がいい」と話し、日本に対する愛情は深い。近ごろ、「アジア人だっていうことはクールだ」と子どもに言われて驚いたことがあるという。「まだ差別も感じるアメリカ社会だけど、祖母の時代に比べればずっと良くなっていると思う。この国では人種によっては『お手本であれ』というプレッシャーを感じることなく生きているけれど、僕らアジア人にはそれがあり、責任感もある。だから、そのためにいつもお手本であろうと努力している」。

  • 世界と戦える日本作る

アーティスト、 DJ、音楽プロデューサー

☆Taku Takahashi (m-flo, blockfm)


 

    世界と戦える日本作る アーティスト、 DJ、音楽プロデューサー ☆Taku Takahashi (m-flo, blockfm)  

    2018年12月26日 ロサンゼルスで暮らす人々

     今年でデビュー20周年を迎えた音楽ユニットm-floの☆TakuTakahashiさん。数多くの国内外アーティストのプロデュースやRemix、アニメやドラマ、映画の音楽プロデューサー、積極的なDJ活動のほか、ダンスミュージック専門のインターネットラジオ局&ポップカルチャーメディア『block. fm』を立ち上げて最先端の音楽情報などを発信するなど、世界の音楽シーンで活躍中だ。  横浜生まれ横浜育ちだが、小学校からインターナショナルスクールに通った。「グローバルな感覚はインターナショナルスクールへ通ったのが大きく、m-floのグルーヴにも影響している」と話す。高校卒業後はロサンゼルスの大学へ。在学中に、後にm-floのメンバーとなるVERBALさんとデモテープを作っていたことがデビューにつながった。とにかくテレビっ子だった子ども時代は「テクノロジーの進化をモロに体験した世代なので、ファミコンからアニメ、そして音楽まで、いろいろな体験ができたのが今の仕事に活きている」と振り返る。趣味で好きだったという音楽でも、「いろいろとご縁に恵まれていて、いろいろと教えてくれる先輩たちや音楽の才能のある友人がたくさんいた。m-floのVERBALは小学校から、LISAは中学校からの仲」と、現在の活動へつながる流れは当時からあった。  日本人クリエイターや日本で生まれるものが世界で受け入れられる可能性、日本のコンテンツはどうすればよりグローバルにできるか。そんなことを考えるきっかけとなったのが、米国でDJをした体験だった。現地の米国人がほとんどの会場で「僕のセットでめちゃくちゃ盛り上がってくれた」。ファンから「ずっと待っていたんだぞ!」と言われ、「こうやって待ってくれる人たちがいるんだから、日本のアーティストはもっと積極的に米国でライブをやるべきでは」と思った。同時に、日本のポップカルチャー情報がきちんと英語で伝えられてないことにも気づき「せっかくすばらしい作品がいっぱいあるので、それをより効果的に世界に発信したい」という思いから、新たなプロジェクト『OTAQUEST』を始めた。このプロジェクトが形となったのは今年7月、全米最大のアニメコンベンションLA『AnimeExpo』でのこと。m-floにとっても初の米国公演となったこのイベントには日本のアーティスト8組が出演し、大成功を収めた。  ロサンゼルスは☆Takuさんにとって「スタート地点、発信地点」。20年m-floをやっているが、もう一度デビューするような気持ちでここでの活動に臨んでいるのだという。そして『OTAQUEST』を通じて全米に日本のカルチャーを発信していき、「エンタメでも世界と戦える日本」を作るのが今後の夢であり、目標でもある。

  • 「予定と違う」人生エンジョイ

プロボクシングWBO 世界Sフェザー級王者

伊藤 雅雪 |Masayuki Ito


 

    「予定と違う」人生エンジョイ プロボクシングWBO 世界Sフェザー級王者 伊藤 雅雪 |Masayuki Ito  

    2018年12月20日 ロサンゼルスで暮らす人々

     伊藤雅雪さんが初めてロサンゼルスを訪れたのは4年ほど前。以来、試合前恒例の合宿地となった。今年3度目のキャンプとなる今回は約5週間半滞在し、12月30日の世界タイトル初防衛戦に向けて厳しいトレーニングに励んでいる。  「LAは気候も良くて人が優しい。僕もざっくりとしてるので米国人の気性が合います。LA、好きですねえ」。しかし朝10時からのジムワーク、夕方はロードワークやフィジカルトレーニングと、練習以外のことをする時間はない。「遊びで来てみたい」と笑うが、王座奪取後はテレビ出演など、ボクシング以外の活動が急増。「ほかのことをシャットアウトしてボクシングに向き合える環境がすごく大事。ここに来るとあらためて自分を見つめ直せる感覚がすごくある。だから、こっちのほうがナチュラルでいられますね。みんな人のことは気にしてない。それがすごいいいなあって」。  今年7月、フロリダで世界タイトルに挑戦した。「最初で最後のチャンス」と決死の覚悟で臨んだ一戦で、圧倒的不利の前評判を覆し日本人選手として37年ぶりに米国で世界のベルトを奪取した。快挙を成し遂げたという実感はないという。「自分に実力があるっていう感覚もない。世界チャンピオンの中で僕が一番かって言ったら絶対そんなことない。だから、強い選手を倒して、実力をっていうよりは乗り越えたこと、そのプロセスと結果を認めてもらいたい。そこは僕にとってはすごく大事なこと」と、王者らしからぬことを口にする。  18歳で始めたボクシングは9年目。興味本位で始めたが、「あれよあれよと、なぜか」タイトルを手中に収めていった。東日本新人王に始まり全日本新人王、WBC世界ユース王座、OPBF東洋太平洋王座、WBOアジア太平洋王座、そして今夏獲得したWBO世界Sフェザー級王座。今でもふと「自分の予定と違う人生になっちゃった(笑)」と、不思議に感じる瞬間がある。だが、7月の世界戦では試合中に成長を実感した。練習では結局できるようにならなかったことが、試合ではできた。「まだ伸びしろが自分にはあると思う。だから楽しい」と、想定外の人生をエンジョイしている。  ボクシングは「仕事であって仕事でない」という。いつ終わるのかわからないその競技性はよく理解している。「伊藤雅雪というボクサーのストーリーがどこで終わるのか。負け続けて辞めるのかもしれないし、勝って辞めるのかもしれない。それを見るのを楽しみにしている。人ができなかったことをやりたい」。次戦は日本で行われる平成最後のプロボクシングの試合。勝てば来春、米国での∨2戦が待っている。

  • 受け継ぐ先駆者の技術  哲学貫くアーティスト

サーフボード・シェイパー

ガイ・オカザキ |Guy Okazaki


 

    受け継ぐ先駆者の技術  哲学貫くアーティスト サーフボード・シェイパー ガイ・オカザキ |Guy Okazaki  

    2018年12月13日 ロサンゼルスで暮らす人々

     「サーフボード業界はここベニスから始まったんだ」。ガイ・オカザキさんの仕事場は、ベニスビーチから数ブロックの静かな住宅街にある。サーフボードを作る。それがオカザキさんの仕事だ。生まれ育ったのはハワイ。サーフィン好きの父に影響を受け、物心ついたときには波に乗っていた。「ずっと、楽しむためと競技会に出るためだけにやっていた」。競技会に出るためには新しいボードが必要だが、当時のハワイにはサーフボードを買える場所がなく「手に入れるためには作るしかなかった。父も自分で作っていたし」。これがサーフボード・シェイパーへの第一歩だった。  本格的に学んだのは、家族でベニスへ引っ越してからのことだ。「ハロルド・イッギー、タク・カワハラが主に教えてくれた。そしてアーニー・タナカ、ウェイン・ミヤタ。彼らなしには今日の僕は存在し得ない。サーフィン・コミュニティの中でもほとんど語られていないが、サーフボード業界のパイオニアは、ハワイのカパフルからベニスへやって来た日系米国人たちだったんだ」。  教えてほしいと口に出して言ったことはなかったが、10歳ほど上のお兄さんたちは作業場にやってくる少年に優しかった。「14歳のときから見て学んで、そのうち色々な作業を見せてもらえるようになり、16歳のときに道具を使わせてもらえるようになった」。  ビジネスにしようと思ったことはない。初めて人のためにサーフボードを作ったのは70年代のこと。自分用に作ったボードを友人が借りていき、「最初の5枚は友だちが〝借りた〟まま返ってこなかった(笑)」。自分用にもう1枚。友人に頼まれてさらに1枚。気づけば毎週10枚ほど作っていた。友人たちがそれを買うようになり、いつのまにかビジネスがスタートしていた。  シンプルな製品でありながら、製作段階では複雑で繊細な指先の感覚が必要とされるサーフボード。「機械には作れないよ。各ステップがとても決定的な作業になるから人の手でやらないと」と、手作業にこだわる。たった一つのミスがすべてのプロセスを無にしてしまうことも。オカザキさんも「たくさんミスを重ねてきた」という。「まだたまにはミスするよ。まあ、人間だからね(笑)。それが学ぶ方法でもあるし、トライするだけ」。自分がかつでそうであったように、若い世代に教えたこともあった。しかし後を継ぐ者は現れていない。「サーフボードは“Dying Art”、死にゆく芸術なのかもしれない。僕らはたぶん、一つ一つ手作業をする最後の世代だろう」。サーフボード作りはビジネスだがアートでもある。そんな哲学を貫く職人だ。